TSi3ドライバー USモデルの特徴・違い

タイトリストのTSiシリーズから発売のTSi3ドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

TSi3ドライバー USモデル

TSi3ドライバーはセミアスリート~アスリート向け

出典:タイトリストHP

タイトリストの2021年モデルとなるTSiシリーズは、2019年モデルに当たるTSシリーズの後継モデルです。

TSシリーズは、従来までと違いスピードに拘って開発され、久しぶりに1のシリーズもリリースされ、幅広いゴルファー層に支持されたモデルです。

今回のTSiは、イナーシャ、インパクト、インテグレーション、イノベーションの頭文字のiが足され、基本はTSシリーズを継承したモデルとなっています。

公式サイトで掲載されているモデルは、US・日本のいずれもTSi2とTSi3の2モデルで、TSi1、TSi4は発売されるか否か、現時点では分かっいません。

移動式のウェイト調整機能を遂に搭載

タイトリストの「3」のシリーズは、917D3ドライバーからドロー・フェードのウェイト調整機能が搭載されています。

ただ、棒状のウェイトで他社では見ない仕組みの調整機能でした。

しかし、今作のTSi3ドライバーではヘッド後方にウェイトポートが5つ用意されていて、ウェイトの位置を変えることでドロー・フェードの調整が可能なタイプに変わりました。

PINGのG410、G425、ブリヂストンのツアーB Xなどと同様なタイプとなっています。

ウェイトポジションは、T2、T1、N、H1、H2とあり、ドロー・フェード共に強・弱の調整が可能です。

フェースには航空宇宙分野の新素材、ATI 425チタンを採用

TSiシリーズがTSシリーズやこれまでの9シリーズと大きく変わった点として、フェース素材が挙げられます。

ゴルフの分野では使われたことのないATI425チタンという航空宇宙分野で用いられる素材が採用されています。

フェース素材は打感、弾き感、芯の広さといった重要な性能に直接的に影響しますので、文字通り大きな変更がなされていますが、既に多くのツアープロがTSi3に移行していますので、新たな素材はツアープロの感性に受け入れられているようです。

洋ナシ型のディープヘッド

ヘッド形状はタイトリストらしいきれいな洋ナシ型で、厚みがあり奥行きが抑えられたディープな形状です。

フェース面もトゥ側が逃げていますので、つかまり過ぎずヘッドスピードが速い上級者が思い切り叩けそうです。

ロフト角・ライ角の調整機能は搭載

ネックにはロフト角・ライ角の調整機能、SURE FITが搭載されています。ウェイト調整機能と合わせて、より自分好みの弾道に近づけることができます。

TSi3ドライバーのスペック

ヘッド

  • ロフト角:8.0、9.0、10.0°
  • ライ角:58.5°
  • ヘッド体積:460cc

シャフト

シャフトは日本モデルと同様に、標準シャフトの他、ツアーADのプレミアムシャフトがあります。

  • Kuro Kage Black DC 5G SFW
  • Tensei AV Blue RAW SFW
  • HZRDUS Smoke Black RDX
  • Tensei AV White Raw
  • Premium Tour AD DI
  • Premium Tour AD IZ
  • Premium Tour AD XC

TSi3ドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ロフト角の種類、ライ角、ヘッド体積など、公開されている基本的なスペックはUSモデルと日本モデルで同じ値となっています。

掲載されているシャフトはUSモデルの方が多くあります。なお、シャフトスペックについては、USモデルの場合、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。USモデルを購入する場合、このあたりを考慮して普段より1つ柔らかめを選択すると良いと言われています。

TSi3ドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

US・日本のメーカー公式サイトの価格表記を比べてみますと、USサイトでは$549、日本サイトでは82,500円となっています。1ドル110円で日本円に換算してみると、USモデルは6万円ぐらいになりますので、USモデルの方が安く購入できるようです。

USモデルを購入したいという方で、ショッピングモールでの購入が不安という方は、フェアウェイゴルフUSAさんがオススメです。

アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


TSi2ドライバー USモデルの特徴・違い

タイトリストのTSiシリーズから発売のTSi2ドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

TSi2ドライバー USモデル

TSi2ドライバーはアベレージゴルファ~セミアスリート向け

出典:タイトリストHP

TSiシリーズは、TSシリーズの後継モデルです。TSはスピードに拘ったシリーズでしたが、今回のTSiは、イナーシャ、インパクト、インテグレーション、イノベーションの頭文字のiが足されています。

ルール適合リストには、TSi4ドライバーが掲載されていますが、US・ジャパン共に、公式サイトでは、TSi2、TSi3の2種類のみの掲載に留まっています。

前作のTSシリーズのように、TSi4、TSi1が発売されるか否かは、現時点で不明です。

フェースに新たな素材、ATI 425チタンを採用

TSiシリーズで注目したい点の一つが、フェース素材です。今回、新たに航空宇宙分野で用いられ、ゴルフ業界ではまだ使われたことのないATI 425チタンが用いられています。

フェースはドライバーの中で最も重要なパートであり、その素材をガラッと変えて来た点は、大きな変更点と言えます。

また、すでに聞こえてきているジャパンモデルでの試打者の評価からは、打感の良さが伝わってきています。

マルチMOI設計により安定性とスピードをアップ

慣性モーメントの話は、一般的に左右方向に対して使われることが多いですが、TSiシリーズでは、上下・左右・前後に対して解析されています。

弾道がブレにくいだけでなく、ボールスピードのアップ、安定性にもつながっています。

フェース面は前作にあたるTS2よりもストレートで、構えやすく方向性を出しやすくなっています。

ヘッド形状はシャロー

TSi2は従来のD2、TS2の流れを継承していて、ヘッド後方が長くお尻が下がっています。

シャローで深重心、低重心となっていますので、高弾道で直進性の高い弾道で飛ばしやすくなっています。

操作性を求める方は、ディープでややハイバック気味なTSi3ドライバーを検討されると良いでしょう。

ソール後方にウェイトを搭載

ソール後方の深いところに、TS2ドライバーと同様に固定ウェイトが搭載されています。TSi3は移動可能なウェイトですが、TSi2の方は固定式です。

現時点で公式サイトでは説明がありませんが、「SureFit Flat Weight」と記載されていますので、従来同様、オプションでウェイト重量は変えられるものと考えられます。

なお、ウェイトは1つのため、ドロー・フェードの調整ではなく、低重心・深重心の程度、バランスの調整となります。

ロフト角・ライ角の調整機能は搭載

ネック部分にはタイトリスト特有の可変スリーブにリングパーツを合わせた調整機能が採用されています。

タイトリストの調整機能は、ロフト角・ライ角を独立的に切り替えられますので、より自分好みの弾道に近づけることができます。

TSi2ドライバーのスペック

ヘッド

  • ロフト角:9.0、10.0、11.0°
  • ライ角:58.5°
  • ヘッド体積:460cc

シャフト

シャフトは日本モデルと同様に、標準シャフトの他、ツアーADのプレミアムシャフトがあります。

  • Kuro Kage Black DC 5G SFW
  • Tensei AV Blue RAW SFW
  • HZRDUS Smoke Black RDX
  • Tensei AV White Raw
  • Premium Tour AD DI
  • Premium Tour AD IZ
  • Premium Tour AD XC

TSi2ドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ロフト角のラインナップ、ライ角、ヘッド体積など、スペックの基本データはUSモデルと日本モデルで同じ値となっています。

掲載されているシャフトはUSモデルの方が多くあります。なお、シャフトスペックについては、USモデルの場合、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。USモデルを購入する場合、このあたりを考慮して普段より1つ柔らかめを選択すると良いと言われています。

TSi2ドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

公式サイトに記載されている価格で比較すると、USサイトでは$549、日本サイトでは82,500円となっています。1ドル110円で計算すると、USモデルは6万円ぐらいになりますので、USモデルの方が安く購入できるようです。

USモデルを購入したいという方で、ショッピングモールでの購入が不安という方は、フェアウェイゴルフUSAさんがオススメです。

アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


TSi2・ISi3ドライバーの海外での評価!タイトリスト使用プロの約6割がTSiを使用

タイトリストのニューモデル「TSi」から発売のTSi2・TSi3ドライバーは、海外でのツアープロの使用率が高く、話題となっています。

そこで、本記事ではTSi2・TSi3ドライバーが海外でどのように評価されているかについて、詳しく取り上げます。

TSi2・TSi3ドライバーは1週間で約6割のタイトリスト使用プロに使われている

TSi2・TSi3ドライバーは、日本国内でも2020年後期の発売モデルの中で最も注目されていたモデルで、既に様々なゴルフメディアで高い評価が出ています。

前作のTSシリーズも、従来までのアスリート向けから路線変更されていて、飛びとやさしさが加わって、評価が高かったですが、今回のTSiシリーズはそれを上回っているようです。

日本国内での期待と評価を底上げした要因の一つに、海外ツアーの実状が関係しているように感じられます。

≫ Titleist TSi2 & TSi3 Driver Review(タイトリスト TSi2・TSi3ドライバー評価)–英語ページ

上記のサイトによると、タイトリストを使う48人のツアープロの内、28人がTSiドライバーを使用しているとのことです。割合にすると約6割にも及びます。

この記事の中で、TSiドライバーを渡されたのは1週間前ということも合わせて記されています。

即座にTSiドライバーに切り替えたということを考えると、あらためてTSiドライバーの海外ツアープロによる評価の高さが伺えます。

タイトリストと契約していないツアープロも使用

PINGのG400、G410シリーズのドライバーは、幅広いゴルファーの間でとても人気があります。日本国内に関して言えば、渋野日向子、鈴木愛が使用していたことも要因ではありますが、もともとの切欠は、PINGと契約していないツアープロが使用していたためと言われています。

ツアープロが自分のお金でわざわざ購入して使うということは、相当に良いクラブなんだろうと。そういう理由から中・上級者の間で注目度が高まったそうです。

そして、タイトリストの新作のTSiドライバーですが、こちらについても海外で似たような現象が起きています。

クラブ契約フリーのプロたちが、早速、TSiドライバーを使用しています。具体的には、トミー・フリートウッド、マシュー・フィッツパトリックらです。

上記のツイートでは、ミー・フリートウッドはテーラーメイドのSIMドライバーを使用していましたが、タイトリストのTSi3ドライバーに切り替えたことが映像と共に示されています。

シャフトの種類が増え、フィッティングが重要に

下記のサイトでは、シャフトの種類が増え、またTSi3ドライバーについてはウェイト調整機能が5段階になったため、よりフィッティングが重要になると解説されています。

≫ https://www.golf-monthly.co.uk/reviews/drivers/titleist-tsi3-driver-review

シャフトの選択肢については、ワールドモデルと日本モデルで種類が異なりますが、選択肢が増えたという点は一致します。

海外モデルでは、TSi2・TSi3共に、前作のTS2・TS3と比べてシャフトの本数が2本増えて7本になっています。

日本モデルではTSi2のシャフトは同じ本数、TSi3は1本多くなっていて、フレックスで数えると、TSi2は1つ、TSi3は4つ増えて倍になっています。

タイトリストのドライバーは、ロフト角・ライ角の調整機能が2次元独立式になっていて、一般的な他メーカーの可変スリーブよりもセッティングが4~8つ多くなっています。

シャフト、ロフト・ライ、そして、TSi3ではウェイトの組み合わせで、弾道調整は自由自在なようにも思えますが、自分にとっての最適解を見つけ出すには、ショップでの試打をしながら専門家のアドバイスが重要になってきそうです。

TSi2・TSi3ドライバーはUSモデルも購入できる

TSi2・TSi3ドライバーのUSモデルに興味がある方は、日本でも簡単に入手することができます。日・米の公式サイトに掲載されている価格を見比べてみますと、日本サイトでは82,500円、USサイトでは6万円ぐらい(1ドル110円換算)となっていますので、USモデルの方が安く購入できるようです。

USモデルを購入したいという方は、楽天やアマゾンでも出品が見つかる場合もありますが、より安心感の高いところで購入したい場合、アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われているフェアウェイゴルフUSAがオススメです。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


タイトリスト TSi2・TSi3フェアウェイウッドの試打動画まとめ

タイトリストから発売のTSiシリーズ。海外ツアープロが既に多数利用を開始していて、日本でも2020年後期に注目度No.1のクラブです。

本記事では、TSi2・TSi3のフェアウェイウッドについて、試打動画をまとめました。

#ドライバーについては下記記事をご覧ください。

タイトリスト TSiドライバーの特徴を解説!TSi2ドライバー・TSi3ドライバー

タイトリスト TSi2・TSi3フェアウェイウッド

タイトリストのTSiシリーズは、TSi2フェアウェイウッド、TSi3フェアウェイウッドの2種類があります。

TSシリーズでも2と3がありましたので、ラインナップ体系は同じです。

TSi3フェアウェイウッドは、TS3と同様にウェイト調整機能が搭載されています。ただし、調整の仕組みはガラッと変わりまして、棒状ウェイトではなく、ノーマル、ヒール、トゥの3ポジションへの移動式となっています。

TSi2・TSi3フェアウェイウッドをプロが試打・評価

<TSi2フェアウェイウッド>

  • TSi2の5番を構えてみると、ヘッドサイズがかなり小さいので、安心感はない。
  • ヘッドが軽くて抜けが良い。振ってみるとやさしい。
  • 打ち出し角は低い。

<TSi3フェアウェイウッド>

  • TSi3もヘッドが小さく、やや重い。
  • 打感は重くて弾いている感じはゼロ。
  • 弾いてないのに飛距離は出る。
  • TSi3の方が難しく、ヘッドスピードが遅いと球が上りきらない。
  • 距離がまあまあ出る操作性の高いヘッド。

TSi2・TSi3フェアウェイウッドを3upCLUBが解説

  • TSiは球が上りやすい。
  • TSi3は低く出てスピンで球が上り、TSi2は打ち出しから高く出る。
  • ドライバーとフェアウェイウッドで2と3を組み合わせても良い。

TSiフェアウェイウッドをアマチュアが試打

<TSi2フェアウェイウッド>

  • タイトリストはアスリートのイメージがあるが、難しさを感じない。
  • 弾道が高くて強い球が出る。
  • 純正シャフトは中調子のわりに先が走る。

<TSi3フェアウェイウッド>

  • TSi3の方が分厚い感じがある。

タイトリスト TSiドライバーの特徴を解説!TSi2ドライバー・TSi3ドライバー

タイトリストから2020年モデルの新たなシリーズ「TSi」。

ドライバーとフェアウェイウッドが発売となっていますので、全モデルを取り上げます。

タイトリストの2020年モデルは「TSi」

*画像出典:https://www.titleist.com/golf-clubs/tsi-metals

タイトリストから2020年のニューモデルとして「TSi」が発売となっています。2018~2019年に発売の「TS」の後継となります。

「TSi」の「i」は、Innovation(革新)、Inertia(慣性)、Integration(統合)、Impact(インパクト)の4つの意味が込められています。

発売モデルはTSi2・TSi3のドライバー・フェアウェイウッド

TSiシリーズから発売されるモデルは、ドライバーとフェアウェイウッドで、従来と同様に、「2」と「3」のモデルがリリースされます。

  • TSi2 ドライバー
  • TSi3 ドライバー
  • TSi2 フェアウェイウッド
  • TSi3 フェアウェイウッド

TSシリーズではユーティリティがあったのと、「1」と「4」のモデルがありましたのが、現時点でTSiではありません。

なお、適合リストにはTSi4が登録されていますが、タイトリストの「4」のモデルは市販される場合とされない場合がありますので、TSi4が発売されるかは現時点では不明です。

TSi2ドライバー

概要

TSi2ドライバーは、460ccのシャローバック形状でヘッドで、後ろに深く体積が確保され、深く低い位置に固定ウェイトが搭載されています。

深低重心設計で、慣性モーメントを大きくし、ミスに強く直進性の高い弾道が出るドライバーです。低重心により、弾道の上がりやすさも備わっています。

スペック

ロフト角 10° 11°
ライ角 58.5°
ヘッド体積 460cc
クラブ長 45.5″

※ロフト角11°は特注対応です。

シャフト

TSi2ドライバーのシャフトは、TSP110 50(SR/S/Tour S)、TSP322 55(SR/S/Tour S)の2種類に加え、プレミアムシャフトとして、Tour AD DI(5S/6S)があります。

発売日・発売価格

TSi2ドライバーの発売日は、2020年11月13日です。発売価格はTSPシャフトのモデルで82,500円、プレミアムシャフトのモデルで93,500円です。

TSi3ドライバー

概要

TSi3ドライバーは、ヘッド体積こそ460ccありますがフェース高のあるディープバック形状です。

投影面積も小ぶりで、洋ナシ形状で上級者に好まれるヘッド形状となっています。

ウェイトは調整機能がついていて、これまでのスティック状のものではなく、移動可能なタイプとなっています。機構はブリヂストンのツアーB Xドライバーと似ていて、予め用意されている5つの箇所にウェイトを移動できる形となっています。

高さを抑えた強い弾道で、ヘッドの操作性もあり、左に行き過ぎないため、ヘッドスピードの速いゴルファーが思い切り叩いていけます。

ウェイト調整機能

出典:https://www.titleist.co.jp/golf-clubs/tsi-metals/

注目のウェイト調整機能は、ソール後方に搭載されています。予めセンターにN、そこからトゥ側にT1、T2、ヒール側にH1、H2の合計5つのウェイト装着ポジションが用意されています。

フェードにしたい場合は、標準のN位置から、T1、T2に、ドローにしたい場合は、H1、H2にウェイトを移動させて調整することができます。

スペック

ロフト角 10°
ライ角 58.5°
ヘッド体積 460cc
クラブ長 45.5″

※ロフト角8°は特注対応です。

シャフト

TSi3ドライバーのシャフトは、TSi2と同じです。TSP110 50(SR/S/Tour S)、TSP322 55(SR/S/Tour S)の2種類に加え、プレミアムシャフトとして、Tour AD DI(5S/6S)があります。

発売日・発売価格

TSi3ドライバーの発売日は、2020年11月13日です。発売価格はTSPシャフトのモデルで82,500円、プレミアムシャフトのモデルで93,500円です。