SIM2レスキュー USモデルの特徴・違い

テーラーメイドのSIM2 レスキューのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

SIM2 レスキュー USモデル

ややアイアンライクなウッド型ユーティリティ

SIM2シリーズは、SIM2レスキューとSIM2 MAXレスキューで2本のレスキューがあります。

(写真上)SIM2レスキューの方は、ヘッド後方が丸みを帯びたウッド型でありながら、フェースのトゥ側が高くアイアンのようなフェース面となっています。

払い打ちよりも、打ち込んで行くタイプの方は、SIM2レスキューの方が扱いやすいと思いますが、

Vスチールソールにより振り抜けが良い

ソールには、フェアウェイウッドと同様にVスチールソールが採用されています。

地面との接地面積が小さく抑えられ、振り抜けがよくなっています。

ロフト角・ライ角の調整機能を搭載

SIM2レスキュー(写真左)は可変スリーブが搭載されていて、ロフト角・ライ角・フェース角の調整が可能となっています。

SIM2 レスキュー USモデルのスペック

番手 ロフト角 ライ角 長さ バランス
2 17° 56.5° 40.75″ D3
3 19.5° 57° 40.25″ D3
4 22° 57.5° 39.75″ D3

SIM2 レスキュー USモデルの標準シャフト

<日本モデル>

  • TENSEI SILVER TM70 (’21)
  • N.S.PRO 910GH

<USモデル>

  • Tensei AV Raw Blue

Fujikura Ventus Blue

硬さ 重量 トルク 打ち出し スピン
X 83g 3.1 中-少
S 80g 3.2 中-少
R 78g 3.3 中-少

SIM2 レスキューのUSモデルと日本モデルの違い

SIM2 MAX レスキューは、USモデルと日本モデルで番手やスペックに幾つか差がありましたが、SIM2レスキューの方は殆ど違いがありません。

番手は2~4番の3種類で同じ、基本スペックもライ角を除いて同じです。ライ角は、USモデルの方が0.5°アップライトになっています。

公式サイトで掲載されているシャフトについては、日本モデルは2種類、USモデルは1種類となっています。

SIM2 レスキュー USモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

USモデルの価格については、USモデル専門に取り扱いをしているフェアウェイゴルフさんの価格は26,249円です。日本モデルについては、アマゾンでの出品価格は27,280円です。

USモデルの方が1,000円ほど安く購入できるようです。

USモデルはネットで普通に購入できる

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


ブリヂストン Bシリーズ 2021の全モデルを一挙紹介!B1・B2 ドライバー・フェアウェイウッド

ブリヂストンから発売のBシリーズ(2021)について、全モデルの特徴・スペックを取り上げます。

Bシリーズ 2021

ブリヂストンから2021年にBシリーズがリリースされています。

従来までは、ツアーBというブランド名を冠していましたが、Bシリーズと言う名称となっています。

クラブの種類は、ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッドまであります。

213HFアイアンも同時期に発売となっていますが、こちらはツアーBとBシリーズのどちらの名も冠していません。

Bシリーズドライバー

Bシリーズのドライバーは、3種類あります。特徴からは、B1、B2の2種類に分かれますが、B1ドライバーの特徴を更に際立たせたモデルとして、B-Limited B1ドライバーがあります。

  • B-Limited B1ドライバー
  • B1ドライバー
  • B2ドライバー

B-Limited B1ドライバーは、アスリート向けの尖ったモデルとなりまして、主として直営店での取り扱いとなっていて、販路は絞られています。

B-Limited B1ドライバー

特徴

  • カスタム専用
  • プロ・上級者の要望に応えたプロトタイプを商品化
  • B1よりもつかまりを抑えてさらに強く叩ける

スペック

  • ロフト角:9.5°
  • ライ角:57°
  • ヘッド体積:460cc

B1ドライバー

特徴

  • 高次元のコントロールと直進性を両立
  • 風に負けない強弾道でイメージ通り狙って飛ばせる

スペック

  • ロフト角:9.5°、10.5°
  • ライ角:57°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.25インチ
  • シャフト:ツアーAD BS-6

B2ドライバー

特徴

  • 重心アングルを重視した集中加重デザイン
  • しっかりつかまえて、高弾道でやさしく飛ばせる

スペック

  • ロフト角:9.5°、10.5°
  • ライ角:59°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.25インチ
  • シャフト:Diamana BS50

Bシリーズフェアウェイウッド

Bシリーズのフェアウェイウッドは、2種類あります。

  • B1フェアウェイウッド
  • B2フェアウェイウッド

B1の方が小ぶりなヘッドとなっていて、B2は深重心で弾道がブレにくくなっています。

B1フェアウェイウッド

特徴

  • 狙ったところに自在に打ち出せる
  • ソールに配置したバックウエイトと前後加重により、タテ慣性モーメントが向上し、縦方向のブレを軽減
  • ソールセンターを硬くするパワーリブを配置し、直進性を追求

スペック

番手 3 5
ロフト角 15 18
ライ角 57 57.5
ヘッド体積 169 147
長さ 43 42.5
シャフト ツアーAD BS-6
硬さ S

B2フェアウェイウッド

特徴

  • 重心アングルとヨコ慣性モーメントを大きくし、オートマチックなつかまりと、ブレないヘッド
  • トゥ側を硬くするパワーリブを配置し、つかまりを追求
  • つかまりと慣性モーメントの最大化をデザイン

スペック

番手 3 5 7
ロフト角 15 18 21
ライ角 59 59.5 60
ヘッド体積 177 163 143
長さ 43 42.5 特注
シャフト Diamana BS50
硬さ S、SR、R

Bシリーズユーティリティ

Bシリーズのユーティリティは、フェアウェイウッドと同様に2種類あります。

  • B1 HYユーティリティ
  • B2 HYユーティリティ

B1 HYはディープヘッドで操作性に優れ、B2 HYは深重心で直進性と寛容性に優れています。

B1 HYユーティリティ

特徴

  • 直進性を追求し、適度なスピンでグリーンを外さない
  • ピンまでのイメージを再現する飛びを追求
  • ソールセンターを硬くするパワーリブを配置し、直進性を追求

スペック

ロフト角 18 21
ライ角 57.5 58
ヘッド体積 117 111
長さ 40.25 39.75
シャフト ツアーAD BS-6h
硬さ S

B2 HYユーティリティ

特徴

  • 重心アングルとヨコ慣性モーメントが大きくし、オートマチックにつかまり、ブレずに飛ばせる
  • トゥ側を硬くするパワーリブを配置し、つかまりを追求
  • ボールが上がりやすく、グリーンまで運べる

スペック

番手 H3 H4 H5 H6
ロフト角 19 22 25 28
ライ角 59.5 60 60.5 61
ヘッド体積 118 113 109 104
長さ 40.25 39.5 38.75
シャフト Diamana BS50h
硬さ S、SR、R

 

SIM2 MAXレスキュー USモデルの特徴・違い

テーラーメイドのSIM2 MAXレスキューのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

SIM2 MAXレスキュー USモデル

SIM2 MAXはウッド型のユーティリティ

写真上のSIM2レスキューと比較すると、写真下のSIM2 MAXレスキューは、よりウッド型に近い形状となっています。

ロングアイアンよりもフェアウェイウッドの方が楽に振れるという方は、SIM2 MAXレスキューの方が扱いやすく感じられると思います。

Vスチールソールにより振り抜けが良い

往年の名器と言われているVスチールのソール形状が採用されていて、芝との接地面積が抑えられ、振り抜けがよくなっています。

ロフト角・ライ角の調整機能は未搭載

SIM2レスキューには可変スリーブが搭載され、ロフト角・ライ角の調整機能が搭載されています。一方、SIM2 MAX レスキューの方は調整機能が搭載されていません。

シャフトに可変スリーブがありませんので、ネックがすっきりして見えます。

SIM2 MAXレスキュー USモデルのスペック

番手 ロフト角 ライ角 長さ バランス
3 19° 60° 40.75″ D3
4 22° 60.5° 40.25″ D3
5 25° 61° 39.75″ D3
6 28° 61.5° 39.25″ D3
7 31° 62° 38.75″ D3

SIM2 MAXレスキュー USモデルの標準シャフト

<日本モデル>

  • TENSEI BLUE TM60 (’21)
  • KBS MAX MT85 JP

<USモデル>

  • Fujikura Ventus Blue

Fujikura Ventus Blue

硬さ 重量 トルク 打ち出し スピン
S 76g 2.8 中-高 中-多
R 66g 3
A 56g 3.4 中-多

SIM2 MAXレスキューのUSモデルと日本モデルの違い

SIM2 MAXレスキューは、USモデルと日本モデルで幾つか違いがあります。

まずクラブの種類ですが、USモデルでは3~7番まで5種類ありますが、日本モデルでは3~6番までの4種類です。USモデルのみ7番(31°)があります。

次にスペックですが、ライ角はUSモデルの方が3°アップライトになっていて、クラブ長さはUSモデルの方が0.5インチ長尺になっています。ここまでスペックが異なるモデルも珍しいため、日本モデルとUSモデルで比較検討される方は、スペックの違いも踏まえましょう。

公式サイトで掲載されているシャフトについては、日本モデルは2種類、USモデルは1種類となっています。

SIM2 MAXレスキュー USモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

USモデルの価格については、USモデル専門に取り扱いをしているフェアウェイゴルフさんの価格は26,249円です。日本モデルについては、アマゾンでの出品価格は27,280円です。

USモデルの方が1,000円ほど安く購入できるようです。

USモデルはネットで普通に購入できる

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


EPIC MAX FASTシリーズ 2021の全モデルを一挙紹介!

キャロウェイから発売のEPIC MAX FASTシリーズ(2021)について、全モデルの特徴・スペックを取り上げます。

EPIC MAX FASTシリーズ

キャロウェイから発売のEPIC MAX FASTシリーズは、2021年のEPICに後から追加されたモデルです。

EPICは、大きくSPEEDとMAXに分かれていて、そのMAXの軽量版がEPIC MAX FASTです。

ドライバーで言えば、EPIC MAXよりもEPIC MAX FASTの方が約18gほど軽くなっていますので、楽に振ることができます。

EPIC MAX FASTドライバー

特徴

  • EPIC MAXドライバーのヘッドをベースに開発した軽量モデル
  • AIが新たに専用設計したFLASHフェースSS21を搭載
  • JAILBREAK AI スピードフレームがエネルギーロスを軽減
  • ペリメーター・ウェイトで弾道調整が可能
  • EPIC MAXドライバーとは異なるWhite PVD仕上げ

スペック

  • ロフト角:9.5、10.5、12.0°
  • ライ角:59.5°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.75インチ
  • フレックス:S、SR、R
  • クラブ重量:272g(S)、270g(SR)、269g(R)

EPIC MAX FASTフェアウェイウッド

特徴

  • EPIC MAXフェアウェイウッドのヘッドをベースに開発した軽量モデル
  • AIが全番手別に設計したFLASHフェースSS21
  • AIが解析・設計し、間隔を開けて設置された2本のブレード
  • 地面にピッタリのリーディングエッジで、ボールを拾いやすく
  • EPIC MAXフェアウェイウッドとは異なるホワイトPVD仕上げく

スペック

番手 3 5 7
ヘッド体積 179 153 144
ロフト角 15 18 21
ライ角 57 57.5 58
クラブ長さ 43 42.5 42

EPIC MAX FASTユーティリティ

特徴

  • フェアウェイウッドのようなヘッド形状を持つ、軽量モデル
  • AIが全番手別に設計したFLASHフェースSS21
  • フェースのたわみ量を最大化するJAILBREAK AI ベロシティブレード
  • 2本のブレードでボール初速が向上し、スピン、方向性も安定
  • エクストリーム・タングステンウェイトで、ミスに強く、高弾道も実現
  • フェース面とのコントラストがはっきり仕上げられたホワイト PVD仕上げ

スペック

番手 3 4 5 6 7
ヘッド体積 140 135 131 127 124
ロフト角 17 20 23 26 29
ライ角 58.5 59 59.5 60 60.5
クラブ長さ 40.5 40 39.5 39 38.5

EPIC MAX FASTアイアン

特徴

  • 大型ヘッドに、飛びとやさしさの中空構造を採用
  • FLASHフェースカップが、ボールを最適な角度で強力に押し出す
  • 驚きの重量を誇るタングステン・エナジー・コアを搭載
  • ウレタン・マイクロスフィアが高初速と心地良さを両立

スペック

番手 ロフト角 ライ角 クラブ長さ
6 24 61 38
7 26 61.5 37.5
8 29 62 37
9 33 62.5 36.5
PW 38 63 36
AW 43 63.5 35.75

EPIC MAX FASTシリーズの発売日・発売価格

LSシリーズの発売日は、2021年8月12日です。

<発売価格>

  • ドライバー:84,700円
  • フェアウェイウッド:46,200円
  • ユーティリティ:41,800円
  • アイアン:5本セット(7~9番、PW、AW)は176,000円、単品(6番)は35,200円

タイトリストのT100アイアン、T100Sアイアン、T200アイアン、U・505ユーティリティのツアーシーディング開始!

タイトリストの本国アメリカの公式サイトでニューモデルのツアーシーディングに関する情報が発表されました。

2020年後期にはTSiシリーズのウッド系がリリースされていますので、2021年はいよいよアイアン系の出番です。

4機種のツアーシーディングがスタート

出典:titleist.com

タイトリストの本国の公式サイトにて、T100アイアン、T100Sアイアン、T200アイアン、U・505ユーティリティのツアーシーディングが始まったことが発表されています。

T100、T100S、T200アイアンは、現行モデルと同じ名前ですので、後継モデルということになります。

もう一つ、U505アイアンと紹介されていますが、現行モデルでU500、U510というユーティリティアイアンがありますので、U505もユーティリティのようです。

T100アイアンとT100Sアイアンは、大幅にデザイン変更

現行のT100、T100Sアイアンは、ほんのりキャビティー形状が施されていますが、ヘッドサイズがコンパクトで、ソール・トップラインが薄く、操作性のあるアスリートライクなアイアンモデルです。

新しい2021年版のT100アイアンは、デザインがすっきりとしたデザインになっていて、バックフェースの打点付近の高さがトゥからヒールに掛けて厚みを持たせた形状になっています。

今までに見たことの無いような形状になっていまして、内部構造か重心設計で工夫が凝らされているように見えます。

T100Sアイアンの方は、外観が同じため、現行モデルと同じくフェースを立てたストロングタイプになっているようです。

T200アイアン

T200アイアンは、上記のツイートの3枚目に登場します。現行モデルは、バックフェースに丸い目玉のようなものがあり、やや仰々しい外観ですが、2021年のT200アイアンは、こちらの方がよりアスリート向けかと見まがうほどすっきりとしています。

ぱっと見はマッスルバックのような外観ですが、厚みがある程度あるように見えますので、中空構造が踏襲されている可能性が高そうです。

U・505ユーティリティ

U505アイアンは、現行モデルのU500、U510と似通っていて、バックフェースは全体的にしっかりと厚みがあります。

中空形状のユーティリティアイアンとみて良いでしょう。

ツアーシーディングということなので、恐らくU500ユーティリティの後継ということになるのではないかと思います。

その他のモデルは今後のは発表待ち

Tシリーズアイアン、Uユーティリティの2021年モデルについて、取り上げました。

現行モデルとラインナップを比べてみると、T300アイアン、T400アイアン、そして、U515ユーティリティの登場が期待されるところです。

特にT400アイアンは、Tシリーズでは最後に発売されたモデルで、思い切ったストロングロフトで現在のアイアンに求められるニーズに沿っています。

ウッド系のTSiシリーズでも、TSi1のモデルをフェアウェイウッド、ユーティリティウッドにまでに広げていて、アスリート向けシリーズの中にやさしいモデルを増やしていく方向性が見えてきます。

恐らく、T300、T400といったモデルは、アマチュアゴルファーの幅広いニーズを捉える上では重要なモデルだと思いますので、TSi1のように少し遅れたタイミングで発売されるのではないかと思います。