被ってるゴルフクラブ、被ってないゴルフクラブについて

ゴルフ関係のyoutubeを見る時間が増えていて、最近、気になったテーマがありましたので、取り上げてみたいと思います。

「被ってるゴルフクラブ、被ってないゴルフクラブ」

これは、横田真一プロのyotube動画の中で登場した表現でして、どういう意味なのかが良くわからずにいたところ、コメント欄に同様の意見が続出しました。

こちらが「被ってる、被ってない」が出て来る動画です。何度も出て来ますが、調度その表現が出る7:15のところから再生されます。

この動画の中でも、被るという意味について少し説明されています。

被るというのは、ヘッドの製造工程で生じてしまうそうです。鍛造は被らないが、鋳造は型を取って冷ます段階でヘッドのトゥ側がフックフェースの方向に曲がってきてしまう、という意味のように取れます。

被ってないクラブは紹介されるのですが、被ってるクラブは紹介されていないので、どこからどのぐらいどのように曲がっているのかは、分かりませんでした。

被ってるゴルフクラブの実例を紹介

「被ってる」「被ってない」は、恐らくミステリアスという意味で反響があったようで、後日、これだけをテーマにして、横田進一プロが動画をアップされています。

それがこちらの動画です。

動画を視聴した限りでは、ネックのところから曲がってしまっている、という感じに近いのかなと思いました。

フェース向きな感じもしないでもなく、特にパターでの実物映像は、筆者には良く分かりませんでした。

しかし、動画の中で「プロはみんな言う」と言われていますので、分かる人には当たり前のように分かる話のようです。

過去の発言が参考になりそう

横田真一プロの被ってる、被ってないを調べてみると、過去にこのテーマについてゴルフネットワークのレッスン番組の中で取り上げられているようです。

横田プロの考える「本当に大切な良いクラブの条件」とは、「クラブの面(フェース)がシャフトに対してどう付いているか?」ということ。

ウッドでもアイアンでも、構えて面(フェース)が目標方向にスッと向くのが良いクラブ。横田プロは、「本当にこれだけが重要」と強調するように、非常に大切なポイントです。
引用:golfnetwork.co.jp

上記のような内容で放送されたようです。

そうだとすると、フェースとシャフトの関係性のように思えます。

みんなの反応

被ってる被ってないについて、また被ったクラブの影響については、未だにその解釈にいろいろな意見や論争があるようです。

フェイスをスクエアにしてシャフトが飛球線方向にどれぐらい倒れるか⁉︎だと思うのですが
引用:ameblo.jp

横田真一さんの、かぶったクラブはドローが打てない、という理論は理解できません。
引用:hiebukuro.yahoo.co.jp

620MB・CB、T100・200・300アイアンを横田真一プロが試打した結果

タイトリストのアイアン、620シリーズとTシリーズを、横田真一プロがタイトリストのショップで打ち比べして、打感などを試打・評価されていますので、取り上げてみたいと思います。

タイトリストの620シリーズアイアンとTシリーズアイアン

タイトリストからは当記事執筆の2020年7月現在、620シリーズ、Tシリーズのアイアン、そして、日本市場向けのVG3シリーズがあります。

今回、横田真一プロが試打したのは、620シリーズとTシリーズです。

620シリーズのアイアンは、620MBと620CBアイアンの2種類があります。そして、Tシリーズのアイアンは後からモデルが追加されていて、当初はT100、T200、T300の3種類でしたが、T100・S、T400が追加され5種類となっています。

撮影の時期には、T100・SとT400がまだ店頭になかったようで、620MB、620CB、T100、T200、T300の5本を試打されています。

620MB、620CB、T100は軟鉄鍛造

620シリーズは、ツアー向けのアイアンで、MBはマッスルバック、CBはキャビティーバックです。

キャビティーバックと聞くとやさしそうな印象を受けますが、ポケットは無く、ブレードは薄く、シャープで、アベレージゴルファーが簡単に扱えるようなアイアンではありません。

