ヤマハ RMX VDシリーズ 2022の全モデルを一挙紹介!ドライバー・フェアウェイウッド・ユーティリティ・アイアン・ウェッジ

ヤマハから発売のRMX VDシリーズ(2022)について、全モデルの特徴・スペックを取り上げます。

RMX VDシリーズ 2022

出典:yamaha.com

ヤマハのアスリート向けブランド「RMX(リミックス)」から新たな2022年モデルがリリースとなっています。

クラブの種類は、ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアン、ウェッジまで一通りのクラブが揃っています。

「RMX」というブランド名に付された「VD」は、Vector(ベクトル)・Direction(方向)の略で、「直進安定性の分野でナンバー1になる」というヤマハの想いが込められています。

そして、今回のモデルは実際に慣性モーメントの大きさに拘っていて、アスリートモデルでありながら曲がらないクラブとなっています。

RMX VDシリーズドライバー

RMX VDシリーズのドライバーは、これまでのRMXと同様に2タイプあります。操作性を求めるか、寛容性とつかまりを求めるかで選択が分かれると思います。

RMX VDドライバー

特徴・適合ゴルファー

ヘッドに厚みがあり、ツアープロが好みそうなディープでオーソドックスなヘッド形状です。クラウンにはカーボン素材が用いられていて、更なる軽量化が図られ、より最適な重量配分が実現されています。

見た目には浅重心でスピンが抑えられそうでうが、程よくスピンが入り、また、慣性モーメントは約5,000g・cm2とアスリート向けモデルとしては大きめで、寛容性も適度に備わっています。

重心距離が短く、つかまりを抑えてありますので、思い切り叩きたい方、操作性を求める方に適しています。

スペック

  • ロフト角:9.5°、10.5°
  • ライ角:57°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.5インチ
  • 慣性モーメント:5,003g・cm2

RMX VD59ドライバー

特徴・適合ゴルファー

RMX VD59ドライバーは、ヘッドの奥行が深く取られていて、薄く長いシャロー形状のヘッドです。

深低重心で、慣性モーメントはルール上限に近い5,820g・cm2と極めて大きな値となっています。

重心角もRMX VDドライバーよりも大きく設定されていて、寛容性・直進性・球のつかまりに優れています。

フェアウェイキープ率を上げたい方、しっかりつかまえたい方に適しています。

スペック

  • ロフト角:9.5、10.5°
  • ライ角:59°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.5インチ
  • 慣性モーメント:5,820g・cm2

RMX VDシリーズフェアウェイウッド・ユーティリティ

ドライバーは2タイプに分かれていますが、フェアウェイウッドとユーティリティ は、それぞれ1タイプのみとなっています。

RMX VDフェアウェイウッド

特徴・適合ゴルファー

フェアウェイウッドは、チタンボディにカーボンクラウンと高比重金属ソールによる構造で、超低重心化となっています。

特にソールは3番で135gの重量があり、ヘッド全体の65%の重量にも及びます。

この思いきった重量配分により、高打ち出し・高初速・低スピンが実現され、飛距離性能に優れています。

スペック

番手 #3 #5 #7
ロフト角 15 18 21
ライ角 56 56.5 57
長さ 43 42.5 42

RMX VDユーティリティ

特徴・適合ゴルファー

ユーティリティはウッド型ではありますが、オフセットのあるネック形状、トゥ高の四角いフェースで、アイアンの様に打っていけるモデルとなっています。

飛距離を重視したフェアウェイウッドとは打って変わって、ユーティリティは重心が高めに設定されていますので、スピンがしっかり入って、グリーンで止めて狙いに行けます。

スペック

番手 #U4 #U5 #U6
ロフト角 22 25 28
ライ角 57.5 58 58.5
クラブ長さ 39.5 39 38.5

RMX VDシリーズアイアン・ウェッジ

RMX VDシリーズのアイアンは、前作のRMX020、120、220と同様に3タイプあります。ウェッジは1タイプです。

RMX VD40アイアン

特徴・適合ゴルファー

RMX VD40アイアンは、3タイプの中で最もソール幅が厚く、ロフトが立っていて、寛容性に優れています。

独特なネック形状により、ヒール側への重量配分もなされていて、アイアンでありながら慣性モーメントが4,000g・cm2を超える大きな値となっています。

ドライバーと同様に弾道がブレにくく、真っすぐ飛ばしたい方、高さよりも飛距離性能の方が欲しい方におすすめです。

スペック

番手 ロフト ライ角 クラブ長さ
#5 24 62.5 38.25
#6 27 62.75 37.75
#7 30 63 37.25
#8 34 63.25 36.75
#9 39 63.5 36.25
PW 44 63.75 35.75
AW 50 64 35.5
SW 56 64 35.25

