M6アイアン 試打・評価・徹底解説

テーラーメイドのM6アイアンについて取り上げます。

テーラーメイド M6アイアン

テーラーメイドの2019年モデルとして発売されているMシリーズ。アイアンはM5アイアンとM6アイアンの2種類がリリースされています。

前年にはM3、M4アイアンがリリースされていて、M5アイアンはM3アイアン、M6アイアンはM4アイアンの後継モデルに位置づけられています。

M6アイアンはアベレージ向け、M5アイアンはアスリート向け

M5アイアンとM6アイアンはターゲットゴルファーに違いがありまして、M5が中級者・上級者向け、M6がアベレージゴルファー向けと言われています。実際に両モデルの公式ページでの概要説明を見てみますと、基本的な違いが見えてきます。

  • M5アイアン:爆発的な飛距離性能+ 高い操作性
  • M6アイアン:爆発的な飛距離性能+ 高い寛容性

貫通型のスピードポケットを搭載

出典:https://www.taylormadegolf.jp/m5-m6-irons-jp.html

M6アイアンは前作同様にソールにスピードポケットが搭載されています。ドライバーにも溝が設けられていますので、テーラーメイドのスタンダードと言っても良いでしょう。

スピードポケットの効果についてはモデルにより表現が異なりますが、M6アイアンでは大きなスイートエリアを実現と述べられていますので、オフセンターヒット時のミスの許容性が高くなっています。

新構造のスピードブリッジ

出典:https://www.taylormadegolf.jp/m5-m6-irons-jp.html

最近のゴルフクラブの兆候として、剛と柔があります。たわませる柔の部分と、無駄なたわみを抑える剛の部分です。M6アイアンではバックフェースにスピードブリッジと呼ばれるリブが斜めに設けられていて、剛性を高めています。

これにより、薄いフェース・貫通型のスピードポケットがが実現されています。

フェーススロットは廃止されている

M2アイアン、M4アイアンでは、フェース面のスコアラインの両脇に、フェーススロットと呼ばれる縦の溝が施されていました。しかし、M6アイアンではフェーススロットがなくなり、すっきりとしたフェース面になっています。

つかまりの良さをイメージできるネック形状

こちらはアドレスした際に上からみた画像で、左がM6アイアン、右がM5アイアンです。M6アイアンの方がグースがきいていて、しっかりボールをつかまえたいゴルファーにとって構えやすいネック形状になっています。

ソールがしっかりした構造になっていますが、構えた時にソールのゴテゴテ感を感じさせずすっきりしていますので、とても構えやすい形状となっています。

ソールの厚みがあり、低重心で座りも良い

こちらは横から見た画像です。ソール幅があつく、座りが良いヘッドで構えやすくなっています。低重心となっていますので、ボールが上がりやすくなっています。

M6アイアンの試打動画

M5アイアン・M6アイアンの試打・解説

M5、M6、P760アイアンを試打して解説されています。M5、M6アイアンを使用しているプロがいない話は興味深いです。

M5アイアン・M6アイアンを比較

M5、M6形状の違い、球の上がりやすさ等、試打した感想が参考になります。

M6アイアンのスペック

番手 #4 #5 #6 #7 #8 #9 PW AW SW
ロフト角 19 21.5 25 28.5 33 38 43.5 49 54
ライ角 60.5 61 61.5 62 62.5 63 63.5 63.5 63.5
FUBUKI TM6 39.25 38.625 38 37.5 37 36.5 36 36 35.75
REAX85 JP 39 38.375 37.75 37.25 36.75 36.25 35.75 35.75 35.5

クラブセッティングは、4~9、P、A、Sです。セット販売は5~9、Pの6本で、その他は単品購入となります。

ロフト・ライはM4アイアンと同じスペックです。7番で28.5°のロフトですので、ストロングロフトの部類に入ります。ソールが厚く低重心になっていますので、球の上がりやすさにも配慮されています。

M6アイアンの販売価格と発売日

M6アイアンの発売開始日は2019年2月15日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは2種類あります。

  • FUBUKI TM6(S、R)
    6本セット(5~P):120,000円
    単品(4、AW、SW):20,000円
  • REAX85 JP(S、R)
    6本セット(5~P):108,000円
    単品(4、AW、SW):18,000円

 

SRIXON Z585とZ785ドライバーの違いを徹底解剖・評価!

