マッスルバックアイアンが増えている件について

マッスルバック形状のアイアンが増えています。最近、注目されているマッスルバックのアイアンについて触れつつ、アイアン市場の状況についても取り上げてみたいと思います。

アイアンはやさしい方向にシフトしている

最近のアイアンの流れを列挙すると、以下の3つが挙げられると思います。

  • タングステン
  • ストロングロフト
  • 中空構造

タングステン素材の活用

タングステンは、比重の重い金属としてゴルフクラブでは重宝されている素材です。カーボンやチタンといった軽い素材により軽量化を進める一方、重心を強制的・意図的に変えるために、重い金属であるタングステンを部分的に配置します。

例えば、アイアンで言えば、ネックに重量が集まりがちなため、トゥ側にタングステンを搭載し、重心位置をフェースセンターに近づけたり、左右慣性モーメントを大きくしたりします。

ストロングロフト化

ストロングロフトは、飛距離重視の流れの中、上よりも前に飛ばすため、ロフトを立てる傾向にあります。

一昔前まではアベレージ向けモデルのアイアンの7番のロフト角は30°ぐらいでした。しかし、最近では25°、26°といった5番か6番かといったぐらいロフトが立ったモデルが増えています。

アイアンは飛ばす道具ではないといいつつも、飛距離が出た方が楽だというプロや上級者も多く、ストロングロフトのニーズはなかなか強いものがあります。

中空構造

最近のアイアンでは、ぱっとみ中空と分からず、マッスルバッグに見えるものも少なくありません。例えば、ONOFFの黒は、ぱっとみ中空と分かりづらいです。

中空構造のアイアンは、見た目がシャープな上、中にウェイトを搭載しやすく、フェースも薄く仕上げられます。

飛距離、寛容性、外観で優位性を出しやすいため、中空構造のアイアンが、アスリート向け、アベレージ向けでも増えつつあります。

アスリート向け中空アイアン!おすすめ人気ランキング

でも、難しいはずのマッスルバックが増えている?

ところが、最近はマッスルバックアイアンの話題が増えています。

ここ最近の注目されているマッスルバッグとしては、以下のモデルが挙げられます。

PING ブループリントアイアン

PING史上で初となるマッスルバッグアイアンです。なかなかの値段ですが、外観の格好良さ、そして、打感の良さから、上級者からの評価は上々です。

PING ブループリント アイアン 試打・評価・徹底解説

スリクソン Z-フォージドアイアン

スリクソンのZ85シリーズでは、Z985アイアンの発売がなく、マッスルバックは廃止されたようにも思えましたが、翌年にはZ-FORGEDアイアンが発売となっています。

マッスルバッグとしては意外にも寛容性があるとの評価が多く聞かれます。ただし、アベレージゴルファーが扱うと歯が立たないという声が聞かれますので、基本的に上級者向けのモデルです。

https://golf-club-news.com/2875/%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%82%af%e3%82%bd%e3%83%b3-z-%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%89%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%81%ae%e8%a9%a6%e6%89%93%e5%8b%95%e7%94%bb%e3%81%be%e3%81%a8/

本間ゴルフ TR20 Bアイアン

本間ゴルフのTR20シリーズは、TR20 P、TR20 Vに加えて、マッスルバックのTR20 Bアイアンが発売されています。

3モデルのバックフェースの変化を見る限り、数年前のスリクソンのZシリーズかと思うようなキャビティー、ハーフキャビティ、マッスルバックという構成になっています。

TR20-P・TR20-V・TR20-Bアイアンの違いを比較解説

マッスルバックの需要はなくならない

タングステン、中空構造のアイアンが増え、中・上級者でもやさしさを取り入れる傾向にあり、マッスルバック形状のアイアンがなくなるのでは?といった話が出ることもあります。

しかし、軟鉄鍛造の打感、反応性を重視するゴルファーにとっては、中空ではなかなか代用とはならず、マッスルバックの需要が消えることは無いと思います。

どちらかと言えば、マッスルバックでありながら低重心・深重心度合いを高めたり、タイトリストのCO-FORGEDといった技術でタングステンを取り入れた鍛造を実現することで、やさしいマッスルバックが増えて行くように思われます。

実際、スリクソンのZ-フォージドアイアンは、マッスルバックの割に許容性もあるという上級者の声が多く、女子プロゴルファーの間でも使用されていて、話題となっています。

マッスルバック、キャビティ、中空構造!アイアン形状と特徴を徹底解説!

