SIM2 MAX OSアイアン USモデルの特徴・違い

テーラーメイドのSIM2 MAX OSアイアンのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

SIM2 MAX OSアイアン USモデル

ヘッドサイズが大きく、ミスに強い

SIM2シリーズのアイアンは、SIM2 MAXアイアンとSIM2 MAX OSアイアンの2種類あります。

OSはOver Sizeの略で、大きなヘッドが特徴となっています。

ヘッドが大きく、慣性モーメントも大きいため、ミスに強く、よりやさしさを発揮してくれます。

打感・打音も備わっている

7番アイアンのロフト角が27°で、ストロングロフトのアイアンですが、中空構造のヘッド内部には柔らかいポリマーが搭載されていて、無駄な振動を抑えてくれます。

打感・打音にも優れていますので、ディスタンス系特有の弾き系が苦手と言う方、打感・打音にも拘りたいという方に適しています。

スピードポケットを搭載

ソール面にはスピードポケットが搭載されていて、ボールスピードをアップしてくれます。

また、フェースの下目で捉えてしまった場合でも、飛距離ロスが出にくくなっています。

球のつかまりが良い

オフセットが大きく、アドレスした時に見えるネック形状も、はっきりとしてグースネックになっています。

ボールを包み込むようにしっかりとつかまえることができますので、右へのミスが出にくく、厚くとらえて力強い弾道が出やすくなっています。

SIM2 MAX OSアイアン USモデルのスペック

番手 ロフト角 ライ角 オフセット バンス角 長さ
4 18.0° 61.5° 7.2mm 39.125″
5 20.0° 62.0° 6.7mm 38.50″
6 23.5° 62.5° 6.2mm 37.88″
7 27.0° 63.0° 5.7mm 5.3° 37.25″
8 31.5° 63.5° 4.5mm 6.5° 36.75″
9 36.5° 64.0° 4mm 36.25″
PW 42.0° 64.5° 3.6mm 7.5° 35.75″
AW 48.0° 64.5° 3.1mm 7.5° 35.50″
SW 54.0° 64.5° 2.5mm 35.25″
LW 59.0° 64.5° 2mm 35.00″

SIM2 MAX OSアイアン USモデルの標準シャフト

公式サイトで掲載されているシャフトは、USモデル・日本モデル共に2種類ありますが、種類は異なっています。

<日本モデル>

  • KBS MAX MT85 JP
  • TENSEI BLUE TM60 (’21)

<USモデル>

  • KBS Max 85 MT
  • Fujikura Ventus Blue

KBS Max 85 MT

硬さ 重量 トルク 打ち出し スピン
S 93.3g 2.1
R 93.3g 2.1

Fujikura Ventus Blue

硬さ 重量 トルク 打ち出し スピン
S 76g 2.8 中-高 中-多
R 66g 3
A 56g 3.4 中-多

SIM2 MAX OSアイアンのUSモデルと日本モデルの違い

SIM2 MAX OSアイアンは、USモデルと日本モデルでセッティングの内容に違いがあります。

USモデルは、4~9番、PW、AW、SW、LWがありますが、日本モデルは、4番、LWがありません。

スペック面でも、USモデルの方がロフト角が1°寝ています(7番のみ1.5°)。日本モデルの方がフェースが立っていますので、より飛距離が出やすくなっています。

シャフトについては、スチールは同じKBSではあるものの、日本仕様のものとではトルクの値などで違いがあります。

USモデルでは、一般的に同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。このあたりを考慮すると、普段より1つ柔らかめを選択すると良いでしょう。

SIM2 MAX OSアイアン USモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

USモデルの価格については、USモデル専門に取り扱いをしているフェアウェイゴルフさんの価格は70,869円です。日本モデルについては、アマゾンでの出品価格は72,800円です。

USモデルの方が約2,000円安く購入できるようです。

USモデルはネットで普通に購入できる

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


SIM2 MAXアイアン USモデルの特徴・違い

テーラーメイドのSIM2 MAXアイアンのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

SIM2 MAXアイアン USモデル

SIM2 MAXアイアンもディスタンス系

SIM2シリーズのアイアンは、SIM2 MAXアイアンとSIM2 MAX OSアイアンの2種類あります。

SIM2 MAX OSアイアンの方がヘッドサイズが大きく、ロフトが立っていますが、SIM2 MAXアイアンの方も7番で28.5°ですので、充分、ディスタンス系のアイアンです。

SIM2 MAX OSアイアンとの違いは、強烈な飛距離性能・やさしさを求めるかになると思います。

打感・打音も備わっている

エコーダンピングシステムと呼ばれる制振効果を生み出す構造は、今作ではトゥ・ヒール方向に長めに搭載されています。

ディスタンス系とは思えない打感・打音が実現されていますので、極薄フェースのキャビティアイアンとは違った優れたフィーリングが備わっています。

スピードポケットを搭載

ソール面にはスピードポケットと呼ばれる溝構造が搭載されています。

これにより、アイアンでありがちなフェース下方でのミスショットに対して、許容性を発揮してくれます。

トップ気味のミスが出やすい方は、飛距離ロスが抑えられますので、大きなミスが出にくくなります。

グースネックでしっかりつかまる

ネックははっきりとグースが効いていて、構えた時にしっかりと球をつかまえるイメージが持てます。

右へのミスに悩まされている方、スライスが出やすい方に適したネック形状で、しっかりつかまえることで強い弾道になりますので、飛距離のアップにもつながりやすくなります。

SIM2 MAXアイアン USモデルのスペック

番手 ロフト角 ライ角 オフセット バンス角 長さ
4 19.0° 61.5° 5.8mm 39.125″
5 21.5° 62.0° 5.2mm 3.5° 38.50″
6 25.0° 62.5° 4.7mm 37.88″
7 28.5° 63.0° 4.2mm 5.6° 37.25″
8 32.5° 63.5° 3.5mm 6.3° 36.75″
9 38.0° 64.0° 3.0mm 6.8° 36.25″
PW 43.5° 64.5° 2.6mm 7.8° 35.75″
AW 49.0° 64.5° 2.0mm 35.50″
SW 54.0° 64.5° 1.5mm 35.25″
LW 59.0° 64.5° 1.5mm 35.00″

SIM2 MAXアイアン USモデルの標準シャフト

公式サイトで掲載されているシャフトは、USモデル・日本モデル共に2種類ありますが、種類は異なっています。

<日本モデル>

  • KBS MAX MT85 JP
  • TENSEI BLUE TM60 (’21)

<USモデル>

  • KBS Max 85 MT
  • Fujikura Ventus Blue

KBS Max 85 MT

硬さ 重量 トルク 打ち出し スピン
S 93.3g 2.1
R 93.3g 2.1

Fujikura Ventus Blue

硬さ 重量 トルク 打ち出し スピン
S 76g 2.8 中-高 中-多
R 66g 3.0
A 56g 3.4 中-多

SIM2 MAXアイアンのUSモデルと日本モデルの違い

SIM2 MAX アイアンは、SIM2 MAX OSアイアンと同様にUSモデルと日本モデルでセッティングの内容に違いがあります。

USモデルは、4~9番、PW、AW、SW、LWがありますが、日本モデルは、4番、LWがありません。

SIM2 MAX OSアイアンの方は、USモデルと日本モデルでロフト角に違いがありましたが、SIM2 MAXアイアンはロフト角・ライ角・長さなど基本スペックは同じです。

シャフトについては、スチールは同じKBSではあるものの、日本仕様のものとではトルクの値などで違いがあります。

USモデルでは、一般的に同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。このあたりを考慮すると、普段より1つ柔らかめを選択すると良いでしょう。

SIM2 MAXアイアン USモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

USモデルの価格については、USモデル専門に取り扱いをしているフェアウェイゴルフさんの価格は70,869円です。日本モデルについては、アマゾンでの出品価格は72,800円です。

USモデルの方が約2,000円安く購入できるようです。

USモデルはネットで普通に購入できる

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


テーラーメイド P790アイアン 2021の最新情報!前作よりも弾きが強い!

テーラーメイドから発売のP790アイアン 2021年モデルについて取り上げます。

P790アイアン 2021の外観と特徴

2021年に発売のP790アイアンは、2回目のリニューアルとなります。

初代が2017年に発売されていて、2代目が2019年。今回の2021年モデルは3代目ということになります。

こちらは前作となる2019年モデルと比較したもので、左が2021年モデルで右が2019年モデルです。

実は2019年モデルと2017年モデルは、外観が非常に良く似ていたため、一目で違いが分かりにくいほどでしたが、その点が考慮されたためか、2021年モデルはバックフェースのデザインがシンプルになっていて、違いがよく分かります。

P7MBアイアンやP770アイアンとも似ていまして、中空アイアンでありながら、マッスルバックにも見えるぐらい、すっきりとしています。

バックフェースのデザイン以外で、外観の違いで注目したいのは、ネック部分とトップラインです。

2021年モデルはグースが入っていて、しっかりボールをつかまえやすくなっています。

トップラインについては、790という数字そのものがブレード長(横方向の長さ)を表していますので、大きさに違いはありませんが、厚みがあるように見えます。

進化の方向としては、やさしい方向にシフトしていると言えます。

引用:https://www.taylormadegolf.jp/taylormade-irons/New-P790-%28%2721%29-%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3/DW-JJC69.html

テクノロジー面での大きな変化としては、スピードフォームが従来比69%もの軽量化が図られていて、名称も新たにスピードフォームエアーが搭載されています。

打感・打音の向上、そして、寛容性のアップが図られています。

フェース面は、前作の2019年モデルでも薄肉化が図られていますが、2021年モデルではテーラーメイド史上最薄の1.5mmになっていて、飛距離性能が高められています。

特にL字型のフェースになっていますので、貫通型スピードポケットとの相乗効果により、フェースの下目でのヒットに強さをは発揮してくれます。

P790アイアン 2021のスペック

番手 3 4 5 6 7 8 9 PW
ロフト角 19 21 23.5 26.5 30.5 35 40 45
ライ角 60.5 61 61.5 62 62.5 63 63.5 64
長さ 39 38.5 38 37.5 37 36.5 36 35.75

前作と比べて、ロフト角、長さは変更がありません。ただし、ライ角は0.5°アップライトになっています。

P790アイアン 2021のシャフト

シャフト 硬さ 重量 トルク 調子
MODUS3 ツアー105 S 106.5g 1.7
950GH neo S 98g 1.7

公式サイトに掲載されているシャフトは、NSプロの950GHneo、MODUS3 ツアー105の2種類です。

前作ではダイナミックゴールドの120 VSSが掲載されていましたが、2021年モデルではNSプロのみとなっています。

NEW P790アイアン 2019の発売日・発売価格

P790アイアン 2021年モデルの発売日は、2021年9月4日が予定されています。

  • NSプロ950GH neo装着
    6本セット(5~PW):181,500円
    単品(3、4):30,250円
  • NSプロ MODUS3 105装着
    6本セット(5~PW):181,500円
    単品(3、4):30,250円

EPIC MAX FASTシリーズ 2021の全モデルを一挙紹介!

キャロウェイから発売のEPIC MAX FASTシリーズ(2021)について、全モデルの特徴・スペックを取り上げます。

EPIC MAX FASTシリーズ

キャロウェイから発売のEPIC MAX FASTシリーズは、2021年のEPICに後から追加されたモデルです。

EPICは、大きくSPEEDとMAXに分かれていて、そのMAXの軽量版がEPIC MAX FASTです。

ドライバーで言えば、EPIC MAXよりもEPIC MAX FASTの方が約18gほど軽くなっていますので、楽に振ることができます。

EPIC MAX FASTドライバー

特徴

  • EPIC MAXドライバーのヘッドをベースに開発した軽量モデル
  • AIが新たに専用設計したFLASHフェースSS21を搭載
  • JAILBREAK AI スピードフレームがエネルギーロスを軽減
  • ペリメーター・ウェイトで弾道調整が可能
  • EPIC MAXドライバーとは異なるWhite PVD仕上げ

スペック

  • ロフト角:9.5、10.5、12.0°
  • ライ角:59.5°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.75インチ
  • フレックス:S、SR、R
  • クラブ重量:272g(S)、270g(SR)、269g(R)

EPIC MAX FASTフェアウェイウッド

特徴

  • EPIC MAXフェアウェイウッドのヘッドをベースに開発した軽量モデル
  • AIが全番手別に設計したFLASHフェースSS21
  • AIが解析・設計し、間隔を開けて設置された2本のブレード
  • 地面にピッタリのリーディングエッジで、ボールを拾いやすく
  • EPIC MAXフェアウェイウッドとは異なるホワイトPVD仕上げく

スペック

番手 3 5 7
ヘッド体積 179 153 144
ロフト角 15 18 21
ライ角 57 57.5 58
クラブ長さ 43 42.5 42

EPIC MAX FASTユーティリティ

特徴

  • フェアウェイウッドのようなヘッド形状を持つ、軽量モデル
  • AIが全番手別に設計したFLASHフェースSS21
  • フェースのたわみ量を最大化するJAILBREAK AI ベロシティブレード
  • 2本のブレードでボール初速が向上し、スピン、方向性も安定
  • エクストリーム・タングステンウェイトで、ミスに強く、高弾道も実現
  • フェース面とのコントラストがはっきり仕上げられたホワイト PVD仕上げ

スペック

番手 3 4 5 6 7
ヘッド体積 140 135 131 127 124
ロフト角 17 20 23 26 29
ライ角 58.5 59 59.5 60 60.5
クラブ長さ 40.5 40 39.5 39 38.5

EPIC MAX FASTアイアン

特徴

  • 大型ヘッドに、飛びとやさしさの中空構造を採用
  • FLASHフェースカップが、ボールを最適な角度で強力に押し出す
  • 驚きの重量を誇るタングステン・エナジー・コアを搭載
  • ウレタン・マイクロスフィアが高初速と心地良さを両立

スペック

番手 ロフト角 ライ角 クラブ長さ
6 24 61 38
7 26 61.5 37.5
8 29 62 37
9 33 62.5 36.5
PW 38 63 36
AW 43 63.5 35.75

EPIC MAX FASTシリーズの発売日・発売価格

LSシリーズの発売日は、2021年8月12日です。

<発売価格>

  • ドライバー:84,700円
  • フェアウェイウッド:46,200円
  • ユーティリティ:41,800円
  • アイアン:5本セット(7~9番、PW、AW)は176,000円、単品(6番)は35,200円

スリクソン Z585とZ785アイアンの違いを徹底解剖・評価!

SRIXONのZ85シリーズから発売のZ585アイアンとZ785アイアンについて、違いを取り上げます。

スリクソンZ585・Z785アイアン

スリクソンのZシリーズアイアンの2018年モデルは、Z585アイアンとZ785アイアンの2種類が発売されています。

Zアイアンはこれまでマッスルバック、ハーフキャビティー、キャビティーの3種類を発売していましたが、2018年モデルではマッスルバックが廃止され、キャビティー、ハーフキャビティーの2種類となっています。

Z585アイアンはポケットキャビティーでミスに強い

Z585アイアンは、ポケットがあるキャビティー構造が採用されています。Z785アイアンもハーフキャビティーのためヘッド外周が肉厚になっていますが、Z585の方がより肉厚になっています。

ミスへの許容性が高いため、打点がばらついてしまう方にとって、飛距離ロスが少なく収まります。

スリクソンはアスリートブランドという印象がありますが、Z585アイアンは、上を目指すアベレージゴルファーが充分使うことができます。

Z785アイアンは打点エリアが肉厚で、打感が良い

出典:http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2018/sp/2018_s90.html

Z785アイアンのバックフェースは、打点が集中するセンターに厚みを持たせた形状となっています。

芯で捉えたときに柔らかさが感じられ、しっかりと押し込んで行ける感覚が得られます。

Z585は飛距離と寛容性なのに対して、Z785は操作性と打感が優れています。

Z585の方がソールが厚い

左がZ585、右がZ785アイアンです。どちらも前後にバンスがあるV字型の形状をしていて、抜けの良さが特徴となっています。

ソールそのものは、Z585アイアンの方が厚めになっています。

ダウンブローに打ち込んで行きたい方はZ785アイアン、払い打ちタイプの方はZ585アイアンが扱いやすくなっています。

ネック形状の違い

左がZ585、右がZ785アイアンです。Z585アイアンの方がグースが効いています。

グースが効いている分、Z585の方がボールをつかまえやすく、右に出にくく、飛距離も出やすくなっています。

Z785アイアンはほぼストレートなネック形状で、球を操作したい人におすすめの形状となっています。

Z585アイアンの方がロフトが立っている

7番アイアンのロフト角を比較すると、Z585アイアンは31°、Z785アイアンは32°となっています。

アスリート向けモデルとして捉えると、ややストロングですが、アベレージ向けと考えると、かなりフェースが寝ています。

Z585を飛距離重視と言い分けられていますが、上げて落とすというアイアン本来の使い方がしやすいスペックになっています。

Z585・Z785アイアンの公式動画

Zシリーズアイアン2018年モデルの公式動画です。Z585 アイアン、Z785アイアン、ZU85ユーティリティについて紹介されています。

Z585・Z785アイアンのスペック

Z585アイアンのスペック

番手 ロフト角 ライ角 FP 長さ
4 22 60.5 2.7 38.5
5 24 61 2.9 38
6 27 61.5 3.2 37.5
7 31 62 3.5 37
8 35 62.5 3.9 36.5
9 39 63 4.1 36
PW 44 63.5 4.6 35.5
AW 50 63.5 4.9 35.5
SW 56 63.5 5.3 35.5

Z785アイアンのスペック

番手 ロフト角 ライ角 FP 長さ
3 20 60 2.9 38.75
4 22 60.5 3 38.25
5 25 61 3.4 37.75
6 28 61.5 3.5 37.25
7 32 62 3.8 36.75
8 36 62.5 4.1 36.25
9 41 63 4.5 35.75
PW 46 63.5 4.9 35.25
AW 51 63.5 5.4 35.25
SW 57 63.5 6 35.25