ゼクシオ12 2022の全モデルを一挙紹介!ドライバー・フェアウェイウッド・ハイブリッド・アイアン・パター

ダンロップから発売の12代目ゼクシオ、ゼクシオ12(2022)について、全モデルの特徴・スペックを取り上げます。

ゼクシオ12シリーズ 2022

出典:dunlop.co.jp

ダンロップのゼクシオのシリーズ12代目、ゼクシオ12。

クラブの種類は、ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド、アイアン、パターが発売となっていて、一通り全てのクラブを揃えることができます。

今作の特徴は、アクティブウィングとリバウンドフレームの2つです。

アクティブウィング

アクティブウィングは、ウッドに搭載された空力コントロールの新たなテクノロジーです。

空力というと、空気抵抗を抑えてヘッドスピードを上げるものが極々一般的ですが、スイングを大事にするゼクシオは、敢えて空気抵抗を発生させることで、ダウンスイング中に発生しやすいフェースオープン、トゥダウンを抑える目的で採用されています。

リバウンドフレーム

リバウンドフレームは、スリクソンに搭載されたテクノロジーで、ヘッドの剛性を柔と剛で組み合わせることによって、大きな撓みが生み出されます。

このメカニズムはスリクソンのドライバーだけでなく、ゼクシオプライムのウッドやゼクシオボールにも採用されています。

そして、ゼクシオ12ではアイアンにも取り入れられ、ヘッド剛性の違う構造を組み合わせた飛びのメカニズムは、ゼクシオ全体で採用されています。

ゼクシオ12 ドライバー(12代目)

特徴・適合ゴルファー

新開発のアクティブウィングが搭載され、ダウンスイング中にフェースが開く、トゥが下がるといったブレが抑えられます。

前作のゼクシオ11で搭載されたカウンターバランス効果を生むウェイトプラステクノロジーも継承されていて、より正確で安定したスイングがしやすくなっています。

282gの軽量クラブで、ヘッドスピードが遅めの方が楽に振れ、爽快な金属音で心地良く飛ばすことができます。

右へのミスも出にくく、球の高さも出ますので、スライスを抑えたい方、楽に振りたい方におすすめです。

スペック

  • ロフト角:9.5、10.5、11.5°
  • ライ角:59°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.75インチ
  • クラブ重量:282g(R)

ゼクシオ12フェアウェイウッド

特徴・適合ゴルファー

ドライバーと同様に、新開発のアクティブウィング、リバウンドフレームが搭載されています。

また、WEIGHT PLUSフルラバーグリップも採用されていますので、アクティブウィングとの相乗効果で、より安定して正確なスイングがしやすくなっています。

番手は3、4、5、7、9と細かく用意されていて、ロフト角でみると15°~23°までカバーされています。

シャローフェースで球をしっかり上げげくれて、ミスに対する強さも備わっていますので、フェアウェイウッドが苦手な方にとって、とても扱いやすいです。

スペック

番手 3 4 5 7 9
ロフト角 15° 16.5° 18° 20° 23°
ライ角 58° 58.5° 59° 59.5° 60°
ヘッド体積 185cc 174cc 162cc 147cc 136cc
長さ 43.25” 42.75” 42.25” 41.75” 41.25”

ゼクシオ12ハイブリッド

特徴・適合ゴルファー

ゼクシオでは数世代前からユーティリティではなく、ハイブリッドという名称になっています。

呼び方こそ変わりましたが、同じウッド系ユーティリティであることには変わりは無く、世代が違っても同じ感覚で扱いやすくなっています。

ハイブリッドにもアクティブウィングとリバウンドフレーム、そして、ウェイトプラステクノロジーが搭載されていて、安定した正確なスイングをしやすくなっています。

前作同様、四角いフェースで、フェースのトップラインはオフセットになっていますので、ウッド系ユーティリティではありますが、ややアイアンライクに構えやすくなっています。

スペック

番手 H3 H4 H5 H6
ロフト角 18° 20° 23° 26°
ライ角 59.5° 60° 60.5° 61°
ヘッド体積 129cc 128cc 126cc 124cc
長さ 40.75” 40.25” 39.75” 39.25”

ゼクシオ12アイアン

特徴・適合ゴルファー

ゼクシオ特有のパーツが細分化された構造で、ステンレスボディ、タングステンウェイト、チタンフェースなどが組み合わされています。

アイアンにも柔・剛の剛性の組み合わせ構造によるリバウンドフレームが採用されていて、撓み効果で飛距離が出やすくなっています。

ディスタンス系アイアンでありながら、ロフト角は7番で28°ありますので、飛距離が出せつつ、球もしっかりと上がりやすくなっています。

アイアンらしいグリーンを狙える弾道で、楽に振れてゴルフとしての楽しさが味わえるアイアンです。

スペック

番手 ロフト角 ライ角 カーボン スチール
5 22 61.5 38.25 38
6 25 62 37.75 37.5
7 28 62.5 37.25 37
8 32 63 36.75 36.5
9 37 63 36.25 36
PW 42 63.5 35.75 35.5
AW 48 63.5 35.75 35.5
SA 56 63.5 35.75 35.5

