TSi2、TSi3ハイブリッドがツアー・シーディング開始!

タイトリストのTSiシリーズのハイブリッドが、ツアーシーディングを開始しました。

TSiシリーズは、既にドライバー、フェアウェイウッドが発売されていますので、これでウッド系は一通り出そろう形となります。

TSi2ハイブリッド、TSi3ハイブリッド

出典:https://www.titleist.com/golf-clubs/tsi-metals

タイトリストのアメリカの公式サイトにて、TSiハイブリッドがツアーデビューについて発表がありました。

ツアーシーディング・検証プロセスがスタートし、プレーヤーからのフィードバックが収集されますので、製品の最終テスト段階といった意味合いになります。

TSiハイブリッドのモデルの詳細については、公式サイトでは触れられていませんが、映像からTSi2、TSi3の存在が明らかになっています。

適合リストにはTSi1ハイブリッドも掲載されている

出典:https://www.randa.org/

TSiシリーズについて、適合リストの掲載情報を確認すると、TSi2、TSi3の他に、TSi1の存在が確認できます。

上の画像でTSi1~3を見比べてみると、きれいにヘッドサイズが小さくなっていくことが分かります。

前作のTSシリーズでは、フェアウェイウッド、ユーティリティ共に、TS2、TS3の2種類でしたので、TS1ドライバーを使っている方、やさしいクラブを使いたい方には、TSi1ハイブリッドの存在は朗報と言えそうです。

TSi1ハイブリッド

出典:https://www.randa.org/

TSi1ハイブリッドは、ヘッドサイズが大型です。デザインは、ソールのセンターに立てのラインが走っていて、TSi2ハイブリッドと似ています。

ネック部分を見ると、ロフト角・ライ角の調整機能が搭載されていることも分かります。

固定ウェイトが1つと言う点も似ていますが、TSi1ハイブリッドは、シャローなヘッドの奥深いところに装着されていますので、深重心で球の上がりやすさと寛容性を高めたハイブリッドのように見えます。

適合リストに掲載されているスペックは、ロフト角20、23、26、29°の4スペックです。

TSi2ハイブリッド

出典:https://www.randa.org/

TSi2ハイブリッドは、TSi1よりもヘッドサイズが絞られていますが、TSi3と比べると、ふっくらしています。デザインは、TSi2ドライバー、TSi2フェアウェイウッドと似ていますが、ハイブリッドのみ固定ウェイトがソール前方に装着されています。

ネック部分を見ると、ロフト角・ライ角の調整機能が搭載されていることも分かります。

適合リストに掲載されているスペックは、ロフト角18、21、24°の3スペックです。

TSi3ハイブリッド

出典:https://www.randa.org/

TSi3ハイブリッドは、3機種の中で最も投影が絞られています。かなり小ぶりに見えますので、弾道を操作したい方、打点のブレが少ない上級者向けです。

ネック部分を見ると、ロフト角・ライ角の調整機能が搭載されていることも分かります。

TSi1ハイブリッド、TSi2ハイブリッドとの大きな違いは、ウェイト調整による弾道の切替機能が搭載されている点です。ソールには、フェアウェイウッドと道央にT、N、Hの文字が記載されていて、トゥ寄り、ヒール寄り重心に変更することで、ドロー、フェードの切替ができます。

適合リストに掲載されているスペックは、ロフト角18、20、23°の3スペックです。

まとめ

TSiシリーズのハイブリッドについて、ツアーシーディング・検証プロセスがスタートしたというニュースを取り上げました。

テスト段階ではお目見えしない可能性が高いと思いますが、適合リストにはTSi1ハイブリッドも掲載されていますので、TSi1、2、3ハイブリッドが市販される可能性が高いのではないかと思います。

G425 LSTドライバー USモデルの特徴・違い

PINGのG425 LSTドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

G425 LSTドライバー USモデル

低スピン性能

G425 LSTドライバーは、ヘッド体積が前作に当たるG410 LSTドライバーと同じ445ccで、シリーズ中で最も小振りなヘッドです。

ヘッド形状は操作性を求める上級者に好まれる洋ナシ型で、ヘッドの奥行きが浅めで、浅重心設計となっています。

そのため低スピン性能に優れ、スタンダードモデルであるG425 MAXと比べると、約500〜700 rpmのスピン量の抑制が実現されています。なお、前作であるG410 LSTと比べると、約200 rpmのスピン量の減少となっています。

