スライス改善・ドローボール習得のプロの練習方法【誰でも即できる!アレを使った簡単な方法です】

スライス改善、ドローボールを習得するための練習方法について、youtubeやゴルフ雑誌等で見掛けることがあります。

特にスライス改善をテーマにしたものは多く、昔から永遠になくならない話題です。

スライス改善やドローボールを打つ練習方法については、一つ、プロも実際に行っている共通した練習方法がありますので、取り上げてみたいと思います。

球をつかまえたい時の注意する点は一つ

スライス改善でもドローボールでも、球を逃がすのとは反対につかまえることが重要となります。

しっかり球をつかまえる方法について、堀川プロが注意すべき点を一つ述べています。

それは、
「右半身が開いたら終わり」
という点です。

これは換言すると「胸が進行方向を向いてしまったら終わり」とも言えます。

そして、その具体的な方法は、
「右半身を前に出さないで、左半身でブレーキ」
だそうです。

筆者個人としては、左右の体にこの命令を出すと、思いっきり手打ちになりそうですので、実際に体現するには、体に出す命令に感覚的なものが大きく左右するように思います。

そこで、感覚的ではなく、物理的に体を矯正させる練習方法を紹介します。

ヘッドカバーを両脇に挟んでスイングする

スライス改善やドローボールを打つ練習として、ヘッドの返しをタイミング良くしっかり行う方法として、ある共通の方法があります。

これはツアープロも取り入れていた練習で、過去にも色々なところで見掛けるものですので、多くの人にフィットしやすい内容ではないかと思われます。

古閑美保プロは、「手首の返しを脇で行う」

この動画には前段があるのですが、あるアマチュアゴルファーから「手首は返すのか、返さないのか」という質問を受けたことが切欠となっています。

それを改めて考えてきた答えを披露しているのが、上記の動画です。

ヘッドカバーを左右に開いてスイングすることで、脇が開かずに理想的なスイングができるというものです。

脇を開かないことで、胸が前を向くのを抑えてくれるので、堀川プロの言葉と通じるものがあります。

タオルを挟む方法で、腕の上げ過ぎを抑える

こちらの練習動画では、タオルを使った方法を紹介しています。効果としては、ヘッドカバーでもタオルでも同じだと思います。

挟む理由は、トップ位置が高すぎるということを指摘しています。これは別の言い方をすれば、脇が開き過ぎていると言えますし、それが故にタオルを挟む方法で改善しているのでしょう。

こちらも胸が開くのを抑えてくれていることが動画で確認できます。

まとめ

スライス改善やドローボールを習得する方法については、スイング軌道や手首に着目したものなど、色々な考え方や手法があります。

上手く行かない原因も多数・複合的にあると考えれば、解決方法や練習方法は1種類ではありませんが、ツアープロも採用している脇を締める具体的な練習方法は、試して見ると改善する方、改善まで至らずとも感覚が芽生えてくる方もいらっしゃると思います。

しっくりくる練習方法に出会えていない方は、是非、試してみてください。

イップスの克服方法をまとめました【プロの実話・克服事例あり】

スポーツの世界では、イップスという症状があります。思い通りの動作が出来なくなってしまう不思議な症状について、原因や克服方法をまとめます。

イップスとは?

イップスとは、自分で考えた通りに動かない症状を言います。

例えば、野球でボールを投げようと思ってもスムーズに投げられない、ゴルフで打とうと思ってもぎこちなくなってしまう、といったことが挙げられます。

実際のイップスの様子

こちらはゴルフのイップスです。トップポジションまでは良いのですが、そこから手が下りてないため、体の体重移動だけが前に進んでしまいます。

こちらは野球の投球のイップスです。こちらもテイクバックから切り返したところで、イップスが生じています。

こちらも野球の投球のイップスです。やはり同じようにテイクバックまではスムーズですが、切り返したところで、一度、躊躇が入り、手を振り直す動作になっています。

イップスの原因はよくわかっていない?

イップスの原因については、メンタルの問題と考えられていましたが、そうではないという見解もあり、はっきりしていない、一つに特定できないというのが現状のようです。

イップス (yips) は、これまで心因性が原因ではないかと推測されてきたが、神経科学の発達により、過度な同一動作が原因であることが分かってきている。

引用:ja.wikipedia.org

イップスが起こる原因は諸説ありますが、ほとんどが精神的な要因です。

引用:wlbaseball.com

いずれにしても、本人だけの自主的な努力で治すのは難しいと思いますので、できるだけ多くの克服事例に触れることは様々な面で重要となります。

イップスの克服方法

原因が良くわからないとなると、克服できないのではないか?と思われますが、イップスを克服したという方はいます。

逆に原因がはっきりしていないとすると、克服方法も何種類かに分かれる、または、個人により異なるということも考えられます。

そこで、本記事では、実際に克服された方、克服方法を把握されている方の情報をもとに、克服方法を取り上げます。

ジャンボ尾崎のイップス克服方法

ジャンボ尾崎はマスターズが切欠でパターのイップスになりました。克服方法としては、フォームを変えることと、呼吸法を取り入れることの2つです。

フォームを変えることについては、野球のイップスでも有効事例が出ていますので、納得感があります。特に、最初の始動ができないという悩みだったため、1つ別の動作を始動の前に加えることで、これまでの始動を2番目の動作にしたそうです。

2つ目の呼吸法については、精神論的な雲をつかむような印象を持たれる方もいるかもしれません。しかし、この時のインタビュワーの横田真一プロは、幸運にも大学院で自律神経を学んでいた経歴があります。ジャンボ尾崎が呼吸法を取り入れた点について、呼吸と自律神経の関係から科学的な説明を加えています。

呼吸の深さと野球のバッティング・ピッチングの関係の説明も、より呼吸の有効性を感じさせてくれます。

とても参考になるイップス克服事例の話です。

イップスの克服方法についてプロトレーナーが解説

プロ野球選手の自主トレに参加するトレーナーが、イップスについて解説しています。

イップスの原因や克服方法について解説されています。ポジションチェンジやフォーム変更によりイップスを克服する有効性について、筋肉の視点から説明されています。

メンタルだけに限定されない説明がされていて、とても参考になります。

イップスを扱った作品を見て理解を深める

イップスはプロスポーツの世界でも珍しくない症状です。映像作品としてもしっかり取り扱われたものがありますので、イップスの理解・克服事例に触れることができます。

「イップス 魔病を乗り越えたアスリートたち 」

イチローもイップスだったという話は、この分野の中では良く知られている話です。アスリートのイップス克服の話を取り扱った書籍です。

「イップスは治る!」

プロ野球選手が語るイップス体験や指導者たちのイップスへの取り組みについて書かれた書籍です。松井秀喜も推薦している本です。

「打撃投手 天才バッターの恋人と呼ばれた男たち」

名バッターを相手にしてイップスになった人の話が紹介されています。この点からすると、原因を辿ると精神的なものが大きく関係しているように感じられます。

手首は「返す」or「返さない」問題、遂に決着!?

スイングで手首を「返す」「返さない」問題。

この議論の発端は、下記の動画の中で古閑美保プロが質問に答えるところから始まります。

5:38辺りから始まって、手首を返すか返さないか?タイミングはどうか?の二つの議論が交わされます。

まず一つ目は、湘南乃風 RED RICEが古閑美保プロに訪ねた以下の質問で、ここから熱い議論が始まります。

「手首を返すか、返さないか問題。

(インパクトして)つかまえて返さないとダメだよ、という人もいれば、

絶対返さずにボディーターンで打て、という人もいる。

どちらで試しても、良い球も悪い球も出るので、どうしたら良いか分からない。」

この問いに対して、この日、古閑プロはこのように回答しています。

  • 私は返す。
  • 足から動いて手がついてくるので、インパクトで体は開いている。
  • 返さないとド右なので、右手で返す。
  • バコーンと行く。

そして、次に2つ目の質問です。

手首はどのタイミングで返すか?

この問いに対して、この日、古閑プロはこのように回答しています。

  • インパクトの位置です。
  • 右手はパワー。左手は方向。

ということで、この動画では一旦議論は終わっています。

そしてこの後、一般の方からの反響があったとのことで、別の動画で再び古閑美保プロが持ち帰って考えてきた答えを披露します。

と、その前に、、、

インパクトの瞬間どうなっているか?古閑プロ、渋野プロ、タイガーウッズの3人のケースを見てみましょう。

引用:www.youtube.com/watch?v=9uNcV8CJtI8、www.youtube.com/watch?v=H8gb_3KQ2fg、www.youtube.com/watch?v=Xp_QQ5r9qBg

たしかに古閑プロは体が開いていて、体が進行方向を向いています。一方、渋野プロ、タイガーウッズは粘っていて、片のラインもスクエアに近いです。

そもそも、手首を返す返さない問題というのは、インパクトがどのような位置にあるかで大きく変わってくるでしょうし、ボールの位置、インパクトの際のシャフトのしなりもどりの具合も影響してくるでしょう。

この3人のインパクトの瞬間を見る限り、手首を返す返さない問題は人それぞれ。スイングによって異なると言えるのではないでしょうか?

