ステルスの全フェアウェイウッド・レスキューを一挙紹介!発売日も決定!ステルスPLUS・ステルス

テーラーメイドから2022年に発売のステルスシリーズ。フェアウェイウッドとレスキュー(ユーティリティ)は2タイプのモデルが発売となっています。

ステルスのフェアウェイウッド、レスキューのそれぞれ2タイプについて、スペック・発売日・発売価格について取り上げます。

ステルスシリーズのフェアウェイウッド

ステルスシリーズのフェアウェイウッドは、ステルスPLUSフェアウェイとステルスフェアウェイの2機種です。

前作のSIM2では、ドローモデルが加わった3機種ありましたので、モデル数は減った形となっています。

ステルスPLUSフェアウェイウッド

特徴

ステルスPLUSフェアウェイは、アスリートゴルファー向けのハードな方のモデルで、SIM2フェアウェイの後継となります。

  • ソールに金属プレートが搭載され低重心になっている
  • ヘッドが小ぶりで操作性がある
  • 強靭で反発性能に優れたZATECチタン製のフェースが採用されている
  • ロフト角・ライ角の調整機能が搭載さている

ヘッド体積は、ノーマルなステルスフェアウェイと比べると15cc小ぶりで、意図した弾道を繰り出しやすくなっています。

スペック

番手 3番 5番
ロフト角 15 19
ライ角 57 57.5
ヘッド体積 175 150
長さ 43.25 42.25

ステルスフェアウェイウッド

特徴

ステルスフェアウェイウッドは、ヘッド体積・投影が大きく、直進性を重視したヘッド設計で、SIM2 MAXフェアウェイとなります。

  • ロフト角・ライ角調整機能はなく、ネック周りがすっきりとしいる
  • 投影が大きく、安心感がある
  • クラウンのカーボンエリアがトゥ側ソール面まで拡大されている

操作性よりも直進性や寛容性を求める方向けとなります。3番のロフトを1.5°寝かせた3HLがあり、長い距離のフェアウェイで球を上げたい人に適しています。

スペック

番手 3番 3HL 5番 7番
ロフト角 15 16.5 18 21
ライ角 57 57 57.5 58
ヘッド体積 190 190 165 165
長さ 43.25 43.25 42.25 41.75

ステルスシリーズのレスキュー

ステルスシリーズのレスキューは、フェアウェイウッドと同様にステルスPLUSレスキューとステルスレスキューの2機種です。

レスキューには以前からドローモデルがなく、前作のSIM2シリーズでも2機種です。

ステルスPLUSレスキュー

特徴

ステルスPLUSレスキューは、フェースのトゥが高い四角型で、アイアンライクなユーティリティです。

ヘッドの後ろも大きく過ぎず、アイアン感覚で構えやすくなっています。

強い球を打ちたい、アイアンとのつながりを重視したい方に適しています。

  • アイアンライクな形状で、アイアン感覚で振りやすい
  • ロフト角・ライ角の調整機能が搭載されている

スペック

番手 2番 3番 4番
ロフト角 17 19.5 22
ライ角 58 58.5 59
長さ 40.75 40.25 39.75

ステルスレスキュー

特徴

ステルスレスキューは、フェースが丸型ウッド形状で、ウッド型のユーティリティです。

ヘッド後方が長く取られていて、深重心になっていますので、寛容性があり、ウッド感覚で振り抜くことができます。

球も上がりやすいため、高さを出してグリーンを狙いたい方に適しています。

  • ウッド型のユーティリティで、球が上がりやすい
  • 4種類の番手があり、19°~28°までカバーしている

スペック

番手 3番 4番 5番 6番
ロフト角 19 22 25 28
ライ角 60 60.5 61 61.5
長さ 40.25 39.75 39.25 38.75

まとめ

テーラーメイドの2022年の新シリーズ「ステルス」のフェアウェイウッドとレスキュー(ユーティリティ)について取り上げました。

フェアウェイウッドは、難しいモデルとやさしいモデルに分かれいますが、レスキュー(ユーティリティ)は、形状がアイアン型とウッド型に分かれています。

まずは、アイアンとウッドのどちらが得意かで、レスキューの形状を選ばれると良いと思います。

M2アイアン USモデルの特徴・違い

テーラーメイドのM2アイアンのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

M2アイアン USモデル

スピードポケットがミスを許容

M2アイアンはソールにスピードポケットが搭載されています。特にフェース下方でのオフセンターヒット時に、ミスの許容性を発揮し、飛距離の大幅な落ち込みを抑えてくれます。

グースが効いたつかまり感のあるネック

ネック形状はオフセットがあり、グースが効いた形状となっています。

ボールのつかまりを良くしてくれますので、つかまえて大きく飛ばしやすくなっています。

また、トップブレードが厚めになっていますので、フェース外周部に剛性があり、ミスへの許容性が高くなっています。

低重心で高弾道を実現

M2アイアンはソールがしっかりめになっていて、重心が下に集められています。

低重心設計により、ボールが上がりやすくなっています。

ロフト角は7番で28.5°と、ややストロングロフトですが立ち過ぎていませんので、ボールの上がりやすさと飛距離のバランスに優れています。

とにかく飛ばしたい人というより、中程度の飛び系で、球が上がって打感も良いものを求める方におすすめです。

M2アイアンのスペック

番手 ロフト角 ライ角 オフセット 長さ バランス
4 19° 61.5° 5.8mm 38.88″ D2
5 21.5° 62° 5.2mm 38.25″ D2
6 25° 62.5° 4.7mm 37.63″ D2
7 28.5° 63° 4.2mm 37.00″ D2
8 33° 63.5° 3.5mm 36.50″ D2
9 38° 64° 3.0mm 36.00″ D2
PW 43.5° 64.5° 2.6mm 35.50″ D2
AW 49° 64.5° 2.2mm 35.50″ D2

標準シャフト

  • M2 REAX S-75G
  • M2 REAX R-65G
  • M2 REAX A-55G
  • REAX 88HL by FST S

M2アイアンのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、ロフト角、ライ角、長さはUSモデルと日本モデルで違いがありません。アイアンはロフト角が異なるケースがありますが、M2アイアンは同じ設定となっています。

ただし、クラブセッティングには違いがありまして、USモデルにはSWがなく、日本モデルには4番がありません。全体本数は変わりませんが、1番手ずれています。

シャフトの種類については、2017年の発売当時、日本ではカーボンがTM7-216、スチールがREAX-90 JPでしたが、当記事執筆時点では日本でもワールドワイドモデルとなっていて、カーボンがREAX 17、スチールがREAX88 HLとなっています。

また、シャフトの硬さについては、USと日本で基本的に異なっています。またUSモデルの場合は、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。このあたりを考慮すると、普段より1つ柔らかめを選択すると良いでしょう。

M2アイアンのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

しかし、M2アイアンについては、USと日本の公式サイトでの価格を見てみますと、USはカーボンシャフトの4~Pの7本セットが$599.99、日本はカーボンの5~Pの6本セットで29,900円となっています。日本の方はセットが1本少ないので、単品でSWを加えても34,883円です。

1ドル110円で計算すると約30,000円ぐらいの差があります。

USモデルはネットで普通に購入できる

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


ステルスの全ドライバーを一挙紹介!発売日も決定!ステルスPLUS・ステルス・ステルスHD

テーラーメイドから2022年に発売のステルスシリーズ。ドライバーは3タイプのモデルが発売となっています。

ステルスのドライバー3種について、スペック・発売日・発売価格について取り上げます。

ステルスのドライバーは3タイプ

ステルスシリーズのドライバーは、一昨年のSiM、昨年のSiM2と同様に、小ぶり、シャロー、シャロー&ドローの3タイプ構成になっています。

写真左から、ステルス プラス ドライバー、ステルスドライバー、ステルスHDドライバーです。

3タイプの違いや詳しい特徴については、この後で取り上げます。

最大の特徴はカーボンフェース

ステルスのドライバーで最も注目すべき点は、赤いフェースにあります。フェースにも刻まれている通り、カーボン素材が用いられていて、これはテーラーメイドが20年かけて追い求めてきたものが、実現に至ったそうです。

以前、グローレシリーズでもカーボンフェースはありましたが、世界のトッププロが使用するモデルで採用するのに十分な品質・性能に、遂に至ったということでしょう。

ステルス プラス ドライバー

特徴

  • スライディングウェイト
  • ロフト角調整機能
  • イナーシャジェネレータ
  • カーボンフェース
  • 貫通型スピードポケット

ソール前方にウェイト調整機能が付いたモデルで、SIM2ドライバーの後継モデルとなります。

ウェイト調整機能は、SIMドライバー以来、2年振りの搭載となります。

スペック

  • ロフト角:9°・10.5°
  • 体積:460cc
  • ライ角:56°
  • 長さ:45.75インチ

シャフト

  • TENSEI SILVER TM50 (’22) (S,SR,R)
  • Tour AD UB-6 (S)
  • SPEEDER NX 60 (S)
  • Diamana PD 60 (S)

ステルス ドライバー

特徴

  • ロフト角調整機能
  • イナーシャジェネレータ
  • カーボンフェース
  • 貫通型スピードポケット

前年のSIM2 MAXドライバーの後継に当たるモデルで、ウェイト調整機能はなく、深重心・低重心で、寛容性が高く、球が上がりやすいドライバーです。

ロフト角は9、10.5°に加えて、12°もありますので、ヘッドスピードが遅めの方でも、ハイロフトのスペックを選択することで、十分な弾道高さが得られます。

スペック

  • ロフト角:9°・10.5°・12°
  • 体積:460cc
  • ライ角:56°
  • 長さ:45.75インチ

シャフト

  • TENSEI RED TM50 (’22) (S,SR,R)
  • Tour AD UB-6 (S)
  • SPEEDER NX 60 (S)
  • Diamana PD 60 (S)

ステルス HD ドライバー

特徴

  • ロフト角調整機能
  • イナーシャジェネレータ
  • カーボンフェース
  • 貫通型スピードポケット
  • ドローバイアス

こちらもソール前方のウェイト調整機能が無いモデルで、SIM2 MAX Dドライバーの後継モデルとなります。

ソール中央のイナーシャジェネレータが、ややヒール寄りにあり、ドローバイアスになっています。

つかまりが良く、打ち出しが高く、高弾道のドローボールが出やすくなっています。

スペック

  • ロフト角:9°・10.5°・12°
  • 体積:460cc
  • ライ角:56°
  • 長さ:45.75インチ

シャフト

  • TENSEI SILVER TM50 (’22) (S,SR,R)

まとめ

テーラーメイドの2022年の新シリーズ「ステルス」について取り上げました。

発売日は2022年2月4日が予定されています。

【youtube LIVE配信】テーラーメイド 2022 ステルスの新製品発表会

ステルスの全ドライバーを一挙紹介!発売日も決定!ステルスPLUS・ステルス・ステルスHD

テーラーメイドの2022年モデルの新製品発表会が2022年1月12日にyoutubeでLIVE配信されます。

既に適合リストにも登録されている「ステルス」シリーズが主な内容になりそうです。

テーラーメイド 2022 新製品発表会のLIVE 配信–youtube

youtubeによる新製品発表会のライブ配信は、2022年1月12日(水)14:00から予定されています。

公式サイトには、ステルスの情報はまだ掲載されていませんが、

「メタルウッドの次はなんだ?」という意味深?なメッセージが載せられていて、ティザー的な動画もアップされています。

カーボンフェースを搭載したカーボンウッドであることは、既にUSの方で情報が出ていますので、

WOOD(木材)→METAL WOOD(金属)→CARBON WOOD(炭素)

ということは分かっています。

2022年のテーラーメイドの新製品は「ステルス」

USテーラーメイドの方では、一足先に新製品の「ステルス」の情報が公開されています。

こちらはステルスのドライバー3機種です。USと日本で発売モデルが同じだとすれば、下記の3種になります。

  • ステルス PLUSドライバー(ウェイト調整機能付き)
  • ステルスドライバー
  • ステルスHDドライバー(ハイドローモデル)

日本の公式サイトでの情報も、新製品発表に合わせて2022年1月12日に公開されるのではないかと思います。

⇒ ステルスの全ドライバーを一挙紹介!発売日も決定!ステルスPLUS・ステルス・ステルスHD

テーラーメイドのステルス関連記事

ステルスの全ドライバーを一挙紹介!発売日も決定!ステルスPLUS・ステルス・ステルスHD

STEALTH ステルス ドライバーの公式動画が出た!

タイガーウッズの復帰戦で、ステルスPLUSドライバー・フェアウェイウッドが使われた!

ステルス ドライバーがルール適合リストに掲載!ステルスとステルスPLUSの2機種

ステルス ドライバーの画像を確認!

 

STEALTH ステルス ドライバーの公式動画が出た!

ステルスの全ドライバーを一挙紹介!発売日も決定!ステルスPLUS・ステルス・ステルスHD

テーラーメイドの2022年モデル「ステルス」のドライバーについて、公式動画がyoutubeに投稿されました。

噂通りカーボンフェースを搭載したドライバーのようです。

メタルウッドの次はなんだ?

こちらは、日本テーラーメイドの公式チャンネルにアップされた動画です。

実は、USテーラーメイドの方でもアップされている動画があるのですが、赤いフェースの画が出てくるだけでティザーですが、日本の方はクラブの外観がしっかり映し出されています。

動画の中で、「METAL WOOD」、「NEXT」と来て、例の赤いフェースが登場しまして、カーボンフェースを示唆している内容となっています。

USテーラーメイドによるSTEALTHドライバーの試打動画

USテーラーメイドでは、動画が2本アップされています。

1本は先ほども少し触れた件で、ティザーなのでほぼほぼ内容がありません。興味がある方はコチラをご覧ください。

≫ Coming in Red Hot | TaylorMade Golf — youtube.com

もう1本の動画は、試打動画となっています。

▼ステルスドライバーの試打動画

動画の後半では、実際に試打されています。

カーボンフェースのカーボンウッド。気になるのは打音ですが、なかなか良い音です。

以前のカーボンウッドは、カポーンという拍子抜けするようなモデルがありましたが、チタンと言われても分からないのではないかと思います。

テーラーメイドのステルス関連記事

ステルスの全ドライバーを一挙紹介!発売日も決定!ステルスPLUS・ステルス・ステルスHD

タイガーウッズの復帰戦で、ステルスPLUSドライバー・フェアウェイウッドが使われた!

ステルス ドライバーがルール適合リストに掲載!ステルスとステルスPLUSの2機種

ステルス ドライバーの画像を確認!