PRGR egg44ドライバー!高ミート率で飛距離アップ

egg44ドライバーの特徴・テクノロジー

PRGRから発売のegg44ドライバー。egg5500ドライバー Impactの後継とも言うべきモデルで、クラブ長さが短く、ヘッド重量が重く、高ミート率で飛距離を狙えるドライバーです。

44.5インチの短いシャフト

PRGRによるヘッドスピード40m/sのゴルファーのテストによると、クラブ長さが44.5インチの場合にミート率が高く、飛距離が出ることが確認されています。

通常のドライバーでは45.5~45.75インチが主流ですが、egg44ドライバーでは44.5インチの短めのシャフトを採用しています。

短いことで楽に正確に振りやすく、ミート率が向上します。さらに短くしていくと、回転半径が小さくなり、遠心力による効果が弱まることから、44.5インチが調度良いという研究結果のようです。

PRGR史上で最重量のヘッド

egg44ドライバーのヘッド重量は208gあり、PRGR史上で最も重いヘッドとなっています。一般的なヘッドが200gと考えると、約10g重いヘッドとなります。

ヘッド重量が重くなることで、ボールと強く当たり、ボールスピードのアップにつながります。

また、クラブを短くしたことで振りやすさがアップしていますので、ヘッド重量をアップする余地が生み出されています。

シャローな深低重心設計

一般的なクラブよりも、重心は低く深い設計となっています。

これにより、高打ち出しで、低スピンの弾道が出やすくなっています。

ロフト別ヘッド設計

出典:PRGR公式HP

ロフト角が違っても、同じモデルであれば共通のヘッドであることが一般的ですが、egg44ドライバーではロフトの違いにより、ヘッド設計も異なっています。

球のつかまりを左右する重心角については、9.5°の方で32°、10.5°の方で34°となっています。

重心角が大きいと、よりスクエアでインパクトしやすくなりますので、10.5°の方がやさしくつかまえられて、9.5°の方が引っ掛けにくく叩きに行きやすくなっています。

egg44ドライバーのスペック

  • ロフト角:9.5°、10.5°
  • ライ角:59.5°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:44.5インチ
  • フェース角:-2°、±0°

 

egg44ドライバーのシャフト

スペック M-43 M-40 M-37
フレックス S SR R
クラブ重量 304g 301g 299g
シャフト重量 50g 46g 44g
トルク 7.3° 7.6° 7.8°
バランス D4.5 D4 D3.5
KP M

egg44ドライバー専用のオリジナルカーボンシャフトです。

打ち出し角を確保するために先端にかけて大きく走る設計で、しっかりつかまって、振り抜きが良いシャフトです。

egg44ドライバーの発売日・発売価格

  • 発売日:2021年11月21日が予定されています。
  • 発売価格:88,000円(税込み)

2022年のゼクシオは、ACTIVWING(翼)を搭載!

ゼクシオ 2022年モデルが発売!

ダンロップからゼクシオの2022年モデルが発売になります。

ゼクシオは2000年に発売が開始されていて、2年毎にニューモデルが出ていますので、今回の2022年モデルは、12代目ということになります。

ゼクシオ2022年モデルの名称

ゼクシオの名称は、4代目から6代目まで色々な名前が付けられていました。

年代 世代 モデル名
2006年 4代目 ALL NEW XXIO
2008年 5代目 The ゼクシオ
2010年 6代目 新・ゼクシオ

一時、やや迷走した感もあったような気もしますが、製品としては基本的な特徴がブレずにいますので、それが長く愛される秘訣でもあります。

2012年の7代目からは、ゼクシオ7、ゼクシオ8と世代数を付与するシンプルな名前になっています。

今回のモデルは、名前のつか方が踏襲されるとすれば、ゼクシオ12(ゼクシオトゥエルブ)ということになります。

今回のゼクシオは、翼を搭載

*引用:https://www.youtube.com/watch?v=IgLEWlfVayk

既にティザー動画が公開されていまして、ゼクシオ12代目と思われるドライバーの映像が登場しています。

動画は、「翼のXXIO」とタイトルに付されています。

*引用:https://www.youtube.com/watch?v=IgLEWlfVayk

別の角度の映像では、クラウン前方にPINGのGシリーズのタービュレーターを思わせるラインが確認できます。

翼が意味するものの形状や効果は、現時点では不明ですが、恐らくはエアロ設計が採用されているのではないかと思います。

可変スリーブはゼクシオX 2022に搭載か?

出典:R&A

先程のティザー動画を見ると、ネックの部分に調整機能が搭載されていることが分かります。

軽量モデルで知られるゼクシオに可変スリーブが搭載されるというのは、違和感があります。

R&Aに掲載されているゼクシオ2022を確認してみますと、可変スリーブがあるモデルの特徴とも言うべき点が見当たりません。

具体的には、ソール側からトルクレンチを挿し込むポート、ネック部分に調整機能のポジション合わせをするインジケーションマークです。

R&Aに掲載されているものが、市販されるモデルではない可能性もありますが、それでもゼクシオレギュラーモデルに搭載される可能性は少ないと思います。

といいますのも、ゼクシオX(エックス)の方には、今回、可変スリーブが搭載されることが、同じくR&Aの掲載内容から確認されているからです。

そのため、動画で登場しているドライバーヘッドは、ゼクシオX(エックス)の方の可能性がありそうです。

 

 

G425 ハイブリッド USモデルの特徴・違い

PINGのG425 ハイブリッドのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

G425ハイブリッド USモデル

2~7番まで6種類ある

G425ハイブリッドは、番手が2~7番まであり、幅広いロフト・飛距離レンジをカバーしています。前作のG410ハイブリッドと比べても、7番(34°)が新たに追加されていて、よりハイブリッドを多用しやすくなっています。

フェアウェイウッドでは5~9、アイアンでは2~7に相当するスペックが用意されていますので、フェアウェイウッドやアイアンよりもハイブリッドが得意な方は、大幅に置き換えることでゴルフが楽になります。

タービュレーターを廃止し、アライメントを採用

フェアウェイウッドと同様に、G425シリーズではクラウンのタービュレーターが廃止されています。

空力を制御してヘッドスピードを上げる効果がありましたが、代わりに3ドットのアライメントマークが描かれていますので、アドレスしやすくなっています。

タービュレーターについては、クラウンに突起構造があることに違和感を感じるという声もありましたので、今回の変更で、これまでクラウンが気になって仕方なかった人も、クラブセッティングへの取入れを検討することができそうです。

可変スリーブを搭載

出典:https://ping.com/en-us/clubs/hybrids/g425

Gシリーズのハイブリッドは、G410から可変スリーブが搭載され、ロフト角・ライ角の調整が可能となっています。

G425シリーズでも同様に可変スリーブが搭載されていて、ロフト角は±1.5°まで、ライ角は3°フラットにでき、合計8つの調整ポジションへの切替が可能となっています。

G425ハイブリッド USモデルのスペック

番手 ロフト角 長さ ライ角 バランス 同等アイアン 同等FW
2 17° 40.75″ 57.0° D1 2 5
3 19° 40.25″ 57.5° D1 3 7
4 22° 39.75” 58.0° D1 4 9
5 26° 39.25″ 58.5° D1 5
6 30° 38.75″ 59.0° D1 6
7 34° 38.25” 59.5° D1 7

前作のG410ハイブリッドと比べると、ロフト角は変わりませんが、新たに7番34°が追加されています。

日本モデルのスペックと比較すると、ロフト角、ヘッド体積、長さなどは同じですが、ライ角は日本モデルの方が1°アップライトになっています。

G425ハイブリッド USモデルの標準シャフト

  • ピン Alta CB 70 Slate
  • ピン Tour 85
  • アルディラ Rogue Black Hybrid 95
  • 三菱 Tensei CK Pro 80 Orange

