ステルスの全ドライバーを一挙紹介!発売日も決定!ステルスPLUS・ステルス・ステルスHD

テーラーメイドから2022年に発売のステルスシリーズ。ドライバーは3タイプのモデルが発売となっています。

ステルスのドライバー3種について、スペック・発売日・発売価格について取り上げます。

ステルスのドライバーは3タイプ

ステルスシリーズのドライバーは、一昨年のSiM、昨年のSiM2と同様に、小ぶり、シャロー、シャロー&ドローの3タイプ構成になっています。

写真左から、ステルス プラス ドライバー、ステルスドライバー、ステルスHDドライバーです。

3タイプの違いや詳しい特徴については、この後で取り上げます。

最大の特徴はカーボンフェース

ステルスのドライバーで最も注目すべき点は、赤いフェースにあります。フェースにも刻まれている通り、カーボン素材が用いられていて、これはテーラーメイドが20年かけて追い求めてきたものが、実現に至ったそうです。

以前、グローレシリーズでもカーボンフェースはありましたが、世界のトッププロが使用するモデルで採用するのに十分な品質・性能に、遂に至ったということでしょう。

ステルス プラス ドライバー

特徴

  • スライディングウェイト
  • ロフト角調整機能
  • イナーシャジェネレータ
  • カーボンフェース
  • 貫通型スピードポケット

ソール前方にウェイト調整機能が付いたモデルで、SIM2ドライバーの後継モデルとなります。

ウェイト調整機能は、SIMドライバー以来、2年振りの搭載となります。

スペック

  • ロフト角:9°・10.5°
  • 体積:460cc
  • ライ角:56°
  • 長さ:45.75インチ

シャフト

  • TENSEI SILVER TM50 (’22) (S,SR,R)
  • Tour AD UB-6 (S)
  • SPEEDER NX 60 (S)
  • Diamana PD 60 (S)

ステルス ドライバー

特徴

  • ロフト角調整機能
  • イナーシャジェネレータ
  • カーボンフェース
  • 貫通型スピードポケット

前年のSIM2 MAXドライバーの後継に当たるモデルで、ウェイト調整機能はなく、深重心・低重心で、寛容性が高く、球が上がりやすいドライバーです。

ロフト角は9、10.5°に加えて、12°もありますので、ヘッドスピードが遅めの方でも、ハイロフトのスペックを選択することで、十分な弾道高さが得られます。

スペック

  • ロフト角:9°・10.5°・12°
  • 体積:460cc
  • ライ角:56°
  • 長さ:45.75インチ

シャフト

  • TENSEI RED TM50 (’22) (S,SR,R)
  • Tour AD UB-6 (S)
  • SPEEDER NX 60 (S)
  • Diamana PD 60 (S)

ステルス HD ドライバー

特徴

  • ロフト角調整機能
  • イナーシャジェネレータ
  • カーボンフェース
  • 貫通型スピードポケット
  • ドローバイアス

こちらもソール前方のウェイト調整機能が無いモデルで、SIM2 MAX Dドライバーの後継モデルとなります。

ソール中央のイナーシャジェネレータが、ややヒール寄りにあり、ドローバイアスになっています。

つかまりが良く、打ち出しが高く、高弾道のドローボールが出やすくなっています。

スペック

  • ロフト角:9°・10.5°・12°
  • 体積:460cc
  • ライ角:56°
  • 長さ:45.75インチ

シャフト

  • TENSEI SILVER TM50 (’22) (S,SR,R)

まとめ

テーラーメイドの2022年の新シリーズ「ステルス」について取り上げました。

発売日は2022年2月4日が予定されています。

【youtube LIVE配信】テーラーメイド 2022 ステルスの新製品発表会

ステルスの全ドライバーを一挙紹介!発売日も決定!ステルスPLUS・ステルス・ステルスHD

テーラーメイドの2022年モデルの新製品発表会が2022年1月12日にyoutubeでLIVE配信されます。

既に適合リストにも登録されている「ステルス」シリーズが主な内容になりそうです。

テーラーメイド 2022 新製品発表会のLIVE 配信–youtube

youtubeによる新製品発表会のライブ配信は、2022年1月12日(水)14:00から予定されています。

公式サイトには、ステルスの情報はまだ掲載されていませんが、

「メタルウッドの次はなんだ?」という意味深?なメッセージが載せられていて、ティザー的な動画もアップされています。

カーボンフェースを搭載したカーボンウッドであることは、既にUSの方で情報が出ていますので、

WOOD(木材)→METAL WOOD(金属)→CARBON WOOD(炭素)