さて、改めてまして、
この問題に対して改めて古閑プロが出した答えがこちらの動画です。

  • イメージとしては、開き目に当てて、右手で返している。
  • 連続写真で見ると、当たってる時は若干返しかけている。
  • 意識するのは、手元ではなかった。
  • 「手首のローテーションどこで返しますか?」と聞かれたとき、「脇」だと思った。
  • 両脇にヘッドカバーを挟んでスイングの練習をすると良い。
  • 右脇のヘッドカバーを落とさないようにテイクバックすると、勝手に手が下りてくる(スイングの切り返しがブレない)。左脇のヘッドカバーは落としてしまう人は、ローテーションの時に開いてボールが右に行ってしまう。左脇を締めると体が勝手にローテーションしてくれる。
  • そうすると、考えなくて良い。(意識すると)手が邪魔する。

ということだそうです。整理しますと、

「右脇を締めていれば、テイクバックから切り返しが自然に決まり、左脇を締めていれば、手と体がくっついているので、勝手にボディーターンに合わせて返ってくれる」

ということになりますね。

さすが歯切れよく説明上手な古閑プロ。説得力あります。

あと一つ気になるのは、当記事の中盤で紹介した3人のインパクトの瞬間の映像です。スイングは人によって随分と差がありますし、インパクトの際の開き(閉じ)具合も違います。

手首を返すか返さないかは、スイング・ヘッドスピードにより事情が違ってくると思いますので、自分とスイングが同じタイプの人にアドバイスを求めるのが良いように思います。

ボールの種類によってドライバーの飛距離が変わる!?自分に合ったボールの選び方!

ドライバーの飛距離は様々な要素で変わってきます。主に注目されるのがスイングと使用ギアではないかと思います。この記事ではもう一つ忘れられがちな重要なもの、ボールについて取り上げます。

ゴルフボールは大きく分けて2種類ある!

ゴルフボールを購入する際、有名ブランドだから、プロが使っているから、セールでお買い得だからなど、様々な選び方をされていると思います。

特に、マークダウン等のお買い得品にはひかれてしまうのも実際のところですが、ゴルフボールには、大きく分けて2種類あり、ゴルファーのタイプによって向き不向きがあります。

1つはディスタンス系と呼ばれるもので、もう1つはスピン系と呼ばれるものです。

ディスタンス系のボール

ディスタンス系のボールは、飛距離性能が追求されています。ボールの構造面での特徴としては、外側のカバーが硬く、内側のコアが柔らかいのが特徴です。

表面が硬いため、フェース面上の溝に食い込みづらく、スピンが掛かりづらくなっています。また内側が柔らかいためボール全体としては変形しやすいため、これもスピンが掛かりづらくなっています。

スピンがかかりづらくなることで、ロースピンの強いボールとなりますので、飛距離が出やすくなっています。

スピン系のボール

スピン系のボールは、ディスタンス系のボールと正反対に、スピン性能が追求されています。ボールの構造面での特徴としては、外側のカバーが柔らかく、内側のコアが硬いのが特徴です。

例えば、ウェッジでスピンを掛ける際、ボールの表面が柔らかい方がフェース面上の溝に食い込みやすく、よりスピンがかかります。

飛距離を伸ばすには、どのようなボールが適しているか?

ドライバーショットの飛距離アップを考えた場合に、自分の弾道がどうかによって、適しているボールが変わってきます。

吹け上がってしまうゴルファー

ボールが吹け上がってしまう場合、打ち出し角が高いかスピンが掛かり過ぎかのどちらか(または両方)が原因となります。

バックスピンが掛かり過ぎている場合、スピンを抑えることで吹け上がりが抑えられ、飛距離が伸びます。ボールはディスタンス系が適しています。

打ち出しそのものが高すぎる場合は、スピンとは関係ありませんので、ディスタンス系とスピン系のどちらが適しているかはケースバイケースとなります。まずは、クラブのロフトを立てるか、重心を高める等によって、打ち出し角そのものを下げると良いでしょう。

球が上がらないゴルファー

球が充分に上がらず、飛距離が伸び切らないという方は、バックスピンを増やすことで、ボールに揚力が加わり、球が高くなります。

スピン系のボールを使うことで、バックスピンの量が増え、揚力によりボールが高くあがり、飛距離が伸びる可能性があります。

現在、ディスタンス系を使っている場合、スピン系に変えて試してみることをおすすめします。

スライスが出るゴルファー

一般的にスライスが出やすいゴルファーは、スピンが多く掛かり過ぎているケースが大半です。

ディスタンス系のボールを使うことで、無駄なスピンが掛かりづらくなりますので、ボールが真っすぐ飛ぶことで、飛距離が伸びる可能性があります。

フックが出るゴルファー

フックが出るゴルファーは、一般的にスピン量が少ないと言われています。スピン量が増えることで、弾道が真っすぐになりやすくなりますので、スピン系のボールを使うと、飛距離が伸びる可能性があります。

