【確定申告】QRコードで納付する方法【QRコードの作成方法から解説します】

確定申告で税金を納付する際に、QRコードを用いてコンビニで納付することができます。

本記事では、QRコードを用いた納付方法について解説します。

QRコードでの納付とは?

QRコードでの納付とは、コンビニで手軽に納付できるサービスです。

国税庁のWEBで納付用のQRコードを発行すると、コンビニに現金で納付することができます。

QRコードで納付する際には、QRコードの発行が必要となり、そのやり方が少し分かり難いため、戸惑われている方、利用していない方が多いようです。

本記事では、QRコードでの納付方法、注意点を詳しく解説します。とても簡単ですので、是非、利用してみてください。

QRコードによる納付の手順と注意点

QRコードによる納付は、以下の流れとなります。

  • 国税庁HPにてQRコードを発行する。
  • コンビニにQRコードを持参し、コンビニの端末で読み取り、納付用のバーコードを発行する。
  • 納付用のバーコードをレジに持っていき、現金で納付する。

注意点1:QRコードの発行

QRコードの納付で最も分かり難いのが、QRコードの発行です。これは、幾つかの方法がありますので、次の章で詳しく解説します。

注意点2:対応コンビニ・QRコードの読み取り

当記事執筆時点で、QRコードでの納付に対応しているコンビニは、以下の4点となります。

  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ナチュラルローソン
  • ミニストップ

そして、コンビニに持っていたQRコードは、お店にある端末で読み込んで納付用のバーコードを発行します。

QRコードを読み込む端末は、ファミリーマートではFamiポート、ローソン、ナチュラルローソン、ミニストップではLoppiとなります。

コンビニでの操作方法については、QRコードの用紙に説明が書かれていて、とても簡単なので、戸惑うことはまずありません。国税庁のHPでも解説が掲載されています。

⇒ 納付用QRコードの読取方法について

注意点3:納付の上限金額

QRコードでの納付は、上限金額が設定されていますので、あまりに高額な場合は、利用することができません。

当記事執筆時点では、上限金額が30万円となっています。

QRコードの発行方法

QRコードの納付で、最も分かり難いのがQRコードの発行です。QRコードの発行方法は2つありますので、それぞれ解説します。

  • e-Taxで発行
  • 国税庁のHPで発行

e-Taxで発行

e-Taxで確定申告される場合、申告書を作成してWEBから提出する流れの中で、QRコードを作成することができます。

一通り、申告書の作成が終わると、「計算結果確認」の段階で、納付額が表示されます。

この後、案内に従って、「住所・氏名等入力」に進むと、QRコードの作成をするか否かを選択する項目があります。

こちらが「住所・氏名等入力」の画面です。

この画面を下の方にスクロールしていき、「納付手続名」が「コンビニQR納付」のところを確認します。

「納付用QRコードを作成する」のチェックボックスがありますので、ここにチェックを入れて(クリックして)ONにしてください。

すると、PDFで作成された申告書の最後に、QRコードが発行されたページが一枚含まれています。

国税庁のHPで発行

e-Taxによる電子申告を利用していない場合でも、QRコードを用いて納付することができます。

その場合、以下の国税庁のHPから、税目、金額、納税者情報などを入力して、QRコードを作成することができます。

⇒ コンビニ納付用QRコード作成専用画面

まとめ

QRコードでの納付方法について取り上げました。

銀行に行かずに、コンビニで納付することができますので、とても便利なサービスですが、一番のハードルは納付用のQRコードの発行方法です。

QRコードの発行方法は2種類ありますので、ここで紹介した手順を確認の上、どちらかやりやすい方を利用してみてください。

あわせて読みたい

    None Found