EPIC FLASHのツアーバージョン、ダブル/トリプルダイヤモンドを発売!

EPIC FLASH サブゼロドライバーに新たに追加されるプロ専用のツアープロバージョンについて、最新情報を取り上げます。

EPIC FLASH サブゼロから、ツアープロ専用モデルの2タイプが数量限定で発売される!

EPIC FLASHはスターモデルがアベレージゴルファー向け、サブゼロモデルがアスリートゴルファー向けとされています。今回、数量限定でサブゼロに追加される2モデルは、市販モデルとは別に、本来、プロだけが手にするクラブとして製造されているものです。

一つは、ディープフェースな「ダブルダイヤモンド」、もう1つは、伝統的洋ナシ形状の「トリプルダイヤモンド」となります。

EPIC FLASH サブゼロ ダブルダイヤモンドドライバー

ヘッドサイズは460ccで変わらないが、ストレッチは短い

こちらはダブルダイヤモンドの方です。ヘッドサイズは普通のサブゼロと同じく460ccですが、ヘッドがディープ形状になっています。ストレッチが短くなりますので、重心深度が浅くなり、更にスピン量が抑えられてモデルとなります。

ダブルダイヤモンドはディープフェース

実際に通常のサブゼロと並べてみると、フェース形状の違いが分かります。左のダブルダイヤモンドは、フェースが縦方向に長くなっています。

サブゼロドライバーはもともとソール前方にもウェイトが装着されていて、低スピンのドライバーです。さらにスピン量と打ち出し角を抑えたモデルとなりますので、ヘッドスピードが速く、より低く強い球を打ちたいゴルファーに向いています。逆に言えば、弾道の高さが既に低めの方は、球が上がり辛く扱いにくい可能性があります。

クラウンはすっきり

通常モデルは、アドレスの目安となるマークの後ろにラインがありましたが、ツアープロ向けは何もなく、すっきりしています。ディープフェースのため、投影面積は小さくなっています。

ウェイト重量は同じ2gと12g

サブゼロの特徴であるソールの2つのウェイトは、通常のサブゼロと同じ重量です。前方のスクリューウェイトが2g、後方のペリメーター・ウェイティングが12gです。

ダブルダイヤモンドのスペック

  • ロフト角:9°/10.5°
  • ライ角:56°
  • ヘッド体積:460cc
  • 参考基準クラブ長さ:45.25インチ

EPIC FLASH サブゼロ トリプルダイヤモンドドライバー

ヘッドサイズは10cc少ない450ccで、小振りなヘッドが特徴

こちらはトリプルダイヤモンドの方です。ヘッドサイズは450ccとなっていて、EPIC FLASHの中で唯一小ぶりなヘッドとなっています。フェードバイアスの設計になっていますので、左へのふけを気にせず、思い切り叩いていけます。

トリプルダイヤモンドのフェース

通常のサブゼロモデルと比べて、同じか若干シャローなように見えます。一般的な市販モデルでは珍しいフェードバイアスのため、適するゴルファーは明確になってきます。ヘッドスピードが速く、持ち球がドロー、叩いていくタイプのゴルファーです。

クラウンはすっきり、ストレッチはダブルより長め

左がトリプルダイヤモンド、右がダブルダイヤモンドのクラウンです。トリプルダイヤモンドは伝統的な洋ナシ形状で、ダブルダイヤモンドはディープヘッドですので、トリプルダイヤモンドの方がストレッチが長くなっています。そして、ヘッドサイズは小ぶりになっていますので、より操作性を求めるゴルファーに適したモデルです。

ウェイト重量は2gと14g

サブゼロの特徴であるソールの2つのウェイトの内、ペリメーターウェイティングの方の重量が2g重くなっています。前方のスクリューウェイトが2g、後方のペリメーター・ウェイティングが14gです。

トリプルダイヤモンドのスペック

  • ロフト角:9°/10.5°
  • ライ角:56°
  • ヘッド体積:460cc
  • 参考基準クラブ長さ:45.25インチ

「エピックフラッシュ サブゼロ ドライバー」関連のおすすめ記事

エピックフラッシュ ドライバーの全モデルを一挙紹介

EPIC FLASHサブゼロドライバー 試打・評価・徹底解説

EPIC FLASHスタードライバー 試打・評価・徹底解説

 

M5ドライバーとM6ドライバーの違いを徹底解説!

M5ドライバーとM6ドライバーの違いについて取り上げます。

M5・M6は2019年モデルのMシリーズドライバー

M5・M6ドライバーは、テーラーメイドからMシリーズの2019年モデルとして発売されているドライバーです。

Mシリーズは複合素材(Multi Material)のヘッドが特徴のモデルで、2016年に初代モデルとしてM1、M2が発売され、今作で4代目となります。

M5がアスリート向け、M6がアベレージ向け

同時に発売される両モデルの位置づけですが、従来モデルのM1・M2、M3・M4と同じく、数字が小さい方がアスリートゴルファー向け、大きい方がアベレージゴルファー向けです。

M5はヘッドサイズが2種類、M6は1種類

M5ドライバーとM5ツアードライバー

M5ドライバーは、ヘッドサイズ違いで2種類あります。左が460ccのM5ドライバー、右が435ccのM5TOURドライバーです。両方とも搭載されているテクノロジー・機能は同じですが、ヘッドサイズの違いにより重心位置に差が生まれ、弾道に違いがあります。

POINT

  • M5 TOUR ドライバー:超低弾道・435cc
  • M5ドライバー:低弾道・460cc

M6ドライバーは日本では1種類

M6ドライバーは過去モデルのM4、M2と同じく1種類のみです。ただし、アメリカではM6ドライバーD-Typeが発売されています。

これは、ヒール寄りに重心が設定されたドローバイアス設計で、つかまりがよくスライサー向けのモデルです。ドロー設定を好んで、日本でもUSモデルのM6ドライバーD-Typeを好んで買う方もいます。

M5ドライバーにはウェイト調整機能が搭載されている

出典:https://www.taylormadegolf.jp/m5-m6-drivers-jp.html

M5ドライバーとM6ドライバーの最大の違いは、ウェイト調整機能の有無にあります。M1・M2、M3・M4と同じく、アスリート向けモデルであるM5の方にはソールに可動式のウェイト調整機能が搭載されています。

スライダー式のウェイトを移動させることで、重心を前後(浅い・深い)左右(ドロー・フェード)に変更することができ、弾道・スピン量を調節できます。

M6ドライバーは超低重心になっている

出典:https://www.taylormadegolf.jp/m5-m6-drivers-jp.html

M6ドライバーの特徴は、ヘッドの軽量化がかなり進み、ソールのM6のバッジ部分に46gにも及ぶ重量を配置している点です。

これにより重心設計としては、深重心・低重心となりますので、球が上がりやすく、直進性の高い弾道となります。M5が操作性を求めるゴルファー向けであるのに対して、M6はオートマチックでミスを許容してくれるモデルとなっています。

POINT

  • M5ドライバーは、重心調整が可能で、操作性が高い。
  • M6ドライバーは、超低重心・深重心で、球が上がりやすくミスに強い。

ツイストフェース・ハンマーヘッドはM5・M6の両方に搭載されている

出典:https://www.taylormadegolf.jp/m5-m6-drivers-jp.html

前作であるM3、M4で初めて搭載されたツイストフェースとハンマーヘッドは、今作にも継承されていて、M5、M6の両方に搭載されています。

ロフト角調整機能もM5・M6の両方に搭載

ホーゼル部のロフト角調整機能は、M5、M6の双方に搭載されています。

M5ドライバー・M6ドライバーの試打と評価

M5ドライバー 試打・評価・徹底解説

M6ドライバー 試打・評価・徹底解説

M5ドライバー・M6ドライバーのスペック比較

モデル M5TOUR M5 M6
ヘッド体積(cc) 435 460 460
ロフト角(°) 9/10.5 9/10.5 9/10.5
ライ角(°) 58 58 58
標準シャフト KUROKAGE TM5 KUROKAGE TM5 FUBUKI TM5
フレックス S/SR S/SR S/SR/R
クラブ重量(g) 306(SR) 306(SR) 297(SR)
シャフト重量(g) 54(SR) 54(SR) 52(SR)

M5ドライバー・M6ドライバーの価格

M5 TOUR ドライバー

  • KUROKAGE TM5 2019(S、SR):¥78,000+税
  • Tour AD VR-6(S):¥95,000+税
  • Speeder 661 EVOLUTION V(S):¥95,000+税
  • Diamana DF60(S):¥95,000+税

M5ドライバー

  • KUROKAGE TM5 2019(S、SR):¥78,000+税
  • Tour AD VR-6(S):¥95,000+税
  • Speeder 661 EVOLUTION V(S):¥95,000+税
  • Diamana DF60(S):¥95,000+税

M6ドライバー

  • FUBUKI TM5 2019(S、SR、R):¥72,000+税
  • Tour AD VR-6(S):¥89,000+税
  • Speeder 661 EVOLUTION V(S):¥89,000+税
  • Diamana DF60(S):¥89,000+税

M6フェアウェイウッド 試打・評価・徹底解説

テーラーメイドのM6フェアウェイウッドについて取り上げます。

テーラーメイド M6フェアウェイウッド

M6フェアウェイウッドは、2019年モデルのMシリーズとして発売されていて、前年の2018年に発売されているM4フェアウェウッドの後継モデルとして位置づけれられます。

同時に発売されているM5フェアウェイウッドがアスリートゴルファー向けモデルで、M6フェアウェイウッドはアベレージゴルファー向けモデルと言われています。

フェアウィウッドに初めてツイストフェースを搭載!

今回のMシリーズフェアウェイウッドの特徴の一つが、ツイストフェースが初めて搭載されたことです。

ツイストフェースが初めて登場したのは、前作のM3/M4です。この時は、ドライバーのみに搭載されましたが、今作のM5/M6では、フェアウェイウッド、ユーティリティ(レスキュー)にまで搭載されています。

出典:https://www.taylormadegolf.jp/m5-m6-fairway-rescue-jp.html

フェースを捩じるという全く新しい発想はゴルフ界全体を驚かせましたが、ハイトゥ・ローヒールへの打点のバラつきに対して、弾道をセンターに戻してくれるというある種、夢のようなテクノロジーはM3、M4の売れ行きからしてゴルファーの好意的な注目を集めたといって良いでしょう。

M6は低重心・深重心になっている!

ドライバーにも言えますが、M6フェアウェイの大きな特徴のひとつがボディーの軽量化、そして、低重心・深重心です。

クラウンのカーボン領域が増え、ヘッド全体の軽量化が大きく進んでいて、生み出された余剰重量がソールのM6のロゴ部分のウェイトに大きく配分されています。

これにより、ミスへの許容度が高く、直進性に優れ、ボールが上がりやすく、飛距離も出ます。

またスピードポケットも貫通型のものが搭載されていますので、こちらもミス許容度、直進性、ボールスピードを高めてくれます。

M5との大きな違いは調整機能!

同時に発売されているM5との大きな違いは、調整機能です。M5の方はウェイト・ロフトの調整機能がありますが、M6には搭載されていません。

これはデメリットのように感じるゴルファーもいるかもしれませんが、逆に言えば、オートマチックなクラブである由縁と考えられます。ツイストフェースも搭載されていますので、直進性と飛距離を求めるゴルファーにはおすすめのモデルです。

  • M6フェアウェイウッド
    操作性の高いモデル。チタンボディで、ツイストフェースを搭載し、重心調整・ロフト角調整機能が付いている。
  • M6フェアウェイウッド
    直進性・寛容性が高いモデル。ラージフェースで、ツイストフェースを搭載している。

メーカー公式ページにはM6フェアウェイについてスピードポケットの記述がありませんが、フェースのすぐ後ろには溝が有るように見えますので、スピードポケットは搭載されているものと思われます。

M6フェアウェイウッドの試打・評価・動画

M6フェアウェイウッド トラックマン試打

M6フェアウェイウッドとM5フェアウェイウッドの違いも解説されています。

4大メーカーのフェアウェイウッドを試打

PING、キャロウェイ、タイトリスト、テーラーメイドのフェアウェイウッドを打ってみて解説しています。

M6フェアウェイウッドのスペック

番手 3 5 7
ロフト角 15° 18° 21°
ライ角 57° 57.5° 58°
ヘッド体積 184cc 158cc 147cc
標準シャフト FUBUKI TM6 2019
長さ 43.25インチ 42.25インチ 41.75インチ
フレックス S/SR/R

番手は3番、5番、7番が用意されており、ロフトは15°、18°、21°です。前作のM4と比べると、番手ラインナップは一緒ですが、7番のロフトが2°立っています。低重心設計が効いているのと、飛距離性能を高めたいという狙いの現れと思われます。

M6フェアウェイウッドの販売価格と発売日

M6フェアウェイウッドの発売開始日は2019年2月15日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは4種類あります。

  • FUBUKI TM6 2019(S、SR、R): ¥38,000+税
  • Tour AD VR-6(S):¥57,000+税
  • Speeder 661 EVOLUTION Ⅳ(S):¥57,000+税
  • Diamana DF60(S):¥57,000+税

 

ROGUE スタードライバー 試打・評価・徹底解説

キャロウェイのROGUEスタードライバーについて取り上げます。

ROGUE ドライバーは4種類ある!

キャロウェイの2018年モデルとして発売されているROGUEドライバーは、4種類発売されています。

  • ROGUE サブゼロドライバー
  • ROGUEドライバー
  • ROGUE スタードライバー
  • ROGUE スタードライバー スピードスターバージョン

最後のスピードスターバージョンは、ROGUEスタードライバーのシャフト・グリップ軽量モデルですので、モデルとして分けるか否かは微妙なところですが、公式サイトでは別立てされていましたので、それに倣って4種としました。

なお、本記事で取り上げるのは、3番目のROGUEスタードライバーです。

ROGUE スタードライバー

ROGUEスタードライバーは、スクリューウェイトがヒール寄りに設定されていて、つかまりが良く、直進性が高いモデルです。このモデルはアジア向けに発売されているモデルで、ヘッドはアメリカでドローモデルとして発売されているものです。ただし、調角機能の有無・ウェイトの重量に違いがあり、アジア向けのスターモデルでは軽量化されていますので、完全に同じではありません。

JAILBREAKテクノロジーはGBB EPICから進化して搭載

出典:https://news.callawaygolf.jp/special/rogue/driver/

GBB EPICで初めて搭載されたJAIL BREAKテクノロジーは、形状のスリム化により軽量化されて搭載されています。2本の柱がヘッド内部を縦に支えることで剛性を高め、クラウンとソールの無駄なたわみを抑えることで、インパクトエネルギーの無駄な消費を抑えてくれます。

GBB EPICとは別のモデルとなるROGUEにも搭載されたということは、キャロウェイとしてボールスピードのアップに自信を持っているテクノロジーと言えそうです。

ペリメーター・ウェイティングは搭載されていない

GBB EPICスターモデルでは、ソールにスライダー式の重心調整機能であるペリメーター・ウェイティングが搭載されていましたが、ROGUE スタードライバーでは搭載されていません。

ソールのスクリューウェイトは交換できる

出典:https://www.callawaygolf.jp/golf-clubs/weight-kit-2017-screw-jv.html

ペリメーター・ウェイティングはありませんが、ソールのウェイトは別重量に交換することができます。重量は2~12gまで6種類あり、オプションで購入することができます。また、ウェイトはROGUEのその他のドライバーやスターフェアウェイウッド、GBB EPICなどと共通仕様となっていますので、お持ちの場合は交換することができます。

スクリューウェイトの対応モデル一覧

  • ROGUE STAR ドライバー
  • ROGUE STAR フェアウェイウッド
  • ROGUE Sub Zeroドライバー
  • ROGUE ドライバー
  • GBB EPIC Sub Zeroドライバー
  • GBB EPIC FORGED ドライバー
  • BIG BERTHA ALPHA 816 ◇◇ドライバー
  • GREAT BIG BERTHA ドライバー
  • GREAT BIG BERTHA フェアウェイウッド
  • XR 16 PROドライバー XR PROドライバー
  • X2 HOT PRO ドライバー

ロフト角調整機能は搭載されていない

 

ROGUEサブゼロドライバー、ROGUEドライバーにはホーゼル部にロフト角調整機能が搭載されていますが、スターモデルには搭載されていません。スターモデルのコンセプトが軽量化であると考えると、重量削減のため搭載されていないと思われます。

ROGUE スタードライバーの試打・評価

マーク金井氏による試打

シャローヘッドで重心角が大きく、つかまりが良くなっていて、このあたりのメリット・デメリットについて解説されています。

ROGUEスタードライバーとGBB EPICスタードライバーの打ち比べ動画

両者のモデルの違いについても、詳しく解説されています。

ROGUEスタードライバーをアマチュアが試打

シャフトはSpeeder Evolution for CW50(S)の装着モデルで試打しています。

ROGUEスタードライバーのスペック

ロフト角 9.5/10.5/12°
ライ角 58°
ヘッド体積 460cc
標準シャフト スピーダーEVOLUTION for CW 50
長さ 45.75インチ
フレックス S/SR/R
シャフト重量 57/56/53g
クラブ重量 298/297/294g
トルク 5.9/5.9/5.9
キックポイント 先中

ロフトは9.5°、10.5°、12°の3種類が用意されています。GBB EPICスターでは12°がありませんでしたので、打ち出しを高くしたい人にはありがたいスペックです。またクラブ重量はGBB EPICと比べて5gほど重くなっています。ゼクシオから乗り換える方など、軽いクラブが好みの方は、FUBUKI for CW SPEED STARが装着されているスピードスターバージョンを選択されますと、最軽量で272gとなり、ゼクシオと重量感が同じになります。

ROGUEスタードライバーの販売価格と発売日

ROGUEスタードライバーの発売開始日は2018年2月23日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは5種類あります。公式サイトではその他のシャフトも選択することができ、組み合わせにより値段が異なります。

  • FUBUKI for CW 40(S/SR/R)
  • Speeder EVOLUTION for CW 50(S/SR/R)
  • Speeder 474 EVOLUTION IV(S)
  • Speeder 569 EVOLUTION IV(S)
  • FUBUKI for CW SPEED STAR(SR/R)

KING F9 フォージドテック アイアン 試打・評価・徹底解説

コブラのKING F9 フォージドテック アイアンについて取り上げます。

KING F9 フォージドテック アイアン

KING F9 フォージドテック アイアンは、ヘッドスピードが速めで、中級・上級のゴルファーに適したアイアンです。

KING F9 フォージドテック アイアンの仕上は2種類ある

KING F9 FORGED TEC アイアンは、ダイアモンドブラックメタル(DBM)仕上に加えて、クロームメッキ仕上げもあります。

DBMの方は、太陽光の反射がないためプレーに集中しやすく、耐摩耗性にも優れています。従来のシルバー系が好みという方はクロームメッキの方を選択すると良いでしょう。

クロモリス鋼をフェースに採用

フェースには、耐摩耗性と堅牢性に優れたクロモリスチールが採用されています。薄く鍛造されたフェースにより、速いボール初速がもたらされます。

ヒール・トゥにタングステンウェイトを搭載

ヒール側とトゥ側にタングステンウェイトが搭載され、重心位置がフェースセンターへ配置させるように働いています。そして、低重心にもなっていますので、ミスを許容し寛容性を高めてくれます。

柔らかくもしっかりとした打感

バックフェースには、カーボンコンポジット素材の軽量メダリオンが装着されています。インパクトの際の衝撃振動を効果的に減衰してくれるため、手応えがありながらも柔らかな打感をもたらしてくれます。

KING F9 フォージドテック アイアンの試打・評価

5番と9番アイアンで試打

試打の途中に製品紹介のムービーもあり、特徴が分かります。

KING F9 フォージドテック アイアンのスペック

番手 4 5 6 7 8 9 PW
ロフト角 21 23 26 30 35 40 45
ライ角 61 61.5 62 62.5 63 63.5 64
オフセット 3.8 3.6 3.3 3.1 2.5 2.3 2
長さ 39 38.5 38 37.5 37 36.5 36
バランス D0

KING F9 フォージドテック アイアンは、4番からPWまでのセッティングになっています。コブラからはシャフトの長さが全番手で同じワンレングスアイアンも発売されています。4番からGWまでの8本すべてがカーボンで37.5インチ、スチールで37インチとなっており、同じスイングで扱える利点があります。番手により得手不得手がある方は、そちらを試されるのも良いかもしれません。

KING F9 フォージドテック アイアンの発売日と販売価格

KING F9 フォージドテック アイアンの発売日はメーカー公式ページ等に記載がなく分かりませんでした。販売価格は、N.S.PRO MODUS3 TOUR 105が標準シャフトとなっており、5~PWまでの6本セットで126,000円+税、4番が単品で21,000円+税となっています。