フィル・ミケルソンの2種類のドライバーに注目が集まる【50歳メジャー優勝の独特なドライバー 2021】

2021年の全米プロで、50代での史上初の優勝を成し遂げたフィル・ミケルソン。稀代のレフティーのクラブセッティングに注目が集まっています。

フィル・ミケルソンが使う2種類のドライバーについて取り上げます。

個性的なフィル・ミケルソンのクラブセッティングは、実は論理的!?

ツアープロと言えど、クラブセッティングは大体似通っています。例えば、タイガーウッズは、1、3、5番ウッド、3~9番アイアン、ウェッジ3本にパターです。

もう一方例を出すと、松山英樹の場合、1、3番ウッド、3番ユーティリティ、4~9番アイアン、ウェッジ4本にパターです。

ユーティリティの3番はフェアウェイウッドの5番相当のロフトですから、かなりクラブセッティングが似ていることが分かります。

そして、この記事で取り上げているフィル・ミケルソンはどうかというと、個性的なセッティングで知られています。ドライバーを2本入れたり、逆にコースによってはドライバーを抜いてフェアウェイウッドを2本にしたりと、他では見られないような組み合わせで実戦に挑んでいます。そして、勝利ももぎ取っています。

これは、非常識・非論理的のようにも思えがちですが、強ちそうとも言えません。

例えば、操作性が良いドライバーを使っていたとしても、ドローとフェードのどちらが打ちやすいかという偏りは必ずあります。次の大会では、ティーショットで右に左に曲げる必要があるとした場合、苦手な方の曲がりを楽に打てるもう1本のウッドを入れておくと言う選択は、実にシンプルで至極当然な対策です。

実際、フィル・ミケルソンは、ドロー・フェードの打ち分けだけでなく、長い・短いを打ち分けるために2本ドライバーにしているケースもあるとも言われています。

常識にとらわれず、コースに合わせたクラブ選びこそ、論理的なクラブセッティングと言えます。

史上初!50代メジャー制覇のフィル・ミケルソンの2本ドライバー

全米プロで最年長メジャー優勝を成し遂げたフィルミケルソン。記録更新は実に53年ぶりとのことです。

この大会でも2本のドライバーを使っていて、活躍と合わせて注目を浴びていました。

どちらも特徴のあるドライバーで、50代にして今尚300ヤード以上飛ばし続ける実績を考えると、今後のドライバーやクラブセッティングのトレンドに影響を及ぼす可能性がありそうです。

フィル・ミケルソンの2本のドライバーについて見ていきましょう。

絶壁・長尺のEPIC SPEEDドライバー

1本目は、用具契約しているキャロウェイの最新機種、EPIC  SPEEDドライバーです。

通常のEPIC SPEEDドライバーは、ロフト角が9.0と10.5°、クラブ長さが45.75インチですが、フィル・ミケルソンは大幅にスペックが異なるモデルを使っています。

出典:randa.org

こちらがフィル・ミケルソン専用と思われるヘッドです。調整を加えて、ロフト角は5.25°の絶壁、クラブ長さは47.9インチというシニアもびっくりな長尺です。

ロフト角については、ドライバーというよりパターの方が近い角度です。ドライバーの飛距離アップは、弾道の高さ、低スピンが求められるため、球をある程度、上げる必要がありますが、その常識をも気にしない絶壁ヘッドです。

長さについては、それでもEPIC SPEEDの標準的な長さ45.75インチですから、2インチ以上、つまり5cm以上長いことになります。

フィル・ミケルソンは体が大きく身長は191cmあります。石川遼選手が175cmですから、日本人からするとかなりの高身長です。ただ、背が高くても、腕も長い訳ですから、5cm以上長いクラブというのはかなりの長尺スペックで、扱いきるには相当な技量も必要でしょう。