ゼクシオブレードパター(2022)

特徴・適合ゴルファー

ゼクシオ12と合わせて、高慣性モーメント設計のゼクシオブレードパターが発売となっています。

ちなみに、前作のゼクシオ11の時はマレットタイプでしたので、ゼクシオ12の今作では異なるタイプのパターといことになります。

ソールの左右にはタングステンニッケルウェイトが搭載されていて、ヘッドがブレにくい高慣性モーメント設計となっています。

スペック

  • ライ角:70°
  • 長さ:34インチ

G425 SFTドライバー USモデルの特徴・違い

PINGのG425 SFTドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

G425 SFTドライバー USモデル

ドロー仕様モデル

出典:https://ping.com/en-us/clubs/drivers/g425-sft

G425 SFTドライバーの「SFT」はStraight Flight Technologyの略で、直進性に優れたドロー仕様を表しています。

最近のPINGのドライバーでは、ヘッド後方のウェイトによりドロー・フェードの弾道調整がセールスポイントの1つですが、G425 SFTドライバーはドロー仕様モデルのため、予め23グラのタングステンウェイトがヒール寄りに固定されています。

弾道の右へのミスを軽減したい方に適した重心設計となっています。

ロフト角・ライ角の調整機能は搭載

出典:https://ping.com/en-us/clubs/drivers/g425-max

G425シリーズドライバーの中で、SFTのみウェイト調整機能が搭載されていませんが、可変スリーブは他と同様に搭載されています。

公式サイトによれば、ロフト角は最大±1.5°、ライ角は3°フラットにすることができるとされています。

Trajectory Tuning 2.0 in the G410 utilizes a lightweight, aerodynamic hosel sleeve that provides eight positions for influencing ball flight through loft (±1.5°) and lie adjustments, including up to 3° flatter than standard.
※引用:https://ping.com/en-us/clubs/drivers/g425-sft

なお、スタンダードモデルであるG425 MAXドライバーをウェイトドローにした時と比べると、G425 SFTドライバーの方がドローバイアス度合いが高くなっています。

ほんのりドローバイアスで良いという方は、G425 MAXのドロー設定での利用も検討の対象に含めてみると良いと思います。

G425 SFTドライバーのスペック

  • ロフト角:10.5°
  • ライ角:58.5°
  • ヘッド体積:460cc
  • ヘッド重量:202g
  • 長さ:45.75インチ
  • バランス:D1

標準シャフト

  • ピン Alta CB 55 Slate
  • ピン Tour 65
  • アルディラ Rogue White 130 MSI 70
  • 三菱 Tensei AV Orange 55
  • 三菱 Tensei AV Orange 65
  • ピン Alta Distanza

ピン Alta CB 55 Slate

フレックス 重量(g) 弾道
Soft Regular 55
Regular 57 中・高
Stiff 60
X-Stiff 64

ピン Tour 65

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 58
Stiff 62 低・中
X-Stiff 67

アルディラ Rogue White 130 MSI 70

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 65 低・中
Stiff 69
X-Stiff 71

三菱 Tensei AV Orange 55

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 50
Stiff 52 中・高

三菱 Tensei AV Orange 65

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 61
Stiff 64 中・高
X-Stiff 66

ピン Alta Distanza

フレックス 重量(g) 弾道
Soft Regular 40

G425 SFTドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

G425 SFTドライバーのロフト角のラインナップは、USモデルと日本モデルで同じで10.5°のみの1スペックです。

ライ角については、USモデルの方が1°フラットになっていて、58.5°です。

シャフトはUSモデルも日本モデルも公式サイトで紹介されている種類が多く、より自分にあったものを選びやすくなっています。なお、シャフトの種類については、USモデルとと日本モデルで異なっています。

USシャフトは、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われていますので、普段より柔らかいスペックを選択すると良いでしょう。

G425 SFTドライバーのUSモデルの購入・価格

USモデルと日本モデルでは、USモデルの方が安く販売されているケースが多く見受けられます。メーカーが定める定価そのものが、アメリカの方が安いことが多いようです。

定価と市場での小売業者の出品価格は異なるものですが、PINGのドライバーについても、ネットでのUSモデルの方が1万円ほど安くなっています。

USモデルは、日本でも取り扱われるショップが年々増えていて、シャフトの違いでUSモデルを好まれる方がいる一方で、価格が安いことで選ばれる方もいます。

日本で購入する場合、ネットでの取り扱いも増えています。フェアウェイゴルフUSAさんでは、アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト