GGスイングを完全マスター!注意すべき5つのポイント

最新で科学的にも理に適っていると言われているGGスイング。

PGAのトッププロでも取り入れている選手が増えていて、最も注目されていますが、これまでと正反対ともいうべきスイングで、難解とも言われています。

そこで、本記事ではGGスイングをマスターするに当たって肝となるポイントをまとめました。

GGスイングは、これまでのスイングと全く異なる

これまでのは、スイング前半に飛球線方向と反対にスウェーして、トップで切り返してからのスイング後半は飛球線方向にスウェーして、体重を乗せることが意識されていました。

GGスイングでは、回転軸を右や左に動かさないため、これまでの体重を乗せる考え方と大きく異なります。

それでは、GGスイングをマスターする上で重要となるポイント5つを見ていきましょう。

ポイント①:左右のスウェーを行わない

PGAツアーでも10年前までは、左右のスウェーを行う形でしたが、GGスイングがこれまでのスイングと大きく異なるのは左右のスウェーが無い点です。

回転軸は動かさないことが、回転をしっかりする上で重要になります。

ポイント②:ガニ股は、必須ではなく必然

GGスイングと言うと、ガニ股でダウンスイングすると捉えられている方も多いと思います。

それが故に、GGスイングは異質で難解と思われがちですが、話の順序が異なります。

ガニ股にすることが大事なのではなく、GGスイングではトップでの切り返しから振り下ろす際に回転軸を動かさないことが求められます。

回転軸を保つためには、これまででは常識的だった飛球線方向へのスウェーも行いません。

スウェーせず、体が飛球線方向に行かないようにするためには、左足は外側に旋回させると解決するため、結果的にガニ股動作が入ります。

そのため、ガニ股を意識するのではなく、回転軸を保つことに意識を向けることがポイントとなります。

ポイント③:横ではなく下に踏ん張る

トップからの切替しからは、飛球線方向に体重移動するのではなく、下に踏ん張ります。

GGスイングの特徴として、左右への体重移動ではなく、垂直方向の地面反力を使う点が挙げられます。

そのため、最後に踏み上げる前に、下に踏ん張ります。そうすることで、回転軸を動かさないため、回転が進みます。

ポイント④:シャローイングは切り返しのタイミングで行う

GGスイングの特徴の一つとして、シャローイングという言葉が出て来ます。

スイング後半で、シャフトを寝かせて振りに行くという意味で使われていると思いますが、GGスイングでいうシャローイングは、タイミングが重要となります。

スイング後半の途中で徐々に寝かせるのではなく、下半身の動きに対してクラブが遅れて動いてきますが、この間にシャフトを寝かします。

逆に言えば、スイング後半の最中にシャフトを寝かすのはNGとなります。

ポイント⑤:インパクトでは胸を30度ぐらい開く

インパクトでは胸を飛球線方向と平行ではなく、胸を少し開きます。PGAの平均では30°ぐらいだそうです。

体がしっかり回転していない状態から胸を開こうとすると、クラブが遅れてきて、フェースが開いてしまうため、しっかり回転しておくことが重要となります。

まとめ

GGスイングをマスターするために注意したいポイント、誤解が生じやすいポイントについて、5つ取り上げました。

左右の体重移動ではなく、回転と地面反力を活かして飛距離を出していく新たな考え方は、斬新でもあり魅惑的でもあります。

興味がある方は、是非、試してみては如何でしょうか。

あわせて読みたい

    None Found