ということは分かっています。

2022年のテーラーメイドの新製品は「ステルス」

USテーラーメイドの方では、一足先に新製品の「ステルス」の情報が公開されています。

こちらはステルスのドライバー3機種です。USと日本で発売モデルが同じだとすれば、下記の3種になります。

  • ステルス PLUSドライバー(ウェイト調整機能付き)
  • ステルスドライバー
  • ステルスHDドライバー(ハイドローモデル)

日本の公式サイトでの情報も、新製品発表に合わせて2022年1月12日に公開されるのではないかと思います。

⇒ ステルスの全ドライバーを一挙紹介!発売日も決定!ステルスPLUS・ステルス・ステルスHD

テーラーメイドのステルス関連記事

ステルスの全ドライバーを一挙紹介!発売日も決定!ステルスPLUS・ステルス・ステルスHD

STEALTH ステルス ドライバーの公式動画が出た!

タイガーウッズの復帰戦で、ステルスPLUSドライバー・フェアウェイウッドが使われた!

ステルス ドライバーがルール適合リストに掲載!ステルスとステルスPLUSの2機種

ステルス ドライバーの画像を確認!

 

STEALTH ステルス ドライバーの公式動画が出た!

ステルスの全ドライバーを一挙紹介!発売日も決定!ステルスPLUS・ステルス・ステルスHD

テーラーメイドの2022年モデル「ステルス」のドライバーについて、公式動画がyoutubeに投稿されました。

噂通りカーボンフェースを搭載したドライバーのようです。

メタルウッドの次はなんだ?

こちらは、日本テーラーメイドの公式チャンネルにアップされた動画です。

実は、USテーラーメイドの方でもアップされている動画があるのですが、赤いフェースの画が出てくるだけでティザーですが、日本の方はクラブの外観がしっかり映し出されています。

動画の中で、「METAL WOOD」、「NEXT」と来て、例の赤いフェースが登場しまして、カーボンフェースを示唆している内容となっています。

USテーラーメイドによるSTEALTHドライバーの試打動画

USテーラーメイドでは、動画が2本アップされています。

1本は先ほども少し触れた件で、ティザーなのでほぼほぼ内容がありません。興味がある方はコチラをご覧ください。

≫ Coming in Red Hot | TaylorMade Golf — youtube.com

もう1本の動画は、試打動画となっています。

▼ステルスドライバーの試打動画

動画の後半では、実際に試打されています。

カーボンフェースのカーボンウッド。気になるのは打音ですが、なかなか良い音です。

以前のカーボンウッドは、カポーンという拍子抜けするようなモデルがありましたが、チタンと言われても分からないのではないかと思います。

テーラーメイドのステルス関連記事

ステルスの全ドライバーを一挙紹介!発売日も決定!ステルスPLUS・ステルス・ステルスHD

タイガーウッズの復帰戦で、ステルスPLUSドライバー・フェアウェイウッドが使われた!

ステルス ドライバーがルール適合リストに掲載!ステルスとステルスPLUSの2機種

ステルス ドライバーの画像を確認!

 

タイガーウッズの復帰戦で、ステルスPLUSドライバー・フェアウェイウッドが使われた!

テーラーメイドの2022年モデル「ステルス」のドライバー2種が、適合リストに掲載された件を、少し前に取り上げました。

ステルス ドライバーがルール適合リストに掲載!ステルスとステルスPLUSの2機種

今度は、タイガーウッズの自動車事故後、初となる復帰戦にて、実物映像が確認されました。

しかも、まだR&Aの適合リストに掲載の無い「ステルス」のフェアウェイウッドも確認されています。

タイガーウッズの復帰戦で使われた「ステルス」のドライバーとフェアウェイウッド

こちらがMYGOLFSPYにてSNSに投稿されたタイガーウッズのキャディバッグです。噂通り、赤いウッドが確認できます。

ドライバーの方は、適合リストでも確認されているものと同じモデルで、2機種ある内のアスリート向けと思われる「STEALTH PLUSドライバー」です。

そして、その隣にあるフェアウェイウッドは、3番15°のスペック表記が確認でき、さらにソールに「PLUS」の文字も確認できます。

こちらは「STEALTH PLUSフェアウェイウッド」ということになります。

STEALTH PLUSドライバー

出典:golfwrx

こちらはGOLFWRXのフォーラムに投稿された映像です。ウェイトは少しだけドロー設定にしています。

つかまりを求めたのか、重心距離を短くして操作性を高めたのか分かりませんが、SIM2にはなかったMWTを活用しています。

STEALTH PLUSフェアウェイウッド

出典:golfwrx

こちらはステルス PLUSのフェアウェイウッドです。

ロフト角は-1.5°で13.5°にして、かなりフェースを立てています。

3番ウッドは、SIMフェアウェイウッドも同時に入れていて、そちらは14.25°という設定になっています。

2本の3番ウッドで、ロフトを細かく刻んで飛距離を調整しているのかもしれません。

ステルスはフルカーボン!?

出典:golfwrx

ドライバーの方にヒール側に「カーボンウッド」の文字が確認できましたが、フェアウェイウッドの方はヒール側の映像が無いため確認できません。

フェアウェイウッドはフェースがドライバーと違って赤色ではありませんので、恐らくチタン素材と思われます。

カーボンウッドの意味が「フェースもカーボン」ということだとすると、カーボンウッドに該当するのはドライバーのみということになりそうです。

テーラーメイドのステルス関連記事

ステルス ドライバーがルール適合リストに掲載!ステルスとステルスPLUSの2機種

ステルス ドライバーの画像を確認!

 

ステルス ドライバーがルール適合リストに掲載!ステルスとステルスPLUSの2機種

少し前にステルスドライバーの映像がSNSで確認された件を取り上げました。

ステルス ドライバーの画像を確認!

 

今度は、R&Aのドライバールール適合リストで、テーラーメイドに申請情報が確認されました。

これまでは噂レベルの域を出ない状態でしたが、遂に、テーラーメイドのドライバーは「ステルス」であることが確認されました。

適合リストに掲載されたステルスドライバーは2機種

出典:R&A

適合リストに掲載されたのは、Taylormade Golf CompanyによるStealthの文字が入った4機種です。

内2機種はLH、つまりレフティーモデルですから、実質、2機種となります。

  • ステルスドライバー
  • ステルスプラスドライバー

上段2つがステルスドライバーで、ソールがシンプルなデザインになっています。ネジ状のウェイトも見当たらず、M6やSIMを思わせるようなデザインです。

下段2つがステルスプラスドライバーで、こちらはMWTと呼ばれるスライダー式のウェイト調整機能が搭載されています。

それでは、この2機種の特徴を詳しく見ていきましょう。

ステルスドライバーの特徴

出典:R&A

ステルスドライバーは、ウェイト調整機能がなく、SIM2にあったソール前方のネジ状のウェイトもありません。

SIMシリーズで特徴的だったイナーシャジェネレータと呼ばれるソール中央に縦に走る構造は、引き続き搭載されています。

特に、最深部には金属ウェイトと思われるものが装着されていますので、深重心・低重心で、寛容性と直進性を高めたモデルと思われます。

言うなれば、M6、SIM MAX、SIM2 MAXといった系譜を継ぐドライバーと言えそうです。

<適合リストに掲載されている内容>

  • ロフト角:8、9、10.5、12°
  • ソール:CARBONWOOD、SPEED POCKET
  •  バック:weight port
  •  ホーゼル:twelve lines(恐らく調整ポジション)
  • フェース:60X CARBON、TWIST FACE

注目したいのは、ソールのカーボンウッド、フェースの60Xカーボンです。

SIM2で見られたアルミニウムの文字がありませんので、フェースにもカーボンとなると、フルカーボンのドライバーになっている可能性が高いと思います。

ステルス プラスドライバー

出典:R&A

ステルスプラスドライバーは、MWTと呼ばれるウェイト調整機能が搭載されています。

MWTはSIM2では廃止にしていましたが、敢えて復活したということは、ドロー・フェードの重心調整のニーズは高かったということの現れでしょう。

<適合リストに掲載されている内容>

  • ロフト角:8、9、10.5°
  • ソール:CARBONWOOD、SPEED POCKET
  •  バック:weight port
  •  ホーゼル:twelve lines(恐らく調整ポジション)
  • フェース:60X CARBON、TWIST FACE

やはりステルスプラスドライバーでも、ソールのカーボンウッド、フェースの60Xカーボンの文字が確認できます。

テーラーメイドのドライバーは、特に軽量化に力を入れていて、前作のSIM2ではアルミニウムを採用してチタンからの脱却に一歩踏み込んでいました。

今回は、フェースにまでカーボンを採用していますので、いわば軽量化の最終系とも言えるのではないかと思います。

気になるのは耐久性、そして、打感ですが、どのような仕上がり具合かは、今後、実物が市場に回ってきてからのお楽しみというところです。

フェースは赤色

出典:reddit.com

適合リストの映像はソール側からのものになるため、クラウンやフェース、サイドの様子は分かりません。

ただし、SNSに出ていた映像からは、赤色のフェースが確認されています。

六角形のハニカム構造で組まれたようにも見え、強度面もしっかりテクノロジーを組み込んで仕上げているようです。

ステルス ドライバーの画像を確認!