SRIXONのZ85シリーズから発売のZ585ドライバーとZ785ドライバーについて、違いを取り上げます。

スリクソン Z85シリーズのドライバーはこれまでと違う


アスリート向けモデルとして位置づけられているスリクソンのZシリーズ。2018年モデルのドライバーは、Z585 ドライバー、Z785 ドライバーの2種類が発売されています。

従来までのZシリーズでは、ヘッド体積が異なるモデルがラインナップされていました。2018年モデルで「ZERO SRIXON ドライバーを、ゼロから作り直せ。」というキャッチコピーが付けられ、これまでと構成が変わってきました。

Z585とZ785はヘッドサイズが同じ!

この記事はZ585とZ785の違いを取り上げていますが、まず触れておかなければならない点は、Z585ドライバーとZ785ドライバーのヘッドサイズです。両方とも460ccで同じヘッド体積となっています。

従来までは5、7、9と数字が上がるにつれヘッド体積が小さくなっていましたので、従来モデルと異なる点となります。

ちなみに、これまでのZシリーズを振り返ってみると、年々ヘッド体積の差は縮まっていましたので、460ccへの統一は時間の問題であったように感じます。

スリクソン Zシリーズドライバーの歴代モデル、ヘッドサイズの変遷まとめ

ヘッド体積460ccは全体の流れ

スリクソンのドライバーが460ccで統一された点は、様々な感想が出ているようです。他メーカーに目を向ければ、タイトリストでもスリクソンと同じくゼロからドライバーの製品開発が行われ、TSという新たなモデルがリリースされました。そして、日本で発売されているTS2、TS3ドライバーは、ヘッドサイズが同じとなっています。

また、テーラーメイドのM5、M6、キャロウェイのEPIC FLASHも、上級者向けとアベレージゴルファー向けでヘッド体積が同じになっていますので、460ccに統一されたことは、自然な流れだったように思います。

ウェイトの位置の違い

Z585とZ785は注目したい違いが2点あります。1点目はウェイトの設置個所です。左が585、右が785になります。

左のZ585ドライバーはウェイトがヒール寄りに搭載されていますので、重心角を大きくし、ヘッドがターンしやすくなっています。Z785よりはつかまりが良いモデルとなります。左のZ785ドライバーの方は、ヘッド形状の違いも相まって重心角が小さくなる方向に働いていますので、操作性が高く、意図した弾道を繰り出しやすいモデルとなっています。

一般的には、Z785がより上級者向けという言われ方をされますが、最近では優しい方を手にするツアープロも増えていますので、難易度よりもヘッド特性で分類した方が良いように思います。

ヘッド形状の違い

こちらはクラウンの画像を並べたものです。縮尺が若干異なるようにも思いますので、形状の比較のみでご覧ください。

左がZ585ドライバー、右がZ785ドライバーです。Z585は投影面積が大きくシャロー、ヒールよりも厚めになっています。右へのミスが抑えられ、直進性もあり、安心感を持って構えられそうな形状です。

一方、Z785はツアープロが好みそうな洋ナシ型です。ストレッチも短めで操作性の高さが感じられます。

スペックの比較

モデル Z585 Z785
ロフト角(°) 9.5/10.5 9.5/10.5
ライ角(°) 58 58
ヘッド体積(cc) 460 460
クラブ長さ(インチ) 45.25 45.25
バランス D2 D2
重量(g) 302/308 303/309