マットブラックなカラーリング

G425 MAXとG425 LSTは、ヘッド形状に違いがあるもの、ヘッド後方に移動式ウェイトが搭載され、非常に似通っています。

ただ、ソールのフェースの直ぐ後ろの部分が、G425 MAXやG425 SFTではシルバーなのに対して、G425 LSTは艶消しのマットブラックになっています。

ソール面はキャディーバッグに挿している時に見え、LSTは落ち着きのある精悍な印象を与えてくれ、G425シリーズのなかでも特別なドライバーで有ることを感じさせてくれます。

17gの移動式タングステンウェイトを搭載

出典:https://ping.com/en-us/clubs/drivers/g425-max

G425 LSTドライバーには、前作と同様に移動式のウェイト調整機能が搭載されています。ウェイト重量はMAXが26gなのに対して、LSTでは17gとなっています。

ウェイトを移動することで、ドロー・フェードの弾道調整が行えます。

なお、G425 LSTは、前作のG410 LSTと比べてボールのつかまりが良くなっています。

G425 LSTドライバーのスペック

  • ロフト角:9、10.5°
  • ライ角:57.0°
  • ヘッド体積:445cc
  • ヘッド重量:208g
  • 長さ:45.75インチ
  • バランス:D4

標準シャフト

  • ピン Alta CB 55 Slate
  • ピン Tour 65
  • アルディラ Rogue White 130 MSI 70
  • 三菱 Tensei AV Orange 55
  • 三菱 Tensei AV Orange 65
  • ピン Alta Distanza

ピン Alta CB 55 Slate

フレックス 重量(g) 弾道
Soft Regular 55
Regular 57 中・高
Stiff 60
X-Stiff 64

ピン Tour 65

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 58
Stiff 62 低・中
X-Stiff 67

アルディラ Rogue White 130 MSI 70

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 65 低・中
Stiff 69
X-Stiff 71

三菱 Tensei AV Orange 55

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 50
Stiff 52 中・高

三菱 Tensei AV Orange 65

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 61
Stiff 64 中・高
X-Stiff 66

ピン Alta Distanza

フレックス 重量(g) 弾道
Soft Regular 40

G425 LSTドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、ロフト角のラインナップはUSモデルと日本モデルで同じで、9.0と10.5°の2スペックです。

ライ角はUSモデルの方が1°フラットになっていて、57.0°です。

シャフトはUSモデルも日本モデルも多数用意されていて、選ぶことができます。なお、シャフトラインナップは異なっています。

USシャフトは、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われていますので、普段より柔らかいスペックを選択すると良いでしょう。

G425 LSTドライバーのUSモデルの購入・価格

USモデルと日本モデルでは、一般的にUSモデルの方が安いケースが多いです。

PINGのドライバーについても、ネットでの市場価格を見比べてみますと、日本モデルの方が1万円ほど高くなっています。

USモデルは、日本でも取り扱われるショップが年々増えていて、シャフトの違いでUSモデルを好まれる方がいる一方で、価格が安いことで選ばれる方もいます。

日本で購入する場合、ネットでの取り扱いも増えています。フェアウェイゴルフUSAさんでは、アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


G425 MAXドライバー USモデルの特徴・違い

PINGのG425 MAXドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

G425 MAXドライバー USモデル

待望のMAXが遂に発売に

PINGのGシリーズは、G400、G410と立て続けにヒットを飛ばしていて、プロ・アマ問わず人気のモデルとなっています。

特にG400で発売されたG400 MAXドライバーは、ヘッドサイズが460ccでアベレージゴルファーが扱いやすく、とても人気のドライバーでした。

G410シリーズでもMAXの発売が期待されていたものの、残念ながらリリースされませでしたが、遂にG425シリーズでMAXが発売となっています。

G425 MAXドライバーは、460ccの大型ヘッドでありながら、スタンダードモデルでもありますので、G400とG410 PLUSを足したようなモデルと言えます。

