タイガーウッズの復帰戦で、ステルスPLUSドライバー・フェアウェイウッドが使われた!

テーラーメイドの2022年モデル「ステルス」のドライバー2種が、適合リストに掲載された件を、少し前に取り上げました。

ステルス ドライバーがルール適合リストに掲載!ステルスとステルスPLUSの2機種

今度は、タイガーウッズの自動車事故後、初となる復帰戦にて、実物映像が確認されました。

しかも、まだR&Aの適合リストに掲載の無い「ステルス」のフェアウェイウッドも確認されています。

タイガーウッズの復帰戦で使われた「ステルス」のドライバーとフェアウェイウッド

こちらがMYGOLFSPYにてSNSに投稿されたタイガーウッズのキャディバッグです。噂通り、赤いウッドが確認できます。

ドライバーの方は、適合リストでも確認されているものと同じモデルで、2機種ある内のアスリート向けと思われる「STEALTH PLUSドライバー」です。

そして、その隣にあるフェアウェイウッドは、3番15°のスペック表記が確認でき、さらにソールに「PLUS」の文字も確認できます。

こちらは「STEALTH PLUSフェアウェイウッド」ということになります。

STEALTH PLUSドライバー

出典:golfwrx

こちらはGOLFWRXのフォーラムに投稿された映像です。ウェイトは少しだけドロー設定にしています。

つかまりを求めたのか、重心距離を短くして操作性を高めたのか分かりませんが、SIM2にはなかったMWTを活用しています。

STEALTH PLUSフェアウェイウッド

出典:golfwrx

こちらはステルス PLUSのフェアウェイウッドです。

ロフト角は-1.5°で13.5°にして、かなりフェースを立てています。

3番ウッドは、SIMフェアウェイウッドも同時に入れていて、そちらは14.25°という設定になっています。

2本の3番ウッドで、ロフトを細かく刻んで飛距離を調整しているのかもしれません。

ステルスはフルカーボン!?

出典:golfwrx

ドライバーの方にヒール側に「カーボンウッド」の文字が確認できましたが、フェアウェイウッドの方はヒール側の映像が無いため確認できません。

フェアウェイウッドはフェースがドライバーと違って赤色ではありませんので、恐らくチタン素材と思われます。

カーボンウッドの意味が「フェースもカーボン」ということだとすると、カーボンウッドに該当するのはドライバーのみということになりそうです。

テーラーメイドのステルス関連記事

ステルス ドライバーがルール適合リストに掲載!ステルスとステルスPLUSの2機種

ステルス ドライバーの画像を確認!

 

G425 SFTフェアウェイウッド USモデルの特徴・違い

PINGのG425 SFTフェアウェイウッドのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

G425 SFTフェアウェイウッド USモデル

ヒール寄りウェイトが直進性をアップ

G425 SFTフェアウェイウッドは、スタンダードモデルのG425 MAXフェアウェイウッドと比べると、ソール後方のウェイトがややヒール側に寄っています。

ドローバイアスになることで、右への弾道の曲がりが抑えられますので、右へのミスを減らしたい方に適しています。

MAXよりも大きなヘッドサイズ

ヘッド体積は前作と比べると1ccのアップですが、スタンダードタイプのG425 MAXフェアウェイウッドと比べると、12~14cc大きくなっています。

ドローバイアスだけでなく、深重心による大きな慣性モーメントにより、寛容性も備わっています。

タービュレーターを廃止し、アライメントを採用

G425シリーズのフェアウェイウッドでは、空力対応のタービュレーターがクラウンから外されています。

新たに3ドットのアライメントマークが描かれていますので、従来モデルよりも、安心してセットアップしやすくなっています。

タービュレーターは、外観に対してネガティブな印象を持つ方もいましたので、これまで突起が気になっていた方にとっては、構えやすくなっています。

可変スリーブを搭載

出典:https://ping.com/en-us/clubs/drivers/g425-max

前作と同様に、USモデル・日本モデル共に可変スリーブが搭載されています。

合計8つの調整ポジションへの切替が可能で、ロフト角は±1.5°まで、ライ角は3°フラットに切り替えることができます。

G425 SFTフェアウェイウッドのスペック

番手 3 5 7
ロフト角 16° 19° 22°
長さ 43″ 42.5″ 42″
ライ角 57.0° 57.5° 58.0°
ヘッド体積 189cc 178cc 168cc
バランス D0 D0 D0