基本スペックで見ると、違いは殆どありません。ヘッド形状とウェイト位置が異なりますので、重心設計値が公表されていれば、大きな違いが確認できると思いますが、残念ながら公式ページに掲載はありませんでした。

Z585ドライバー、Z785ドライバーの試打・評価

Z585ドライバーとZ785ドライバーの試打・評価については、それぞれ個別に取り上げていますので、より詳しい特徴はこちらの記事をご覧ください。

SRIXON Z585ドライバー 試打・評価・徹底解説

SRIXON Z785ドライバー 試打・評価・徹底解説

 

PING G410 SFTフェアウェイウッド 試打・評価・徹底解説

PINGのG410 SFTフェアウェイウッドについて取り上げます。

PING G410シリーズのフェアウェイウッドは3モデル

PINGのG410シリーズから発売されているフェアウェイウッドは3種類あります。前作のG400でもフェアウェイウッドは3種類ありましたが、ラインアップは若干異なっています。G400ではSTRETCH3というモデルがありましたが、G410ではLST(低スピンモデル)となっています。

G410フェアウェイウッド 3モデルの特徴

G410フェアウェイウッドは、主にウェイトの搭載位置とヘッド形状の面で違いがあり、異なる弾道特性を有しています。本記事で取り上げるのは、G410 SFTフェアウェイウッドです。

POINT:G410FWのモデルの違い

  • STD:スタンダードの意、レギュラーモデル
  • SFT:ドロー設計のスライサー向けモデル
  • LST:浅重心の低スピン・強弾道モデル

PING G410 SFTフェアウェイウッド

こちらがG410 SFTフェアウェイウッドです。SFTはStraight Flight Technologyの略で、ボールのつかまりが良いモデルです。

最も特徴的なのはソールに搭載されたウェイトの位置で、ソール後方のヒール寄りになっています。ヒール側にウェイトがあることでセンターにあるモデルよりも重心距離が短く、重心角も大きくなります。

その結果、ヘッドが返りやすくなりますのでスライスが出にくくなり、スライサーが真っすぐ飛ばすことができます。

シャローなFORGEDフェース

G410シリーズのフェアウェイウッドは、座りが良い形状となっています。シャローで重心高が抑えられていますので、球が上がりやすくなっています。

クラウンにはドライバー同様、タービュレーターを搭載

クラウンにはドライバーと同様に空気の流れを制御するタービュレーターがされています。スイングの際に無駄な空気抵抗が抑えられますので、ヘッドが走ります。

G410 フェアウェイウッドの公式動画

G410フェアウェイウッドの特徴について解説がありますので参考になります。また、比嘉真美子プロによる試打の感想もあります。

G410 SFTフェアウェイウッドの試打・評価

G410 フェアウェイウッド 全3モデルを試打

G410フェアウェイウッドの全3種類のモデルについて試打した動画です。それぞれのモデルの違いも確認できますので、モデル選びの参考になります。

G410フェアウェイウッドSFTの試打動画

屋外の練習場で試打している動画です。弾道の高さや打音などを確認することができます。

PING G410 SFTフェアウェイウッドのスペック

ヘッドスペック

番手 3 5 7
ロフト角(度) 16 19 22
ヘッド体積(CC) 188 177 167
ライ角(度) 57.5 58 58.5
標準クラブ長(inch) 43 42.5 42

スタンダードモデルは3,5、7、9の4種類の番手ラインナップですが、SFTは3、5、7の3種類となっています。ちなみに、LSTは3番のみです。

シャフトスペック

シャフト フレックス 重量(g) トルク(度) キックポイント
ALTA J CB RED R 44 5.4
SR 49 5 中先
S 54 4.5
X 62 3.5
PING TOUR 173-65 R 53 4.3
S 57 3.4 中元
X 62 3.2 手元
PING TOUR 173-75 R 64 3.3
S 70 2.9 中元
X 76 2.8 手元
ALTA DISTANZA 38 5.9
The ATTAS 5S 54 5.6
6S 63 3.6
Speeder EVOLUTION V 569S 59.5 4.5 先中
661S 66 3.7 先中
TENSEI CK Pro Orange 60S 64 3.5 手元
70S 72 2.9 手元

PING G410 LSTフェアウェイウッドの販売価格と発売日

PING G410 LSTフェアウェイウッドの発売開始日は2019年3月21日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは7種類となっています。そして、装着するシャフトにより販売価格は異なっています。

  • 42,000円(税抜):ALTA J CB RED、ALTA DISTANZA、PING TOUR 173-65、PING TOUR 173-75
  • 54,000円(税抜):The ATTAS、Speeder EVOLUTION V
  • 57,000円(税抜):TENSEI CK Pro Orange

PHYZ アイアン 2019 試打・評価・徹底解説

ブリヂストンから発売のPHYZアイアン 2019について取り上げます。

PHYZアイアン 2019

PHYZアイアン 2019年モデルは、PHYZの5代目のアイアンとなります。2016年の前作の発売から3年振りにリニューアルされました。

360度ポケット構造を採用

出典:https://www.bs-golf.com/bs-products/club/iron/phyz5.html

フェース内部は360度全方向的にポケット構造が採用されています。打点がバラつくゴルファーにとってはミスを許容してくれ、さらに、反発性能も高めてくれます。

POINT

  • 360度ポケットはミスを許容し、反発を高める

最薄部1.7mmの超極薄を実現

出典:https://www.bs-golf.com/bs-products/club/iron/phyz5.html

PHYZアイアンはフェース面の下方が最薄部で1.7mmとなっています。実質的にボールを捉えると思われる面は0.2mm上回る1.9mmですが、これもかなりの薄さです。

素材の違いこそありますが、例えば、ゼクシオシリーズの最新モデルでは、ゼクシオ10アイアンが2.25mm、ゼクシオクロスアイアンが2.0mmです。

ターボラバーが打感を向上

出典:https://www.bs-sports.co.jp/press/2019/g0115_phyz_iron/g0115_phyz_iron.pdf

フェースの裏面にはターボラバーが搭載されています。これにより、薄肉フェースで生じやすい不快な振動を抑えてくれますので、打感がマイルドになります。

ストロングロフト設計

出典:https://www.bs-golf.com/bs-products/club/iron/phyz5.html

最近のディスタンス系アイアンの主流となりつつあるのがストロングロフトです。7番で比較すると、前作のPHYZ アイアン 4代目(2016)が29°でしたから、今作は26°で1番手分ぐらい立たせている設計となっています。

少し前までは7番アイアンは30°ぐらいでしたが、最近は25°ぐらいのモデルが増えています。

POINT

  • 前作よりもストロング設計
  • より飛距離を重視したモデル

PHYZ アイアン 2019 5代目の試打・評価

注目の3モデルを比較

ブリヂストンのPHYZ、PRGRのRSレッド、マルマンのシャトルゴールドの3モデルを試打して比較解説した動画です。

PHYZアイアンを練習場で試打

PHYZアイアンを屋外の練習場で打っている動画です。実際の打音や打球が確認できます。

PHYZアイアン 5代目 2019のスペック

番手 ロフト角 ライ角 FP 長さ
7 26 61 0.25 37.75
8 30 61.5 0.5 37.25
9 35 62 0.75 36.75
10 40 62.5 1 36.25
PW 45 63 1.25 35.75
AW 50 63.5 1.5 35.75
SW 56 63.5 1.5 35.5

PHYZアイアン 5代目 2019の発売日と販売価格

PHYZアイアンの発売日は、2019年3月8日です。

  • 5本セット (#7~10、PW):110,000円+税
  • 1本(AW、SW):22,000円+税

PING G410 LSTフェアウェイウッド 試打・評価・徹底解説

PINGのG410 LSTフェアウェイウッドについて取り上げます。

PING G410シリーズのフェアウェイウッドは3種類!

PINGのG410シリーズのフェアウェイウッドは、前作のG400と同様に3タイプのモデルがリリースされています。G400ではSTD、SFT、STRETCH3の3タイプでしたが、G410では、スタンダード、SFT、LSTの3種類になっています。ちなみにG400のSTRETCH3という馴染みのない名称のクラブですが、ヘッド体積が193ccと大きく、ロフトが13°とかなり立っていて、番手こそ3番に位置づけられていますが、ティーショットでも使えてミニドライバー的な位置づけと考えてもらえれば良いと思います。

G410フェアウェイウッド 3モデルの特徴

G410フェアウェイウッドは、主に形状とウェイトの装着位置の違いから、弾道特性が異なっています。なお、本記事で取り上げるのは、G410 LSTフェアウェイウッドです。

POINT:G410FWのモデルの違い

  • STD:スタンダードの意、レギュラーモデル
  • SFT:ドロー設計のスライサー向けモデル
  • LST:浅重心の低スピン・強弾道モデル

PING G410 LSTフェアウェイウッド

こちらがG410 LSTフェアウェイウッドです。念のため触れておきますと、LSTは、Low Spin Technologyの略で、低スピンモデルを意味します。

先ほどの3つ並べた画像をみると、ソールのウェイトがスタンダードモデルよりも前方に装着されていることが確認できます。重心が浅めに設定されていますので、バックスピンを抑えるギア効果により低スピンの強い弾道で飛ばすことができます。

シャローなFORGEDフェース

G410シリーズのフェアウェイウッドは座りが良いシャロー形状です。地面からでもフェースセンターでボールを捉えやすそうです。

クラウンにはタービュレーターも搭載

ドライバーと同様に、クラウンにはタービュレーターが搭載されています。空気抵抗が抑えられ、ヘッドが走りやすくなっています。

G410 フェアウェイウッドの公式PV

スタンダードモデル中心の解説ですが、G410フェアウェイウッド全般の特徴が解説されていますので、参考になります。

G410 LSTフェアウェイウッドの試打・評価

G410 フェアウェイウッド 全3モデルを試打

G410フェアウェイウッドの全3モデル、STD、LST、SFTを試打していますので、各モデルの飛距離、スピン量、打ち出し角の違いなどを確認できます。

トラックマン試打動画

3番14.5°を使った練習場での試打動画です。屋外で試打してますので、実際の打音や弾道も確認できます。

PING G410 LSTフェアウェイウッドのスペック

ヘッドスペック

番手 3
ロフト角(度) 14.5
ヘッド体積(CC) 159
ライ角(度) 57.5
標準クラブ長(inch) 43

LSTモデルは3番のみとなっています。

シャフトスペック

シャフト フレックス 重量(g) トルク(度) キックポイント
ALTA J CB RED R 44 5.4
SR 49 5 中先
S 54 4.5
X 62 3.5
PING TOUR 173-65 R 53 4.3
S 57 3.4 中元
X 62 3.2 手元
PING TOUR 173-75 R 64 3.3
S 70 2.9 中元
X 76 2.8 手元
ALTA DISTANZA 38 5.9
The ATTAS 5S 54 5.6
6S 63 3.6
Speeder EVOLUTION V 569S 59.5 4.5 先中
661S 66 3.7 先中
TENSEI CK Pro Orange 60S 64 3.5 手元
70S 72 2.9 手元

PING G410 LSTフェアウェイウッドの販売価格と発売日

PING G410 LSTフェアウェイウッドの発売開始日は2019年3月21日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは7種類となっています。そして、装着するシャフトにより販売価格は異なっています。

  • 42,000円(税抜):ALTA J CB RED、ALTA DISTANZA、PING TOUR 173-65、PING TOUR 173-75
  • 54,000円(税抜):The ATTAS、Speeder EVOLUTION V
  • 57,000円(税抜):TENSEI CK Pro Orange