初診料と再診料の決め方を、病院の院長に実際に質問した結果

病院に初めて行くと、初診料がかかり、継続して診察を受けていると再診料がかかります。

ところが、再診のつもりが初心扱いで、思っていた以上に医療費がかかることがあります。

本記事では、初診料と再診料について、筆者の体験談、そして、実際に病院の院長と話し合いをした内容についてお話しします。

初診料と再診料

初診料は、1回目の診察、つまり初診の際にかかる医療費で、再診料は、2回目以降の治療の継続の際にかかる費用です。

そのため、初診料か再診料は、診察を受ければどちらかが必ず発生します。

とても分かりやすいルールのように見えますが、「初診」の扱いは病院によってまちまちで、患者が再診と思っていても、初診として扱われるといったケースが発生します。

同じ病院でも、期間が空くと初診になる

同じ病状で診察を受けていて、医者の指示通りのタイミングで診察を受けていれば、治療の継続となりますので、再診の扱いになります。

ところが、患者の判断で空白期間がある程度発生すると、一旦、治療が終わったという扱いになり、次に診察を受ける時は初診扱いとなる場合が多いようです。

「多いようです。」と歯切れの悪い説明に思われるかもしれませんが、これが実態です。

と言うのも、空白期間がどれぐらいかが問題で、通常、1ヶ月以内と言われていますが、3ヶ月以内の病院もあれば、1年経っていても再診扱いにしてくれる病院もあり、病院によりまちまちなのが実状です。

基本は1ヶ月

空白期間については、一般的に1ヶ月という解釈が大勢のようです。

この1ヶ月の捉え方も、幾つかのケースがあります。

例えば、次回の来診が2週間後であった場合、そこから1ヶ月は再診が当てはまる期間となりますので、1ヶ月+2週間の間に診察を受ければ再診となります。

次回の診察の約束は無いが、薬を処方されている場合、薬が3日分であった場合、1ヶ月+3日の間に診察を受ければ再診となります。

ただ、この薬が毎日飲むもの、症状が発生した際に飲むもので、患者側としてみれば、日数の解釈に違いがあると思いますが、こういった事情は加味されないケースが多いようです。

また、病院によっては、薬の日数に関わらず、1ヶ月以上間が空くと、再診扱いとしているところもあります。

病院の院長に初診・再診の定義を質問してみた結果

この記事を書いている理由は、筆者が実際に某症状で薬を定期的にもらっていますが、初診で扱われる場合と、再診で扱われる場合があるためです。

受付窓口で質問

まず、初診の場合と再診の場合がある件について、受付窓口で訪ねて見ました。

「基準があるはずだから教えて欲しい」と。

すると、「間が空いているか」とか「月を跨いでいるから」と説明されました。

「具体的にどれぐらい空くと再診になるのか?」と再び尋ねると、「院長が決めているので、院長に聞いてくれ。」との回答がきました。

と言うことで、院長に質問することとなりました。

院長に質問

筆者「同じ症状で、薬をもらいに来てるだけなのに、初診の時と再診の時があるのは何故か?」

院長「1ヶ月空いてる時は初診にしている」

筆者「1ヶ月の薬をもらっているので、次ぎくるのは当然1か月後になってしまう」

院長「薬が1ヶ月分なので、それから1ヶ月という考えで・・・」

筆者「では、薬の日数分の1ヶ月+その後1ヶ月で、1ヶ月以内なら再診なのか?」

院長「流れ作業で初診扱いにしてました。確かにこれが初診は変ですね。」

という低姿勢の回答でした。

筆者としては、基準を明確にして欲しいだけだったのですが、痛いところを突かれたのか分かりませんが、ミスだったというような説明でした。

お話しした感覚としては、明確な定義を決めておらず、患者の事情に関わらず、1ヶ月以上空いたら初診としているような印象を受けました。お忙しいということなのかもしれませんが、お金に関わることで、医療費は税金で補填されていますので、厳密に取り扱う必要があります。

もし、基準が不明だと感じた場合は、恐れずひるまず、担当の医者に聞いていると良いでしょう。

 

 

あわせて読みたい

    None Found