長ければヘッドスピードは上がりますので、これは飛距離に関してプラス材料です。

EPIC 2021の全ドライバーを一挙紹介!発売日も決定

短尺・小ぶりなミニのOriginal One ミニドライバー

2本目は、こちらのミニドライバーです。契約するキャロウェイではなく、ゴルフクラブでは最大のライバルであるテーラーメイドの製品です。

2019年に発売されたモデルで、ヘッド体積275ccで、標準のクラブ長さが日本モデルで43.75インチです。

ティーショットでも地面からでも、どちらでも打ちやすいクラブです。

最近は、短尺でミート率を高める狙いを持ったドライバーを見かける機会が増えているように思いますので、ミニドライバーはややトレンドがあるとも言えます。

オリジナル ワン ミニ ドライバーの口コミ・評価

まとめ

フィル・ミケルソンのクラブセッティングについて、2本のドライバーを取り上げました。

レフティーで天才肌なイメージがあり、クラブセッティングは個性的・ユニークと捉えられているますが、実は、論理的な思考に基づいて素直に選択した結果だと思います。

日本でも、フェアウェイウッドを4本使ったり、アイアンは7番からしか使わないプロゴルファーもいます。

ご自分のクラブセッティングも、常識を外してみてゼロから構築し直してみると、ゴルフが変わる可能性がありそうです。

 

テーラーメイド 300ミニドライバー 2021が発売に

テーラーメイドからミニドライバーの発売の情報が入ってきましたので、取り上げます。

300ミニドライバー

出典:https://www.instagram.com/p/CO8HptcNwxx/

テーラーメイドからの公式情報ではありませんが、ミニドライバーの映像がSNSで流れています。

名称はソールに記載されている300ミニドライバーです。

少し前にOriginal Oneというミニドライバーがありまして、今回も名器へのオマージュということでしょうか、R300 Tiをベースにしたモデルではないかと思われます。

ヘッド体積は300ccのミニドライバー

映像からの判断、そして、リーク情報によりますと、ヘッド体積は300cc、そして、ロフト角は11.5°と13.5°の2種類となるようです。

過去を振り返ってみると、エアロバーナーのミニというのもありまして、そちらは12°、14°、16°というラインナップでした。そして、割と最近のOriginal Oneミニドライバーでは11.5°と13.5°でした。

3ウッドとの違いを考えれば、ハイロフトのニーズは少ないように思いますので、16°あたりがないのは、特に問題ないのではないかと思います。

搭載されているテクノロジー


出典:https://www.instagram.com/p/CO8HptcNwxx/

ソール映像から、スピードポケット、ロフト角調整機能が搭載されていることが分かります。

Original Oneに搭載されたものを考えると、ツイストフェースは恐らく入っていると予想します。

スピードインジェクションについては、SIM、SIM2のフェアウェイウッドには搭載されていませんので、恐らく入ってないのではないか思います。

ソールそのものは、R300Tiのようにシルバーの素材が用いられています。ソールの左右はクラウンとデザインが似ているので、カーボンではないかと考えれば、ソールは高比重ウェイトの可能性が高いように思います。

テーラーメイド 300ミニドライバーの発売は7月か?

300ミニドライバーは、USモデルの実の発売か?日本モデルも発売になるのか?現時点では分かりません。

Original Oneは日本モデルが後から発売されていますので、USでの人気の度合いに影響するのかもしれません。

発売日については、2021年7月16日ではないかと言われています。価格は300~399ドルぐらいのようです。

SIM2フェアウェイウッドが399ドル、SIM2 MAXフェアウェイウッドが299ドルですので、フェアウェイウッドと同じぐらいの金額ではないかと思います。

搭載されているものがSIM2フェアウェイウッドと似ていますので、日本では5.5~7.5万円ぐらいかもしれません。

 

RBZ スピードライト セットクラブのセット内容・全クラブを一挙紹介!