ピン Alta CB 70 Slate

フレックス 重量 打ち出し角
Soft Regular 69.0g
Regular 73.0g 中高
Stiff 76.0g
X-Stiff 79.0g

ピン Tour 85

フレックス 重量 打ち出し角
Regular 73.0g
Stiff 82.0g 低中
X-Stiff 87.0g

アルディラ Rogue Black Hybrid 95

フレックス 重量 打ち出し角
Tour Stiff 87.0g
Tour X-Stiff 90.0g

三菱 Tensei CK Pro 80 Orange

フレックス 重量 打ち出し角
Regular 75.0g 中高
Stiff 77.0g 中高
X-Stiff 79.0g 中高

G425ハイブリッドのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、番手・ロフト角のラインナップはUSモデルと日本モデルで同じですが。ライ角はUSモデルの方が1°フラットとなっています。

シャフトはUSモデルも日本モデルも多数用意されていて、選ぶことができます。なお、シャフトラインナップは異なっています。

ウェイト、可変スリーブが搭載されている点も同じですので、基本的な違いはライ角とシャフトと考えて良いでしょう。

USシャフトは、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われていますので、普段より柔らかいスペックを選択すると良いでしょう。

G425ハイブリッドのUSモデルの購入・価格

USモデルと日本モデルでは、一般的にUSモデルの方が安いケースが多いです。

PINGのドライバーについても、ネットでの市場価格を見比べてみますと、日本モデルの方が7千円ほど高くなっています。

USモデルは、日本でも取り扱われるショップが年々増えていて、シャフトの違いでUSモデルを好まれる方がいる一方で、価格が安いことで選ばれる方もいます。

日本で購入する場合、ネットでの取り扱いも増えています。フェアウェイゴルフUSAさんでは、アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


ROGUE サブゼロ フェアウェイウッド 試打・評価・徹底解説

キャロウェイのROGUEサブゼロフェアウェイウッドについて取り上げます。

ROGUEサブゼロフェアウェイウッド

ROGUEはキャロウェイから2018年に発売のモデルです。前年はGBB EPICが発売されていますが、それとは異なるモデルです。

フェアウェイウッドにもJAIL BREAK テクノロジーを搭載

JAIL BREAKテクノロジーは、フェースの直ぐ後ろに2本の柱を設け、ヘッドの剛性を高め、無駄なたわみを抑えてくれます。

GBB EPICで登場したテクノロジーで、フェアウェイウッドにはROGUEで初めて搭載されています。

ヘッドが小振りになると搭載が難しくなるようですが、サブゼロは3番と5番のみのため、両方に搭載されています。

ウェイトはソール前方に1つ

サブゼロの代名詞的な特徴として、ウェイトはソールの前方に搭載されています。

ソール前側に重量負荷を掛けることで、低重心を保ちながら、重心深度を浅くしています。また、重心距離を短くする効果もありますので、スピン量を抑えるのに加えて、操作性も高められています。

極薄フェースとフェースカップで飛距離アップ

フェース素材にはカーペンター455スチールが採用され、極薄フェースとなっています。そして、フェースカップテクノロジーも採用されていて、センターヒット、オフセンターヒットに関わらず、ボール初速がアップします。

前重心・低重心設計

ROGUEサブゼロフェアウェイウッドは、前重心・低重心となっています。低重心による打ち出しが高くなり、前重心により低スピン効果が働き強い弾道が生み出されます。

ロフト角調整機能は搭載されていない

前年に発売のGBB EPICのサブゼロフェアウェイウッドには、可変スリーブが搭載され、ロフト角・ライ角の調整機能を有していました。

しかし、ROGUEサブゼロフェアウェイウッドでは、すっきりとしたペンシルネックとなっていまして、調整機能がありません。

一見、デメリットに思われる方もいるかもしれませんが、フェアウェイウッドでロフト角の調整が不要であれば、無い方がすっきりしていて構えやすく、余分な重量もありませんのえ、ツアープロでもペンシルネックを好むゴルファーがいます。