T100アイアンはCO-FORGED(精密鍛造)と呼ばれるタイトリストの特許製法により、タングステンを搭載した軟鉄鍛造となっています。

タイトリスト 620MB・620CBアイアン!マッスルバックとキャビティーバックの2タイプ!2019年8月30日発売

T200、T300アイアンはステンレス

T200アイアン、T300アイアンはステンレス製のアイアンです。

そして、T200は今時のアイアンらしく、中空構造が採用されていて、中にタングステンが搭載されています。

T300アイアンは薄いフェースに厚めのキャビティーとなっていて、飛距離性能とミスへの許容性を高めた形状になっています。

横田真一プロによる試打

手に取った印象では、断然、620MBアイアン推しで、T100アイアンも高評価でした。

試打は、T300、T200、T100、620CB、620MBという順番で、徐々にシビアになっていく順です。

7番のロフト角を見比べると分かりやすく、29°、30°、33°、34°、35°となっていきます。

ちなみに、この試打の中で登場しないT100・Sは31°、T400は26°です。

T400アイアンの最新情報をまとめました

当然ながら、Tシリーズよりも620シリーズの方が打感が良く、試打前の段階でも好感触のようです。

ただ、打感とトレードオフで飛距離が落ちます。

T300、T200はキャリーで170ヤード超えですが、T100は160ヤード超え、620系は150ヤード超えに留まっています。

T100の打感が良いと評価されていて、飛距離も162ヤード出ています。

結論として、横田真一プロがどれを最良と思ったのか、本人もマッスルバックの打感重視か、飛距離性能を得て楽にプレーした方が良いか、迷われているように感じました。

最終的には、打感が良くても飛距離が出るアイアンの方が楽と述べられているので、T100アイアンは上級者にも適していそうです。

T100アイアンは、更に飛距離性能を高めたストロングロフトのT100・Sアイアンもありますので、この辺りの選択ができるのも有難いです。

 

X-FORGED CBアイアンの最新情報!発売日・発売価格・スペック

キャロウェイから発売のXフォージド CBアイアンについて、最新情報・発売日などを取り上げます。

Xフォージド CBアイアンについて

キャロウェイから、新たなアイアン「Xフォージド CBアイアン」が発売となっています。

2018年はX-FORGEDアイアン、2019年にはX-FORGEDスターアイアンがリリースされていまして、2020年はX-FORGED CBという名称です。2020年モデルだけがキャビティーかと思えるネーミングですが、2018年、2019年のモデルもキャビティー形状です。

4ピース構造により寛容性をアップ

これまでのXフォージドは、軟鉄鍛造の1ピース構造でしたが、Xフォージド CBアイアンは4ピース構造が採用されています。

その内の2ピースは、ヘッド内部とバックフェースのタングステンウェイトで、内部ウェイトにより重心位置をフェースセンターにし、バックフェースのウェイトにより低重心化とスイートエリアの拡大が図られています。

1ピース構造では実現できなかったミスへの寛容性が備わっています。

食い付くような打感を実現

一枚物でない場合、打感が気になるところですが、Xフォージド CBアイアンは、打点エリアの周辺が肉厚に設計されています。

これが軟鉄ボディと組み合わさることで、プロが好む食いつくような打感が実現されています。

コントロースしやすいキャビティアイアン

キャビティアイアンは、フェース周辺を肉厚にして寛容性を上げる意図がある構造のため、ソールも厚くするタイプが多くいですが、Xフォージド CBアイアンは、ソールが薄めで球筋を打ち分けられそうなヘッド形状となっています。

ネックはややグースが入ったネックに見えますが、FPは大きくないため、操作性を求めるゴルファーに適しています。

Xフォージド CBアイアンのスペック

番手 長さ (インチ) ロフト角(°) ライ角(°)
3 39 20 60
4 38.5 23 60.5
5 38 26 61
6 37.5 29 61.5
7 37 33 62
8 36.5 37 62.5
9 36 41 63
PW 35.75 45 63

クラブセッティングは3番からPWまであります。7番アイアンのロフト角は33°で、球が上りやすくターゲットをタイトに狙いに行けるアイアンです。

シャフトのラインナップは、公式サイトで3種類紹介されています。

  • DYNAMIC GOLD S200(S)
  • N.S.PRO MODUS3 TOUR 120(S)
  • N.S.PRO 950GH NEO(S)

Xフォージド CBアイアンの発売日・発売価格

XフォージドCBアイアンの発売日は、2020年10月23日です。発売価格は、6本セットが144,000円+税、単品が24,000円+税です。

渋野日向子のキャップが可愛い・素敵と話題!私服のキャップも紹介!