日本モデルのスペックと比較すると、ロフト角、ヘッド体積、長さなどは同じですが、ライ角は日本モデルの方が1°アップライトになっています。

スタンダードのG425 MAXフェアウェイと比較すると、ロフト角は1.5°寝ています。一般的なフェアウェイウッドと比較してもロフトは1°寝ていますので、球の上がりやすさを持たせたスペックになっています。

また番手もG425 MAXフェアウェイは9番がありましたが、G425 SFTフェアウェイは7番までの3種類となっています。

G425 SFTフェアウェイウッドの標準シャフト

  • ピン Alta CB 65 Slate
  • ピン Tour 65
  • ピン Tour 75
  • 三菱 Tensei AV Orange 75
  • アルディラ Rogue White 130 MSI 70
  • アルディラ Rogue White 130 MSI 80
  • アルディラ Rogue White 130 MSI 70

ピン Alta CB 65 Slate

フレックス 重量 打ち出し角
Soft Regular 61.0g
Regular 63.0g 中高
Stiff 67.0g
X-Stiff 71.0g

ピン Tour 65

フレックス 重量 打ち出し角
Regular 53.0g
Stiff 57.0g 低中
X-Stiff 62.0g

ピン Tour 75

フレックス 重量 打ち出し角
Regular 64.0g
Stiff 70.0g 低中
X-Stiff 76.0g

三菱 Tensei AV Orange 75

フレックス 重量 打ち出し角
X-Stiff 71.0g 低中
Regular 66.0g 中高
Stiff 68.0g

アルディラ Rogue White 130 MSI 70

フレックス 重量 打ち出し角
Regular 61.0g

アルディラ Rogue White 130 MSI 80

フレックス 重量 打ち出し角
Stiff 71.0g 低中
X-Stiff 75.0g

G425 SFTフェアウェイウッドのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、番手・ロフト角のラインナップはUSモデルと日本モデルで同じですが。ライ角はUSモデルの方が1°フラットとなっています。

シャフトはUSモデルも日本モデルも多数用意されていて、選ぶことができます。なお、シャフトラインナップは異なっています。

ウェイト、可変スリーブが搭載されている点も同じですので、基本的な違いはライ角とシャフトと考えて良いでしょう。

USシャフトは、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われていますので、普段より柔らかいスペックを選択すると良いでしょう。

G425 SFTフェアウェイウッドのUSモデルの購入・価格

USモデルと日本モデルでは、一般的にUSモデルの方が安いケースが多いです。

PINGのドライバーについても、ネットでの市場価格を見比べてみますと、日本モデルの方が6千円ほど高くなっています。

USモデルは、日本でも取り扱われるショップが年々増えていて、シャフトの違いでUSモデルを好まれる方がいる一方で、価格が安いことで選ばれる方もいます。

日本で購入する場合、ネットでの取り扱いも増えています。フェアウェイゴルフUSAさんでは、アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


ゼクシオ12 2022の全モデルを一挙紹介!ドライバー・フェアウェイウッド・ハイブリッド・アイアン・パター

ダンロップから発売の12代目ゼクシオ、ゼクシオ12(2022)について、全モデルの特徴・スペックを取り上げます。

ゼクシオ12シリーズ 2022

出典:dunlop.co.jp

ダンロップのゼクシオのシリーズ12代目、ゼクシオ12。

クラブの種類は、ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド、アイアン、パターが発売となっていて、一通り全てのクラブを揃えることができます。

今作の特徴は、アクティブウィングとリバウンドフレームの2つです。

アクティブウィング

アクティブウィングは、ウッドに搭載された空力コントロールの新たなテクノロジーです。

空力というと、空気抵抗を抑えてヘッドスピードを上げるものが極々一般的ですが、スイングを大事にするゼクシオは、敢えて空気抵抗を発生させることで、ダウンスイング中に発生しやすいフェースオープン、トゥダウンを抑える目的で採用されています。

リバウンドフレーム

リバウンドフレームは、スリクソンに搭載されたテクノロジーで、ヘッドの剛性を柔と剛で組み合わせることによって、大きな撓みが生み出されます。

このメカニズムはスリクソンのドライバーだけでなく、ゼクシオプライムのウッドやゼクシオボールにも採用されています。

そして、ゼクシオ12ではアイアンにも取り入れられ、ヘッド剛性の違う構造を組み合わせた飛びのメカニズムは、ゼクシオ全体で採用されています。

ゼクシオ12 ドライバー(12代目)

特徴・適合ゴルファー

新開発のアクティブウィングが搭載され、ダウンスイング中にフェースが開く、トゥが下がるといったブレが抑えられます。

前作のゼクシオ11で搭載されたカウンターバランス効果を生むウェイトプラステクノロジーも継承されていて、より正確で安定したスイングがしやすくなっています。

282gの軽量クラブで、ヘッドスピードが遅めの方が楽に振れ、爽快な金属音で心地良く飛ばすことができます。

右へのミスも出にくく、球の高さも出ますので、スライスを抑えたい方、楽に振りたい方におすすめです。

スペック

  • ロフト角:9.5、10.5、11.5°
  • ライ角:59°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.75インチ
  • クラブ重量:282g(R)

ゼクシオ12フェアウェイウッド

特徴・適合ゴルファー

ドライバーと同様に、新開発のアクティブウィング、リバウンドフレームが搭載されています。

また、WEIGHT PLUSフルラバーグリップも採用されていますので、アクティブウィングとの相乗効果で、より安定して正確なスイングがしやすくなっています。

番手は3、4、5、7、9と細かく用意されていて、ロフト角でみると15°~23°までカバーされています。

シャローフェースで球をしっかり上げげくれて、ミスに対する強さも備わっていますので、フェアウェイウッドが苦手な方にとって、とても扱いやすいです。

スペック

番手 3 4 5 7 9
ロフト角 15° 16.5° 18° 20° 23°
ライ角 58° 58.5° 59° 59.5° 60°
ヘッド体積 185cc 174cc 162cc 147cc 136cc
長さ 43.25” 42.75” 42.25” 41.75” 41.25”

ゼクシオ12ハイブリッド

特徴・適合ゴルファー

ゼクシオでは数世代前からユーティリティではなく、ハイブリッドという名称になっています。

呼び方こそ変わりましたが、同じウッド系ユーティリティであることには変わりは無く、世代が違っても同じ感覚で扱いやすくなっています。

ハイブリッドにもアクティブウィングとリバウンドフレーム、そして、ウェイトプラステクノロジーが搭載されていて、安定した正確なスイングをしやすくなっています。

前作同様、四角いフェースで、フェースのトップラインはオフセットになっていますので、ウッド系ユーティリティではありますが、ややアイアンライクに構えやすくなっています。

スペック

番手 H3 H4 H5 H6
ロフト角 18° 20° 23° 26°
ライ角 59.5° 60° 60.5° 61°
ヘッド体積 129cc 128cc 126cc 124cc
長さ 40.75” 40.25” 39.75” 39.25”

ゼクシオ12アイアン

特徴・適合ゴルファー

ゼクシオ特有のパーツが細分化された構造で、ステンレスボディ、タングステンウェイト、チタンフェースなどが組み合わされています。

アイアンにも柔・剛の剛性の組み合わせ構造によるリバウンドフレームが採用されていて、撓み効果で飛距離が出やすくなっています。

ディスタンス系アイアンでありながら、ロフト角は7番で28°ありますので、飛距離が出せつつ、球もしっかりと上がりやすくなっています。

アイアンらしいグリーンを狙える弾道で、楽に振れてゴルフとしての楽しさが味わえるアイアンです。

スペック

番手 ロフト角 ライ角 カーボン スチール
5 22 61.5 38.25 38
6 25 62 37.75 37.5
7 28 62.5 37.25 37
8 32 63 36.75 36.5
9 37 63 36.25 36
PW 42 63.5 35.75 35.5
AW 48 63.5 35.75 35.5
SA 56 63.5 35.75 35.5

ゼクシオブレードパター(2022)

特徴・適合ゴルファー

ゼクシオ12と合わせて、高慣性モーメント設計のゼクシオブレードパターが発売となっています。

ちなみに、前作のゼクシオ11の時はマレットタイプでしたので、ゼクシオ12の今作では異なるタイプのパターといことになります。

ソールの左右にはタングステンニッケルウェイトが搭載されていて、ヘッドがブレにくい高慣性モーメント設計となっています。

スペック

  • ライ角:70°
  • 長さ:34インチ

ROGUE サブゼロ フェアウェイウッド 試打・評価・徹底解説

キャロウェイのROGUEサブゼロフェアウェイウッドについて取り上げます。

ROGUEサブゼロフェアウェイウッド

ROGUEはキャロウェイから2018年に発売のモデルです。前年はGBB EPICが発売されていますが、それとは異なるモデルです。

フェアウェイウッドにもJAIL BREAK テクノロジーを搭載

JAIL BREAKテクノロジーは、フェースの直ぐ後ろに2本の柱を設け、ヘッドの剛性を高め、無駄なたわみを抑えてくれます。

GBB EPICで登場したテクノロジーで、フェアウェイウッドにはROGUEで初めて搭載されています。

ヘッドが小振りになると搭載が難しくなるようですが、サブゼロは3番と5番のみのため、両方に搭載されています。

ウェイトはソール前方に1つ

サブゼロの代名詞的な特徴として、ウェイトはソールの前方に搭載されています。

ソール前側に重量負荷を掛けることで、低重心を保ちながら、重心深度を浅くしています。また、重心距離を短くする効果もありますので、スピン量を抑えるのに加えて、操作性も高められています。

極薄フェースとフェースカップで飛距離アップ

フェース素材にはカーペンター455スチールが採用され、極薄フェースとなっています。そして、フェースカップテクノロジーも採用されていて、センターヒット、オフセンターヒットに関わらず、ボール初速がアップします。

前重心・低重心設計

ROGUEサブゼロフェアウェイウッドは、前重心・低重心となっています。低重心による打ち出しが高くなり、前重心により低スピン効果が働き強い弾道が生み出されます。

ロフト角調整機能は搭載されていない

前年に発売のGBB EPICのサブゼロフェアウェイウッドには、可変スリーブが搭載され、ロフト角・ライ角の調整機能を有していました。

しかし、ROGUEサブゼロフェアウェイウッドでは、すっきりとしたペンシルネックとなっていまして、調整機能がありません。

一見、デメリットに思われる方もいるかもしれませんが、フェアウェイウッドでロフト角の調整が不要であれば、無い方がすっきりしていて構えやすく、余分な重量もありませんのえ、ツアープロでもペンシルネックを好むゴルファーがいます。

ROGUEサブゼロフェアウェイウッドの試打・評価

レアモデルのためか、ROGUEフェアウェイのサブゼロの試打動画は、殆どありませんでした。こちらは貴重な動画です。

ROGUEサブゼロフェアウェイウッドの試打・評価

ボディは、意外にもシャロー気味でしたね。想像以上にストレッチバックで、これにはちょっと驚きました。

ティアップしての試打ですが、球の上がりはまずまず。グングン前に行く強弾道でした。

打感は、ソリッド系。弾き感とボールのつぶれ感が、いい感じに混ざった感じでしたね。音は、やや低めに感じました。

引用:https://golftaiken.nikkansports.com/2018/06/14353.html

ROGUEサブゼロフェアウェイウッドのスペック

番手 3 5
ロフト角(°) 15 18
ライ角(°) 58.0 58.5
ヘッド体積(cc) 167 155
クラブ長さ (インチ) 43 42.5

番手は3(15°)、5(18°)の2種類です。ツアープロの使い方としては、2本ともバッグに入れるというより、例えば石川遼プロの場合は、ROGUEサブゼロフェアウェイの3番とXフォージド UT アイアン(21°)という組み合わせです。

ROGUEサブゼロフェアウェイウッドのシャフト

ROGUEサブゼロフェアウェイウッドは、当初、発売がありませんでしたが、キャロウェイ公式サイトにてCE扱いで掲載があります。

シャフトはSpeeder EVOLUTION for CW 50(S)とTour AD F-65(S)の2種類が掲載されています。

ヤマハ RMX VDシリーズ 2022の全モデルを一挙紹介!ドライバー・フェアウェイウッド・ユーティリティ・アイアン・ウェッジ

ヤマハから発売のRMX VDシリーズ(2022)について、全モデルの特徴・スペックを取り上げます。

RMX VDシリーズ 2022

出典:yamaha.com

ヤマハのアスリート向けブランド「RMX(リミックス)」から新たな2022年モデルがリリースとなっています。

クラブの種類は、ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアン、ウェッジまで一通りのクラブが揃っています。

「RMX」というブランド名に付された「VD」は、Vector(ベクトル)・Direction(方向)の略で、「直進安定性の分野でナンバー1になる」というヤマハの想いが込められています。

そして、今回のモデルは実際に慣性モーメントの大きさに拘っていて、アスリートモデルでありながら曲がらないクラブとなっています。

RMX VDシリーズドライバー

RMX VDシリーズのドライバーは、これまでのRMXと同様に2タイプあります。操作性を求めるか、寛容性とつかまりを求めるかで選択が分かれると思います。

RMX VDドライバー

特徴・適合ゴルファー

ヘッドに厚みがあり、ツアープロが好みそうなディープでオーソドックスなヘッド形状です。クラウンにはカーボン素材が用いられていて、更なる軽量化が図られ、より最適な重量配分が実現されています。

見た目には浅重心でスピンが抑えられそうでうが、程よくスピンが入り、また、慣性モーメントは約5,000g・cm2とアスリート向けモデルとしては大きめで、寛容性も適度に備わっています。

重心距離が短く、つかまりを抑えてありますので、思い切り叩きたい方、操作性を求める方に適しています。

スペック

  • ロフト角:9.5°、10.5°
  • ライ角:57°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.5インチ
  • 慣性モーメント:5,003g・cm2

RMX VD59ドライバー

特徴・適合ゴルファー

RMX VD59ドライバーは、ヘッドの奥行が深く取られていて、薄く長いシャロー形状のヘッドです。

深低重心で、慣性モーメントはルール上限に近い5,820g・cm2と極めて大きな値となっています。

重心角もRMX VDドライバーよりも大きく設定されていて、寛容性・直進性・球のつかまりに優れています。

フェアウェイキープ率を上げたい方、しっかりつかまえたい方に適しています。

スペック

  • ロフト角:9.5、10.5°
  • ライ角:59°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.5インチ
  • 慣性モーメント:5,820g・cm2

RMX VDシリーズフェアウェイウッド・ユーティリティ

ドライバーは2タイプに分かれていますが、フェアウェイウッドとユーティリティ は、それぞれ1タイプのみとなっています。

RMX VDフェアウェイウッド

特徴・適合ゴルファー

フェアウェイウッドは、チタンボディにカーボンクラウンと高比重金属ソールによる構造で、超低重心化となっています。

特にソールは3番で135gの重量があり、ヘッド全体の65%の重量にも及びます。

この思いきった重量配分により、高打ち出し・高初速・低スピンが実現され、飛距離性能に優れています。

スペック

番手 #3 #5 #7
ロフト角 15 18 21
ライ角 56 56.5 57
長さ 43 42.5 42

RMX VDユーティリティ

特徴・適合ゴルファー

ユーティリティはウッド型ではありますが、オフセットのあるネック形状、トゥ高の四角いフェースで、アイアンの様に打っていけるモデルとなっています。

飛距離を重視したフェアウェイウッドとは打って変わって、ユーティリティは重心が高めに設定されていますので、スピンがしっかり入って、グリーンで止めて狙いに行けます。

スペック

番手 #U4 #U5 #U6
ロフト角 22 25 28
ライ角 57.5 58 58.5
クラブ長さ 39.5 39 38.5

RMX VDシリーズアイアン・ウェッジ

RMX VDシリーズのアイアンは、前作のRMX020、120、220と同様に3タイプあります。ウェッジは1タイプです。

RMX VD40アイアン

特徴・適合ゴルファー

RMX VD40アイアンは、3タイプの中で最もソール幅が厚く、ロフトが立っていて、寛容性に優れています。

独特なネック形状により、ヒール側への重量配分もなされていて、アイアンでありながら慣性モーメントが4,000g・cm2を超える大きな値となっています。

ドライバーと同様に弾道がブレにくく、真っすぐ飛ばしたい方、高さよりも飛距離性能の方が欲しい方におすすめです。

スペック

番手 ロフト ライ角 クラブ長さ
#5 24 62.5 38.25
#6 27 62.75 37.75
#7 30 63 37.25
#8 34 63.25 36.75
#9 39 63.5 36.25
PW 44 63.75 35.75
AW 50 64 35.5
SW 56 64 35.25

RMX VDアイアン

特徴・適合ゴルファー

RMX VDアイアンは、RMX VD40アイアンと同様にポケットキャビティ構造ですが、マレージング鋼ではなくクロムモリブデン鋼が使われています。

ロフト角は7番で32°となっていて、飛距離性能を少し持たせつつ、しっかり球を上げてグリーンを狙いやすいスペックです。

スペック

番手 ロフト ライ角 クラブ長さ
#4 23 60.25 38.5
#5 26 60.5 38
#6 29 60.75 37.5
#7 32 61 37
#8 36 61.5 36.5
#9 40 62 36
PW 45 62.5 35.5

RMX VDツアーモデル アイアン

特徴・適合ゴルファー

RMX VD40、RMX VDは鋳造ですが、RMX VDツアーモデルは軟鉄鍛造アイアンです。軟鉄特有の打感が備わっていて、形状もうっすらキャビティー形状になっています。

とはいえ、トップブレードもソールも薄く、上級者に好まれる形状です。

7番のロフト角は34°となっていて、かなり寝ていますので、しっかり自分の力量で飛距離が出せる方で、弾道の操作性を求める方に適しています。

スペック

番手 ロフト角 ライ角 クラブ長さ
#4 24 60.25 38.25
#5 27 60.5 37.75
#6 30 60.75 37.25
#7 34 61 36.75
#8 38 61.5 36.25
#9 42 62 35.75
PW 46 62.5 35.25

RMX VDウェッジ

特徴・適合ゴルファー

ウェッジの命とも言えるスコアラインは、前作よりも1.5倍の深さとなっています。そして、ピッチを狭めて本数を増やし、エッジもより鋭角になっています。

スピン性能がアップしていて、様々な条件下でも安定したスピン性能を発揮しやすくなっています。

スペック

番手 51 57
ロフト角 51 57
ライ角 63.5 63.5
バンス角 7 16
クラブ長さ 35.25 35