ブレード・マッスルバック・フォージド、アイアンの種類を解説!

 

SIM MAXアイアンとSIM MAX OSアイアンの違いを比較

テーラーメイドのSIMシリーズから発売のSIM MAXアイアンとSIM MAX OSアイアンについて、違いを取り上げます。

SIM MAXアイアンとSIM MAX OSアイアン

これまでのMシリーズは、M3アイアンとM4アイアン、M5アイアンとM6アイアンという形で、アスリート向けのM3・M5とアベレージ向けのM4・M6からアイアンがリリースされていました。

一転、SIMシリーズでは、アベレージ向けのSIM MAXからスタンダードとオーバーサイズの2種類のアイアンがリリースされています。

SIM MAX OSアイアンはヘッドサイズが大きい

SIM MAX OSアイアンの公式サイトでの説明は以下の通りとなっています。

SIM MAXアイアンをより軽く、よりビッグに! 基本性能は踏襲しつつ、さらにワイドなソールが低重心化を促進し、高弾道・低スピンでぶっ飛ぶ!
引用:taylormadegolf.jp

ヘッドサイズがSIM MAXよりも大きく、クラブ重量は10g軽くなっています。

フェースをワイドに使う方、軽いアイアンで振りやすさを確保したい方は、OSの方が適しています。

ちなみに、OSはOver Sizeの略で、大型を意味しています。

SIM MAX OSアイアンのソールはかなり厚め

左がSIM MAXアイアン、右がSIM MAX OSアイアンです。どちらのアイアンもソールはかなり分厚くとられています。

低重心・深重心になっていますので、ミスに対する許容性と球の上がりやすさを持たせようという意図が反映された形状です。

ソール幅がしっかりありますので、地面にヘッドがささりにくく、アイアンでダフりやすい人が扱いやすくなっています。

球が上がりやすいのはSIM MAXアイアン

どちらのアイアンも球が上がりやすくなるよう、低重心化されています。

ただ、ロフト角は大きく違いがありまして、7番アイアンで比べると、SIM MAXアイアンは28.5°、SIM MAX OSアイアンは26°となっています。

参考までに、キャロウェイのMAVRIKアイアンは27°、ゼクシオイレブンアイアンは28°ですので、SIM MAX OSアイアンは思い切ったストロングロフト、反対にSIM MAXアイアンは最近のモデルとしてはロフトを立てすぎてないアイアンと言えます。

SIM MAXアイアンは、OSよりも2.5°寝ていますので、とても球が上がりやすくなっています。

なお、スピン量はどちらのアイアンもあまり多くありませんので、球を止めたい方は、SIM MAX OSアイアンだと扱いにくい可能性があります。SIM MAXアイアンの方が前に行きすぎず、しっかり上がりますのでおすすめです。

どちらもグースネックで、つかまりが良い

左がSIM MAXアイアン、右がSIM MAX OSアイアンです。どちらもグースが効いたネックで、アドレスした時に球をしっかり捉えるイメージが持てます。

実際の弾道もしっかり球がつかまりますので、持ち球がドローの方は扱いにくいと思いますが、反対にスライスが出やすい方は、右へのミスがかなり抑えられると思います。

標準シャフトは同じ

標準シャフトはどちらのモデルも同じものが採用されています。写真上がTENSEI BLUE TM60カーボン、写真下がKBS MAX 85 JPスチールです。

軽さを特徴にしたモデルでは、5~10gほど軽いシャフトを採用することがありますが、SIM MAXシリーズのアイアンは全く同じシャフトで、スペックのラインナップも同じです。

SIM MAXアイアンとSIM MAX OSアイアンの試打・評価

SIM MAXアイアンとSIM MAX OSアイアンの試打・評価については、別記事にまとめてありますので、リンクを載せておきます。

≫ SIM MAXアイアンの試打・評価まとめ

≫ SIM MAX OSアイアンの試打・評価まとめ

スリクソン ZX4アイアンの特徴

スリクソンのZX4アイアンについて、特徴・スペックを詳しく取り上げます。

スリクソン ZX4アイアン

5よりもやさしい4が登場!