RMX VDアイアン

特徴・適合ゴルファー

RMX VDアイアンは、RMX VD40アイアンと同様にポケットキャビティ構造ですが、マレージング鋼ではなくクロムモリブデン鋼が使われています。

ロフト角は7番で32°となっていて、飛距離性能を少し持たせつつ、しっかり球を上げてグリーンを狙いやすいスペックです。

スペック

番手 ロフト ライ角 クラブ長さ
#4 23 60.25 38.5
#5 26 60.5 38
#6 29 60.75 37.5
#7 32 61 37
#8 36 61.5 36.5
#9 40 62 36
PW 45 62.5 35.5

RMX VDツアーモデル アイアン

特徴・適合ゴルファー

RMX VD40、RMX VDは鋳造ですが、RMX VDツアーモデルは軟鉄鍛造アイアンです。軟鉄特有の打感が備わっていて、形状もうっすらキャビティー形状になっています。

とはいえ、トップブレードもソールも薄く、上級者に好まれる形状です。

7番のロフト角は34°となっていて、かなり寝ていますので、しっかり自分の力量で飛距離が出せる方で、弾道の操作性を求める方に適しています。

スペック

番手 ロフト角 ライ角 クラブ長さ
#4 24 60.25 38.25
#5 27 60.5 37.75
#6 30 60.75 37.25
#7 34 61 36.75
#8 38 61.5 36.25
#9 42 62 35.75
PW 46 62.5 35.25

RMX VDウェッジ

特徴・適合ゴルファー

ウェッジの命とも言えるスコアラインは、前作よりも1.5倍の深さとなっています。そして、ピッチを狭めて本数を増やし、エッジもより鋭角になっています。

スピン性能がアップしていて、様々な条件下でも安定したスピン性能を発揮しやすくなっています。

スペック

番手 51 57
ロフト角 51 57
ライ角 63.5 63.5
バンス角 7 16
クラブ長さ 35.25 35

 

タイトリスト T100アイアン 2019の試打・評価まとめ

タイトリストのT100 アイアン 2019について、試打・評価をまとめました。

T100アイアン 2019の概要

タイトリストのT100アイアンは、Tシリーズから発売のモデルです。Tシリーズは、T100、T100・S、T200、T300、T400の5種類あります。

モデル 概要
T100 進化した精密弾道。プレーヤーズ ツアーアイアン。
イメージした弾道、正確なキャリー、構えやすいフェースプロファイル、そして感性を満たす打感・打音。
T100・S 精密弾道にさらなる飛び。プレーヤーズ フォージドディスタンスアイアン。
卓越した弾道コントロール性能、進化したフェースプロファイル、そして感性を満たす打感・打音。
T200 新しい飛び―進化系。プレーヤーズ ディスタンスアイアン。
T200に搭載されたマックス インパクト テクノロジーによって、フェース面全体でスピードアップと高い許容性を実現。
T300 迫力の飛びと驚きのやさしさ。プレーヤーズ インプルーブメント アイアン。
プレーヤーのスコアアップのために高い飛距離性能と高い許容性を実現。
T400 より高く、さらにやさしく遠くへ。プレーヤーズ スーパーディスタンスアイアン。
T-SERIESのなかで最も大きなヘッドを備えたT400。

T100アイアンは、タイトリスト独自のマルチマテリアルの精密鍛造により、軟鉄鍛造ボディーのトゥ・ヒールにタングステンが搭載されています。

T100とT100・Sの違いは、T100・Sの方が後から発売されていて+2°のストロングロフト設計となっています。

T100アイアンの特徴を詳しく解説

T100アイアンについて、打ラボしだるチャンネルで注目の石井プロが詳しく解説されています。

  • AP2アイアンを引き継いだデザインで、シャープに仕上がっている。
  • AP2と見た目は似ているが、バンスの付き方などが違うので、打ってみると違う。
  • 中・上級者がターゲットとなるアイアン。

