ステルスの全フェアウェイウッド・レスキューを一挙紹介!発売日も決定!ステルスPLUS・ステルス

テーラーメイドから2022年に発売のステルスシリーズ。フェアウェイウッドとレスキュー(ユーティリティ)は2タイプのモデルが発売となっています。

ステルスのフェアウェイウッド、レスキューのそれぞれ2タイプについて、スペック・発売日・発売価格について取り上げます。

ステルスシリーズのフェアウェイウッド

ステルスシリーズのフェアウェイウッドは、ステルスPLUSフェアウェイとステルスフェアウェイの2機種です。

前作のSIM2では、ドローモデルが加わった3機種ありましたので、モデル数は減った形となっています。

ステルスPLUSフェアウェイウッド

特徴

ステルスPLUSフェアウェイは、アスリートゴルファー向けのハードな方のモデルで、SIM2フェアウェイの後継となります。

  • ソールに金属プレートが搭載され低重心になっている
  • ヘッドが小ぶりで操作性がある
  • 強靭で反発性能に優れたZATECチタン製のフェースが採用されている
  • ロフト角・ライ角の調整機能が搭載さている

ヘッド体積は、ノーマルなステルスフェアウェイと比べると15cc小ぶりで、意図した弾道を繰り出しやすくなっています。

スペック

番手 3番 5番
ロフト角 15 19
ライ角 57 57.5
ヘッド体積 175 150
長さ 43.25 42.25

ステルスフェアウェイウッド

特徴

ステルスフェアウェイウッドは、ヘッド体積・投影が大きく、直進性を重視したヘッド設計で、SIM2 MAXフェアウェイとなります。

  • ロフト角・ライ角調整機能はなく、ネック周りがすっきりとしいる
  • 投影が大きく、安心感がある
  • クラウンのカーボンエリアがトゥ側ソール面まで拡大されている

操作性よりも直進性や寛容性を求める方向けとなります。3番のロフトを1.5°寝かせた3HLがあり、長い距離のフェアウェイで球を上げたい人に適しています。

スペック

番手 3番 3HL 5番 7番
ロフト角 15 16.5 18 21
ライ角 57 57 57.5 58
ヘッド体積 190 190 165 165
長さ 43.25 43.25 42.25 41.75

ステルスシリーズのレスキュー

ステルスシリーズのレスキューは、フェアウェイウッドと同様にステルスPLUSレスキューとステルスレスキューの2機種です。

レスキューには以前からドローモデルがなく、前作のSIM2シリーズでも2機種です。

ステルスPLUSレスキュー

特徴

ステルスPLUSレスキューは、フェースのトゥが高い四角型で、アイアンライクなユーティリティです。

ヘッドの後ろも大きく過ぎず、アイアン感覚で構えやすくなっています。

強い球を打ちたい、アイアンとのつながりを重視したい方に適しています。

  • アイアンライクな形状で、アイアン感覚で振りやすい
  • ロフト角・ライ角の調整機能が搭載されている

スペック

番手 2番 3番 4番
ロフト角 17 19.5 22
ライ角 58 58.5 59
長さ 40.75 40.25 39.75

ステルスレスキュー

特徴

ステルスレスキューは、フェースが丸型ウッド形状で、ウッド型のユーティリティです。

ヘッド後方が長く取られていて、深重心になっていますので、寛容性があり、ウッド感覚で振り抜くことができます。

球も上がりやすいため、高さを出してグリーンを狙いたい方に適しています。

  • ウッド型のユーティリティで、球が上がりやすい
  • 4種類の番手があり、19°~28°までカバーしている

スペック

番手 3番 4番 5番 6番
ロフト角 19 22 25 28
ライ角 60 60.5 61 61.5
長さ 40.25 39.75 39.25 38.75

まとめ

テーラーメイドの2022年の新シリーズ「ステルス」のフェアウェイウッドとレスキュー(ユーティリティ)について取り上げました。

フェアウェイウッドは、難しいモデルとやさしいモデルに分かれいますが、レスキュー(ユーティリティ)は、形状がアイアン型とウッド型に分かれています。

まずは、アイアンとウッドのどちらが得意かで、レスキューの形状を選ばれると良いと思います。

あわせて読みたい

    None Found