SIM2ドライバー USモデルの特徴・違い

テーラーメイドのSIM2ドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

SIM2ドライバー USモデル

日本ではSELECT STORE限定のモデル

SIM2シリーズのドライバーは、USモデルも日本モデルも3タイプあります。

日本では前作と比べて取り扱いが変わっていまして、前作ではドローモデルが後から追加されました。Mシリーズ・SIMシリーズを通じて、ドローモデルが正式に日本テーラーメイドで取り扱われたのは(恐らく)初めてです。

ドローモデルの販売が好調だったためか、SIM2ではドローモデルも同時発売となり、最もハードはSIM2ドライバーがSELECT STORE限定という扱いになっています。

2種類のウェイトが、大慣性モーメントと低スピンを両立!

出典:USテーラーメイド

SIM2ドライバーには、ソール後方と前方にウェイトが1つずつ搭載されています。

後方のウェイトはヘッドの最深部に配置されることで、大きな慣性モーメントを実現しています。これにより、ミスに対する許容性が高くなっています。

そしてソール前方のウェイトはスピン量を抑え、最適な打ち出し角を実現しています。SIM2ドライバーは低弾道・低スピンで、吹け上がらない強い弾道で飛ばすことができます。

SIM2ドライバーのスペック

  • ロフト角:8、9、10.5°
  • ライ角:56°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.75″

SIM2ドライバーのシャフト

Tensei AV Raw Blue

硬さ 重量 トルク 弾道 スピン量
X 71g 3.9 中~低
S 68g 4.0 中~低
R 65g 4.4 中~低

Project X HZRDUS Smoke RDX

硬さ 重量 トルク 弾道 スピン量
X 69g 3.5
S 67g 3.5

SIM2ドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

SIM2ドライバーのスペック面での違いとしては、日本モデルではロフト角が2種類なのに対して、USモデルは3種類あります。8.0°のスペックがありますので、ヘッドスピードが速いハードヒッターで、出来る限り打ち出しの高さを抑えたいという方は、より低い弾道を求めることができます。

ライ角、クラブ長さといったその他の基本スペックは同じ値です。

シャフトについては、日本モデルではTENSEI SILVERの標準シャフトに加えて、公式サイトでは4種類のシャフトが紹介されています。一方、USモデルではTENSEIとPROJECT Xの2種類となっています。

標準シャフトでのバランスは、日本モデルがD3、USモデルがD5となっていますので、よりヘッドの重量を感じながら振りたい方は、USモデルの方がおすすめです。

SIM2ドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

公式サイトでのSIM2ドライバーの掲載価格を見てみますと、USは$529.99、日本は76,000円となっています。1ドル105円で計算すると約2万円ぐらいの差があります。

USモデルはネットで簡単に購入できる

USモデルの購入については、特に難しい点はありません。日本の小売りでも取り扱いが増えていて、ネットでも多数出品されています。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


SIM2 MAXドライバー USモデルの特徴・違い

テーラーメイドのSIM2 MAXドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

SIM2 MAXドライバー USモデル

アルミニウムをヘッド素材に用いて軽量化を実現

SIM2シリーズでは、ドライバーヘッドにアルミニウムが用いられています。サイドから後方にかけて組み込まれているブルーのパーツが該当します。

クラウンとソールにはカーボンが用いられ、ヘッド全体の軽量化が図られています。

余剰重量が生み出され、ヘッド後方に24gのタングステンウェイト、そして、前方ヒール寄りにも固定ウェイトが搭載され、大きな慣性モーメントによる寛容性の高さと低スピンが実現されています。

スピード・インジェクションのポートがフェースから側面に

反発性能を最大にチューニングするスピードインジェクションは、ジェルの注入ポートがフェース面から側面に移動しています。

これにより、フェース面に余分な穴やネジが無くなり、M3・M4の頃のきれいなフェース面に戻っています。

SIM2 MAXドライバーのスペック

  • ロフト角:9、10.5、12°
  • ライ角:56°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.75″

標準シャフト

Fujikura Ventus Blue

硬さ 重量 トルク 弾道 スピン量
S 55g 3.9 中~高
R 54g 4.1 中~高
A 53g 4.3 中~高

SIM2 MAXドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ロフト角、ライ角、クラブ長さなど、基本的なスペックは日本とUSで同じ値となっています。ウェイトの重量を日本モデルのみ軽くするメーカーもありますが、SIM2 MAX Dドライバーの後方ウェイトは同じタングステンの24gです。

標準シャフトは、日本モデルはTENSEI BLUE TM50 (’21)なのに対して、USモデルはFujikura Ventus Blueです。

日本モデルではSIM2 MAXとSIM2 MAX-Dでシャフトが同じですが、USモデルではSIM2 MAXがVENTUSでSIM2 MAX-DがAir Speederになっていて、USモデルの方がより対象ゴルファーに合わせたシャフト設定になっています。

バランスは日本モデルがD3、USモデルがD4となっています。

USシャフトは、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われていますので、普段より柔らかいスペックを選択すると良いでしょう

SIM2 MAXドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

公式サイトでのSIM2 MAXドライバーの掲載価格を見てみますと、USは$529.99、日本は76,000円となっています。1ドル105円で計算すると約2万円ぐらいの差があります。

USモデルはネットで簡単に購入できる

USモデルの購入については、特に難しい点はありません。日本の小売りでも取り扱いが増えていて、ネットでも多数出品されています。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


SIM2 MAX Dドライバー USモデルの特徴・違い

テーラーメイドのSIM2 MAX DドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

SIM2 MAX Dドライバー USモデル

ドローバイアス設計

SIMからSIM2になり、アルミ素材の採用とカーボン素材の多用により、徹底した軽量化が進められています。

SIM2 MAX Dドライバーは、前作同様にドローバイアス設計になっていて、ネック近くに固定ウェイトが搭載され、さらに、イナーシャジェネレータそのものもヒール寄りに設けられています。

ヒール寄りに重心が寄ることにより、重心距離が短く・重心角が大きくなりますので、フェースをスクエアに戻しやすく、また、ヘッドが自然にスクエアに返る効果があります。

SIM2シリーズの3種類のドライバーの中で、最もスライスが抑えられます。

スピードインジェクションの注入口がサイドに移動

素材・構造面以外は、前作同様のテクノロジーが搭載されています。

貫通型スピードポケット、ツイストフェース、スピード・インジェクションが搭載され、ミスへの強さ、フェースの広い面での反発性能の高さが発揮されます。

特に、スピード・インジェクションは樹脂の注入口がフェース面からトゥ側の側面に移動したため、フェースもすっきりしています。

SIM2 MAX Dドライバーのスペック

  • ロフト角:9、10.5、12°
  • ライ角:56°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.75″

標準シャフト

Fujikura Air Speeder

硬さ 重量 トルク 弾道 スピン量
S 51g 6.3 中~多
R 49g 6.5 中~多
A 47g 6.5 中~多

SIM2 MAX DドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ロフト角、ライ角、クラブ長さなど、基本的なスペックは日本とUSで同じ値となっています。ウェイトの重量を日本モデルのみ軽くするメーカーもありますが、SIM2 MAX Dドライバーの後方ウェイトは同じ22gです。

標準シャフトは、日本モデルはTENSEI BLUE TM50 (’21)なのに対して、USモデルはFujikura Air Speederです。

シャフトそのものはUSモデルの方が2~4gほど軽いですが、バランスは日本モデルがD2.5、USモデルがD4です。

USシャフトは、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われていますので、普段より柔らかいスペックを選択すると良いでしょう

SIM2 MAX DドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

公式サイトでのSIM2 MAX Dドライバーの掲載価格を見てみますと、USは$529.99、日本は76,000円となっています。1ドル105円で計算すると約2万円ぐらいの差があります。

USモデルはネットで簡単に購入できる

USモデルの購入については、特に難しい点はありません。日本の小売りでも取り扱いが増えていて、ネットでも多数出品されています。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


SIM MAX Dフェアウェイウッド USモデルの特徴・違い

テーラーメイドのSIM MAX DフェアウェイウッドのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

SIM MAX Dフェアウェイウッド USモデル

SIM MAXのドロー仕様モデル

SIM MAX Dフェアウェイウッドは、従来までのモデルでは、D-typeという名称が付されたものと同じで、ドロー仕様のモデルです。

インナーウェイトがヒール寄りに搭載され、ヘッドの返りが良いモデルで、スライスを改善したいゴルファー向けとなります。

ノーマルモデルよりもハイロフト設計で、球が上がりやすい

SIM MAX Dフェアウェイウッドは、ノーマルなSIM MAXフェアウェイウッドよりも全番手でロフト角が1°大きく、フェースが寝ています。

フェースが上を向くことで、インパクトの際に打ち出しが高くなり、球が上がりやすくなっています。

SIM MAX Dフェアウェイウッドのスペック

番手 ロフト角 ライ角 ヘッド体積 クラブ長さ バランス
3 16° 59° 190cc 43.25″ D2
5 19° 59.5° 165cc 42.25″ D2
7 22° 60° 165cc 41.75″ D2

標準シャフト

USモデルでは、UST Mamiya Helium FW5のみが公式サイトで紹介されています。ノーマルモデルでは、VENTUS BLUE 6 FW、VENTUS BLUE 5 FWとなっていますので、この点もノーマルモデルとの違いとなります。

UST Mamiya Helium FW5

フレックス シャフト重量 弾道高さ
S 56g
R 54g
A 52g

SIM MAX DフェアウェイウッドUSモデルと日本モデルの違い

番手・ロフト角はUSモデルと日本モデルで同じですが、ライ角はUSモデルの方が2°アップライトになっています。

シャフトはUSと日本で基本的に異なっていますが、長さの表記は同じです。

ライ角が異なっていますので、日本モデルの方は寝ていることで、身長や腕の長さの差に対応されているのかもしれません。

なお、シャフトのフレックスについては、USモデルでは同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。購入する際は、このあたりを考慮して、普段より柔らかめを選択されると良いでしょう。

SIM MAX DフェアウェイウッドのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

USモデルは約300ドル、日本モデルは40,000円となっていますので、実際、SIM MAX DフェアウェイウッドはUSモデルの方が安価なようです。

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


SIM MAXアイアンとSIM MAX OSアイアンの違いを比較

テーラーメイドのSIMシリーズから発売のSIM MAXアイアンとSIM MAX OSアイアンについて、違いを取り上げます。

SIM MAXアイアンとSIM MAX OSアイアン

これまでのMシリーズは、M3アイアンとM4アイアン、M5アイアンとM6アイアンという形で、アスリート向けのM3・M5とアベレージ向けのM4・M6からアイアンがリリースされていました。

一転、SIMシリーズでは、アベレージ向けのSIM MAXからスタンダードとオーバーサイズの2種類のアイアンがリリースされています。

SIM MAX OSアイアンはヘッドサイズが大きい

SIM MAX OSアイアンの公式サイトでの説明は以下の通りとなっています。

SIM MAXアイアンをより軽く、よりビッグに! 基本性能は踏襲しつつ、さらにワイドなソールが低重心化を促進し、高弾道・低スピンでぶっ飛ぶ!
引用:taylormadegolf.jp

ヘッドサイズがSIM MAXよりも大きく、クラブ重量は10g軽くなっています。

フェースをワイドに使う方、軽いアイアンで振りやすさを確保したい方は、OSの方が適しています。

ちなみに、OSはOver Sizeの略で、大型を意味しています。

SIM MAX OSアイアンのソールはかなり厚め

左がSIM MAXアイアン、右がSIM MAX OSアイアンです。どちらのアイアンもソールはかなり分厚くとられています。

低重心・深重心になっていますので、ミスに対する許容性と球の上がりやすさを持たせようという意図が反映された形状です。

ソール幅がしっかりありますので、地面にヘッドがささりにくく、アイアンでダフりやすい人が扱いやすくなっています。

球が上がりやすいのはSIM MAXアイアン

どちらのアイアンも球が上がりやすくなるよう、低重心化されています。

ただ、ロフト角は大きく違いがありまして、7番アイアンで比べると、SIM MAXアイアンは28.5°、SIM MAX OSアイアンは26°となっています。

参考までに、キャロウェイのMAVRIKアイアンは27°、ゼクシオイレブンアイアンは28°ですので、SIM MAX OSアイアンは思い切ったストロングロフト、反対にSIM MAXアイアンは最近のモデルとしてはロフトを立てすぎてないアイアンと言えます。

SIM MAXアイアンは、OSよりも2.5°寝ていますので、とても球が上がりやすくなっています。

なお、スピン量はどちらのアイアンもあまり多くありませんので、球を止めたい方は、SIM MAX OSアイアンだと扱いにくい可能性があります。SIM MAXアイアンの方が前に行きすぎず、しっかり上がりますのでおすすめです。

どちらもグースネックで、つかまりが良い

左がSIM MAXアイアン、右がSIM MAX OSアイアンです。どちらもグースが効いたネックで、アドレスした時に球をしっかり捉えるイメージが持てます。

実際の弾道もしっかり球がつかまりますので、持ち球がドローの方は扱いにくいと思いますが、反対にスライスが出やすい方は、右へのミスがかなり抑えられると思います。

標準シャフトは同じ

標準シャフトはどちらのモデルも同じものが採用されています。写真上がTENSEI BLUE TM60カーボン、写真下がKBS MAX 85 JPスチールです。

軽さを特徴にしたモデルでは、5~10gほど軽いシャフトを採用することがありますが、SIM MAXシリーズのアイアンは全く同じシャフトで、スペックのラインナップも同じです。

SIM MAXアイアンとSIM MAX OSアイアンの試打・評価

SIM MAXアイアンとSIM MAX OSアイアンの試打・評価については、別記事にまとめてありますので、リンクを載せておきます。

≫ SIM MAXアイアンの試打・評価まとめ

≫ SIM MAX OSアイアンの試打・評価まとめ