最後に

ボールの種類と適正タイプについて取り上げました。適正タイプについては、分かりやすく弾道傾向を上・下・左・右に分けて解説しましたが、同じスライサーでも原因や弾道の特徴も様々ですので、一概にディスタンス系・スピン系のどちらが適しているかを決めることはできません。

あくまで、一般的な傾向から適したボールを解説しました。最終的には、両方のボールで試打してみて、どちらがあっているかを確認してみてください。

 

 

スライスを簡単に直す3つの方法!スライサー必見!

ゴルフの大きな悩みの一つにスライスがあります。アマチュアゴルファーに占めるスライサーの割合は80%とも90%とも言われています。

特に、ゴルフを始めたばかりの初心者は、想像していたよりも真っすぐ飛ばず、スライスが出てしまうことに驚いている人も多いのではないでしょうか。

スライスを簡単に直す3つの方法!

この記事では、スライスを緊急に直す効果的な方法を3つ紹介します。スライスには幾つか原因があり、その原因を修正・改善する方法として、ゴルフ初心者が簡単にできるものを取り上げます。

改善策その1、左手の甲が広く見えるようにグリップを握ってみる

スライスの主な原因の一つが、インパクトの際にフェースが開いてしまっていることです。開くとは、右を向くということです。

これを改善する方法の一つが、グリップの握り方です。いつもより左手を多く被せ、左手の甲が広く見えるようにしてみてください。下の握りの図で、1→2→3と進むほど、左手を多く被せることになります。

出典:https://golfpracticeguides.com/

握った時、左手が過剰に内側に捻じれていますので、窮屈さを感じると思います。窮屈だからこそ、スイングしてインパクトを迎えるころには、自然と窮屈さを解放する方向に働きます。上の握りの写真で言う3→2→1に戻る方向です。

この自然な解放により、フェースが閉じる(左を向く)方向に作用しますので、インパクトを迎える際にフェースがスクエアになり真っすぐ飛びやすくなります。

改善策その2、右足を少し後ろに下げる

ゴルフのスイングは、スイングの終盤は左手が右手より上になります。下のスイングコマ送り画像でいう5枚目のところで、左手が右手より上にきています。この返しをターンオーバーと言います。

出典:https://www.golftipsmag.com/

スライスしてしまう人は、この返しが遅かったり弱かったり上手くできず、野球でいうところの落合博満選手の流し打ちのようになってしまいます。左手リードでスイングすると、フェースが開いたままでスライスが出てしまいます。

これを改善する方法として、構えた時に、少しだけ右足を後ろに下げてみる方法が効果的です。

先ほどの左手を広くグリップを握る方法と似ていて、スイングの後半で窮屈になりますので、自然と早めに左手を上に持っていく作用が働きます。

改善策その3、フェースのトゥ側で打つ

ゴルフクラブのフェースは、上から見ると中央部が最も前に出た滑らかな曲線構造となっています。これをバルジと呼びます。

出典:https://golf-info-guide.com/

ここからは物理の話が少し入りますが、重心を外した位置で衝突すると、ギア効果という回転が生じます。フェースセンターよりヒール(ネック)寄りで打つと、スライススピンがかかり、打ち出した後に右に曲がっていきます。スライスのもう一つの主な原因がこのスライススピンです。

スライスが出てしまう人の中には、打点がヒール寄りに集中して、ギア効果によりスライススピンが多く掛かっているケースがあります。

これを改善する方法として、ヒール寄りではなく、トゥ寄りで打つと、フック回転がかかり右にそれることがありません。理想的には正しいスイングで、センターで捉えることが望ましいですが、センターでも真っすぐ飛ばない方は、ヒール寄りに当てることを意識してみてください。

まとめ

以上、スライスの主な原因に対する3つの簡単な改善方法を取り上げました。どれも効果的な方法ですので、自分にあった改善方法を採用してみてください。

なお、基本的には、グリップは左を被せすぎず、両足はスクエアに、打点はセンターが理想的です。上記のいずれかで改善した場合、逆に言えば問題点がはっきりしたことになります。これをスイング修正の切欠としてもらえればと思います。