BIG BERTHA B21ドライバー USモデルの特徴・違い

キャロウェイのビッグバーサ B21ドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

ビッグバーサ B21ドライバー USモデル

ドローバイアス設計でスライス軽減

出典:callawaygolf.com

ビッグバーサ B21ドライバーのヘッド内部には、ドローバイアスウェイトが搭載されています。スライスに悩むゴルファーにとって、最適な重心設計となっています。

さらに、ビッグバーサB21ドライバーは、スピン量が抑えられる設計になっていますので、ミスヒットによる無駄なスピンが大きく発生するのが抑えられ、より直進性の高い弾道で飛ばすことができます。

フラッシュフェースSS21を搭載

MAVRIKシリーズに搭載されているAIデザインにより設計されたフェース、フラッシュフェースSS21は、ビッグバーサB21シリーズにも採用されています。

ジェイルブレイクテクノロジーも搭載

キャロウェイのここ数年のドライバーには、GBB EPICで初めて搭載されたJAIL BREAKレクノロジーが搭載されており、ビッグバーサ B21ドライバーにも同様に搭載されています。

無駄な撓みが抑えられ、インパクトエネルギーが効率的にボールスピードに変換されます。

ビッグバーサ B21ドライバーUSモデルのスペック

  • ロフト角:9、10.5、12°
  • ライ角:60°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.75インチ

標準シャフト

  • Callaway RCH 45 Graphite
  • Callaway RCH 55 Graphite
  • Callaway RCH 65 Graphite

Callaway RCH 45 Graphite

フレックス シャフト重量 トルク 調子
Light 45 high low
Regular 45 high low

Callaway RCH 55 Graphite

フレックス シャフト重量 トルク 調子
Light 55 high low
Regular 55 mid low-mid
Stiff 55 mid mid

Callaway RCH 65 Graphite

フレックス シャフト重量 トルク 調子
Regular 65 mid mid
Stiff 65 low-mid mid

ビッグバーサ B21ドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

まずモデル名ですが、USではBig Bertha B21ですが、日本ではBib Berthaとなっています。日本では名称に「B21」が付いていませんが、映像を見る限り同じモデルです。

スペックについては、日本モデルはロフト角が10.5°のみですが、USモデルは9、10.5、12°の3種類となっていて、選択肢が広くなっています。

標準シャフト装着時のクラブ長さにも違いがありまして、日本モデルは45.5インチ、USモデルでは45.75インチとなっています。

シャフトは日本モデルではSpeeder EVOLUTION for Callawayが標準シャフトですが、前述の通りUSモデルでは異なるシャフトとなっていて、フレックスだけでなく、3つの重量帯から選ぶことができます。同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。このあたりを考慮すると、普段より1つ柔らかめを選択すると良いでしょう。

ロフト角と合わせて考えると、USモデルの方がスペックの選択肢が多く、日本はある程度、対象ゴルファーを絞り込んだ形になっています。

ビッグバーサ B21ドライバーUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

そして、ビッグバーサB21ドライバーについては、USモデルも日本モデルも日本国内の大手ショッピングサイトにて購入することができます。

当記事執筆時点の出品価格は、USモデルで5~6万円、日本モデルえ6~9万円となっています。USモデルの方が安く購入できるようです。

USモデルはネットで普通に購入できる

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


キャロウェイ EPIC MAXドライバー 2021

キャロウェイのEPIC MAXドライバーの写真が出ていて、2021年のニューモデルではないかと話題になっています。

時期的にも例年、ニューモデルの情報が出始める頃です。

キャロウェイもテーラーメイドもティザーを上手に使ってきますが、今回は普通に映像が出てきたように見えます。

EPIC MAXドライバー

ソールには「EPIC MAX」と記載されていますので、これがモデル名だと思われます。

これまでのEPIC FLASH、GBB EPICとは明らかにデザインが違いますので、これら2つとは別のモデル、つまり、新作の可能性が高いと思います。

なお、ルール適合リストにはまだ掲載がありませんので、公式情報は確認できていません。

JAIL BREAK SPEED FRAME

EPIC MAXドライバーには、JAIL BREAKが搭載されていますが、これまでのものとは明らかな違いがあります。

ソール面に柱を装着した部分が見えるのですが、従来の2本から4本になっています。外側2本が太く、内側2本が細くなっています。

テクノロジー名に「SPEED」と入っていますので、ヘッドの余計な変形を抑えて、インパクトエネルギーをボールスピードに転嫁する効率が上がっているものと思われます。

ウェイト調整機能

ヘッドの後ろには、ウェイトをトゥ・ヒールに移動させる仕組みが見えます。

EPIC FLASHにも搭載されている重心調整機能で、弾道をドロー・フェードに切り替えることができるようです。

 

X-FORGED CBアイアンの最新情報!発売日・発売価格・スペック

キャロウェイから発売のXフォージド CBアイアンについて、最新情報・発売日などを取り上げます。

Xフォージド CBアイアンについて

キャロウェイから、新たなアイアン「Xフォージド CBアイアン」が発売となっています。

2018年はX-FORGEDアイアン、2019年にはX-FORGEDスターアイアンがリリースされていまして、2020年はX-FORGED CBという名称です。2020年モデルだけがキャビティーかと思えるネーミングですが、2018年、2019年のモデルもキャビティー形状です。

4ピース構造により寛容性をアップ

これまでのXフォージドは、軟鉄鍛造の1ピース構造でしたが、Xフォージド CBアイアンは4ピース構造が採用されています。

その内の2ピースは、ヘッド内部とバックフェースのタングステンウェイトで、内部ウェイトにより重心位置をフェースセンターにし、バックフェースのウェイトにより低重心化とスイートエリアの拡大が図られています。

1ピース構造では実現できなかったミスへの寛容性が備わっています。

食い付くような打感を実現

一枚物でない場合、打感が気になるところですが、Xフォージド CBアイアンは、打点エリアの周辺が肉厚に設計されています。

これが軟鉄ボディと組み合わさることで、プロが好む食いつくような打感が実現されています。

コントロースしやすいキャビティアイアン

キャビティアイアンは、フェース周辺を肉厚にして寛容性を上げる意図がある構造のため、ソールも厚くするタイプが多くいですが、Xフォージド CBアイアンは、ソールが薄めで球筋を打ち分けられそうなヘッド形状となっています。

ネックはややグースが入ったネックに見えますが、FPは大きくないため、操作性を求めるゴルファーに適しています。

Xフォージド CBアイアンのスペック

番手 長さ (インチ) ロフト角(°) ライ角(°)
3 39 20 60
4 38.5 23 60.5
5 38 26 61
6 37.5 29 61.5
7 37 33 62
8 36.5 37 62.5
9 36 41 63
PW 35.75 45 63

クラブセッティングは3番からPWまであります。7番アイアンのロフト角は33°で、球が上りやすくターゲットをタイトに狙いに行けるアイアンです。

シャフトのラインナップは、公式サイトで3種類紹介されています。

  • DYNAMIC GOLD S200(S)
  • N.S.PRO MODUS3 TOUR 120(S)
  • N.S.PRO 950GH NEO(S)

Xフォージド CBアイアンの発売日・発売価格

XフォージドCBアイアンの発売日は、2020年10月23日です。発売価格は、6本セットが144,000円+税、単品が24,000円+税です。

MACK DADDY(マックダディ) CB ウェッジの最新情報|発売開始は2020年9月

キャロウェイから発売のMACK DADDY CB ウェッジについて取り上げます。

マックダディ CB ウェッジ の外観と特徴


こちらがキャロウェイから発売のマックダディ CBウェッジです。ウェッジでは、通常、スピン性能、抜けの良さが特徴として強調されますが、ウェッジとしては珍しく、キャビティーバック形状が採用されています。

アイアンからのつながりが良い大型ヘッドを採用

マックダディ CBウェッジは、ヘッドが大型で、ここ数年で人気となっているディスタンス系アイアンの大型ヘッドに対応しています。

アイアンからウェッジへのつながりが良くなり、違和感なく使いやすくなっています。

キャビティー形状によりミスヒットに強い

ウェッジでは珍しいキャビティーバック形状が採用されています。

フェース周辺に重量外配分されることで、慣性モーメントが高くなりますので、ミスショットに対する許容性に優れています。

ドライバーと違って、ウェッジは様々なコンディションで使われますので、芯で捉えるのが難しいケースが多いクラブです。打点のバラつきに悩んでいる方には、おすすめのヘッド形状です。

フルフェーススコアラインを採用

フルフェーススコアラインが採用され、ほぼフェース前面にスコアラインが施されています(54°以降の番手)。

特にトゥ側はギリギリまでスコアラインがありますので、フェースの先で捉えた場合でも、スピンが掛かりやすくなっています。

大幅ソールを採用

ソール幅はかなり厚めになっています。深低重心により慣性モーメントが高まる効果に加えて、ダフリにくくなっています。

ロフト角は46~60°まで2°のピッチ感覚で用意されています。最近のアイアンはストロングロフトによりロフト角が小さくなる傾向にあり、ウェッジとのつながりが難しくなることがあります。

マックダディ CBウェッジは46°から選べますので、アイアンとウェッジのつながりをスムーズにすることができます。

マックダディ CB ウェッジ のスペック

ロフト角(°) 46 48 50 52 54 56 58 60
バンス(°) 10 12 14 10
ライ角(°) 64
長さ(in) 35.75 35.5 35.25 35

マックダディ CB ウェッジの発売日・発売価格

マックダディ CB ウェッジの発売日は、2020年9月25日が予定されています。発売価格は23,000円です。

  • N.S.PRO ZELOS 7
  • NSプロ950GH neo

ビッグバーサ REVA|レディース専用モデル|ドライバー~アイアンまで全モデルを紹介!