スリクソンのZX4アイアンは、モデル名に「4」という数字がついています。この数字は、大凡、難易度を表していて、数字が小さいほどやさしく、大きいほど難しいモデルとなります。

これまでは、5、7、9のモデルがありましたが、「4」のモデルは初めてではないかと思います。少なくとも、Zシリーズ、ZXシリーズでは「4」というモデルは存在しません。

既に発売されているZX5アイアンはアスリート・セミアスリート向けの直進性と寛容性が備わったアイアンです。ZX4アイアンは飛距離性能と寛容性をぐっと高めたアイアンです。

中空構造を採用

出典:https://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2021/sp/2021_sp08.html

ZX5よりやさしいZX4というモデルが出たこと自体、驚きですが、さらに驚くのは構造です。

ZX5ははっきりとしたキャビティーバック形状なのに対して、ZX4アイアンは見た目はすっきりとシャープで中空構造が採用されています。

中空になることで、反発エリアが広く、打ち出しが高く、楽に大きく飛ばすことができます。

スリクソンなのに、ストロングロフト!

3つ目の驚きはロフト角です。スリクソンのアイアンの中で、これまで「飛び系」という言葉は使われていなかったと思いますが、ZX4アイアンは「飛び系」と表現されています。

そして、飛び系たる所以であるロフト角は、7番アイアンで28.5°となっています。これはもうストロングロフトのカテゴリーに入ります。

ZX5アイアンでは31°ですから、思い切ってフェースを立てて飛距離性能を高めています。

ツアーVTソール・スピードグルーブも搭載

ZX5、ZX7アイアンに搭載されている「ツアーVTソール」、フェース面の裏の溝加工「スピードグルーブ」は、ZX4アイアンにも搭載されています。

前側・後側の両方のバンスにより振り抜けが良く、スピードグルーブによりフェースが撓んでボールスピードがアップします。

スリクソン ZX4アイアンのスペック

番手 ロフト ライ バンス
(前)
バンス
(後)
FP 長さ
*1
長さ*2
4 21  60.5  10  -10 2.2  38.625  38.5
5 23 61  10  -9.5 2.5 38.125 38
6 25.5 61.5 10 -9.5 2.7  37.625 37.5
7  28.5 62 10 -9.5  3  37.125 37
8  33 62.5 10 -9.5 3.3  36.625 36.5
9 38 63 10 -9.5 3.5 36.125 36.0
PW 43  63.5 10 -9.5 4 35.625  35.5
AW 49 63.5 10 -9.5 4.6  35.625   35.5
SW 56  63.5 9 9 5.3 35.625  35.5

*1:Diamana  ZX for IRON、*2:N.S. 950GH neo、N.S. PRO ZELOS 8

スリクソン ZX4アイアンのシャフト

Diamana  ZX for IRON

硬さ 調子 重量 トルク
S 63 3.6
R 61 3.7

N.S. 950GH neo

硬さ 調子 重量 トルク
S 94 1.7
R 90.5 1.9

N.S. PRO ZELOS 8

硬さ 調子 重量 トルク
S 84 2.2
R 80.5 2.3

スリクソン ZX4アイアンの発売情報

スリクソン ZX4アイアンの発売日は2021年3月20日、発売価格はシャフトにより異なります。

  • Diamana ZX for IRON
    6本セット(5〜9、PW) 151,800円 (税抜価格 138,000円)
    1本(4、AW、SW) 25,300円 (税抜価格 23,000円)
  • N.S.PRO 950GH neo スチールシャフト
    6本セット(5〜9、PW) 145,200円 (税抜価格 132,000円)
    1本(4、AW、SW) 24,200円 (税抜価格 22,000円)
  • N.S.PRO ZELOS 8 スチールシャフト
    6本セット(5〜9、PW) 151,800円 (税抜価格 138,000円)
    1本(4、AW、SW) 25,300円 (税抜価格 23,000円)

 

M5アイアンとM6アイアンの違いを徹底解説!

テーラーメイドの2019年のMシリーズからは、M5アイアンとM6アイアンの2種類のモデルが発売されています。

この2つのモデルについて、どのような特徴、どのような違いがあるかを取り上げます。

M5アイアンとM6アイアンの関係

M5アイアンとM6アイアンは、2019年のMシリーズから発売のモデルです。

M5アイアンはコンパクトで操作性があり、M6アイアンは飛距離と寛容性に優れています。

スピードブリッジ、スピードポケットはどちらも搭載

出典:https://www.taylormadegolf.jp/m5-m6-irons-jp.html

M5、M6アイアンは、バックフェースに斜めのリブ構造が設けられたユニークな形状をしています。

スピードブリッジと呼ばれるこの構造が採用されることで、スピードポケットの搭載や薄肉フェースの実現が可能となっています。

この辺りの主要なテクノロジーは、M5、M6アイアンの双方に搭載されています。

M5の方がヘッドはコンパクトで操作性が高い

左がM5アイアン、右がM6アイアンです。ヘッドはM5アイアンの方がコンパクトに仕上がっていて、弾道を操作したい方に好まれる形状です。

軽量化のために設けられたホーゼルの凹みについても、M5アイアンはアドレスした時に見える部分は削られていませんので、違和感なく構えやすくなっています。

対して、M6アイアンの方は360°削られていますので、外観よりも軽量化による最適重心を重視した形になっています。

M5アイアンはトゥ側にタングステンウェイトを搭載

出典:https://www.taylormadegolf.jp/m5-m6-irons-jp.html

M5アイアンはトゥ側にタングステンウェイトが搭載されています。慣性モーメントを大きくする効果がありますので、コンパクトなヘッドシェイプでありながら、やさしさを高めた重心設計となっています。

M6はグースがあり、しっかりボールがつかまえられる

ネック形状を比較してみると、左のM5アイアンはオフセットが少ないですが、M6アイアンはFPが小さくグースが効いた形状で、ボールをしっかりつかまえやすくなっています。

M6アイアンは、しっかりつかまることで、右へのミスが出にくく、飛距離が出やすくなっています。

一方、M5アイアンは、ストレートに近いネック形状ですので、イメ―ジした弾道を実現しやすくなっています。

トップブレードもM6の方が厚めで、オフセンターヒット時のミスをより小さく抑えてくれます。

ソールはM6の方が厚い


ソールは右のM6アイアンの方がかなりしっかりとした形状になっています。

低重心に加え、深重心となっていますので、打点のバラツキに対して、強さを発揮してくれます。

M6アイアンの方がストロングロフト

7番アイアンのロフト角を比較すると、M5アイアンは30°で、アスリート向けほどではありませんが、アベレージ向けよりは寝ていますので、調度中間的で、セミアスリート向けです。

M6アイアンは28.5°となっていますので、この時期のアベレージ向けとしては標準的なロフト設定です。もちろん一昔前のアイアンと比べれば、随分とストロングロフトにはなっています。

M5アイアン・M6アイアンの試打・評価

M5アイアン、M6アイアンの試打・評価については、別記事にまとめてありますので、リンクを載せておきます。

M5アイアン 試打・評価・徹底解説

M6アイアン 試打・評価・徹底解説

「M5アイアン・M6アイアン」関連のおすすめ記事

M6アイアンとM4アイアンの違いを徹底解説!

 

ミズノ JPX 921 HOT METAL PRO アイアン USモデルと日本モデルの違いを徹底解説

ミズノのJPX 921 HOT METAL PRO(ホットメタル プロ)アイアンのUSモデルと日本モデルの違いについて取り上げます。

JPX 921 HOT METAL PRO アイアンの特徴

JPXシリーズは、もともと日本でアベレージゴルファー向けとして捉えられていましたが、海外の方で人気が出て、ツアープロも使用するアスリート向けモデルという位置づけになり、その位置づけが日本に戻ってきたという異色なシリーズです。

JPX921シリーズは、JPX919シリーズの後継で、4機種が発売となっています。

  • JPX 921 ツアー アイアン
  • JPX 921 フォージド アイアン
  • JPX 921 HOT METAL PRO アイアン
  • JPX 921 HOT METAL アイアン

JPX 921 HOT METAL PROアイアンは、原英莉花プロが使っていることで人気のJPX 921 HOT METALアイアンと比べると、ロフト角、ライ角、クラブ長さは同じです。

異なる点として注目したいのはオフセットで、プロモデルの方がオフセットが小さく、ボールのつかまり過ぎを抑え、操作性が高いネック形状となっています。

JPX 921 HOT METAL PRO アイアンのUSモデルと日本モデルの違い

USモデルと日本モデルのスペックの違い

USモデルと日本モデルでは、ロフト角が異なる場合やデザインそのものも異なる場合もあります。それとは逆にデザイン、基本スペックが全く同じものもあります。

JPX 921 HOT METAL PROアイアンについて、公式ページで掲載されているスペックやセッティングの違いを見てみましょう。

▼USモデル

番手 4 5 6 7 8 9 PW
ロフト角 19 22 25 29 34 39 44
ライ角 60 60.5 61 61.5 62 62.5 63
オフセット 0.15 0.142 0.134 0.126 0.118 0.11 0.102
長さ 38.5 38 37.5 37 36.5 36 35.5

▼日本モデル

番手 5 6 7 8 9 PW
ロフト角 22 25 29 34 39 44
ライ角 60.5 61 61.5 62 62.5 63
バウンス角 1 1 2.5 3.5 4.5 6
FP 3 3.2 3.4 3.6 3.8 4
長さ 37.75 37.25 36.75 36.25 35.75 35.25
バランス D1 D1 D1 D1 D1 D2

USモデルと日本モデルでは、クラブセッティングに違いがあります。USモデルでは4番がありますが、日本モデルでは4番がありません。

スペックは、ロフト角、ライ角は同じ数値となっていますが、公式サイトに掲載されているクラブ長さを見ますと、日本モデルの方が0.25インチ短い値となっています。

USモデルと日本モデルのシャフトの違い

一般的に、USモデルと日本モデルでは、シャフトの種類そのものが違う場合があります。これは、シャフトメーカーが国によって展開しているシャフトのシリーズが異なっていることや、USモデルの方が同じスペックでもシャフトが硬い傾向にあることなどが影響しているようです。

JPX 921 HOT METAL PRO アイアンのシャフトは、USモデルと日本モデルで主に設定されているものが異なっています。

  • USモデル:Project X LZ BLACK
  • 日本モデル:NSプロ950GH neo

USの公式サイトでシャフトの記載はありませんでしたが、USミズノの公式ECサイト、また、USのネットゴルフショップでは、上記のProject Xのみが掲載されています。

HOT METALの方は、USも日本もNSプロ950GH neoでしたので、この点は、HOT METAL PROの購入を検討する際は留意しておくと良いでしょう。

なお、シャフトのスペックについては、USモデルの方は公式サイトに掲載がありませんでしたので、Project Xを取り扱うトゥルーテンパー社のUSサイトで公開されている同シャフトのスペックを紹介します。

シャフト種類 フレックス 重量 長さ ラウンチ
Project X LZ Steel 5.5 115 40~36.5

日本モデルの方のシャフトのスペックは以下となります。

シャフト種類 フレックス 重量 調子
NSプロ950GH neo S 98

USモデルと日本モデルの値段の違い

ゴルフクラブは全てのモデルで、USモデルと日本モデルがあるわけではありません。日本に進出している海外メーカー、またその反対で、海外に進出している日本メーカーの場合、両方のモデルがあることがあります。

シリーズやモデルは同じでありながらも、スペックやシャフトに違いがある場合があり、シャフトについては海外モデルの方が同じフレックスでも硬めと言われています。

そのため、シャフトや価格の違いなどから、日本でもUSモデルを求めるニーズがあります。

USモデルの購入となると、輸入をイメージされて難しいと思われる方もいるかもしれませんが、日本の小売りでもUSモデルを取り扱っているお店が増えていますし、大手ネットサイトでも出品されていますので、とても簡単に購入することができます。

JPX 921 HOT METAL PROアイアンの本記事執筆時点での価格を調べてみますと、USサイトでは4~9、PW、GWの8本セットで1,000ドル(約105,000円)、日本サイトでは5~9、PWの6本セットで118,800円です。

シャフトの違いがありますので一概に比較するのは難しい面もありますが、クラブ本数はUSモデルの方が2本多い点を踏まえると、USモデルの方がかなりお買い得と言えます。

USモデルを購入したいという方で、どこで購入すれば良いか分からないという方は、フェアウェイゴルフUSAさんがオススメです。

アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


まとめ

JPX 921 HOT METAL PRO アイアンについて、USモデルと日本モデルの違いについて取り上げました。

JPX 921 HOT METALでは、シャフトがUSモデルと日本モデルで同じNSプロ950GH neoでしたが、JPX 921 HOT METAL PRO では、USモデルがトゥルーテンパー社製のProject Xなっています。

もし、Project Xの方が好みと言う方は、是非、USモデルを一度検討されることをおすすめします。