【2020年】ゴルフクラブセット おすすめランキング【キャディーバッグ付きでコスパ最高です】

ゴルフを始めたばかりの人は、ゴルフクラブを一通り揃えるのがなかなか大変です。

これから一式、揃える方に是非おすすめしたいのがゴルフクラブのフルセットです。ドライバーからパターまで一通りのクラブが揃っているだけでなく、セット内容によってはキャディーバッグまでついていて、コスト面でも相当お得です。

ゴルフセットのおすすめをランキング形式で紹介しますので、参考にしてみてください。

第1位 キャロウェイ  WARBIRD クラブセット

日本で人気のある2大海外メーカーの1つ、キャロウェイです。ゴルフを始めたばかりの方でも名前はご存知かと思います。

ワールドワイドなメーカーで契約している有名プロも多く、とにかく人気があります。

<セット内容>

  • ドライバー
  • フェアウェイウッド(5番)
  • アイアン(7本:5~9、P、S)
  • パター
  • キャディバック
  • ドライバー、フェアウェイウッド、パターのヘッドカバー有り

精悍なブラックを基調としたカラーリングで、とにかくデザインの良さが際立ちます。

第2位 ブリヂストン TOURSTAGE V002クラブセット

日本国内のメジャーメーカー、ブリヂストンのクラブセットです。

ツアーステージという歴史のあるシリーズの名を冠したセットでキャディーバッグも付いています。

<セット内容>

  • ドライバー
  • フェアウェイウッド(5番)
  • ユーティリティ(4番)
  • アイアン(7本:6~9、PW、PS、SW)
  • パター
  • キャディバック
  • ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、パターのヘッドカバー有り

シルバーにワインレッドのアクセントカラーが入った落ち着きのあるデザインです。

第3位 クリーブランド CGBOX クラブセット

クリーブランドゴルフのゴルフセットです。現在は、ダンロップ系となっていますので、安心感のあるメーカーです。

<セット内容>ドライバーからフェアウェイウッド(#3)、ハイブリッド(#4)、アイアン(#5~SW)、パター

  • ドライバー
  • フェアウェイウッド(3番)
  • ハイブリッド(4番)
  • アイアン(7本:5~9、PW、SW)
  • パター
  • キャディバック
  • ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド、パターのヘッドカバー有り

ゴルフクラブは、シックなカラーリングでまとめられています。キャディーバッグは、コバルトブルーとビビッドなレッドのコントラストが印象的です。

まとめ

ゴルフクラブセットのオススメを3件、ランキング形式で紹介しました。

どれも一流メーカーのクラブですので、メーカーサポートの安心感もあります。

ゴルフクラブをセットで購入する利点として、価格の劇的な安さに加え、ドライバー-フェアウェイウッド、フェアウェイウッドーアイアンなど、クラブ間のつながりが保たれている点も、挙げられます。

ゴルフクラブをまずは予算を抑えて一通り揃えたいという方は、是非、ここで挙げたメーカーのセットを探されてみると良いと思います。

 

上田桃子 クラブセッティング・プロフィール・スイング動画その2

上田桃子のクラブセッティングとゴルファー紹介です。

上田桃子 プロフィール・戦績

上田桃子は熊本県の出身で、幼少期にゴルフのレッスン書籍でご存知の方も多い坂田塾にて研鑽を積んでいます。プロへの転向は2005年で、国内で15勝を挙げています。最近は若手の台頭で優勝から遠ざかっていましたが、2019年は2年ぶりに優勝しています。

上田桃子 スイング動画

こちらはドライバーショットのスロームービーです。少し体が硬そうな印象はありますが、右ひじのたたみ方がきれいです。

こちらは貴重なアイアンショットのスロー再生動画です。ヘッドの返しが絶妙です。

上田桃子 インスタグラム・ツイッター・ブログ

上田桃子プロは、インスタ、ブログなどのSNSだけでなく、公式サイトもあり、情報発信に積極的な方のようです。ツイッターは2016年頃から投稿されていませんので、休眠状態のようです。

上田桃子のクラブセッティングについて

上田桃子プロは、PINGと用具契約を結んでいますので、ドライバーからパターまでPINGで揃えています。

上田桃子のドライバー

キャロウェイ GBB EPIC スター ドライバー

ROGUE、EPIC FLASHも使っていましたが、以前のGBB EPICに戻しています。

上田桃子のフェアウェイウッド

キャロウェイ X HOT フェアウェイウッド

X HOTフェアウェイウッドは少し前のモデルになりますが、時々、PROモデルを使うこともありつつ、X HOTシリーズを長らく使い続けています。

上田桃子のユーティリティ

タイトリスト 816H1ユーティリティ

APEXやX HOTを手にしたこともあり、モデルだけでなく他メーカーのタイトリストのものを手にすることもあり、しっくりくるモデルを探している最中かもしれません。

上田桃子のアイアン

APEXアイアン 2016

上田桃子のウェッジ

キャロウェイ X FORGED ミルキークロム

上田桃子のパター

ホワイト・ライズ iX 1SH

2020年のBEST BUYドライバーが興味深かった件

2020年のドライバーを総括する「BEST BUY ドライバー」について、3up Clubさんにて語られています。

毎年、この時期になると各所で総括ネタが出てきますが、3up Clubさんは、立場の異なるお三方のBEST BUYを議論されているので、とても興味深く参考になります。

3up ClubさんのBEST BUY ドライバー(2020〜2021年)の動画

こちらの3up Clubさんの動画にて、2020~2021年度版のBEST BUYドライバーについて取り上げられています。

候補となる対象ドライバーは、2020年10月時点で、店頭に並んでいる最新モデルとこれから発売されるモデルだそうです。

この動画の中でお三方が3本ずつ選ばれていますので、合計9本のドライバーが挙げられています。

2020年のBEST BUYドライバー9本

2020年のBEST BUYドライバーとして選ばれたモデルについて、動画での登場順に列挙します。

スリクソン ZX5ドライバー

<評価>

  • アドレスした時の座りが良く、構えやすい。
  • 打感も良い。
  • 振っていて寛容性が高いのに、振りにくさが無い。
  • 初速が出る。リバウンドフレームの効果か?
  • つかまって、直進性がある。
  • 外ブラのいい部分が取り入れられている。

ZX5ドライバーの試打動画まとめ

キャロウェイ ビッグバーサドライバー

<主な評価>

  • つかまる。
  • 気持良く初速が出る。
  • どのスピード帯で打ってもボール初速が出る。
  • スライサーの方に「使った方が良いよ」と言えるぐらい良くできている。

ビッグバーサ B21シリーズ!ドライバー~アイアンまで全モデルを紹介!

ロマロ αブラックドライバー

<主な評価>

  • 歴代の中で一番つかまる。
  • トゥ側が軽く、ヒール側にウェイトが二つ入る。
  • ヒールウェイトを重くしても、初速が出る。

テーラーメイド SIMグローレドライバー

<主な評価>

  • 軽量のつかまるクラブは日本メーカーが上手だが、SIMグローレは良くできている。
  • 評価が悪い意見もある。
  • Mグローレと性質が変わってないが、きれいに出来てて打感も良い。

SIM+GLOIRE=SIM グローレ ドライバー

プロギア RS Fドライバー 5代目

<主な評価>

  • 弾道がよれない。
  • 初速が出て寛容性がある。
  • スピン量はSIMより少し多い。

タイトリスト TSi3ドライバー

<主な評価>

  • 滑らずに前に飛ぶ。
  • 打感が良いのに初速が出る。
  • 一番良いのはシャフトで、オリジナルのTSP110が良い。

タイトリスト TSiドライバーの特徴を解説!TSi2ドライバー・TSi3ドライバー

ブリヂストン ツアーB Xドライバー

<主な評価>

  • パワーミーリングによりボールが上に滑らない。
  • クラウンの撓みを何代も続けていて、テクノロジーが蓄積されている。
  • 少しつかまるところが、日本的なテイストが出ていて良い。

ツアーB Xシリーズ 2020のウッド系全モデルを一挙紹介

テーラーメイド SIM MAXドライバー

<主な評価>

  • 構えやすくて、打感が良い。
  • SIMよりやさしい。
  • 打音はうるさ過ぎない。

SIM MAXドライバーの試打動画まとめ

スリクソンZX7ドライバー

スリクソン ZXシリーズ(2020)の全ドライバー・全アイアンを紹介

PING G425 MAXドライバー

<主な評価>

  • 振りやすくなった。
  • 重心距離が短くなっているのに慣性モーメントが下がってないので、誰でも使いやすいドライバーになった。

G425シリーズのドライバーの試打・解説動画

まとめ

動画の中で、スリクソンのZX5・ZX7ドライバー、タイトリストのTSi3ドライバー、PINGのG425 MAXドライバーの評価が特に高かったように感じました。

特にスリクソンのZXシリーズについては、契約している松山英樹プロが久しぶりに使ったということで、注目度が高いドライバーです。

 

TSi3ドライバー USモデルの特徴・違い

タイトリストのTSiシリーズから発売のTSi3ドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

TSi3ドライバー USモデル

TSi3ドライバーはセミアスリート~アスリート向け

出典:タイトリストHP

タイトリストの2021年モデルとなるTSiシリーズは、2019年モデルに当たるTSシリーズの後継モデルです。

TSシリーズは、従来までと違いスピードに拘って開発され、久しぶりに1のシリーズもリリースされ、幅広いゴルファー層に支持されたモデルです。

今回のTSiは、イナーシャ、インパクト、インテグレーション、イノベーションの頭文字のiが足され、基本はTSシリーズを継承したモデルとなっています。

公式サイトで掲載されているモデルは、US・日本のいずれもTSi2とTSi3の2モデルで、TSi1、TSi4は発売されるか否か、現時点では分かっいません。

移動式のウェイト調整機能を遂に搭載

タイトリストの「3」のシリーズは、917D3ドライバーからドロー・フェードのウェイト調整機能が搭載されています。

ただ、棒状のウェイトで他社では見ない仕組みの調整機能でした。

しかし、今作のTSi3ドライバーではヘッド後方にウェイトポートが5つ用意されていて、ウェイトの位置を変えることでドロー・フェードの調整が可能なタイプに変わりました。

PINGのG410、G425、ブリヂストンのツアーB Xなどと同様なタイプとなっています。

ウェイトポジションは、T2、T1、N、H1、H2とあり、ドロー・フェード共に強・弱の調整が可能です。

フェースには航空宇宙分野の新素材、ATI 425チタンを採用

TSiシリーズがTSシリーズやこれまでの9シリーズと大きく変わった点として、フェース素材が挙げられます。

ゴルフの分野では使われたことのないATI425チタンという航空宇宙分野で用いられる素材が採用されています。

フェース素材は打感、弾き感、芯の広さといった重要な性能に直接的に影響しますので、文字通り大きな変更がなされていますが、既に多くのツアープロがTSi3に移行していますので、新たな素材はツアープロの感性に受け入れられているようです。

洋ナシ型のディープヘッド

ヘッド形状はタイトリストらしいきれいな洋ナシ型で、厚みがあり奥行きが抑えられたディープな形状です。

フェース面もトゥ側が逃げていますので、つかまり過ぎずヘッドスピードが速い上級者が思い切り叩けそうです。

ロフト角・ライ角の調整機能は搭載

ネックにはロフト角・ライ角の調整機能、SURE FITが搭載されています。ウェイト調整機能と合わせて、より自分好みの弾道に近づけることができます。

TSi3ドライバーのスペック

ヘッド

  • ロフト角:8.0、9.0、10.0°
  • ライ角:58.5°
  • ヘッド体積:460cc

シャフト

シャフトは日本モデルと同様に、標準シャフトの他、ツアーADのプレミアムシャフトがあります。

  • Kuro Kage Black DC 5G SFW
  • Tensei AV Blue RAW SFW
  • HZRDUS Smoke Black RDX
  • Tensei AV White Raw
  • Premium Tour AD DI
  • Premium Tour AD IZ
  • Premium Tour AD XC

TSi3ドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ロフト角の種類、ライ角、ヘッド体積など、公開されている基本的なスペックはUSモデルと日本モデルで同じ値となっています。

掲載されているシャフトはUSモデルの方が多くあります。なお、シャフトスペックについては、USモデルの場合、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。USモデルを購入する場合、このあたりを考慮して普段より1つ柔らかめを選択すると良いと言われています。

TSi3ドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

US・日本のメーカー公式サイトの価格表記を比べてみますと、USサイトでは$549、日本サイトでは82,500円となっています。1ドル110円で日本円に換算してみると、USモデルは6万円ぐらいになりますので、USモデルの方が安く購入できるようです。

USモデルを購入したいという方で、ショッピングモールでの購入が不安という方は、フェアウェイゴルフUSAさんがオススメです。

アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


キャロウェイ EPIC MAXドライバー 2021

キャロウェイのEPIC MAXドライバーの写真が出ていて、2021年のニューモデルではないかと話題になっています。

時期的にも例年、ニューモデルの情報が出始める頃です。

キャロウェイもテーラーメイドもティザーを上手に使ってきますが、今回は普通に映像が出てきたように見えます。

EPIC MAXドライバー

ソールには「EPIC MAX」と記載されていますので、これがモデル名だと思われます。

これまでのEPIC FLASH、GBB EPICとは明らかにデザインが違いますので、これら2つとは別のモデル、つまり、新作の可能性が高いと思います。

なお、ルール適合リストにはまだ掲載がありませんので、公式情報は確認できていません。

JAIL BREAK SPEED FRAME

EPIC MAXドライバーには、JAIL BREAKが搭載されていますが、これまでのものとは明らかな違いがあります。

ソール面に柱を装着した部分が見えるのですが、従来の2本から4本になっています。外側2本が太く、内側2本が細くなっています。

テクノロジー名に「SPEED」と入っていますので、ヘッドの余計な変形を抑えて、インパクトエネルギーをボールスピードに転嫁する効率が上がっているものと思われます。

ウェイト調整機能

ヘッドの後ろには、ウェイトをトゥ・ヒールに移動させる仕組みが見えます。

EPIC FLASHにも搭載されている重心調整機能で、弾道をドロー・フェードに切り替えることができるようです。

 

TSi2ドライバー USモデルの特徴・違い

タイトリストのTSiシリーズから発売のTSi2ドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

TSi2ドライバー USモデル

TSi2ドライバーはアベレージゴルファ~セミアスリート向け

出典:タイトリストHP

TSiシリーズは、TSシリーズの後継モデルです。TSはスピードに拘ったシリーズでしたが、今回のTSiは、イナーシャ、インパクト、インテグレーション、イノベーションの頭文字のiが足されています。

ルール適合リストには、TSi4ドライバーが掲載されていますが、US・ジャパン共に、公式サイトでは、TSi2、TSi3の2種類のみの掲載に留まっています。

前作のTSシリーズのように、TSi4、TSi1が発売されるか否かは、現時点で不明です。

フェースに新たな素材、ATI 425チタンを採用

TSiシリーズで注目したい点の一つが、フェース素材です。今回、新たに航空宇宙分野で用いられ、ゴルフ業界ではまだ使われたことのないATI 425チタンが用いられています。

フェースはドライバーの中で最も重要なパートであり、その素材をガラッと変えて来た点は、大きな変更点と言えます。

また、すでに聞こえてきているジャパンモデルでの試打者の評価からは、打感の良さが伝わってきています。

マルチMOI設計により安定性とスピードをアップ

慣性モーメントの話は、一般的に左右方向に対して使われることが多いですが、TSiシリーズでは、上下・左右・前後に対して解析されています。

弾道がブレにくいだけでなく、ボールスピードのアップ、安定性にもつながっています。

フェース面は前作にあたるTS2よりもストレートで、構えやすく方向性を出しやすくなっています。

ヘッド形状はシャロー

TSi2は従来のD2、TS2の流れを継承していて、ヘッド後方が長くお尻が下がっています。

シャローで深重心、低重心となっていますので、高弾道で直進性の高い弾道で飛ばしやすくなっています。

操作性を求める方は、ディープでややハイバック気味なTSi3ドライバーを検討されると良いでしょう。

ソール後方にウェイトを搭載

ソール後方の深いところに、TS2ドライバーと同様に固定ウェイトが搭載されています。TSi3は移動可能なウェイトですが、TSi2の方は固定式です。

現時点で公式サイトでは説明がありませんが、「SureFit Flat Weight」と記載されていますので、従来同様、オプションでウェイト重量は変えられるものと考えられます。

なお、ウェイトは1つのため、ドロー・フェードの調整ではなく、低重心・深重心の程度、バランスの調整となります。

ロフト角・ライ角の調整機能は搭載

ネック部分にはタイトリスト特有の可変スリーブにリングパーツを合わせた調整機能が採用されています。

タイトリストの調整機能は、ロフト角・ライ角を独立的に切り替えられますので、より自分好みの弾道に近づけることができます。

TSi2ドライバーのスペック

ヘッド

  • ロフト角:9.0、10.0、11.0°
  • ライ角:58.5°
  • ヘッド体積:460cc

シャフト

シャフトは日本モデルと同様に、標準シャフトの他、ツアーADのプレミアムシャフトがあります。

  • Kuro Kage Black DC 5G SFW
  • Tensei AV Blue RAW SFW
  • HZRDUS Smoke Black RDX
  • Tensei AV White Raw
  • Premium Tour AD DI
  • Premium Tour AD IZ
  • Premium Tour AD XC

TSi2ドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ロフト角のラインナップ、ライ角、ヘッド体積など、スペックの基本データはUSモデルと日本モデルで同じ値となっています。

掲載されているシャフトはUSモデルの方が多くあります。なお、シャフトスペックについては、USモデルの場合、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。USモデルを購入する場合、このあたりを考慮して普段より1つ柔らかめを選択すると良いと言われています。

TSi2ドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

公式サイトに記載されている価格で比較すると、USサイトでは$549、日本サイトでは82,500円となっています。1ドル110円で計算すると、USモデルは6万円ぐらいになりますので、USモデルの方が安く購入できるようです。

USモデルを購入したいという方で、ショッピングモールでの購入が不安という方は、フェアウェイゴルフUSAさんがオススメです。

アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト