ニューXXIOクロスアイアン2021のスペック・シャフト

ダンロップから発売のXXIOクロスアイアンの2代目モデルについて、スペック・シャフトを取り上げます。

ニューXXIOクロスアイアン2021

ゼクシオクロスアイアンとゼクシオ11アイアンの違い

ゼクシオクロスアイアンは、2019年に誕生したモデルで、ゼクシオのレギュラーモデルとは異なるクラブとなります。

ゼクシオクロスアイアンはフォルムが特徴的ですので、レギュラーモデルとの違いは見て取りやすいです。

特徴としては、ストロングロフト、ワイドソール、深低重心になっていて、飛距離性能・直進性に優れています。

長尺・ストロングロフトで大きく飛ばせる

ゼクシオクロスアイアンは、いわゆるディスタンス系アイアンのど真ん中のモデルです。7番アイアンのロフト角が25°でフェースが立った超ストロングロフトとなっています。

また素材面ではチタンフェースが採用されていて、2mmの薄さで撓みやすく、こちらも飛距離アップに貢献してくれます。

クラブ長さも一般的なものより0.5~0.75インチほど長尺になっていて、7番アイアンではカーボンで37.75インチ、スチールで37.5インチとなっています。

ワイドソールで球が上りやすく、ブレに強い

ゼクシオクロスアイアンの大きな特徴として、ソール幅の広さがあげられます。キャビティの肉厚とも直結しているもので、打点のバラつきへの強さ、低重心による球の上がりやすさ、ダフリにくさを発揮してくれます。

あまりにソールが厚いため、構えた時にフェースのトップラインの後ろからソール後方が見えます。

構えた時にこの見え方が気になるという方もいれば、気にならないという方もいます。

グースが効いていて、つかまりやすい

ネック形状ははっきりとしたグースネックで、ボールのつかまりやすさを感じながらスイングできそうです。

右へのミスが心配な方、スライスが出やすい方には適した形状になっています。

前作よりもフェース下目の反発性能がアップ

2代目のゼクシオクロスアイアンは、ヘッド内部のスリット構造が深くなっていて、フェース下目に反発エリアが拡大しています。

アイアンでありがちなフェース下目でのヒットに強さを発揮してくれます。打点が特に下目にブレやすい方は、救われる場面が増えそうです。

ニューXXIOクロスアイアン2021のシャフト

ゼクシオクロスアイアンは、前作同様、カーボンとスチールの2種類用意されています。

ゼクシオクロスMH2000(カーボン)

フレックス 調子 重さ トルク
S 51g 4.5
R 48g 4.6

N.S.PRO 860GH DST for XXIO(スチール)

フレックス 調子 重さ トルク
S 88g 3
R 84g 3.1

ニューXXIOクロスアイアン2021のスペック

番手 5 6 7 8 9 PW AW DW SW
ロフト角 21 23 25 28 32 37 43 49 56
ライ角 61.5 62 62.5 63 63 63.5 63.5 63.5 63.5
長さ
(カーボン)
38.75 38.25 37.75 37.25 36.75 36.25 35.75 35.75 35.75
長さ
(スチール)
38.5 38.0 37.5 37.0 36.5 36.0 35.5 35.5 35.5
バンス角 1 1 1 1 2 3 4 5 12
FP 1.5 1.5 2 2 2 2.5 3.5 5 5

スリクソン ZX7アイアンの試打・評価まとめ

スリクソンの2020年モデルの「ZX」から発売のZX7アイアンについて、試打・評価をまとめました。

ZXシリーズのアイアンは5と7の2種類

スリクソンの2020年モデルはZXシリーズという名称になっています。それ以前はZシリーズという名称でしたが、新たな別シリーズということではなく、名称がZからZXに変わっています。

そして、ZXシリーズのアイアンも、前作のZ85シリーズと同じく5、7の2種類のアイアンが発売となっています。

左のZX5アイアンははっきりとしたキャビティ形状、右のZX7アイアンはうっすらとキャビティが見え、寛容性の差が外観から一目瞭然です。

ZX7アイアン

ZX7アイアンは、軟鉄鍛造で、やんわりとしたキャビティ形状になっています。混じりっ気のない一枚物と言いたいところですが、トゥ側にタングステンニッケルウェイトが搭載されています。

上級者向けアイアンでもトゥ側への高比重金属の搭載は、かなり増えていて、寛容性を取り入れる方向はまだまだ続いているようです。

オフセットはほぼ無く、すっきりとしたネック形状で、打感と操作性に優れた上級者に好まれるアイアンです。

ZX7アイアンの試打・評価

ZX5アイアンとZ585アイアンを打ち比べ

しだるTVさんの石井プロにて、ZX7アイアンと前作のZ785アイアンを打ち比べされています。

ZX7アイアンはタングステンニッケルウェイトがトゥ側に搭載されているためか、Z785アイアンよりも芯が広く、打感は若干ぼやけている感じがして、やさしい方向になっていると感想を述べられています。

ZXシリーズを試打、Z85シリーズと比較

ZX7アイアンは、キャビティ形状になっていますが、マッスルバックのような分厚い手応えがあるそうです。

クラブが助けてくれる感じがないので、自分の力で球を飛ばせて、操作性を求める方向けと総評されています。

ヘッドスピードが最低でも45m/sが必要で、コントロール性があって男子プロが使いたいと感じるアイアンに仕上がっているそうです。

ZX5アイアンとZX7アイアンを計測試打

大古場プロにてZX5アイアン、ZX7アイアンを比較試打されています。アイアンは顔が重要で、ZX7アイアンはまさに顔が良いそうです。

ZXシリーズアイアンの公式動画

ダンロップによるZXアイアンの公式プロダクトムービーです。ヘッド形状・搭載テクノロジーが詳細まで紹介されています。

スリクソン ZX5アイアンの試打・評価まとめ

スリクソンの2020年モデルの「ZX」から発売のZX5アイアンについて、試打・評価をまとめました。

ZXアイアンは2種類ある

スリクソンと言えばアイアンの評価が高く、とても人気のあるメーカーです。

注目の2020年モデルは、ZからZXにシリーズ名が変わりました。ラインナップは前作と同様に2種類となっています。Z585の後継にあたるのがZX5アイアン、Z785の後継にあたるのがZX7アイアンです。

ZX5アイアン

ZX5アイアンは、ポケットキャビティ形状のアイアンで、軟鉄鍛造のボディーにクロムバナジウム剛のフェースが張り合わされています。

ヘッド全体が軟鉄鍛造のZX7アイアンと比べると、打感よりも飛距離性能と寛容性を重視した素材・形状となっています。

ZX5アイアンの試打・評価

ZX5アイアンとZ585アイアンを打ち比べ

石井プロによりZX5アイアンと前作のZ585アイアンを打ち比べされています。Z585アイアン自体がとても評価の高いアイアンのため、打ち比べの中でも好評ですが、ZX5アイアンは明らかなポケット構造ではないことが影響してか、打感の良さを繰り返し評価されています。

寛容性については、Z585アイアンの方がブレが少ない感じがするそうですが、大きな違いは無いようです。

ZX5アイアンとZX7アイアンを比較試打

ZX7アイアンとZX5アイアンを比較試打されています。動画は後半のZX5アイアンから再生されますので、ZX7アイアンの試打も観たい方は、最初の方からご覧ください。

ダフリが出やすい方が使っても、スリクソン特有のV字型ソールが効果を発揮しているためか、振り抜けが良く、方向性・飛距離に影響が出ないようです。

マーク金井氏によるZXアイアン試打

ZX5のドライバーは、ゼクシオと似ていて、やさしさがありますが、ZX5アイアンは、ゼクシオのようなやさしさはなく、しっかりとスリクソンのアイアンだそうです。

つまり、本来のスリクソンの位置づけ通り、アスリート向けで、ミスの許容性が欲しい方には向かないようです。

ゼクシオ11アイアンとZX5アイアンの間に、ゼクシオX(エックス)アイアンというモデルがありますので、ZX5では難しく、ゼクシオ11では物足りないという方は、ゼクシオX(エックス)アイアンを試されると良いと思います。

もう一つ注目したい点として、Z585アイアンについて、ゼクシオっぽいと述べられています。Z585からZX5アイアンになって、ポケット形状がほぼ分からないぐらいの形状になっていますので、ミスの許容性、弾き感と言う点で、Z585の方が高いようです。

X-FORGED CBアイアンの最新情報!発売日・発売価格・スペック

キャロウェイから発売のXフォージド CBアイアンについて、最新情報・発売日などを取り上げます。

Xフォージド CBアイアンについて

キャロウェイから、新たなアイアン「Xフォージド CBアイアン」が発売となっています。

2018年はX-FORGEDアイアン、2019年にはX-FORGEDスターアイアンがリリースされていまして、2020年はX-FORGED CBという名称です。2020年モデルだけがキャビティーかと思えるネーミングですが、2018年、2019年のモデルもキャビティー形状です。

4ピース構造により寛容性をアップ

これまでのXフォージドは、軟鉄鍛造の1ピース構造でしたが、Xフォージド CBアイアンは4ピース構造が採用されています。

その内の2ピースは、ヘッド内部とバックフェースのタングステンウェイトで、内部ウェイトにより重心位置をフェースセンターにし、バックフェースのウェイトにより低重心化とスイートエリアの拡大が図られています。

1ピース構造では実現できなかったミスへの寛容性が備わっています。

食い付くような打感を実現

一枚物でない場合、打感が気になるところですが、Xフォージド CBアイアンは、打点エリアの周辺が肉厚に設計されています。

これが軟鉄ボディと組み合わさることで、プロが好む食いつくような打感が実現されています。

コントロースしやすいキャビティアイアン

キャビティアイアンは、フェース周辺を肉厚にして寛容性を上げる意図がある構造のため、ソールも厚くするタイプが多くいですが、Xフォージド CBアイアンは、ソールが薄めで球筋を打ち分けられそうなヘッド形状となっています。

ネックはややグースが入ったネックに見えますが、FPは大きくないため、操作性を求めるゴルファーに適しています。

Xフォージド CBアイアンのスペック

番手 長さ (インチ) ロフト角(°) ライ角(°)
3 39 20 60
4 38.5 23 60.5
5 38 26 61
6 37.5 29 61.5
7 37 33 62
8 36.5 37 62.5
9 36 41 63
PW 35.75 45 63

クラブセッティングは3番からPWまであります。7番アイアンのロフト角は33°で、球が上りやすくターゲットをタイトに狙いに行けるアイアンです。

シャフトのラインナップは、公式サイトで3種類紹介されています。

  • DYNAMIC GOLD S200(S)
  • N.S.PRO MODUS3 TOUR 120(S)
  • N.S.PRO 950GH NEO(S)

Xフォージド CBアイアンの発売日・発売価格

XフォージドCBアイアンの発売日は、2020年10月23日です。発売価格は、6本セットが144,000円+税、単品が24,000円+税です。

G425アイアンの試打・評価・徹底解説

PINGのG425アイアンの試打・評価について取り上げます。

G425 アイアン

G425アイアンは、Gシリーズの2020年モデルのアイアンです。前作のG410アイアンは、アクセントカラーに赤がありましたが、G425はほぼモノトーンに近いカラーデザインで、シャープで落ち着いた印象になっています。

バックフェースのバッジの設置面積がアップ

出典:https://clubping.jp/product/product2020_g425_i.html

G425アイアンは、前作と同様にバックフェースにバッジが搭載され、インパクトの際に生じる振動を抑えて、打感を良くしてくれます。

前作との違いとして、バッジの設置面積が54%拡大していますので、心地良い打球音と打感が実現されています。

重量周辺配分設計

出典:https://clubping.jp/product/product2020_g425_i.html

重量が周辺に配分され、深低重心設計によりミスヒットへの強さが発揮されてます。球が上りやすくなっていますので、高弾道でスピンも入り、しっかりと上げて狙いに行くことができます。

ワイドソール

ソールは前作に引き続き、しっかりと厚めになっています。アイアンでダフりが出やすくて悩まされている方には、とても安心感のあるソール形状となっています。

またソールの後ろは角が落とされていて、後ろバンスが設けられていますのでヘッドの抜けが良い形状となっています。

G425アイアンの公式動画

G425アイアンの公式プロモーション動画です。契約プロたちによる試打・感想も紹介されています。

G425アイアンの試打・評価

PING契約の額賀プロによるG425アイアンの試打・解説

額賀辰徳プロによりG425アイアンの試打・解説をされている動画です。ちなみに、額賀プロはマッスルバックのブループリントアイアンを使用しています。

G425アイアン、G710、i210アイアンの打ち比べ・比較

G425アイアンとG710アイアン、そして、渋野日向子らPINGの契約女子プロに人気のi210アイアンを打ち比べした試打動画です。

G425アイアンのスペック

番手 ロフト角 ライ角 バウンス角 長さ
4 20.5 60.5 5 38.88
5 23.5 61 6 38.25
6 26.5 61.5 7 37.63
7 30 62 8 37
8 34.5 62.8 9 36.5
9 39.5 63.5 11 36
PW 44.5 64.1 12 35.5
UW 49.5 64.1 12 35.5
SW 54 64.4 13 35.25
LW 58 64.6 13 35

7番のロフト角は30°で、前作と同じです。リニューアルによりロフト角をいじってくるメーカーが多い中、スペックを維持しているところはPINGらしさが感じられます。

G425アイアンの発売日・価格

G425アイアンの発売日は、2020年10月16日です。発売価格は、カーボンシャフトで23,100円、DG EX TOUR ISSUE以外の標準スチールで19,800円で、DG EX TOUR ISSUEで22,000円です。