2019年は渋野日向子が一気にスターダムに駆け上がった年でした。

全英女子オープンで海外メジャー初勝利を果たした後も、国内で優勝をしっかりと積み重ね、キャラクター面でも多くのゴルフファンの心もつかんでいます。

しぶこの使うゴルフクラブは爆発的に売れていて、さらにはファッションの方にも注目が集まっています。

本記事では、しぶこの注目のキャップを取り上げます。

ヨシノリコタケ キャップ 7 帽子 スター

出典:https://amzn.to/3bAwOZn

渋野日向子が帰国時に羽田で被っていたキャップが注目さています。

前面に「7」と書かれたモデルで、まわりに★がデザインされたキャップです。

PING キャップ

試合の時に被っているのは、PINGと書かれたキャップです。

丸文字風のPING キャップ

PINGのキャップは基本的に白いものを被っていますが、PINGのロゴの字体が異なるバージョンも被っています。

こちらの丸文字風のPINGのものは、字体が可愛いく、カラーバリエーションも豊富です。文字の色がピンクのものを被っていたこともあります。

ちなみに、全英オープンでメジャー優勝を果たした時の最終日は、ロゴが丸みを帯びたものを被っていました。

紺色のPINGキャップ

基本的に白地のキャップを被っていることが多いですが、紺色のものを被っていたこともありました。

同じモデルかは分かりませんが、PINGのキャップで探すと、紺色のものも販売されています。

まとめ

しぶこのキャップは、プライベートのものが素敵と話題になりましたが、その後はプライベートのキャップが話題に上っていることはないようです。最初の7と★のインパクトが強かったようです。

試合の時は、PINGと契約していますので、PINGのキャップを被っています。概ね白ですが、時々、違う色を被るようです。

 

G425アイアンの試打・評価・徹底解説

PINGのG425アイアンの試打・評価について取り上げます。

G425 アイアン

G425アイアンは、Gシリーズの2020年モデルのアイアンです。前作のG410アイアンは、アクセントカラーに赤がありましたが、G425はほぼモノトーンに近いカラーデザインで、シャープで落ち着いた印象になっています。

バックフェースのバッジの設置面積がアップ

出典:https://clubping.jp/product/product2020_g425_i.html

G425アイアンは、前作と同様にバックフェースにバッジが搭載され、インパクトの際に生じる振動を抑えて、打感を良くしてくれます。

前作との違いとして、バッジの設置面積が54%拡大していますので、心地良い打球音と打感が実現されています。

重量周辺配分設計

出典:https://clubping.jp/product/product2020_g425_i.html

重量が周辺に配分され、深低重心設計によりミスヒットへの強さが発揮されてます。球が上りやすくなっていますので、高弾道でスピンも入り、しっかりと上げて狙いに行くことができます。

ワイドソール

ソールは前作に引き続き、しっかりと厚めになっています。アイアンでダフりが出やすくて悩まされている方には、とても安心感のあるソール形状となっています。

またソールの後ろは角が落とされていて、後ろバンスが設けられていますのでヘッドの抜けが良い形状となっています。

G425アイアンの公式動画

G425アイアンの公式プロモーション動画です。契約プロたちによる試打・感想も紹介されています。

G425アイアンの試打・評価

PING契約の額賀プロによるG425アイアンの試打・解説

額賀辰徳プロによりG425アイアンの試打・解説をされている動画です。ちなみに、額賀プロはマッスルバックのブループリントアイアンを使用しています。

G425アイアン、G710、i210アイアンの打ち比べ・比較

G425アイアンとG710アイアン、そして、渋野日向子らPINGの契約女子プロに人気のi210アイアンを打ち比べした試打動画です。

G425アイアンのスペック

番手 ロフト角 ライ角 バウンス角 長さ
4 20.5 60.5 5 38.88
5 23.5 61 6 38.25
6 26.5 61.5 7 37.63
7 30 62 8 37
8 34.5 62.8 9 36.5
9 39.5 63.5 11 36
PW 44.5 64.1 12 35.5
UW 49.5 64.1 12 35.5
SW 54 64.4 13 35.25
LW 58 64.6 13 35

7番のロフト角は30°で、前作と同じです。リニューアルによりロフト角をいじってくるメーカーが多い中、スペックを維持しているところはPINGらしさが感じられます。

G425アイアンの発売日・価格

G425アイアンの発売日は、2020年10月16日です。発売価格は、カーボンシャフトで23,100円、DG EX TOUR ISSUE以外の標準スチールで19,800円で、DG EX TOUR ISSUEで22,000円です。