【2020年】ゴルフクラブセット おすすめランキング【キャディーバッグ付きでコスパ最高です】

ゴルフを始めたばかりの人は、ゴルフクラブを一通り揃えるのがなかなか大変です。

これから一式、揃える方に是非おすすめしたいのがゴルフクラブのフルセットです。ドライバーからパターまで一通りのクラブが揃っているだけでなく、セット内容によってはキャディーバッグまでついていて、コスト面でも相当お得です。

ゴルフセットのおすすめをランキング形式で紹介しますので、参考にしてみてください。

第1位 キャロウェイ  WARBIRD クラブセット

日本で人気のある2大海外メーカーの1つ、キャロウェイです。ゴルフを始めたばかりの方でも名前はご存知かと思います。

ワールドワイドなメーカーで契約している有名プロも多く、とにかく人気があります。

<セット内容>

  • ドライバー
  • フェアウェイウッド(5番)
  • アイアン(7本:5~9、P、S)
  • パター
  • キャディバック
  • ドライバー、フェアウェイウッド、パターのヘッドカバー有り

精悍なブラックを基調としたカラーリングで、とにかくデザインの良さが際立ちます。

第2位 ブリヂストン TOURSTAGE V002クラブセット

日本国内のメジャーメーカー、ブリヂストンのクラブセットです。

ツアーステージという歴史のあるシリーズの名を冠したセットでキャディーバッグも付いています。

<セット内容>

  • ドライバー
  • フェアウェイウッド(5番)
  • ユーティリティ(4番)
  • アイアン(7本:6~9、PW、PS、SW)
  • パター
  • キャディバック
  • ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、パターのヘッドカバー有り

シルバーにワインレッドのアクセントカラーが入った落ち着きのあるデザインです。

第3位 クリーブランド CGBOX クラブセット

クリーブランドゴルフのゴルフセットです。現在は、ダンロップ系となっていますので、安心感のあるメーカーです。

<セット内容>ドライバーからフェアウェイウッド(#3)、ハイブリッド(#4)、アイアン(#5~SW)、パター

  • ドライバー
  • フェアウェイウッド(3番)
  • ハイブリッド(4番)
  • アイアン(7本:5~9、PW、SW)
  • パター
  • キャディバック
  • ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド、パターのヘッドカバー有り

ゴルフクラブは、シックなカラーリングでまとめられています。キャディーバッグは、コバルトブルーとビビッドなレッドのコントラストが印象的です。

まとめ

ゴルフクラブセットのオススメを3件、ランキング形式で紹介しました。

どれも一流メーカーのクラブですので、メーカーサポートの安心感もあります。

ゴルフクラブをセットで購入する利点として、価格の劇的な安さに加え、ドライバー-フェアウェイウッド、フェアウェイウッドーアイアンなど、クラブ間のつながりが保たれている点も、挙げられます。

ゴルフクラブをまずは予算を抑えて一通り揃えたいという方は、是非、ここで挙げたメーカーのセットを探されてみると良いと思います。

 

RBZ スピードライト セットクラブのセット内容・全クラブを一挙紹介!

テーラーメイドからRBZ スピードライトセットクラブが発売となっています。

セットの内容・スペックなど、詳しく取り上げます。

RBZ スピードライト セットクラブの概要

テーラーメイドから発売の「RBZ スピードライトセットクラブ」は、キャディーバッグまでついたゴルフセットです。

RBZ(ロケットボールズ)とは

名称については、「RBZ」という名を冠していて、「ロケットボールズ(RBZ)」シリーズのゴルフセットということになります。

「RBZ」は、フェアウェイウッドの強烈な飛距離、ホワイトヘッドということで、記憶に新しい方も多いのではないかと思います。

セット内容はキャディバッグ付きの11点

セット内容は、ゴルフクラブとキャディバッグで、合わせて11点となっています。

  • ドライバー
  • フェアウェイウッド(5番)
  • レスキュー(5番)
  • アイアン(6~9、PW、SW)
  • パター
  • キャディバッグ

ゴルフセットとして販売されているものは、ドライバーとフェアウェイウッドのウッドセット、キャディバッグが無いクラブセットなど、ウッド2本+アイアン3本+パターのハーフセットなど、色々な種類があります。

RBスピードライトセットクラブは、ゴルフクラブが10本に加え、同じRBZデザインのキャディーバッグまで付いたセットとなっています。

ちなみに、ゴルフ場でラウンドする際には、ゴルフクラブを14本まで持つことができますので、後4本、好みのクラブを追加することができます。

RBZ スピードライトセットクラブのセット内容の詳細

ドライバー

特徴

空力性能に優れた形状で、チタン素材を用いた460ccの大型ヘッドです。シャフトは超軽量RBZシャフト(50g)が採用されています。

低重心設計で、ソールにはスピードポケットと呼ばれる溝構造が採用され、最適な打ち出しとミスを許容してくれる寛容性が備わっています。

スペック

  • ロフト角:10.5°
  • ライ角:58°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.25インチ
  • クラブ重量:300g
  • バランス:D1

フェアウェイウッド

特徴

フェアウェイウッドは5番が1本入っています。ヘッドが軽量化され、低重心設計となっていて、高弾道で飛ばすことができます。

また、ドライバー同様、スピードポケット(ソール前方の溝)が搭載され、スピン量を抑えた強い弾道で、伸びのある飛びが出やすくなっています。

スペック

  • 番手:5番
  • ロフト角:19°
  • ライ角:59.5°
  • ヘッド体積:150cc
  • クラブ長さ:42インチ
  • クラブ重量:322g
  • バランス:D1

ユーティリティ(レスキュー)

特徴

ユーティリティは、ウッド型の5番です。様々なライに対応できるソール設計により、フェアウェイだけでなくラフでも使いやすくなっています。

こちらも軽量化が図られていて、スイングスピードのアップをサポートしてくれます。

スペック

  • 番手:5番
  • ロフト角:25°
  • ライ角:61°
  • ヘッド体積:125cc
  • クラブ長さ:42インチ
  • クラブ重量:365g
  • バランス:D1

アイアン・ウェッジ

特徴

アイアンとウェッジは、6~9番、PW、SWの6本となっています。

アイアンは、しっかりとしたキャビティ形状で、ソールに重量が配分され、ミスへの許容性が高く、球を上げやすい重心設計となっています。

ウェッジは、クラシカルな形状で、トゥ・ヒールが削られたCグラインドソールにより、様々なショットを繰り出しやすくなっています。

スペック

番手 6 7 8 9 PW SW
ロフト角 27 31 36 41 46 55
ライ角 62.5 63 63.5 64 64.5 65
長さ 37.875 37.25 36.75 36.25 35.75 35.25

アイアンは、Rセットがカーボンシャフト、Sセットがスチールシャフトとなっています。

パター

特徴

パターは、左右の後方が伸びたマレットタイプです。

後方左右に重量があることで、慣性モーメントが大きくなる形状となっています。

ヘッド上にあるセンターのドット、そして、左右にあるホワイトのライン。アライメントがターゲットへの正確なセットとストロークをサポートしてくれます。

スペック

  • ロフト角:3°
  • ライ角:72°
  • クラブ長さ:34インチ

キャディバッグ


RBZ スピードライト セットクラブの発売日・発売価格

テーラーメイド RBZ スピードライト セットクラブの発売日は、2021年3月19日です。

発売価格は、Rフレックス、Sフレックス共に、99,000円です。

プロゴルファーの過去の罰金事例!三塚優子は200万円の罰金

渋野日向子が大会を欠場することにより、100万円の罰金となりました。

JLPGAの裁定に関しては賛否両論で、渋野日向子を擁護する声がある一方で、JLPGAの苦しいながらも規定通りの対処に賛同の声もあります。

本記事ではゴルフの世界での過去の罰金について取り上げてみます。中には200万円という高額で厳しいものもありました。

渋野日向子は、大会欠場で罰金100万円

JLPGAには、加盟しているプロ選手に対してツアー規程を設けています。その中に出場義務という項目があり、大会優勝者は次回大会に出場する義務があるとされています。

前回優勝者は、ディフェンディングチャンピオンとも言えますので、次の大会にも参加することで、連覇の期待、新鋭との対戦など、見どころが増え、大会を開催する側、そして、見る側としても好ましい内容だと思います。

渋野日向子が罰金100万円となった理由は、ワールドレディスサロンパスカップを欠場したことによります。

前回大会は、実は2020年ではなくコロナの影響で2019年の開催が該当します。そして、この年の優勝者が渋野日向子でした。

2021年の渋野日向子は海外での戦いを優先していることから、ワールドレディスサロンパスカップを欠場という判断をしています。

この背景には、コロナ禍で海外との行き来が簡単ではなく、スタッフ・関係者も含めると影響が大きいという判断があったのではないかと思います。

河本結は、スロープレーで罰金55万円

米国女子ツアーの2020年の大会で、スロープレーという判断がなされ、一緒に回っている選手と共にペナルティがくだされました。

ペース・オブ・プレー規定に抵触してのぺナルティでしたが、ストロークの罰は無く、金銭での罰のみだったのは、トータル9アンダーの8位タイで終えた好成績を考えると、幸いだったかもしれません。

罰金は5000ドルで、日本円にして約55万円で、本人曰く「非常にお互いプレーペースレッスン料」とのことです。

片山晋呉は、プロアマでの不適切行為により罰金30万円

ツアー選手権のプロアマで、同組のアマチュア招待客に対して、不適切な対応をしたことで、罰金となっています。

一緒にプレーしている最中に、片山晋呉が自身の練習をしていて、次のホールへの移動も遅れ、招待客の一人が立腹して途中でプレーを辞めてしまったとのことです。

折しもプロアマで招待客をおもてなしする方針が日本ゴルフツアー機構(JGTO)の副会長の座に就いた石川遼から出されていたため、JGTOとしてもこの事態を重くとらえたようです。

以前は、プロアマでプロとアマの会話が無かったこともあるようですが、男子ゴルフを盛り上げていかなければという事情も背景にあり、主催者・大会スポンサーの関係者であるアマチュアとの接点を大事に考えているようです。

丸山茂樹は、暴言で罰金(金額不明)

丸ちゃんの愛称で愛されていた丸山茂樹は、笑顔がトレードマークとも言うべき温和なイメージがあります。

しかし、思ったことは口にしてしまうタイプと自分を評していて、暴言によって人間関係を壊したり、罰金を科されたこともあるとTV番組で告白されています。

罰金を科された際の暴言内容、そして、罰金の金額については不明ですが、過去の暴言についてはいくつか明らかにされています。

  • 日本大学のゴルフ部に在籍していた時、先輩公開の上下関係に関する厳しいルールについて、1年のときにOBの先輩に「こんなゴルフ部辞めた方がマシ」と発言し、連帯責任で罰を受ける。
  • 予定されていた何億円の契約が白紙となり、「●●のクラブをゴミ箱に捨てたい」とメディアの前で発言してしまう。
  • プレー中にギャラリーから怒られ、「コノヤロー、1000万円くれてやるからお前が打ってみろ」と発言してしまう。
  • 「サイン会じゃないんだからさ。俺もいろいろやることあるんだよ。」という暴言も吐いている。
  • 日本のマスコミ取材に対して「たまに来てコメントもらおうなんて甘いんだよ」「好きに書いていいよ」と英語で暴言を吐いている。

横峯さくらは、大会欠場で罰金100万円

渋野日向子と同じく、横峯さくらも大会欠場が理由で、罰金100万円を科されています。

賞金ランキングで上位3名の選手が出場する3ツアーズという大会がありますが、これがツアー終了後の12月に開催されます。

2013年は横峯さくらが上位3名を判定する11月時点で2位に入っていたため、出場が義務付けられましたが、12月に姉の結婚式が予定されていたことから、大会を欠場しました。

これに対して、JLPGAの判断としては、大会を欠場する理由には当たらないとして、罰金が科されました。

兄弟姉妹の結婚式は、重要な冠婚葬祭に値すると考えるのかどうか、難しいところかもしれません。

三塚優子は、遅延プレーに不服で途中棄権し、罰金200万円

2010年のワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップにて、三塚優子は競技委員からスロープレーと判定され、2打罰を下されましたが、それを不服として私的理由で途中棄権しました。

このことを重くとらえたJLPGAは、三塚優子に対して罰金200万円、そして、2年間の新人セミナー受講の義務付けを科しました。

恐らくこれが国内選手、国内プレーでの最高額の罰金ではないかと思われます。

偶然にもワールドレディスサロンパスカップというのは、渋野日向子が罰を受けた大会と同じです。

まとめ

国内のプロゴルファーの罰金について、主だったものをまとめました。

他にも不適切な行為をされた選手は記憶にある方もいると思いますが、その時々の情勢、会長の考え方などから、裁定に軽重の差があります。

ホテルのタオルの件、クラブを蹴って観客に当たってしまった件などもありましたが、これらは罰金がなかったため、取り上げていません。

「フェアウェイウッドで球を上げる方法」のプロの話が興味深かった件

フェアウェイウッドを苦手とするゴルファーは、かなり多くいます。

大きな理由の一つとして、ドライバーと同じウッドでありながら、芝の上に直置きされているボールを打つことが挙げられ、球が上らないという悩みが多いようです。

フェアウェイウッドで球を上げる方法について、プロがおすすめしている打ち方、練習方法がなかなか興味深かったので取り上げます。

フェアウェイウッドで球を上げる方法の解説動画

上掲の動画にて、フェアウェイウッドで球が上らない原因、上げるための練習方法について、プロが解説されています。

ゴルフのレッスンとなると、スイングや体の使い方を言葉で説明されて、実践するのが難しいことがあります。

この動画で紹介されている方法は、2つのステップが紹介されていて、スイングがどう、テイクバックがどうといった話がありません。とてもシンプルで分かりやすく、誰でも簡単に取り入れられると思います。

動画内で紹介されている練習方法は2つ

スタンスを狭める

▼先程の動画の1:42頃から再生されます。

まず1つ目は、スタンスを狭くする方法です。肩幅いかないぐらいの狭さにして、後は軽く振るだけです。

これだけ?と思うかもしれませんが、理由もしっかり解説されています。

入射角がきつすぎると球が上らない。

入射角を穏やかにするためには、力んではいけない。

脚を閉じると、体重移動できない。

体重移動できないと、上から打てないため、入射角がきつくならない。

ボール1個分、後ろにセットする

2つ目は、クラブをセットする際に、ボールを1個分後ろにセットする方法です。

後ろでセットすることによって、ボールの手前にスイングの最下点が来るようにする効果があるそうです。

球が上らない人は、打ちに行ってるため、入射角がきつくなることが原因だそうです。

この方法だとダフってしまいそうですが、入射角が緩やかになっていることで、ダフっても芝の上で滑るため、問題ないそうです。

後はこの練習を継続する

この2つのステップで打てば、入射角が緩やかになって、球が上るとのことです。

1つ注意点としては、上がるようになったからといって、直ぐにスタンスやセットをもどすのではなく、この練習を継続するよう勧められています。

簡単に治るものではないので、頭で考えなくても体で出来るぐらい練習しないといけないとのことです。

毎回、練習場に行くたびに、この練習方法を準備体操がてらに行うと良いそうです。

 

G425 MAXフェアウェイウッド USモデルの特徴・違い

PINGのG425 MAXフェアウェイウッドのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

G425 MAXフェアウェイウッド USモデル

フェアウェイウッドもMAX

G425シリーズでは、ドライバーと同じくスタンダードモデルがMAXタイプとなっています。

ヘッド体積は前作のG410フェアウェイウッドと比べて、大凡4~5ccアップしています。

ソール後方には前作同様にウェイトが搭載されていて、PINGのフェアウェイウッド史上で最大のMOIが実現されています。

タービュレーターがなくなり、アライメントがある

Gシリーズでは、長らくフェアウェイウッドにもクラウンにタービュレーターが搭載され、空力制御の仕組みが採用されていました。

G425シリーズでは、タービュレーターはドライバーのみとなり、フェアウェイウッドはすっきりとした外観になっています。

その代わりかどうかは分かりませんが、アドレスする際に参考となるアライメントが施され、構えやすくなっています。

可変スリーブを搭載

出典:https://ping.com/en-us/clubs/drivers/g425-max

前作と同様に、USモデル・日本モデル共に可変スリーブが搭載されています。

合計8つの調整ポジションへの切替が可能で、ロフト角は±1.5°まで、ライ角は3°フラットに切り替えることができます。

G425 MAXフェアウェイウッドのスペック

番手 3 5 7 9
ロフト角 14.5° 17.5° 20.5° 23.5°
長さ 43″ 42.5″ 42″ 41.5”
ライ角 56.5° 57.0° 57.5° 58.0°
ヘッド体積 176cc 167cc 152cc 148cc
バランス D1 D1 D1 D1

日本モデルのスペックと比較すると、ロフト角、ヘッド体積、長さなどは同じですが、ライ角は日本モデルの方が1°アップライトになっています。

G425 MAXフェアウェイウッドの標準シャフト

  • ピン Alta CB 65 Slate
  • ピン Tour 65
  • ピン Tour 75
  • 三菱 Tensei AV Orange 75
  • アルディラ Rogue White 130 MSI 70
  • アルディラ Rogue White 130 MSI 80
  • アルディラ Rogue White 130 MSI 70

ピン Alta CB 65 Slate

フレックス 重量 打ち出し角
Soft Regular 61.0g
Regular 63.0g 中高
Stiff 67.0g
X-Stiff 71.0g

ピン Tour 65

フレックス 重量 打ち出し角
Regular 53.0g
Stiff 57.0g 低中
X-Stiff 62.0g

ピン Tour 75

フレックス 重量 打ち出し角
Regular 64.0g
Stiff 70.0g 低中
X-Stiff 76.0g

三菱 Tensei AV Orange 75

フレックス 重量 打ち出し角
X-Stiff 71.0g 低中
Regular 66.0g 中高
Stiff 68.0g

アルディラ Rogue White 130 MSI 70

フレックス 重量 打ち出し角
Regular 61.0g

アルディラ Rogue White 130 MSI 80

フレックス 重量 打ち出し角
Stiff 71.0g 低中
X-Stiff 75.0g

G425 MAXフェアウェイウッドのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、番手・ロフト角のラインナップはUSモデルと日本モデルで同じですが。ライ角はUSモデルの方が1°フラットとなっています。

シャフトはUSモデルも日本モデルも多数用意されていて、選ぶことができます。なお、シャフトラインナップは異なっています。

ウェイト、可変スリーブが搭載されている点も同じですので、基本的な違いはライ角とシャフトと考えて良いでしょう。

USシャフトは、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われていますので、普段より柔らかいスペックを選択すると良いでしょう。

G425 MAXフェアウェイウッドのUSモデルの購入・価格

USモデルと日本モデルでは、一般的にUSモデルの方が安いケースが多いです。

PINGのドライバーについても、ネットでの市場価格を見比べてみますと、日本モデルの方が7千円ほど高くなっています。

USモデルは、日本でも取り扱われるショップが年々増えていて、シャフトの違いでUSモデルを好まれる方がいる一方で、価格が安いことで選ばれる方もいます。

日本で購入する場合、ネットでの取り扱いも増えています。フェアウェイゴルフUSAさんでは、アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


M6アイアンとM4アイアンは、どちらがおすすめか?【適合ゴルファーを徹底解説】

テーラーメイドからSIMシリーズが登場し、俄然、コストパフォーマンスが良くなったM6アイアンとM4アイアン。

この二つのアイアンは今尚人気のモデルです。

どういった特徴があって、どのようなゴルファーに適しているか、取り上げてみたいと思います。

M6アイアンとM4アイアンの位置づけ

M6アイアンは2019年、M4アイアンは2018年に発売のモデルで、どちらもMシリーズのやさしい方のアイアンです。

2020年のSIMシリーズでは、SIM MAXアイアンとSIM MAX OSアイアンの2機種が発売されていて、ヘッドサイズが大きいSIM MAX OSアイアンが、M6、M4と継承関係にあると言われています。

M6アイアンとM4アイアンの特徴と違い

▼石井プロによるM6アイアンとM4アイアンの解説が分かりやすい。

試打ラボしだるでご存知の方も多い石井プロが、両者のモデルについて解説されています。

M4アイアンはミスに強い、M6アイアンは飛距離性能に優れている。

それぞれのモデルの特徴を一言で説明するとこのようになると思います。

M4アイアンはミスに強い

M4アイアンで特に注目したい点は、ヘッド内部のリブコアと、フェースのスコアラインの両サイドに施されたフェーススロットです。

出典:taylormadegolf.jp

リブコアは左右の両端を補強したもので、M6やSIMではスピードブリッジに置き換わったとも言えそうです。フェーススロットは、スコアラインの両脇に施されたスリットで、ミスヒットを許容してくれます。M4アイアンの特徴としては、ミスに対する許容性が高い点が挙げられます。

M6アイアンは飛距離が出る

M6アイアンの飛距離性能について、スピードブリッジが効果的に働いてくれます。

他のアイアンでは見ない独特なバックフェース形状をしていまして、ヘッド上部と下部をブリッジを掛けることでつないで、剛性を高めています。

公式サイトでは、スピードブリッジの剛性効果により、スピードポケットや薄肉フェースが実現されていると説明がありましたが、関プロの説明によると、上下をつなぐことで、フェースが撓んで最適なところで押し戻してくれる効果があるとのことです。

飛距離性能を求める方は、M6アイアンがおすすめです。

M6アイアンはフィーリングにも拘っている

出典:taylormadegolf.jp

もう一つ、M6アイアンについて触れておきたい点は、バックフェースにHYBRARダンパーが搭載されている点です。これにより、打音と打感が最適化されています。

飛び系アイアンは、打感や打音を犠牲にしたものが多く見受けられますが、M6アイアンは飛距離性能と同時にフィーリングも求めるゴルファーのニーズに対応しています。

上級者が好む軟鉄鍛造の柔らかいフィーリングとはことなりますが、ディスタンス系のバチーンという強烈な弾きが苦手という方には、試してもらいたいアイアンです。

M4アイアンの方が約0.5インチ短い

番手 4 5 6 7 8 9 PW AW SW
ロフト角(°) 19 21.5 25 28.5 33 38 43.5 49 54
ライ角(°) 60.5 61 61.5 62 62.5 63 63.5 63.5 63.5
M6長さ 39.25 38.625 38 37.5 37 36.5 36 36 35.75
M4長さ 38.875 38.25 37.625 37 36.5 36 35.75 35.75 35.5

こちらはM6アイアンとM4アイアンのスペックを比較した表です。ロフト角・ライ角は同じセッティングですが、クラブ長さに違いがあります。

例えば、7番アイアンで比べると、M6アイアンは37.5インチと若干長め、M4アイアンは0.5インチ短い37インチです。長い方が同じスイングができれば飛距離が出ますが、難しさは増します。

スペックの設定から、M6アイアンはより飛距離を重視したモデルで、M4アイアンは比較すると振りやすいモデルと言えます。

まとめ

M4アイアンとM6アイアンについて、特徴をまとめてみます。

  • M4アイアンは、ミスに強い、振りやすい。
  • M6アイアンは、飛距離が出る、打感にも拘っている。
  • M4アイアンの方が一つ前のモデルのため、安価でコスパが良い。

M4アイアンは、飛距離が出て、ミスにも強く、弾道の安定性も高いため、今尚、人気のアイアンです。コスパも良いため、総合力の高いアベレージゴルファー向けのアイアンを求めるならM4アイアンはとてもおすすめです。

飛距離が欲しい、出来るだけ新しいモデルを使いたいという方は、M6アイアンがおすすめです。

「M6アイアン・M4アイアン」関連のおすすめ記事

M6アイアンとM4アイアンの違いを徹底解説!

M6アイアン 試打・評価・徹底解説

M4アイアン 試打・評価・徹底解説