M5アイアンとM6アイアンの違いを徹底解説!

テーラーメイドの2019年のMシリーズからは、M5アイアンとM6アイアンの2種類のモデルが発売されています。

この2つのモデルについて、どのような特徴、どのような違いがあるかを取り上げます。

M5アイアンとM6アイアンの関係

M5アイアンとM6アイアンは、2019年のMシリーズから発売のモデルです。

M5アイアンはコンパクトで操作性があり、M6アイアンは飛距離と寛容性に優れています。

スピードブリッジ、スピードポケットはどちらも搭載

出典:https://www.taylormadegolf.jp/m5-m6-irons-jp.html

M5、M6アイアンは、バックフェースに斜めのリブ構造が設けられたユニークな形状をしています。

スピードブリッジと呼ばれるこの構造が採用されることで、スピードポケットの搭載や薄肉フェースの実現が可能となっています。

この辺りの主要なテクノロジーは、M5、M6アイアンの双方に搭載されています。

M5の方がヘッドはコンパクトで操作性が高い

左がM5アイアン、右がM6アイアンです。ヘッドはM5アイアンの方がコンパクトに仕上がっていて、弾道を操作したい方に好まれる形状です。

軽量化のために設けられたホーゼルの凹みについても、M5アイアンはアドレスした時に見える部分は削られていませんので、違和感なく構えやすくなっています。

対して、M6アイアンの方は360°削られていますので、外観よりも軽量化による最適重心を重視した形になっています。

M5アイアンはトゥ側にタングステンウェイトを搭載

出典:https://www.taylormadegolf.jp/m5-m6-irons-jp.html

M5アイアンはトゥ側にタングステンウェイトが搭載されています。慣性モーメントを大きくする効果がありますので、コンパクトなヘッドシェイプでありながら、やさしさを高めた重心設計となっています。

M6はグースがあり、しっかりボールがつかまえられる

ネック形状を比較してみると、左のM5アイアンはオフセットが少ないですが、M6アイアンはFPが小さくグースが効いた形状で、ボールをしっかりつかまえやすくなっています。

M6アイアンは、しっかりつかまることで、右へのミスが出にくく、飛距離が出やすくなっています。

一方、M5アイアンは、ストレートに近いネック形状ですので、イメ―ジした弾道を実現しやすくなっています。

トップブレードもM6の方が厚めで、オフセンターヒット時のミスをより小さく抑えてくれます。

ソールはM6の方が厚い


ソールは右のM6アイアンの方がかなりしっかりとした形状になっています。

低重心に加え、深重心となっていますので、打点のバラツキに対して、強さを発揮してくれます。

M6アイアンの方がストロングロフト

7番アイアンのロフト角を比較すると、M5アイアンは30°で、アスリート向けほどではありませんが、アベレージ向けよりは寝ていますので、調度中間的で、セミアスリート向けです。

M6アイアンは28.5°となっていますので、この時期のアベレージ向けとしては標準的なロフト設定です。もちろん一昔前のアイアンと比べれば、随分とストロングロフトにはなっています。

M5アイアン・M6アイアンの試打・評価

M5アイアン、M6アイアンの試打・評価については、別記事にまとめてありますので、リンクを載せておきます。

M5アイアン 試打・評価・徹底解説

M6アイアン 試打・評価・徹底解説

「M5アイアン・M6アイアン」関連のおすすめ記事

M6アイアンとM4アイアンの違いを徹底解説!

 

SIM2 ドライバー・SIM2 MAXドライバーがドライバー適合リストに掲載

SIM2ドライバー、SIM2 MAXドライバーがルール適合リストに掲載されました。

テーラーメイドの2021年モデルと思われるSIM2シリーズについて取り上げます。

SIM2 ドライバー、SIM2 MAXドライバーが適合リストに掲載

出典:https://www.randa.org/

テーラーメイドの2021年モデルではないかと噂されていた「SIM2」。

SNSでも映像がちらほらと出ていましたが、遂にドライバーのルール適合リストにも掲載されました。

登録されているドライバーは、SIM2ドライバーとSIM MAXドライバーの2種類です。

SNSで情報を掴んでいる人は、あれっ?と思った方もいると思います。SNSではSIM2 MAX Dドライバーの存在も確認されていますが、当記事投稿時点では、Dドライバーは適合リストに掲載されていません。

ただし、これまでのテーラーメイドのドライバーラインナップからすると、Dタイプが発売されるのは間違いないと思います。

フォージド・ アルミニウムによる新構造か?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Leka Golf(@leka_golf)がシェアした投稿

SIM2シリーズで特徴的なポイントの1つが、フォージド・アルミニウムです。

適合リストにも「FORGED ALUMINUM」と記載されていたものの、映像からはどこの部分かは確認できませんでした。

しかし、上のSNS映像では、フォージド・アルミニウムを記されたブルーのパーツが、イナーシャのウェイト搭載部分、ソールとクラウンの境目部分に採用されています。

ブルーのアルミニウム、前側のホワイトカラーの部分(チタン?)の2つでシャーシを掲載していて、空いている部分にカーボンパーツを埋め込んでいるようにも見えます。

アルミニウムと言えば軽量素材であることは明らかですから、軽量化をさらに推し進めたと思われます。

ウェイトのスライド機能は未搭載か?

 

この投稿をInstagramで見る

 

@bainagolfがシェアした投稿


こちらのSNS投稿では、SIM2シリーズのドライバーが3種類あることが分かります。左からSIM2、SIM2 MAX、SIM2 MAX Dドライバーとハードなタイプから並んでいます。

ウェイトの位置がハードなものほどセンターに寄っていて、ボールのつかまりを抑えた重心設定であることが推測されます。

なお、上級者向けと思われる左のSIM2 ドライバーは、ウェイトのスライド機能が無いように見えます。

これまでの上級者向けモデルは、前後・左右のウェイト調整機能が長らく搭載されていましたが、SIMドライバーになって前後の調整がはずされ、SIM2ドライバーとなって左右の調整もはずされた、つまり、徐々にウェイトの移動機能を廃止にもってきたようにも思えます。

つかまり性能は、3つのタイプ別でチョイスして、後は可変スリーブで細かな調整をするというスタイルかもしれません。

SIM2ドライバー

出典:https://www.randa.org/

SIM2 シリーズのドライバーは、全てウェイトがソール前方に搭載されています。SIM2 ドライバーは、ヒールからの距離が最も長く、つかまりを抑えたウェイト設定であることが分かります。

名前、ウェイトの搭載位置からしても、SIMドライバーの後継で、上級者向けの低スピン・低弾道タイプであると考えられます。

実際にロフト角のランナップを見ても、8°・9°・10.5°の3種類で、低く打ち出したい方向けのスペックとなっています。

左右のウェイト調整機能を便利に使っていた方にとっては、ネガティブポイントかもしれませんが、こういったギミックは重量が嵩張りますので、テーラーメイド社としては、これを外してでも重量配分の最適化を図りたかったのではないかと思います。

SIM2 MAXドライバー

出典:https://www.randa.org/

SIM2 MAXドライバーは、SIM2ドライバーと比べてウェイトがややヒール寄りに搭載されています。

ウェイトに記された文字は、「HIGH MOI」のみで、「LOW SPIN」が消えています。

SIM2ドライバーよりも、つかまりがよく、打ち出しがやや高めで、直進安定性を高めたモデルで、まさしく、SIM MAXドライバーの後継と考えて良いでしょう。

ロフト角も12°がありますので、打ち出しを高くしたい人向け、ヘッドスピードがそこまで速くない人が扱えるモデルということが伝わってきます。

▼こちらの動画でもSIM2について推測・解説されています。

まとめ

SIM2シリーズのドライバーについて、SNSや適合リストの内容をもとに取り上げました。

テーラーメイドからはまだ公式情報が出ていませんが、ティザー動画などが近々出て来るのではないかと思います。

 

テーラーメイドの2021年ドライバーか?「SIM2ドライバー」の映像が出ている!

テーラーメイドの2021年モデルと思われる「SIM2 ドライバー」の画像がSNSに投稿されています。

テーラーメイドは毎年ニューモデルをリリースしてきますので、当然、2021年も新たなモデルが発売されるのは間違いなく、時期的にもそろそろ情報が出始める頃です。

SIM2ドライバー

 

この投稿をInstagramで見る

 

@_4nash_がシェアした投稿

SNSでテーラーメイドの2021年の新作ではないかと言われているのが、こちらのドライバーです。

ソールには「SIM2」と記載され、テーラーメイドならではの特徴がしっかり搭載されています。

まれにガセネタが出ることもありますが、これはガチ情報と見て間違いないのではないかと思います。

SIM2ドライバーは3種類ありそう!

 

この投稿をInstagramで見る

 

@_4nash_がシェアした投稿


上記の他に、もう一つSNSで確認されている画像がこちらです。

SIM2と記載されたヘッドが3種類あり、両こぶしを突き上げているタイガーウッズと思われるゴルファーも一緒に映っています。

雰囲気からすると、テーラーメイドの「SIM2ドライバー」の宣伝用の映像のように思えます。

ちなみに、ドライバーヘッド3つの種類は、SIM2、SIM2 MAX、SIM2 MAX-Dとありますので、2020年のSIMシリーズと同じ構成のようです。

GOLF PLAYING 4さんにて、SIM2ドライバーについて、推測を含めてどのような特徴があるか、語られています。

移動式ウェイトは廃止か?

 

この投稿をInstagramで見る

 

@_4nash_がシェアした投稿


テーラーメイドのドライバーと言えば、ディープフェースでアスリート向けのモデルは、移動式のウェイトが搭載されているのが大きな特徴の一つでした。

しかし、今回、確認されている画像では、ウェイトはソール前方の中央付近に固定されていて、従来までの移動用のレールはありません。他メーカーのように別の箇所に刺し直すポートのようなものもありません。

どうやらアスリート向けモデルであってもドロー・フェードのウェイト移動による調整機能は無いようです。

SIM2 MAX Dドライバーは、スライサー向けか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

@_4nash_がシェアした投稿


テーラーメイドのドライバーは、日本でもとても人気がありますが、ややフェード仕様とも言われています。

そのため、スライサー、スライス気味の方には、やや扱い辛いと感じられる人も少なくないようです。

そこで注目されているのが、SIMシリーズで日本でも発売されたドロー仕様のDドライバーです。

今回のSIM2の映像でも、SIM2 MAX Dドライバーがしっかり映っていますので、日本でも引き続きドロー仕様が発売されるのではないかと期待が高まります。

 

SIM MAXドライバーの試打動画まとめ

テーラーメイドのSIM MAXドライバーについて、試打動画をまとめました。

SIM MAXは、やさしい方のドライバー

テーラーメイドの新シリーズ「SIM」からは、アスリートゴルファー向けの調整機能が付いたSIMドライバーと、アベレージゴルファー向けのSIM MAXドライバーが発売されています。

なお、後者のSIM MAXにはドローモデルがありまして、SIM MAX Dドライバーという第3のモデルも発売されています。

本記事では、SIM MAXドライバーについて取り上げます。

SIM MAXドライバーとM6ドライバーを試打比較

  • M6より弾いている感じがする。SIMより柔らかい。
  • M6より吹け上がる感じが無い。
  • SIMよりボールがつかまる。
  • ヘッドスピードが40~42m/sぐらいの人は、SIMよりSIM MAXが良い。

SIM MAXドライバーとSIMドライバーを試打

  • SIM MAXは重心距離が長いので、ヘッドターンがゆっくり。
  • フェースを開かずに振ると良い。
  • 広いエリアでフェースの反発がある。

SIM MAXドライバーを試打

  • SIM MAXはSIMよりも軽い分、振りやすい。
  • 距離重視で振りやすさを求めるのであればSIM MAX、コントロールしてドロー・フェードを打ちたい方はSIM
  • SIM MAXの方がつかまりやすいので、ハイドローが出る。

SIM MAXアイアンの試打・評価まとめ

テーラーメイドの2020年モデルの「SIM」から発売のSIM MAXアイアンについて、試打・評価をまとめました。

SIM MAXアイアンは、ヘッドサイズがややコンパクト

SIMシリーズから2種類にアイアンが発売されています。左が本記事で取り上げているSIM MAXアイアンで、右がSIM MAX OSアイアンです。

SIM MAXアイアンがスタンダードなアイアンだとすると、SIM MAXアイアンはヘッドサイズが大きく、クラブ重量は軽く、ロフトはストロングなモデルです。

テーラーメイドの公式サイトでは、SIM MAXアイアンについて以下の通り説明されています。

テーラーメイドの「スピードブリッジ」テクノロジーを採用した高弾道・高初速・優れた打感・クリーンなルックスを兼ね備えたSIM MAXアイアン。

ちなみに、M5アイアンはどうだったかというと、とても似た内容です。

テーラーメイドの新テクノロジー「スピードブリッジ」を採用した高弾道・高初速・優れた打感・クリーンなルックスを兼ね備えたM5アイアン。

みんなのゴルフダイジェストの記事で、M5アイアンに相当するのはP790アイアンという話があったのですが、商品説明だけみると、M5アイアンに相当するのはSIM MAXアイアンに思えてしまいます。

この辺りの疑問点もありましたので、SIM MAXアイアンの試打・評価をまとめました。

SIM MAX アイアンの特徴を解説

SIM MAXアイアンについて、打ラボしだるチャンネルでお馴染みの石井プロにより、試打した感想・評価が述べられています。

  • 打った感じ、構えた感じ、M6アイアンに似ているが、打感が違う。
  • エコーダンピングシステムという黒いゴムのようなものが搭載されていて、M6と比べると打った時の音が静かで、振動が柔らかい。
  • 軟鉄鍛造の柔らかさとは違うが、打感を良くしてくれている。
  • 球がすごく上がりやすい。
  • スピンが少ない分、大きく飛んでくれる。
  • 初級者・中級者にとって夢のようなアイアン。
  • 距離が落ちてきた年配の方も使える。
  • 距離系のアイアンで球が上がりづらい方におすすめ。

SIM MAXアイアンを試打

SIM MAX アイアンのKBS MAX 85 JPが装着されたモデルを試打した動画です。

  • トップブレードは飛び系アイアン特有の厚さだが、ヘッドの横幅が長くないので、構えやすい。
  • 7番アイアンでロフト角は28.5°。同程度のロフト角のアイアンと比べると、そこまで飛ぶアイアンではなく、球が上がりやすく、バックスピン量が多い。
  • 弾道が高く、つかまりも良い。右方向へのミスを抑えられるので、スライサーにおすすめ。フッカーには使いにくい可能性がある。
  • 打点がズレても打ち出し方向は一定なので、やさしい。
  • 打感は、一般的なポケットキャビティーアイアンと比べると、手に伝わる振動が少なく、打音も低い。軟鉄鍛造と比べると厳しい。
  • 打感はP790に近い。弾き感は少ない。

SIM MAXアイアンの試打・評価コメント

構えてみるとこんな感じ。トップラインが厚めな分、扱いやすさを感じそうです。イメージ的には、やっぱり「M6」アイアン

メチャクチャ球が上がるし、つかまりも良い感じ。

スピン量も少なめの棒球系です。オートマチック系アイアンだと思います。

フッカーは、ちょっとつかまりすぎてしまうかもしれません。それと、やはりミスヒットの寛容性が高いです。
引用:nikkansports.com

 

打感がいい! 軟鉄鍛造のような重くズシっと来る感触とは違いますが、軽やかで振動の少ない、ピシッといった感触で、体にやさしい?打感です。

打点ズレは左右だけでなく上下にも強いです。特にフェース下部への打点のズレに対してはスゴいです。

操作性に関しては、“ほぼない”といってもいいかも。
引用:kakakumag.com