MAVRIKドライバーは、反発エリアが広い?

キャロウェイの2020年の新作ドライバーとなるMARVIKドライバー(マーベリック)について、ついにキャロウェイの公式動画がアップされましたので取り上げます。

MAVRIKドライバーの情報解禁は2020年1月15日

出典:https://www.callawaygolf.jp/

キャロウェイの公式サイトにて、遂に、MAVRIKに関する情報が掲載されました。

MAVRIK(マーベリック)に関する情報は、2020年1月15日に解禁になると発表がありました。

通常、ニューモデルのカタログや何らかの情報は、既に関係先に提供されていますが、原則、特定の日から一気に情報が出て来ます。

MAVRIKドライバーのティザー広告は既に出ている

情報解禁より前に、ティザー広告として動画が1本投稿されています。

通常、ティザー広告とは部分見せにより期待感や想像を掻き立てるものですが、製品がしっかり映っています。

USキャロウェイの方のティザーは、かなり情報が少なく、イメージレベルに近いものですので、日本の動画は相当に踏み込んだ内容です。

MAVRIKドライバーは反発エリアが広い?弾道をセンターに戻してくれる?

日本のティザー広告の動画の中で、注目すべき点が一つありました。

それは、3人の試打者がいて、打点がトゥ、センター、ヒールに綺麗に分かれている点です。しかし(というか、やはり)、弾道はセンターに飛んでいます。

ここから言えることは、「どこで捉えてもセンターに飛ぶ」と言うことになるのではないかと思われます。

まとめ

MAVRIKの注目点として、ドライバーからアイアンまで、全てフェースがAIデザインだという話も、一部から聞こえてきています。

MAVRIK マーベリックがどのような特徴を持つのか、公式情報が確認され次第、当サイトにてご案内していきます。

以上、「MAVRIKドライバーは、反発エリアが広い?」という内容について、取り上げました。

 

あわせて読みたい