テーラーメイド ミルドグラインド MG 2 ウェッジの最新情報!スコアラインエリアがノーメッキで超絶スピン!

テーラーメイドから発売のミルドグラインド MG 2 ウェッジについて最新情報・発売日などを取り上げます。

MG 2 ウェッジはクロームとマットブラックの2種類の仕上げ

MG 2ウェッジは、クロームとブラックの2種類の仕上げがあります。

いわゆるアイアンやウェッジのオーソドックスなカラーがしっくりくる方はクロームを、太陽光の反射を抑え、引き締まって小振りに感じられる方がしっくりくる方はマットなブラックがおすすめです。

激烈スピンを生む理由は、ノーメッキと細かな溝

MG 2 ウェッジでは、フェースのグルーブ面(溝が彫り込まれたエリア)のみ、ノーメッキとなっています。一般にゴルフクラブはメッキ加工されることがボールが滑る理由の一つとなります。メッキ加工には錆を防ぐ等のメリットもありますが、スピン性能だけを考えた場合、ノーメッキが有効な手段となります。

さらに、スコアラインの間にも細かな溝が施されていますので、ボールの喰い付きが良くなっています。

錆が気になる方はブラック!?

ノーメッキのエリアはグルーブ面のみとなりますが、ノーメッキのため錆が出た場合に気になるという方は、マットブラックを選択すると目立ちにくいかもしれません。

マシンソール加工により、座りが良く滑りにくい

ソール面には、前作に引き続いてマシンソール加工がさらに幅広く施されていて、ヘッドの座りと抜けが良くなっています。

操作性の高いノーオフセットのネック形状

ネック形状はきれいなストレートとなっています。オフセットがないため、つかまってしまうイメージがなく、意図した弾道を素直に繰り出せそうなネック形状となっています。

TPUインサートが採用され、打感もしっかり

出典:https://www.taylormadegolf.jp/milled-grind-2-wedges-jp.html

フェースの裏側はキャビティー構造となっていて、ソール側にはTPUインサートが搭載されています。振動が減衰され、インパクトの際に打感が感じられます。

MG 2 ウェッジのスペック

クローム

ロフト角(゜) 48 50 52 54 56 56LB 58 58LB 60
バウンス角(゜) 9 9 9 11 12 8 11 8 10
ライ角(゜) 64
長さ(in) 35.5 35.25 35

ブラック

ロフト角(°) 52 54 56 58 60
バウンス角(°) 9 11 12 11 10
ライ角(°) 64
長さ(in) 35.5 35.25 35

MG 2 ウェッジの発売日・発売価格

ミルドグラインド  MG 2 ウェッジ 2019年モデルの発売日は、2019年9月13日が予定されています。発売価格は、Dynamic Gold(S200)とNSPRO 950GH (S)の2種類共に22,000円+税です。

あわせて読みたい