クリーブランド CFX ウェッジの最新情報!キャビティ形状でやさしい!

テーラーメイドから発売のミルドグラインド MG 2 ウェッジについて最新情報・発売日などを取り上げます。

クリーブランド CFXウェッジ

CFXウェッジは、キャビティー構造となっているのが特徴の一つです。重量が最適配分され、重心位置がアベレージゴルファーの平均打点位置に近いトゥ寄りになっているため、スピンとボールスピードのバラツキが抑えられます。

番手別に3タイプのソールを採用

出典:http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2019/sp/2019_s92.html

ソール形状は、番手別に3タイプに分かれています。

46、48、50、52°は、フルショットを想定したVソールが採用され、ソールがV字型になることで抜けの良さを発揮してくれます。

54、56°では、バンカーでの使用が主に想定したSソールが採用されています。ヒール部が削られていて、バンカーでの抜けの良さを発揮してくれます。

58°は、グリーン周りのさまざまな場面を想定したCソールが採用され、ヒールとトウが削られることで、ロブショット、ピッチショットなど、多彩なショットを繰り出しやすくなっています。

安定したスピン性能

出典:http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2019/sp/2019_s92.html

フェース表面は2種類の回転スピードにてミーリングされ、粗く仕上げられています。溝は1本ずつ彫刻され、その間は高密度のレーザーミーリングが施され、さらに粗く仕上げられています。

キャビティー形状だが、打感も良い!

出典:http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2019/sp/2019_s92.html

フェースの裏側には、ゲルバックインサートが装着されています。余分な振動が減衰するため、打感の良さも感じられます。

CFX ウェッジの公式動画

CFXウェッジのメーカー公式動画です。ホーゼル部の軽量化、キャビティー構造により重心位置を実打点に合わせている点は、ソール形状等について詳しく解説されています。

CFX ウェッジのスペック

ロフト角 46 48 50 52 54 56 58
ソール形状 V V V V S S C
バンス角 9 9 11 11 12 12 10
ライ角 64 64 64 64 64 64 64
FP 4.7 4.7 5.2 5.2 5.5 5.5 6

ロフト角は46~58°まで7種類用意されています。ロフトによりソール形状が異なっていて、各番手の役割が明確になっています。

CFX ウェッジの発売日・発売価格

CFX ウェッジの発売日は、2019年10月中旬が予定されています。発売価格は、Dynamic Gold 115、NSプロ950GH (S)のスチールシャフトで15,000円+税、Diamana for CGのカーボンシャフトで18,000円+税です。

あわせて読みたい