T100アイアンをゴルフライターが詳しく解説

GDOや3upClubなどでお馴染みのゴルフライターの鶴原氏がT100アイアンについて解説されています。

  • ジョーダン・スピースの意見が取り入れられた新形状。
  • Tシリーズの中で最もヘッドが小さいモデル。
  • 球の出方・高さ・方向性は、AP2とそれほど変わってない。
  • フェースは薄肉化されていて、反発性能が上がっている。
  • 操作性が良く、右にも左にも行きやすいので、中級者~上級者に適したモデル。
  • 初心者の方はヘッドが小さく感じる。

T100・T200・T300アイアンを打ち比べした試打評価

試打ラボしだるTVさんにて、T100、T200、T300を試打されている動画です。Tシリーズアイアンは、発売当初はこの3種類のみだったため、現在5種類から2種類欠けた形となっています。

ちなみに、ここにない2種類のアイアンについては、T400アイアンはT300より更にやさしく、T100・SはT100のストロングロフトモデルとなります。

ヘッドスピード40m/s未満の女子プロゴルファーによる試打

ヘッドスピード40m/s未満の女子プロゴルファーによる試打動画です。ヘッドスピードが速い男子プロだと、当然、問題なく扱えてしまうため、ターゲットゴルファーでない方による試打や感想はとても参考になります。

ちなみに、同プロがT300アイアンを試打した時の感想と比べてみると、よりT100アイアンの特徴が分かります。

≫ T300アイアンをHS40未満の女子プロが試打

 

MAVRIKドライバーの試打動画まとめ

キャロウェイのMAVRIKシリーズから発売のMAVRIKドライバーについて、試打動画をまとめました。

MAVRIKシリーズのドライバーは、発売当初に3機種がリリースされ、その後、軽量モデルが1機種追加されています。

MAVRIKドライバーは、シリーズのスタンダードモデル

MARIKシリーズは、軽量モデルを含めると全部で4機種あります。左から、MAVRIK、MAVRIK MAX、MAVRIKサブゼロ、MAVRIK MAX FASTです。

本記事で取り上げている左から2番目のMAVRIKドライバーは、シリーズのスタンダードモデルで、幅広いゴルファーに対応しています。

  • エアロ設計のヘッドシェイプで、ヘッドスピードが出る。
  • 中弾道、中スピンで、最もニュートラルなドライバー。

MAVRIKドライバーを計測試打

しだるTVさんにて、MAVRIKドライバーとROGUEスタードライバーを比較試打されています。

  • EPIC FLASHは弾いた感じが強いが、MAVRIKはROGUEと似ていて柔らかく当たった感じがする。
  • 操作性は良い。
  • EPIC FLASHよりも安定感がある。
  • ROGUEスターのようなつかまりではない。

MAVRIKドライバーは誰でも芯に当たるか検証

  • MAVRIKの方が打音は柔らかくて、打感はずしっと来る。
  • 構えた感じは、EPICFLASHより構えやすい。
  • MAVRIKの評価は、打感3.5、構えやすさ4、振りやすさ3.5、方向性4、飛距離4。

MAVRIKの3タイプのドライバーの違いをクラブフィッターが解説

  • スタンダードなMAVRIKドライバーは、空力に力を入れた設計で、後ろが持ち上がった形状になっている。
  • 想像以上に打点のミスに強い。
  • 飛距離ロス、曲がり具合がかなり抑えられる。

MAVRIKの3タイプのドライバーをプロが試打・比較

  • MAVRIKのAIフェースは、トゥ側・ヒール側に当たっても初速が落ちづらい設計になっている。
  • MAXは投影面積がかなり大きく、フェースはシャロー。
  • 従来のスターモデルとの違いとして、ロフト角調整機能が搭載されている。
  • ヘッドスピードが速くない人がリラックスして打てる。ドライバーが苦手な方が使いやすい。

PRGR egg spoon BLACKが発売に!?

PRGR egg spoon BLACKが数量限定で発売

PRGRからぶっ飛びのスプーン、egg spoon BLACKが数量限定で発売となっています。

egg spoonは、2013年に発売されているフェアウェイウッドで、ぶっ飛びスプーンとして注目されたモデルです。

今回、そのコンセプトを継承しながら、更なる進化を遂げています。

クラウンレスなヘッド

ウッドのヘッドと言えば、フェース、クラウン、ソールの3つの部位で構成されています。

しかし、egg spoon BLACKは、初代モデルも含めて、クラウン部分がない形状になっています。

上から見た構えた感じは、このようになっています。

陰影があって丸みを感じさせてくれますので、実際の形状ほど違和感なく構えられると思います。

当然ながさ上部のクラウン部分を無くした設計になっていますので、低重心・深重心となっています。

タングステンをソールに搭載

出典:https://www.prgr-golf.com/product/fairwaywood/21-egg-spoon-fairwaywood.html

ソールには68.5gのタングステンが搭載されています。

SRスペックではクラブ重量が312gとなっていますので、ソールのタングステンだけで約22%の重量となっています。

低重心になることで、低スピンの弾道になっています。

メーカーの説明では謳われていませんが、ウェイトの搭載位置がソール前方になっていますので、キャロウェイのサブゼロのように強い弾道を生み出す効果も働いていると思います。

Splash Grooveが高打ち出しを実現

出典:https://www.prgr-golf.com/product/fairwaywood/21-egg-spoon-fairwaywood.html

egg spoon BLACKの試打レポート

egg spoon BLACKをゴルフライター、クラブフィッターが実際にコースで打ってみた動画です。

初代のegg spoonも打たれていますので、新旧の比較も確認できます。

egg spoon BLACKのスペック

ロフト角(°) 13.5 15.0
体積(cm3) 161 163
フェースアングル(°) -3.5
ライ角(°) 58
長さ(インチ) 43
総重量(g) S (M-43) 320
SR (M-40) 312
R (M-37) 310
バランス S (M-43) D-2
SR (M-40) D-1
R (M-37) D-0.5
シャフト重量(g) S (M-43) 56
SR (M-40) 48
R (M-37) 46
シャフトトルク(°) S (M-43) 3.8
SR (M-40) 5.4
R (M-37) 5.5

スプーンという名前がついているだけあって、番手は3番のみですが、ロフト角は同じ3番で2種類あります。

一方が13.5°ですから、ミニドライバーかバフィーぐらい、もう一方は15.0°で一般的な3番ウッドと同じ角度です。

SIM フェアウェイウッド USモデルの特徴・違い

テーラーメイドのSIM フェアウェイウッドのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

SIM フェアウェイウッド USモデル

アスリート向けのSIMフェアウェイウッド

SIMシリーズのフェアウェイウッドは、アスリート向けのSIMとアベレージゴルファー向けのSIM MAXの2ラインあります。

本記事で取り上げているのはアスリート向けのSIMフェアウェイウッドです。

80gのVスチールソールプレートを搭載

SIMフェアウェイウッドは、ソール面に80gのVスチールソールプレートが搭載されています。

かつてのVスチールのソールが採用されることで、設置面積が抑えられ抜けが良くなっています。

また、重量がソールに集中することで、前作以上の低重心設計となっていて、アスリート向けモデルでありながら高弾道で飛ばしやすくなっています。

貫通型スピードポケットを搭載

出典:taylormadegolf.com

ソール前方には貫通型のスピードポケットが搭載されています。フェース下目での反発性能を高め、ミスへの強さを発揮してくれます。

ロフト角・ライ角の調整機能により弾道をカスタマイズできる

SIM フェアウェイウッドには、アスリート向けらしく可変スリーブが搭載され、ロフト角・ライ角を調整することができます。

SIM フェアウェイウッドのスペック

番手 ロフト角 ライ角 ヘッド体積 クラブ長さ バランス
Rocket 3 14° 57.5-59.5° 180cc 43.25″ D3
3 15° 57.5-59.5° 180cc 43.25″ D3
5 19° 58-60° 155cc 42.25″ D3

標準シャフト

USモデルでは、Mitsubishi Diamana FW Limited 75が公式サイトで紹介されています。日本モデルでの標準シャフトはTENSEI SILVER TM50です。

Mitsubishi Diamana FW Limited 75

フレックス シャフト重量 トルク 弾道 スピン量
X 75g 3.5 中-低
S 72g 3.6 中-低
R 68g 3.7 中-低

SIM フェアウェイウッドUSモデルと日本モデルの違い

日本モデルは番手が3、5の2種類ですが、USモデルでは、14°のRocket3があります。

シャフトもSで72gとかなり重めになっていますので、USモデルを標準シャフトのままで使うとなると、シャフト重量差だけで20gの差となります。

シャフトのフレックスについては、USモデルでは同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。購入する際は、このあたりを考慮して、普段より柔らかめを選択されると良いでしょう。

SIM フェアウェイウッドのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

実際にUSと日本の公式サイトの価格を見てみますと、USモデルは約400ドル、日本モデルは45,000~62,100円と幅が有ります。

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト