M6フェアウェイウッド 試打・評価・徹底解説

テーラーメイドのM6フェアウェイウッドについて取り上げます。

テーラーメイド M6フェアウェイウッド

M6フェアウェイウッドは、2019年モデルのMシリーズとして発売されていて、前年の2018年に発売されているM4フェアウェウッドの後継モデルとして位置づけれられます。

同時に発売されているM5フェアウェイウッドがアスリートゴルファー向けモデルで、M6フェアウェイウッドはアベレージゴルファー向けモデルと言われています。

フェアウィウッドに初めてツイストフェースを搭載!

今回のMシリーズフェアウェイウッドの特徴の一つが、ツイストフェースが初めて搭載されたことです。

ツイストフェースが初めて登場したのは、前作のM3/M4です。この時は、ドライバーのみに搭載されましたが、今作のM5/M6では、フェアウェイウッド、ユーティリティ(レスキュー)にまで搭載されています。

出典:https://www.taylormadegolf.jp/m5-m6-fairway-rescue-jp.html

フェースを捩じるという全く新しい発想はゴルフ界全体を驚かせましたが、ハイトゥ・ローヒールへの打点のバラつきに対して、弾道をセンターに戻してくれるというある種、夢のようなテクノロジーはM3、M4の売れ行きからしてゴルファーの好意的な注目を集めたといって良いでしょう。

M6は低重心・深重心になっている!

ドライバーにも言えますが、M6フェアウェイの大きな特徴のひとつがボディーの軽量化、そして、低重心・深重心です。

クラウンのカーボン領域が増え、ヘッド全体の軽量化が大きく進んでいて、生み出された余剰重量がソールのM6のロゴ部分のウェイトに大きく配分されています。

これにより、ミスへの許容度が高く、直進性に優れ、ボールが上がりやすく、飛距離も出ます。

またスピードポケットも貫通型のものが搭載されていますので、こちらもミス許容度、直進性、ボールスピードを高めてくれます。

M5との大きな違いは調整機能!

同時に発売されているM5との大きな違いは、調整機能です。M5の方はウェイト・ロフトの調整機能がありますが、M6には搭載されていません。

これはデメリットのように感じるゴルファーもいるかもしれませんが、逆に言えば、オートマチックなクラブである由縁と考えられます。ツイストフェースも搭載されていますので、直進性と飛距離を求めるゴルファーにはおすすめのモデルです。

  • M6フェアウェイウッド
    操作性の高いモデル。チタンボディで、ツイストフェースを搭載し、重心調整・ロフト角調整機能が付いている。
  • M6フェアウェイウッド
    直進性・寛容性が高いモデル。ラージフェースで、ツイストフェースを搭載している。

メーカー公式ページにはM6フェアウェイについてスピードポケットの記述がありませんが、フェースのすぐ後ろには溝が有るように見えますので、スピードポケットは搭載されているものと思われます。

M6フェアウェイウッドの試打・評価・動画

M6フェアウェイウッド トラックマン試打

M6フェアウェイウッドとM5フェアウェイウッドの違いも解説されています。

4大メーカーのフェアウェイウッドを試打

PING、キャロウェイ、タイトリスト、テーラーメイドのフェアウェイウッドを打ってみて解説しています。

M6フェアウェイウッドのスペック

番手 3 5 7
ロフト角 15° 18° 21°
ライ角 57° 57.5° 58°
ヘッド体積 184cc 158cc 147cc
標準シャフト FUBUKI TM6 2019
長さ 43.25インチ 42.25インチ 41.75インチ
フレックス S/SR/R

番手は3番、5番、7番が用意されており、ロフトは15°、18°、21°です。前作のM4と比べると、番手ラインナップは一緒ですが、7番のロフトが2°立っています。低重心設計が効いているのと、飛距離性能を高めたいという狙いの現れと思われます。

M6フェアウェイウッドの販売価格と発売日

M6フェアウェイウッドの発売開始日は2019年2月15日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは4種類あります。

  • FUBUKI TM6 2019(S、SR、R): ¥38,000+税
  • Tour AD VR-6(S):¥57,000+税
  • Speeder 661 EVOLUTION Ⅳ(S):¥57,000+税
  • Diamana DF60(S):¥57,000+税

 

PING G410フェアウェイウッド 試打・評価・徹底解説

PINGのG410 フェアウェイウッドについて取り上げます。

PING G410シリーズのフェアウェイウッドは3タイプリリースされている!

PINGのG410シリーズのフェアウェイウッドは、前作であるG400と同様に3タイプのモデルがリリースされています。前作ではSTD、SFT、STRETCH3の3タイプでしたが、G410フェアウェイウッドでは、スタンダード、SFT、LSTの3種類になっています。

POINT:G410FWのモデルの違い

  • STD:スタンダードの意、レギュラーモデル
  • SFT:ドロー設計のスライサー向けモデル
  • LST:浅重心の低スピン・強弾道モデル

本投稿で取り上げるのは、G410フェアウェイウッド(STD)です。

PING G410 フェアウェイウッド(STD)

G410フェアウェイウッドスタンダードモデルは、重心位置が低く・深く設定されています。

シャローなFORGEDフェース

シャロー設計で、ソール後方部にウェイトが搭載されていますので、大きな慣性モーメントで、ミスしても弾道がブレにくくなっています。

正面からの見た目でも感じられる通り、座りも良くフェアウェイから打ちやすくなっています。

クラウンにはタービュレーターも搭載

ドライバーと同様に、クラウンにはタービュレーターが搭載されています。無駄な空気抵抗を制御してくれますので、ヘッドが走ります。

G410フェアウェイウッドの試打・評価

トラックマン試打動画

3番14.5°を使った練習場での試打動画です。

公式PV動画

比嘉真美子プロが試打して解説しています。

PING G410 フェアウェイウッドのスペック

ヘッドスペック

番手 3 5 7 9
ロフト角(度) 14.5 17.5 20.5 23.5
ヘッド体積(CC) 171 162 148 144
ライ角(度) 57.5 58 58.5 59
標準クラブ長(inch) 43 42.5 42 41.5

シャフトスペック

シャフト フレックス 重量(g) トルク(度) キックポイント
ALTA J CB RED R 44 5.4
SR 49 5 中先
S 54 4.5
X 62 3.5
PING TOUR 173-65 R 53 4.3
S 57 3.4 中元
X 62 3.2 手元
PING TOUR 173-75 R 64 3.3
S 70 2.9 中元
X 76 2.8 手元
ALTA DISTANZA 38 5.9
The ATTAS 5S 54 5.6
6S 63 3.6
Speeder EVOLUTION V 569S 59.5 4.5 先中
661S 66 3.7 先中
TENSEI CK Pro Orange 60S 64 3.5 手元
70S 72 2.9 手元

PING G410 フェアウェイウッドの販売価格と発売日

PING G410 フェアウェイウッドの発売開始日は2019年3月21日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは7種類ありまして、装着シャフトにより価格帯が分かれています。

  • 42,000円(税抜):ALTA J CB RED、ALTA DISTANZA、PING TOUR 173-65、PING TOUR 173-75
  • 54,000円(税抜):The ATTAS、Speeder EVOLUTION V
  • 57,000円(税抜):TENSEI CK Pro Orange