テーラーメイドからRBZ スピードライトセットクラブが発売となっています。

セットの内容・スペックなど、詳しく取り上げます。

RBZ スピードライト セットクラブの概要

テーラーメイドから発売の「RBZ スピードライトセットクラブ」は、キャディーバッグまでついたゴルフセットです。

RBZ(ロケットボールズ)とは

名称については、「RBZ」という名を冠していて、「ロケットボールズ(RBZ)」シリーズのゴルフセットということになります。

「RBZ」は、フェアウェイウッドの強烈な飛距離、ホワイトヘッドということで、記憶に新しい方も多いのではないかと思います。

セット内容はキャディバッグ付きの11点

セット内容は、ゴルフクラブとキャディバッグで、合わせて11点となっています。

  • ドライバー
  • フェアウェイウッド(5番)
  • レスキュー(5番)
  • アイアン(6~9、PW、SW)
  • パター
  • キャディバッグ

ゴルフセットとして販売されているものは、ドライバーとフェアウェイウッドのウッドセット、キャディバッグが無いクラブセットなど、ウッド2本+アイアン3本+パターのハーフセットなど、色々な種類があります。

RBスピードライトセットクラブは、ゴルフクラブが10本に加え、同じRBZデザインのキャディーバッグまで付いたセットとなっています。

ちなみに、ゴルフ場でラウンドする際には、ゴルフクラブを14本まで持つことができますので、後4本、好みのクラブを追加することができます。

RBZ スピードライトセットクラブのセット内容の詳細

ドライバー

特徴

空力性能に優れた形状で、チタン素材を用いた460ccの大型ヘッドです。シャフトは超軽量RBZシャフト(50g)が採用されています。

低重心設計で、ソールにはスピードポケットと呼ばれる溝構造が採用され、最適な打ち出しとミスを許容してくれる寛容性が備わっています。

スペック

  • ロフト角:10.5°
  • ライ角:58°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.25インチ
  • クラブ重量:300g
  • バランス:D1

フェアウェイウッド

特徴

フェアウェイウッドは5番が1本入っています。ヘッドが軽量化され、低重心設計となっていて、高弾道で飛ばすことができます。

また、ドライバー同様、スピードポケット(ソール前方の溝)が搭載され、スピン量を抑えた強い弾道で、伸びのある飛びが出やすくなっています。

スペック

  • 番手:5番
  • ロフト角:19°
  • ライ角:59.5°
  • ヘッド体積:150cc
  • クラブ長さ:42インチ
  • クラブ重量:322g
  • バランス:D1

ユーティリティ(レスキュー)

特徴

ユーティリティは、ウッド型の5番です。様々なライに対応できるソール設計により、フェアウェイだけでなくラフでも使いやすくなっています。

こちらも軽量化が図られていて、スイングスピードのアップをサポートしてくれます。

スペック

  • 番手:5番
  • ロフト角:25°
  • ライ角:61°
  • ヘッド体積:125cc
  • クラブ長さ:42インチ
  • クラブ重量:365g
  • バランス:D1

アイアン・ウェッジ

特徴

アイアンとウェッジは、6~9番、PW、SWの6本となっています。

アイアンは、しっかりとしたキャビティ形状で、ソールに重量が配分され、ミスへの許容性が高く、球を上げやすい重心設計となっています。

ウェッジは、クラシカルな形状で、トゥ・ヒールが削られたCグラインドソールにより、様々なショットを繰り出しやすくなっています。

スペック

番手 6 7 8 9 PW SW
ロフト角 27 31 36 41 46 55
ライ角 62.5 63 63.5 64 64.5 65
長さ 37.875 37.25 36.75 36.25 35.75 35.25

アイアンは、Rセットがカーボンシャフト、Sセットがスチールシャフトとなっています。

パター

特徴

パターは、左右の後方が伸びたマレットタイプです。

後方左右に重量があることで、慣性モーメントが大きくなる形状となっています。

ヘッド上にあるセンターのドット、そして、左右にあるホワイトのライン。アライメントがターゲットへの正確なセットとストロークをサポートしてくれます。

スペック

  • ロフト角:3°
  • ライ角:72°
  • クラブ長さ:34インチ

キャディバッグ


RBZ スピードライト セットクラブの発売日・発売価格

テーラーメイド RBZ スピードライト セットクラブの発売日は、2021年3月19日です。

発売価格は、Rフレックス、Sフレックス共に、99,000円です。

M6アイアンとM4アイアンは、どちらがおすすめか?【適合ゴルファーを徹底解説】

テーラーメイドからSIMシリーズが登場し、俄然、コストパフォーマンスが良くなったM6アイアンとM4アイアン。

この二つのアイアンは今尚人気のモデルです。

どういった特徴があって、どのようなゴルファーに適しているか、取り上げてみたいと思います。

M6アイアンとM4アイアンの位置づけ

M6アイアンは2019年、M4アイアンは2018年に発売のモデルで、どちらもMシリーズのやさしい方のアイアンです。

2020年のSIMシリーズでは、SIM MAXアイアンとSIM MAX OSアイアンの2機種が発売されていて、ヘッドサイズが大きいSIM MAX OSアイアンが、M6、M4と継承関係にあると言われています。

M6アイアンとM4アイアンの特徴と違い

▼石井プロによるM6アイアンとM4アイアンの解説が分かりやすい。

試打ラボしだるでご存知の方も多い石井プロが、両者のモデルについて解説されています。

M4アイアンはミスに強い、M6アイアンは飛距離性能に優れている。

それぞれのモデルの特徴を一言で説明するとこのようになると思います。

M4アイアンはミスに強い

M4アイアンで特に注目したい点は、ヘッド内部のリブコアと、フェースのスコアラインの両サイドに施されたフェーススロットです。

出典:taylormadegolf.jp

リブコアは左右の両端を補強したもので、M6やSIMではスピードブリッジに置き換わったとも言えそうです。フェーススロットは、スコアラインの両脇に施されたスリットで、ミスヒットを許容してくれます。M4アイアンの特徴としては、ミスに対する許容性が高い点が挙げられます。

M6アイアンは飛距離が出る

M6アイアンの飛距離性能について、スピードブリッジが効果的に働いてくれます。

他のアイアンでは見ない独特なバックフェース形状をしていまして、ヘッド上部と下部をブリッジを掛けることでつないで、剛性を高めています。

公式サイトでは、スピードブリッジの剛性効果により、スピードポケットや薄肉フェースが実現されていると説明がありましたが、関プロの説明によると、上下をつなぐことで、フェースが撓んで最適なところで押し戻してくれる効果があるとのことです。

飛距離性能を求める方は、M6アイアンがおすすめです。

M6アイアンはフィーリングにも拘っている

出典:taylormadegolf.jp

もう一つ、M6アイアンについて触れておきたい点は、バックフェースにHYBRARダンパーが搭載されている点です。これにより、打音と打感が最適化されています。

飛び系アイアンは、打感や打音を犠牲にしたものが多く見受けられますが、M6アイアンは飛距離性能と同時にフィーリングも求めるゴルファーのニーズに対応しています。

上級者が好む軟鉄鍛造の柔らかいフィーリングとはことなりますが、ディスタンス系のバチーンという強烈な弾きが苦手という方には、試してもらいたいアイアンです。

M4アイアンの方が約0.5インチ短い

番手 4 5 6 7 8 9 PW AW SW
ロフト角(°) 19 21.5 25 28.5 33 38 43.5 49 54
ライ角(°) 60.5 61 61.5 62 62.5 63 63.5 63.5 63.5
M6長さ 39.25 38.625 38 37.5 37 36.5 36 36 35.75
M4長さ 38.875 38.25 37.625 37 36.5 36 35.75 35.75 35.5

こちらはM6アイアンとM4アイアンのスペックを比較した表です。ロフト角・ライ角は同じセッティングですが、クラブ長さに違いがあります。

例えば、7番アイアンで比べると、M6アイアンは37.5インチと若干長め、M4アイアンは0.5インチ短い37インチです。長い方が同じスイングができれば飛距離が出ますが、難しさは増します。

スペックの設定から、M6アイアンはより飛距離を重視したモデルで、M4アイアンは比較すると振りやすいモデルと言えます。

まとめ

M4アイアンとM6アイアンについて、特徴をまとめてみます。

  • M4アイアンは、ミスに強い、振りやすい。
  • M6アイアンは、飛距離が出る、打感にも拘っている。
  • M4アイアンの方が一つ前のモデルのため、安価でコスパが良い。

M4アイアンは、飛距離が出て、ミスにも強く、弾道の安定性も高いため、今尚、人気のアイアンです。コスパも良いため、総合力の高いアベレージゴルファー向けのアイアンを求めるならM4アイアンはとてもおすすめです。

飛距離が欲しい、出来るだけ新しいモデルを使いたいという方は、M6アイアンがおすすめです。

「M6アイアン・M4アイアン」関連のおすすめ記事

M6アイアンとM4アイアンの違いを徹底解説!

M6アイアン 試打・評価・徹底解説

M4アイアン 試打・評価・徹底解説

 

横田真一がSIM2の2種類のドライバーを試打!最後にエースドライバーのMAVRIKと対決試打

テーラーメイドから発売の2021年モデル、SIM2のドライバーについて、横田真一プロが3モデル全てを試打して動画がアップされています。

 SIM2シリーズのドライバー3モデル

テーラーメイドのSIM2シリーズは、前年のSIMの2代目となります。

動画の中では、前作が2種類と説明されていますが、実際は、前作も今作も3種類のドライバーが発売されています。

左からSIM2ドライバー、SIM2 MAXドライバー、SIM2 MAX-Dドライバーです。

特徴は主に以下の4点です。

  • アルミニウム素材が用いられている
  • ソールまでフルカーボン
  • 溶接せずに組み立てられている
  • スライダー式ウェイトは廃止されている

SIM2の全ドライバーを一挙紹介!発売日も決定

横田真一プロがSIM2の3種類のドライバーを試打

こちらの動画で、横田真一プロが、実際にSIM2シリーズのドライバー3種類をコースで試打されています。

動画の前半では、パーツを組み立てて ヘッドが出来る様子を実現で見せてくれていますので、興味がある方は、5:25からご覧になってみてください。

試打については、SIM2 MAX-Dドライバー、SIM2 MAXドライバー、SIM2ドライバーの順に行われていて、動画の最後には、自身のエースドライバーであるキャロウェイのマーベリックと対決試打されています。

SIM2 MAX-Dドライバーの試打・評価

このドライバーの対象ゴルファーを想定して、ヘッドスピード40m/s以下で試打されています。

スピン量が適度に入り、球が上がりやすいと評価されています。

SIM2 MAX-Dドライバーが合うゴルファーとしては、スイングがつっこんでしまって、球が上りにくい人、回転系・トルク系のスイングをする人に良いとのことです。

ちなみに、横田真一プロは地面反力を使って、上下の体の動きを使うタイプで球が上りやすいため、合わないようです。

SIM2 MAXドライバーの試打・評価

構えてみると、SIM2 MAX-Dドライバーよりもリアルロフトが立つので、強い球が出そうに感じるそうです。

SIM2がアスリート向けと言う解釈がされていますが、ツアープロでSIM2 MAXドライバーを好む選手が多いそうです。

ヘッドスピード40m/sぐらいで試打されていて、スピン量が下がって良い弾道が出ています。

SIM2ドライバーの試打・評価

横田真一プロは、SIM2が一番感触が良かったとのことで、購入したいクラブとしてこのSIM2ドライバーを選ばれています。

実際に、横田真一プロのエースドライバーであるマーベリックを同じシャフトで打ち比べして、キャリーは共に約292ヤードで同等の結果を出しています。

まだSIM2の方はまだ打ち慣れていないことを考慮すると、伸び代もありそうで、SIM2ドライバーのポテンシャルの高さを感じさせます。

SIM2の全ドライバーを一挙紹介!発売日も決定