ROGUEサブゼロフェアウェイウッドの試打・評価

レアモデルのためか、ROGUEフェアウェイのサブゼロの試打動画は、殆どありませんでした。こちらは貴重な動画です。

ROGUEサブゼロフェアウェイウッドの試打・評価

ボディは、意外にもシャロー気味でしたね。想像以上にストレッチバックで、これにはちょっと驚きました。

ティアップしての試打ですが、球の上がりはまずまず。グングン前に行く強弾道でした。

打感は、ソリッド系。弾き感とボールのつぶれ感が、いい感じに混ざった感じでしたね。音は、やや低めに感じました。

引用:https://golftaiken.nikkansports.com/2018/06/14353.html

ROGUEサブゼロフェアウェイウッドのスペック

番手 3 5
ロフト角(°) 15 18
ライ角(°) 58.0 58.5
ヘッド体積(cc) 167 155
クラブ長さ (インチ) 43 42.5

番手は3(15°)、5(18°)の2種類です。ツアープロの使い方としては、2本ともバッグに入れるというより、例えば石川遼プロの場合は、ROGUEサブゼロフェアウェイの3番とXフォージド UT アイアン(21°)という組み合わせです。

ROGUEサブゼロフェアウェイウッドのシャフト

ROGUEサブゼロフェアウェイウッドは、当初、発売がありませんでしたが、キャロウェイ公式サイトにてCE扱いで掲載があります。

シャフトはSpeeder EVOLUTION for CW 50(S)とTour AD F-65(S)の2種類が掲載されています。

M6ドライバー USモデルの特徴・違い

テーラーメイドのM6ドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

M6ドライバー USモデル

大きなウェイトによる低重心設計

M6ドライバーは、クラウンだけでなくソールにもコンポジット構造が採用されていて、ヘッドの軽量化が実現されています。

余剰重量により低重心・深重心が実現されていて、特にソールに縦に走るM6のロゴ部分には、46gの大きなウェイトが可能となっています。

低・深重心により、より球が上りやすく、直進性に優れています。

ロフト角・ライ角の調整が可能

ネックには可変スリーブが搭載されていて弾道を調整することができます。

予め定められた8つのポジションに切り替えることで、ロフト角・ライ角・フェース角を変更することができます。

また、可変スリーブはMシリーズ・SIMシリーズと互換性があるとユーザーの間では言われているようです。

ツイストフェース・スピードインジェクションを搭載

M6ドライバーのフェースには、M3・M4で初めて搭載されたツイストフェースが搭載されています。これにより、打点がハイトゥ・ローヒール方向にブレても、弾道をセンターに戻してくれる働きがあります。

スピードインジェクションは、ルール上限を超えた反発性能のヘッドを、フェース前面からレジンを注入することで、ルール上限に合わせたチューニングが行われています。最大反発が文字通り実現されています。

M6ドライバーのスペック

  • ロフト角:9、10.5、12°
  • ライ角:56~60°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.75インチ
  • スイングウェイト:D3

M6ドライバーのシャフト

公式サイトでは、以下の2つのシャフトが紹介されています。

  • Fujikura Atmos Orange 5
  • Fujikura Atmos Black 6

Fujikura Atmos Orange 5

硬さ 重量 トルク チップサイズ 高さ スピン
S 55G 5.1 0.335 中~高
R 54G 5.2 0.335 中~高 中~多
A 53G 5.4 0.335 中~多

Fujikura Atmos Black 6

硬さ 重量 トルク チップサイズ 高さ スピン
X 67G 4.2 0.335
S 66G 4.2 0.335 低~中
R 65G 4.2 0.335 低~中

M6ドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、日本モデルではロフト角が9、10.5°の2種類ですが、USモデルではこれに12°が加わった3スペックとなっています。球が上りづらい方が、より選びやすくなっています。

シャフトはUSと日本で基本的に異なっています。またUSモデルの場合は、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。このあたりを考慮すると、普段より1つ柔らかめを選択すると良いでしょう。

M6ドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

公式サイトでのSIMドライバーの掲載価格を見てみますと、USは$349.99、日本は32,000~37,000円となっていますので、M6ドライバーはスペックによりますが日本モデルもかなり安く購入できます。

USモデルはネットで普通に購入できる

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト