タイトリストのT100アイアン、T100Sアイアン、T200アイアン、U・505ユーティリティのツアーシーディング開始!

タイトリストの本国アメリカの公式サイトでニューモデルのツアーシーディングに関する情報が発表されました。

2020年後期にはTSiシリーズのウッド系がリリースされていますので、2021年はいよいよアイアン系の出番です。

4機種のツアーシーディングがスタート

出典:titleist.com

タイトリストの本国の公式サイトにて、T100アイアン、T100Sアイアン、T200アイアン、U・505ユーティリティのツアーシーディングが始まったことが発表されています。

T100、T100S、T200アイアンは、現行モデルと同じ名前ですので、後継モデルということになります。

もう一つ、U505アイアンと紹介されていますが、現行モデルでU500、U510というユーティリティアイアンがありますので、U505もユーティリティのようです。

T100アイアンとT100Sアイアンは、大幅にデザイン変更

現行のT100、T100Sアイアンは、ほんのりキャビティー形状が施されていますが、ヘッドサイズがコンパクトで、ソール・トップラインが薄く、操作性のあるアスリートライクなアイアンモデルです。

新しい2021年版のT100アイアンは、デザインがすっきりとしたデザインになっていて、バックフェースの打点付近の高さがトゥからヒールに掛けて厚みを持たせた形状になっています。

今までに見たことの無いような形状になっていまして、内部構造か重心設計で工夫が凝らされているように見えます。

T100Sアイアンの方は、外観が同じため、現行モデルと同じくフェースを立てたストロングタイプになっているようです。

T200アイアン

T200アイアンは、上記のツイートの3枚目に登場します。現行モデルは、バックフェースに丸い目玉のようなものがあり、やや仰々しい外観ですが、2021年のT200アイアンは、こちらの方がよりアスリート向けかと見まがうほどすっきりとしています。

ぱっと見はマッスルバックのような外観ですが、厚みがある程度あるように見えますので、中空構造が踏襲されている可能性が高そうです。

U・505ユーティリティ

U505アイアンは、現行モデルのU500、U510と似通っていて、バックフェースは全体的にしっかりと厚みがあります。

中空形状のユーティリティアイアンとみて良いでしょう。

ツアーシーディングということなので、恐らくU500ユーティリティの後継ということになるのではないかと思います。

その他のモデルは今後のは発表待ち

Tシリーズアイアン、Uユーティリティの2021年モデルについて、取り上げました。

現行モデルとラインナップを比べてみると、T300アイアン、T400アイアン、そして、U515ユーティリティの登場が期待されるところです。

特にT400アイアンは、Tシリーズでは最後に発売されたモデルで、思い切ったストロングロフトで現在のアイアンに求められるニーズに沿っています。

ウッド系のTSiシリーズでも、TSi1のモデルをフェアウェイウッド、ユーティリティウッドにまでに広げていて、アスリート向けシリーズの中にやさしいモデルを増やしていく方向性が見えてきます。

恐らく、T300、T400といったモデルは、アマチュアゴルファーの幅広いニーズを捉える上では重要なモデルだと思いますので、TSi1のように少し遅れたタイミングで発売されるのではないかと思います。

PRGR LSシリーズ 2021の全モデルを一挙紹介!

PRGRから発売のLSシリーズ(2021)について、全モデルの特徴・スペックを取り上げます。

LSシリーズ

PRGRから発売のLSシリーズは、これまでのRSシリーズ、eggシリーズとは異なる新たなシリーズです。

アマチュアゴルファーのヘッドスピードの平均が40m/s前後であり、このゴルファー層が飛距離を更に伸ばすために最適なゴルフクラブがLSシリーズです。

ドライバーに関して言えば、飛距離を伸ばすための仕組みは、18°の高打ち出しと2000rpmの低スピンです。

ドライバーだけでなくフェアウェイウッド、ユーティリティも同じ考え方で開発されています。

LSドライバー

特徴

  • ヘッドスピード40m/s 前後のゴルファーがターゲットで、高弾道、低スピンにより、最大飛距離の弾道を打ちやすく設計されています。
  • ソールの下に搭載された新構造のD.B.ソールにより、重量が深く低く配分され、球の上がりやすさ、つかまり、低スピンが実現されます。
  • 高精度のCNCミルドカップフェースが採用されていて、安定したスピン量に加えて、フィーリング面でも快適な打音・打感が備わっています。

スペック

  • ロフト角:10.5、11.5°
  • ライ角:59.5°
  • フェース角:0°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.75インチ
  • フレックス:S、SR、R
  • クラブ重量:287g(S)、283g(SR)、281g(R)

LSフェアウェイウッド

特徴

  • ドライバーと同様に、ヘッドスピード40m/s 前後のゴルファーがターゲット。
  • 高初速、高弾道、適正スピンで飛距離を最大化。
  • 低重心と最適ロフト設計により、球をしっかり上げ、キャリーで飛ばせる。
  • 3番、5番共に42.5インチに揃えた1レングス設計が採用され、同じ感覚で打ちやすくなっている。
  • ロフト角が一般的なものより大きく、球が上って大きく飛ばしやすくなっている。

スペック

番手 3W 5W
ロフト角(°) 16.5 20
体積(cc) 186 182
フェース角(°) -2
ライ角(°) 59
長さ(インチ) 42.5

LSユーティリティ

特徴

  • ドライバー、フェアウェイウッドと同様に、ヘッドスピード40m/s 前後のゴルファーがターゲット。
  • 高初速、高弾道、適正スピンで飛距離を最大化。
  • 低重心と最適ロフト設計により、球をしっかり上げ、キャリーで飛ばせる。
  • 4番、5番共に40インチに揃えた1レングス設計が採用され、同じ感覚で打ちやすくなっている。
  • ロフト角が一般的なものより大きく、球が上って大きく飛ばしやすくなっている。

スペック

番手 4UT 5UT
ロフト角(°) 23 27
体積(cc) 133 128
フェース角(°) -3
ライ角(°) 60
長さ(インチ) 40

LSシリーズの発売日・発売価格

LSシリーズの発売日は、2021年6月25日です。

<発売価格>

  • ドライバー:96,800円
  • フェアウェイウッド:52,800円
  • ユーティリティ:44,000円

カタナゴルフ NINJAシリーズの2020年モデルを一挙紹介!

カタナゴルフから2020年に発売のNINJAシリーズについて、全モデルのラインナップを取り上げます。

NINJA Hi・Hi PLUSドライバー 2020

KATANA NINJAシリーズのドライバーは、ルール上限を超える485ccのルール不適合モデル、いわゆる高反発モデルです。

ルール不適合ということで、公式な競技に出場される方は使うことができませんが、仲間内とのラウンドなど、普段のプレーでは問題無く使用できます。

ドライバーは1種類ではなく、オフセットの有り無しの違いがある2種類のモデルがあります。

左はノーマルなタイプのNINJA Hiドライバーです。つかまり過ぎることなく、思い切り叩きに行けます。

右はオフセットがあるタイプのNINJA Hi PLUSドライバーです。トップラインが奥に下がっている分、ボールのつかまりが良くなりますので、スライスが抑えられ、強い球が出ます。

ロフト角 9.5° 10.5°
ライ角 58.5° 59.5°
ヘッド体積 485cm3
クラブ長 46インチ
クラブ重量 304g 297g 293g 292g
フレックス S SR R R2
シャフト重量 53g 45.5g 43g 42g
トルク 5.4 6.2 7.2 7.2
バランス D3 D2 D1 D1
キックポイント 先中調子

NINJA フェアウェイ・NINJA フェアウェイ PLUS 2020

フェアウェイウッドもドライバーと同様にオフセットの有無で2種類のモデルがあります。

こちらはノーマルな方のNINJA FWです。

オフセットが無く、つかまりが抑えられるタイプですが、ヘッド形状は後方の最深部がセンターよりヒール寄りにあり、つかまりを持たせたヘッド形状となっています。

こちらはオフセットがある方のNINJA FW PLUSです。

フェースが飛球線方向に対して後ろに下がっていますので、インパクトまでにヘッドを返しやすく、よりボールをしっかりつかまえやすくなっています。

番手 3 5
ヘッド体積 190cm3 158cm3
ロフト角 15° 18°
ライ角 58° 58.5°
フェース角 H2.5
クラブ長 43インチ 42.5インチ
クラブ重量 312g(R) 317g(R)
シャフト オリジナル フジクラSpeeder 378
EVOLUTION
フレックス S SR R R2
シャフト重量 50g 43g 40.5g 40g
トルク 5.2 6.1 7 7
バランス D3 D2 D1 D1
キックポイント 先中調子

NINJA UT 2020

ユーティリティは1種類のみです。

フェース上部のトップラインは、上から見るとシャフトの中心軸のあたりにあり、オフセットを持たせた形状となっています。

ドライバーとフェアウェイウッドのネーミングからすると、NINJA UT PLUSと言う名前でも良さそうなモデルです。

番手 4 5
ヘッド体積 126cm3 119cm3
ロフト角 21° 24°
ライ角 59° 59°
フェース角 H1.0
クラブ長 41インチ 40.5インチ
クラブ重量 324g(R) 326g(R)
フレックス SR R
トルク 4.5 4.5
バランス D2 D1
キックポイント 先中調子

NINJA アイアン 2020

アイアンは、キャビティタイプのNINJA アイアン、中空構造のNINJA ハイブリッドアイアンの2種類あります。

NINJA アイアン

NINJAアイアンは、低重心設計が徹底されていて、球が上りやすいのが特徴です。

7番アイアンのスペックはロフト角28°とストロングロフトですが、長さは37インチと標準的なため、楽に扱えます。

番手 6 7 8 9 PW 48 52 58
ロフト角 25° 28° 32° 37° 42° 48° 52° 58°
ライ角 62.25° 62.75° 63.25° 63.75° 64° 64° 64° 64°
クラブ長 37.5インチ 37インチ 36.5インチ 36インチ 35.5インチ 35インチ 35インチ 35インチ
フレックス SR R
クラブ重量(±) 395g(#7) 393g(#7)
トルク(±) 4.2
バランス(±)R D0 D1 D2 D3
バランス(±)SR D1 D2 D3
キックポイント 先中調子

NINJA ハイブリッドアイアン

NINJA ハイブリッドアイアンは、中空構造で飛距離性能に優れています。

7番アイアンのスペックは、ロフト角こそ28°でNINJAアイアンと同じでストロングロフトですが、長さは38インチと1インチ長くなっています。

長尺に慣れている方であれば、その分、回転半径が大きいことでヘッドスピードが速まり、より飛距離性能を高めることができます。

番手 6 7 8 9 PW AW SW
ロフト角 25° 28° 32° 37° 42° 48° 56°
ライ角 62.25° 62.75° 63.25° 63.75° 64.0° 64.0° 64.0°
クラブ長 38.5インチ 38インチ 37.5インチ 37インチ 36.5インチ 36インチ 35.5インチ
フレックス SR R
クラブ重量(±) 387g(#7) 385g(#7)
トルク(±) 4.2
バランス(±)R D0 D1 D2
バランス(±)SR D1 D2 D3
キックポイント 先中調子

inpres インプレス UD+2 2021の全モデルを一挙紹介!

ヤマハから発売のインプレス UD+2シリーズの2021年モデルについて、ツアーワールドGSシリーズについて、全モデルの特徴・スペックについて取り上げます。

インプレス UD+2 2021シリーズ

ヤマハのインプレス UD+2シリーズは、初代の2017年モデルがヒットし、ヤマハの人気シリーズの一つです。

特にアイアンはストロングロフトの「+2番手の飛び」という分かりやすいキャッチフレーズで、アイアンで飛距離を求めるゴルファーのニーズをつかみました。

ウッドについても、大きな重心角によるスライス改善を分かりやすくアピールしていて、こちらも人気商品となっています。

3代目となる2021年モデルも、コンセプトは変わらず、ドライバーは大きな重心角、アイアンはストロングロフトで、アベレージゴルファーのど真ん中の悩みにストライクなモデルとなっています。

inpres UD+2ドライバー 2021

特徴

スライス改善に効果を発揮してくれる重心角は、33°から34.5°に更に大きくなっています。

また、慣性モーメントも4,650g・cm2から5,020g・cm2に大幅にアップしていますので、寛容性が高く、左右のブレが抑えられた直進性の高い弾道となっています。

スペック

  • ロフト角:9.5、10.5°
  • ライ角:61°
  • フェース角:0°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.75インチ
  • クラブ重量:279g(SR)

https://golf-club-news.com/3882/inpres-%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%b9-ud2-%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc2021-%e8%a9%a6%e6%89%93%e3%83%bb%e8%a9%95%e4%be%a1%e3%83%bb%e5%be%b9%e5%ba%95%e8%a7%a3%e8%aa%ac/

inpres UD+2フェアウェイウッド 2021

特徴

ドライバーと同様に重心角と慣性モーメントが大きく、つかまって曲がらない弾道が特徴です。

特に3番ウッドでは、ソールに高比重合金が採用されていますので、球が上りにくいという方にオススメです。

スペック

番手 3 5 7 9
ロフト角 14.5 17 19 21.5
ライ角 58 58.5 59.0 59.5
フェース角 0 0 0 0
ヘッド体積 189 164 150 138
クラブ長さ 43.5 42.75 42.25 41.75
クラブ重量(SR) 291 297 301 305

inpres UD+2ユーティリティ 2021

特徴

ユーティリティもドライバーと同様に重心角と慣性モーメントが大きく、つかまって曲がらない弾道が特徴です。

ヘッド形状はウッド型で、ドライバー、フェアウェイウッドからのつながりを重視する方にも適しています。

また、ロングアイアンが苦手と言う方にも、フェアウェイウッドの7番・9番も含めて、このレンジの選択肢を増やしてくれます。

スペック

番手 U4 U5 U6
ロフト角 19 21.5 24
ライ角 59.5 60.0 60.5
フェース角 0 0 0
ヘッド体積 126 126 126
クラブ長さ 40.5 40.0 39.5
クラブ重量(SR) 314 318 323

inpres UD+2アイアン 2021

特徴

前作・前々作と変わらず超ストロングロフト仕様が特徴のアイアンです。

7番アイアンのスペックは、ロフト角が25°と強烈にフェースが立っていて、長さは38インチで長尺です。

ロフトが立つことで、前に強く飛ぶ力が強く飛距離が出ますので、アイアンに飛距離を最優先に求める方には、とても適したスペックです。

なお、長尺に不安感がある方、弾き系の打感が得意ではない方は、一度、一度、試打されることをオススメします。

スペック

番手 ロフト角 ライ角 長さ
5 21 60.75 39
6 23 61 38.5
7 25 61.25 38
8 28 61.5 37.5
9 32 61.75 37
PW 37 62.25 36.5
AW 42 62.75 36
AS 48 62.75 36
SW 55 63.25 35.75

インプレス UD+2 2021の発売日

インプレス UD+2シリーズの3代目となる2021年バージョンの発売日は、2020年10月6日です。

<発売価格>

  • ドライバー:88,000円
  • フェアウェイウッド:50,600円
  • ユーティリティ:41,800円
  • アイアン:4本セット(7~PW)は105,600円、単品(5、6、AW、AS、SW )は26,400円

https://golf-club-news.com/3882/inpres-%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%b9-ud2-%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc2021-%e8%a9%a6%e6%89%93%e3%83%bb%e8%a9%95%e4%be%a1%e3%83%bb%e5%be%b9%e5%ba%95%e8%a7%a3%e8%aa%ac/

 

PRGR Carrys Qの全モデルを一挙紹介!発売日も決定

PRGRから発売のCarrys Qについて、全モデルのラインナップ・発売日・発売価格について取り上げます。

Carrys QとQ

※左がCarrys Q、右がQ

PRGRから2018年にQ(フェアウェイウッド、ユーティリティ)が発売されています。そして、2021年にCarrys Q(フェアウェイウッド、ユーティリティ)が新たに発売となっています。

※出典:https://www.prgr-golf.com/product/utility/20-q.html

RSともeggとも異なるQは、Carrys Qが追加されたことで、位置づけ・クラブ間の繋がりがどのようになるのかが気になるところです。

飛距離で捉えると、Carrys Qは、既存のQよりもう少し上のレンジで、概ねフェアウェイウッドの領域をカバーしています。

Qの方は、ソールが船底のような三角形状になっていて、ラフや傾斜地でも対応しやすい形状でした。

今回のキャリーズQは、正面から見ると平べったい形状になっていて、Qとは対照的な形状となっています。

公式サイトでも「平らなフェアウェイでヘッドが滑るように走り、抜けがいい」と説明されていますので、適した場面の違いが分かります。

PGRG Carrys Qの公式動画

こちらの動画はPRGRによるキャリーズQの公式動画です。

既存のQと新商品のCarrys Qの両方が登場しますので、使い分け、位置付けなどが分かります。

Carrys Qも大きく2種類に分かれている

Qと同様に、上の2番手と下の2番手で、形状が異なっています。

Q3+、Q3

Q3+とQ3は、ヘッドが極端に平べったい形状となっています。

ソールはテーラーメイドのVスチールと似た形状で、芝との接地面積が抑えられ、振り抜けの良さを発揮してくれそうです。

番手 Q3+ Q3
ロフト角 16.5° 19°
ライ角 58° 58°
フェース角 2.5° 4.0°
長さ 42インチ 41.5インチ
バランス D0 D0

Q4、Q5

Q4とQ5は、先程のQ3+、Q3よりもディープで重心が浅めになっています。

番手 Q4 Q5
ロフト角 20° 24°
ライ角 59° 59.5°
フェース角 3.0° 3.0°
長さ 39.5インチ 39インチ
バランス D0 D0