USキャロウェイにて、レディース専用のビッグバーサ REVAが発売となっています。この新しいモデルについて取り上げます。

ビッグバーサ  REVAシリーズ

キャロウェイから、ビッグバーサの2021年モデル、ビッグバーサ B21が発売となっています。そして、レディース専用モデルとして、ビッグバーサ REVAもリリースとなっています。

メンズモデルのビッグバーサB21は、日本のキャロウェイでも取り扱いがありますが、レディース専用のビッグバーサ REVAについては、日本の公式サイトに掲載がありませんので、本投稿時点では、USモデルの紹介ということになります。

クラブの種類については、B21と同じく、ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド、アイアンまであり、アイアンはSWまで揃っていますので、一通り同シリーズで揃えることが可能です。

それでは、ビッグバーサ REVAシリーズの全モデルを見ていきましょう。

ビッグバーサ REVA ドライバー

概要

ビッグバーサ  REVAドライバーは、B21ドライバーと同様に、ドローバイアス・低浅重心が採用されています。ヘッドが返しやすくなっていますので、スライスが抑えられ、浅重心によりスピン量も抑えられ、直進性の高い弾道が出ます。

フェースは、AIにより設計されたFlash Face SS21が搭載されていて、ミスにも強くなっています。合わせて、ジェイルブレイクも搭載されていますので、無駄なヘッドの撓みを抑えて、ボールスピードをアップしてくれます。

BB B21の単なるレディースモデルとも見えそうですが、ヘッド形状、ロフト角、シャフトなど、レディースモデルとして最適化されています。

スペック

ロフト角 10.5° 12.5°
ライ角 60°
ヘッド体積 460cc
クラブ長さ 44.75″
バランス C6

ビッグバーサ REVA フェアウェイウッド

概要

フェアウェイウッドにもAI設計によるFlash Face SS21、ジェイルブレイクが搭載されていますので、テクノロジー面ではドライバーと同じ内容が盛り込まれています。

そして、最も注目したい点はフェース位置です。オフセットを大きく取った設計になっていますので、アイアンで言うグースネックのようになっていて、フェース面が奥に下がっています。

視覚的にもボールをしっかりとらえられるイメージが持てますし、実際面でもインパクトタイミングが遅くなりますので、その分、ヘッドが返ることでボールをしっかりつかまえることができます。スライスが抑えられ、強いボールが出やすくなっています。

スペック

番手 3番 5番 7番 9番
ロフト角 16° 19° 22° 25°
ライ角 57.00° 58.00° 59.00° 60.00°
ヘッド体積 170 137 135 132
クラブ長さ 42.00″ 41.25″ 40.50″ 39.75″
バランス C6

ビッグバーサ REVA ハイブリッド

概要

ビッグバーサ REVA ハイブリッドも、ドライバー、フェアウェイウッドと同じくFlash Face SS21とジェイルブレイク・テクノロジーが搭載されています。

そして、フェース面の位置についても、フェアウェイウッドと同様にオフセットを大きく取った形で、奥に下がっていますので、スライスが出にくく、ボールをしっかりつかまえて大きく飛ばしやすくなっています。

ハイブリッドは4~8番までの5種類あり、ロフト角では24°~36°までカバーされています。フェアウェイウッドやロングアイアンが苦手という方は、ハイブリッドを多くクラブセッティングに取り入れることもできそうです。

ツアープロの間でも、アイアンを極力使用せず、7番からしか持たない選手もいますので、ハイブリッドが得意という方は、ハイブリッドを中心にクラブセッティングの組み直しをしてみると、ゴルフが楽になる可能性があります。

スペック

番手 4番 5番 6番 7番 8番
ロフト角 24° 27° 30° 33° 36°
ライ角 59.50° 60.00° 60.50° 61.00° 61.50°
クラブ長さ 39.5″ 39″ 38.50″ 38″ 37.50″
バランス C2 C2 C2 C2 C2

ビッグバーサ REVA アイアン

概要

アイアンにもFlash Faceカップが搭載されています。そして、ヘッド内部にはかなりの量のタングステンウェイトが搭載されていますので、打点のブレに強く、高い打ち出しで飛ばすことができます。

グースはFPがマイナスになってるのではないかと思われるぐらい大きく、フェアウェイやハイブリッドと同様に、フェース面が後ろに下がっています。ボールをしっかり捉えて、スライスが抑えられ、強い球が出やすくなっています。

メンズのBB B21と同様に、レディースのBB REVAアイアンにも無駄な振動を吸収してくれるウレタンマイクロスフィアが搭載されていますので、ボールスピードを落とさずに打感を良くしてくれます。

スペック

番手 ロフト角 ライ角 長さ バランス
5 25° 61.25° 37.50″ C2
6 28° 62.00° 37.00″ C2
7 31.5° 62.50° 36.50″ C2
8 35° 63.00° 36.00″ C2
9 39° 63.50° 35.50″ C2
PW 44° 64.00° 36.25″ C2
AW 49° 64.00° 35.00″ C2
SW 54° 64.00° 34.75″ C2