26gの移動式タングステンウェイトを搭載

出典:https://ping.com/en-us/clubs/drivers/g425-max

G410 PLUSで初めて搭載された移動式ウェイトは、G425シリーズでも引き続き搭載されています。

ウェイトの可動距離は小さくなっているように見えますが、大きな慣性モーメントが実現されていますので、ウェイトを移動させても弾道がブレにくくなっています。

可変スリーブ

出典:https://ping.com/en-us/clubs/drivers/g425-max

可変スリーブが搭載されていて、ロフト角は±1.5°まで、ライ角はフラットへ、合計8つの調整ポジションへの切替が可能となっています。

なお、可変スリーブのバージョンは、トラジェクトリー・チューニング2.0となっていますので、前作のG410と互換性があります。

G425 PLUSドライバーのスペック

  • ロフト角:9、10.5、12°
  • ライ角:58.5°
  • ヘッド体積:460cc
  • ヘッド重量:206g
  • 長さ:45.75インチ
  • バランス:D3

標準シャフト

  • ピン Alta CB 55 Slate
  • ピン Tour 65
  • アルディラ Rogue White 130 MSI 70
  • 三菱 Tensei AV Orange 55
  • 三菱 Tensei AV Orange 65
  • ピン Alta Distanza

ピン Alta CB 55 Slate

フレックス 重量(g) 弾道
Soft Regular 55
Regular 57 中・高
Stiff 60
X-Stiff 64

ピン Tour 65

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 58
Stiff 62 低・中
X-Stiff 67

アルディラ Rogue White 130 MSI 70

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 65 低・中
Stiff 69
X-Stiff 71

三菱 Tensei AV Orange 55

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 50
Stiff 52 中・高

三菱 Tensei AV Orange 65

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 61
Stiff 64 中・高
X-Stiff 66

ピン Alta Distanza

フレックス 重量(g) 弾道
Soft Regular 40

G425 MAXドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、ロフト角のラインナップはUSモデルと日本モデルで同じです。ライ角はUSモデルの方が1°フラットで58.5°となっています。

シャフトはUSモデルも日本モデルも多数用意されていて、選ぶことができます。なお、シャフトラインナップは異なっています。

USシャフトは、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われていますので、普段より柔らかいスペックを選択すると良いでしょう。

G425 MAXドライバーのUSモデルの購入・価格

USモデルと日本モデルでは、一般的にUSモデルの方が安いケースが多いです。

PINGのドライバーについても、ネットでの市場価格を見比べてみますと、日本モデルの方が1万円ほど高くなっています。

USモデルは、日本でも取り扱われるショップが年々増えていて、シャフトの違いでUSモデルを好まれる方がいる一方で、価格が安いことで選ばれる方もいます。

日本で購入する場合、ネットでの取り扱いも増えています。フェアウェイゴルフUSAさんでは、アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


M5アイアンとM6アイアンの違いを徹底解説!

テーラーメイドの2019年のMシリーズからは、M5アイアンとM6アイアンの2種類のモデルが発売されています。

この2つのモデルについて、どのような特徴、どのような違いがあるかを取り上げます。

M5アイアンとM6アイアンの関係

M5アイアンとM6アイアンは、2019年のMシリーズから発売のモデルです。

M5アイアンはコンパクトで操作性があり、M6アイアンは飛距離と寛容性に優れています。

スピードブリッジ、スピードポケットはどちらも搭載

出典:https://www.taylormadegolf.jp/m5-m6-irons-jp.html

M5、M6アイアンは、バックフェースに斜めのリブ構造が設けられたユニークな形状をしています。

スピードブリッジと呼ばれるこの構造が採用されることで、スピードポケットの搭載や薄肉フェースの実現が可能となっています。

この辺りの主要なテクノロジーは、M5、M6アイアンの双方に搭載されています。

M5の方がヘッドはコンパクトで操作性が高い

左がM5アイアン、右がM6アイアンです。ヘッドはM5アイアンの方がコンパクトに仕上がっていて、弾道を操作したい方に好まれる形状です。

軽量化のために設けられたホーゼルの凹みについても、M5アイアンはアドレスした時に見える部分は削られていませんので、違和感なく構えやすくなっています。

対して、M6アイアンの方は360°削られていますので、外観よりも軽量化による最適重心を重視した形になっています。

M5アイアンはトゥ側にタングステンウェイトを搭載

出典:https://www.taylormadegolf.jp/m5-m6-irons-jp.html

M5アイアンはトゥ側にタングステンウェイトが搭載されています。慣性モーメントを大きくする効果がありますので、コンパクトなヘッドシェイプでありながら、やさしさを高めた重心設計となっています。

M6はグースがあり、しっかりボールがつかまえられる

ネック形状を比較してみると、左のM5アイアンはオフセットが少ないですが、M6アイアンはFPが小さくグースが効いた形状で、ボールをしっかりつかまえやすくなっています。

M6アイアンは、しっかりつかまることで、右へのミスが出にくく、飛距離が出やすくなっています。

一方、M5アイアンは、ストレートに近いネック形状ですので、イメ―ジした弾道を実現しやすくなっています。

トップブレードもM6の方が厚めで、オフセンターヒット時のミスをより小さく抑えてくれます。

ソールはM6の方が厚い


ソールは右のM6アイアンの方がかなりしっかりとした形状になっています。

低重心に加え、深重心となっていますので、打点のバラツキに対して、強さを発揮してくれます。

M6アイアンの方がストロングロフト

7番アイアンのロフト角を比較すると、M5アイアンは30°で、アスリート向けほどではありませんが、アベレージ向けよりは寝ていますので、調度中間的で、セミアスリート向けです。

M6アイアンは28.5°となっていますので、この時期のアベレージ向けとしては標準的なロフト設定です。もちろん一昔前のアイアンと比べれば、随分とストロングロフトにはなっています。

M5アイアン・M6アイアンの試打・評価

M5アイアン、M6アイアンの試打・評価については、別記事にまとめてありますので、リンクを載せておきます。

M5アイアン 試打・評価・徹底解説

M6アイアン 試打・評価・徹底解説

「M5アイアン・M6アイアン」関連のおすすめ記事

M6アイアンとM4アイアンの違いを徹底解説!

 

PRGR RSドライバー 2020(5代目)の試打・評価まとめ

プロギアのRSシリーズの2020年モデルから発売のRSドライバー 2020について、試打・評価をまとめました。

PRGR RSシリーズの5代目(2020年)はドライバーが3種類


PRGRのRSシリーズの2020年版は、5代目となります。ドライバーは3種類あり、左から、RSドライバー、RS Fドライバー、RS+ドライバーです。

  • RS Fドライバー:思いきり叩け、強弾道で飛ばせる。
  • RSドライバー:つかまりが良く、高弾道で飛ばせる。
  • RS+ドライバー:RSドライバーの飛びに、振りやすさとやさしさを追加。

本記事で取り上げるのは、スタンダードタイプのRSドライバー2020(5代目)です。

RSドライバー2020(5代目)

RSドライバーは、RS Fドライバーがフェード仕様なのと比べると、つかまりが良く、ドロー仕様と言われています。

ただし、RSシリーズはPRGRのアスリート向けブランドのため、スライスに悩むアベレージゴルファーの方は、eggというシリーズがありますので、そちらも合わせて検討されると良いかもしれません。

RSドライバーは、つかまりと弾道の高さが特徴です。標準シャフトはDiamanaが装着されたモデルでクラブ重量は304g(SR)あります。もう少し軽めで振りたい方は、RS+ドライバーを選択すると、標準シャフトのSpeederでクラブ重量は294g(SR)となります。

RSドライバー(RS5)を計測試打

  • つかまるクラブ。スライスで悩んでいる方に良い。
  • 前作よりも思っている通りに振りやすい。
  • 打感は前作よりもフェースに乗っていて厚い感じがする。
  • スピンが入り過ぎない。やさしい。

RSドライバーをプロが試打・評価

RSシリーズドライバーは、4つの芯を1点に集めた構造となっていて、強芯・広芯が特徴です。試打では芯を外したらどうなるかも試されています。

  • ドローを打とうと思わなくても、シャフトの良いしなりでつかまってくれる。
  • ヘッドは座りが良く、安心感がある。
  • 芯を外しても、ミート率・スピン量は良い値が出る。広芯に救われる。

RSドライバー、RS Fドライバー、RS+ドライバーをマーク金井氏が打ち比べ

ヘッドが返ってくるのが手に伝わってくるため、自然と逃がしてしまい、試打では右に抜ける球が出ているそうです。

  • つかまりが良い。ナチュラルドロー。
  • 重心角が大きく、ヘッドが返ってくる。