G425 LSTフェアウェイウッド USモデルの特徴・違い

PINGのG425 LSTフェアウェイウッドのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

G425 LSTフェアウェイウッド USモデル

3タイプの中で最も小ぶりなヘッド

G425 LSTフェアウェイウッドは、G425シリーズの3タイプのフェアウェイウッドの中で、最もヘッド体積が小さく小ぶりです。

スピンが抑えられ、操作性もありますので、強弾道を求めるハードヒッター、反応性を求める上級者に好まれています。

タービュレーターがなくなり、すっきりとした外観になっている

Gシリーズのフェアウェイウッドにはクラウンに空力を制御するタービュレーターが搭載されていましたが、G425シリーズでは外されていて、すっきりとしたクラウンになっています。

クラウンの前方には3ドットのアライメントマークが描かれ、従来モデルよりもターゲットとボールに対してセットアップしやすくなっています。

可変スリーブを搭載

出典:https://ping.com/en-us/clubs/drivers/g425-max

前作と同様に、USモデル・日本モデル共に可変スリーブが搭載されています。

合計8つの調整ポジションへの切替が可能で、ロフト角は±1.5°まで、ライ角は3°フラットに切り替えることができます。

G425 LSTフェアウェイウッドのスペック

番手 3
ロフト角 14.5°
長さ 43″
ライ角 56.5°
ヘッド体積 165cc
バランス D2

日本モデルのスペックと比較すると、ロフト角、ヘッド体積、長さなどは同じですが、ライ角は日本モデルの方が1°アップライトになっています。

以前のSTRETCH3と同様、今回もLSTタイプは3番ウッドのみで、5番や7番はありません。

G425 LSTフェアウェイウッドの標準シャフト

  • ピン Alta CB 65 Slate
  • ピン Tour 65
  • ピン Tour 75
  • 三菱 Tensei AV Orange 75
  • アルディラ Rogue White 130 MSI 70
  • アルディラ Rogue White 130 MSI 80
  • アルディラ Rogue White 130 MSI 70

ピン Alta CB 65 Slate

フレックス 重量 打ち出し角
Soft Regular 61.0g
Regular 63.0g 中高
Stiff 67.0g
X-Stiff 71.0g

ピン Tour 65

フレックス 重量 打ち出し角
Regular 53.0g
Stiff 57.0g 低中
X-Stiff 62.0g

ピン Tour 75

フレックス 重量 打ち出し角
Regular 64.0g
Stiff 70.0g 低中
X-Stiff 76.0g

三菱 Tensei AV Orange 75

フレックス 重量 打ち出し角
X-Stiff 71.0g 低中
Regular 66.0g 中高
Stiff 68.0g

アルディラ Rogue White 130 MSI 70

フレックス 重量 打ち出し角
Regular 61.0g

アルディラ Rogue White 130 MSI 80

フレックス 重量 打ち出し角
Stiff 71.0g 低中
X-Stiff 75.0g

G425 LSTフェアウェイウッドのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、番手・ロフト角のラインナップはUSモデルと日本モデルで同じですが。ライ角はUSモデルの方が1°フラットとなっています。

シャフトはUSモデルも日本モデルも多数用意されていて、選ぶことができます。なお、シャフトラインナップは異なっています。

ウェイト、可変スリーブが搭載されている点も同じですので、基本的な違いはライ角とシャフトと考えて良いでしょう。

USシャフトは、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われていますので、普段より柔らかいスペックを選択すると良いでしょう。

G425 LSTフェアウェイウッドのUSモデルの購入・価格

USモデルと日本モデルでは、一般的にUSモデルの方が安いケースが多いです。

PINGのドライバーについても、ネットでの市場価格を見比べてみますと、日本モデルの方が6千円ほど高くなっています。

USモデルは、日本でも取り扱われるショップが年々増えていて、シャフトの違いでUSモデルを好まれる方がいる一方で、価格が安いことで選ばれる方もいます。

日本で購入する場合、ネットでの取り扱いも増えています。フェアウェイゴルフUSAさんでは、アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


PING G430が商標登録されている!G430ドライバー

PINGのG430に関する情報が出て来ましたので、取り上げます。

PING G430

PINGのGシリーズは、G400、G410、G425と、G400からカウントアップされた名称で後継がリリースされています。

G410からは、何故かG425と半端な数字になりましたが、この理由はPINGから特に説明はないようです。

次のモデルについては、G430、G435などが推測されますが、G430となることはほぼ間違いないようです。

と言うのも、「G430」という名称が、商標登録されていることが分かったためです。

メーカーは、新製品を出す時、一般的な名詞ではない商品のばあい、商標登録を行います。

これは、同名の商品が他社から発売されないようにすることが主目的で、同じ名前の商品が存在しないことを確認する作業も、商標を気にする意図に含まれています。

カーステン マニュファクチュアリング コーポレーション

出願者を見ると、「カーステン マニュファクチュアリング コーポレーション」となっています。

「PING」じゃないの?とお思いの方もいると思います。

カーステンというのは、PINGの創業者が「カーステン・ソルハイム」の名前です。

ということで、「カーステン マニュファクチュアリング コーポレーション」は、カーステン製造会社という意味になりまして、PINGそのものの会社です。

G430シリーズについて

出典:TESS

G430シリーズについて、現在、確認できる情報は上記の商標のみとなります。

まだ、クラブの映像やテクノロジーなどの情報は、海外サイトを調べても、何も出てきていません。

G425の発売から時間も立っていますので、そろそろG430に関する情報が出ても良い頃合いではあります。

クラブの種類としては、従来通り、ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド、クロスオーバー、アイアンがリリースされるのではないかと思います。

渋野日向子は、未だにG410 PLUSドライバーを使っていて、G425のドライバーは合わないようなので、G430ドライバーに期待しているかもしれません。

渋野日向子 クラブセッティング・プロフィール・スイング動画

PING G400からG410 PLUSドライバーへの移行で注意したい3つのポイント!

 

G425 MAXフェアウェイウッド USモデルの特徴・違い

PINGのG425 MAXフェアウェイウッドのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

G425 MAXフェアウェイウッド USモデル

フェアウェイウッドもMAX

G425シリーズでは、ドライバーと同じくスタンダードモデルがMAXタイプとなっています。

ヘッド体積は前作のG410フェアウェイウッドと比べて、大凡4~5ccアップしています。

ソール後方には前作同様にウェイトが搭載されていて、PINGのフェアウェイウッド史上で最大のMOIが実現されています。

タービュレーターがなくなり、アライメントがある

Gシリーズでは、長らくフェアウェイウッドにもクラウンにタービュレーターが搭載され、空力制御の仕組みが採用されていました。

G425シリーズでは、タービュレーターはドライバーのみとなり、フェアウェイウッドはすっきりとした外観になっています。

その代わりかどうかは分かりませんが、アドレスする際に参考となるアライメントが施され、構えやすくなっています。

可変スリーブを搭載

出典:https://ping.com/en-us/clubs/drivers/g425-max

前作と同様に、USモデル・日本モデル共に可変スリーブが搭載されています。

合計8つの調整ポジションへの切替が可能で、ロフト角は±1.5°まで、ライ角は3°フラットに切り替えることができます。

G425 MAXフェアウェイウッドのスペック

番手 3 5 7 9
ロフト角 14.5° 17.5° 20.5° 23.5°
長さ 43″ 42.5″ 42″ 41.5”
ライ角 56.5° 57.0° 57.5° 58.0°
ヘッド体積 176cc 167cc 152cc 148cc
バランス D1 D1 D1 D1

日本モデルのスペックと比較すると、ロフト角、ヘッド体積、長さなどは同じですが、ライ角は日本モデルの方が1°アップライトになっています。

G425 MAXフェアウェイウッドの標準シャフト

  • ピン Alta CB 65 Slate
  • ピン Tour 65
  • ピン Tour 75
  • 三菱 Tensei AV Orange 75
  • アルディラ Rogue White 130 MSI 70
  • アルディラ Rogue White 130 MSI 80
  • アルディラ Rogue White 130 MSI 70

ピン Alta CB 65 Slate

フレックス 重量 打ち出し角
Soft Regular 61.0g
Regular 63.0g 中高
Stiff 67.0g
X-Stiff 71.0g

ピン Tour 65

フレックス 重量 打ち出し角
Regular 53.0g
Stiff 57.0g 低中
X-Stiff 62.0g

ピン Tour 75

フレックス 重量 打ち出し角
Regular 64.0g
Stiff 70.0g 低中
X-Stiff 76.0g

三菱 Tensei AV Orange 75

フレックス 重量 打ち出し角
X-Stiff 71.0g 低中
Regular 66.0g 中高
Stiff 68.0g

アルディラ Rogue White 130 MSI 70

フレックス 重量 打ち出し角
Regular 61.0g

アルディラ Rogue White 130 MSI 80

フレックス 重量 打ち出し角
Stiff 71.0g 低中
X-Stiff 75.0g

G425 MAXフェアウェイウッドのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、番手・ロフト角のラインナップはUSモデルと日本モデルで同じですが。ライ角はUSモデルの方が1°フラットとなっています。

シャフトはUSモデルも日本モデルも多数用意されていて、選ぶことができます。なお、シャフトラインナップは異なっています。

ウェイト、可変スリーブが搭載されている点も同じですので、基本的な違いはライ角とシャフトと考えて良いでしょう。

USシャフトは、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われていますので、普段より柔らかいスペックを選択すると良いでしょう。

G425 MAXフェアウェイウッドのUSモデルの購入・価格

USモデルと日本モデルでは、一般的にUSモデルの方が安いケースが多いです。

PINGのドライバーについても、ネットでの市場価格を見比べてみますと、日本モデルの方が7千円ほど高くなっています。

USモデルは、日本でも取り扱われるショップが年々増えていて、シャフトの違いでUSモデルを好まれる方がいる一方で、価格が安いことで選ばれる方もいます。

日本で購入する場合、ネットでの取り扱いも増えています。フェアウェイゴルフUSAさんでは、アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


G410 LSTドライバー USモデルの特徴・違い

PINGのG410 LSTドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

G410 LSTドライバー USモデル

G410にLSTも追加ラインナップ

G410シリーズのドライバーは、当初、スタンダードモデルのPLUSと、ドロー仕様のSFTの2種類のみの発売となっていました。

後から聞こえてきた話として、低スピンタイプのLSTは、前作が良すぎたため、それを上回るところまで持ってくるのに時間が掛かったと言われています。

実際に、前作を上回っているのかは気になるところかと思いますが、鈴木愛プロはG410 LSTドライバーに乗り換えていますので、プロからのお墨付きが出ていると言えそうです。

LSTにもウェイト調整機能をPLUS

G410シリーズでは、PLUSドライバーに、ドロー・フェードに切り替えられるウェイト調整機能が搭載されました。そして、この機能はG410 LSTドライバーにも搭載されています。

空力を重要視するPINGにとっては、ヘッドに凹凸を伴う装置を搭載することは悩ましかったと思いますが、時代の流れに沿ったのか、遂に搭載されたという形になっています。

ロフト角の調整機能は、進化したが、互換性は無し

G410シリーズのドライバーにも、引き続き可変スリーブが搭載されています。ロフト角の調整が可能となっていまして、今作では調整レンジが0.5°広がって1.5°となっています。

しかしながら、前作までのスリーブとは互換性がありません。お気に入りのシャフトを抱えている人にとっては、マイナス面の仕様変更ということになりそうです。

G410 LSTドライバーのスペック

  • ロフト角:9、10.5°
  • ライ角:57°
  • ヘッド体積:450cc
  • 長さ:45.75インチ

標準シャフト

  • PING Alta CB 55 Red
  • PING Tour 65
  • PING Tour 75
  • Project X EvenFlow Black 75
  • Mitsubishi Tensei CK Orange 60

PING Alta CB 55 Red

フレックス 重量 弾道
Soft Regular 56.0g High
Regular 59.0g Mid High
Stiff 63.0g Mid
X-Stiff 66.0g Mid

PING Tour 65

フレックス 重量 弾道
Regular 58.0g Mid
Stiff 62.0g Low Mid
X-Stiff 67.0g Low

PING Tour 75

フレックス 重量 弾道
Regular 68.0g Mid
Stiff 75.0g Low Mid
X-Stiff 80.0g Low

Project X EvenFlow Black 75

フレックス 重量 弾道
5.5 72.0g Low Mid
6 73.0g Low
6.5 78.0g Low

Mitsubishi Tensei CK Orange 60

フレックス 重量 弾道
Regular 61.0g High
Stiff 63.0g Mid High
X-Stiff 65.0g Mid

G410 LSTドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、ロフト角とそのラインナップはUSモデルと日本モデルで同じです。ライ角はUSモデルの方が1°フラットで57°となっています。

ライ角は同じかUSモデルの方がアップライトなことが多い印象がありますが、PINGのG410シリーズについては、日本のモデルの方がアップライトになっています。

シャフトはUSと日本で基本的に異なっています。またUSモデルの場合は、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。このあたりを考慮すると、普段より1つ柔らかめを選択すると良いでしょう。

G410 LSTドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


G425 LSTドライバー USモデルの特徴・違い

PINGのG425 LSTドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

G425 LSTドライバー USモデル

低スピン性能

G425 LSTドライバーは、ヘッド体積が前作に当たるG410 LSTドライバーと同じ445ccで、シリーズ中で最も小振りなヘッドです。

ヘッド形状は操作性を求める上級者に好まれる洋ナシ型で、ヘッドの奥行きが浅めで、浅重心設計となっています。

そのため低スピン性能に優れ、スタンダードモデルであるG425 MAXと比べると、約500〜700 rpmのスピン量の抑制が実現されています。なお、前作であるG410 LSTと比べると、約200 rpmのスピン量の減少となっています。

マットブラックなカラーリング

G425 MAXとG425 LSTは、ヘッド形状に違いがあるもの、ヘッド後方に移動式ウェイトが搭載され、非常に似通っています。

ただ、ソールのフェースの直ぐ後ろの部分が、G425 MAXやG425 SFTではシルバーなのに対して、G425 LSTは艶消しのマットブラックになっています。

ソール面はキャディーバッグに挿している時に見え、LSTは落ち着きのある精悍な印象を与えてくれ、G425シリーズのなかでも特別なドライバーで有ることを感じさせてくれます。

17gの移動式タングステンウェイトを搭載

出典:https://ping.com/en-us/clubs/drivers/g425-max

G425 LSTドライバーには、前作と同様に移動式のウェイト調整機能が搭載されています。ウェイト重量はMAXが26gなのに対して、LSTでは17gとなっています。

ウェイトを移動することで、ドロー・フェードの弾道調整が行えます。

なお、G425 LSTは、前作のG410 LSTと比べてボールのつかまりが良くなっています。

G425 LSTドライバーのスペック

  • ロフト角:9、10.5°
  • ライ角:57.0°
  • ヘッド体積:445cc
  • ヘッド重量:208g
  • 長さ:45.75インチ
  • バランス:D4

標準シャフト

  • ピン Alta CB 55 Slate
  • ピン Tour 65
  • アルディラ Rogue White 130 MSI 70
  • 三菱 Tensei AV Orange 55
  • 三菱 Tensei AV Orange 65
  • ピン Alta Distanza

ピン Alta CB 55 Slate

フレックス 重量(g) 弾道
Soft Regular 55
Regular 57 中・高
Stiff 60
X-Stiff 64

ピン Tour 65

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 58
Stiff 62 低・中
X-Stiff 67

アルディラ Rogue White 130 MSI 70

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 65 低・中
Stiff 69
X-Stiff 71

三菱 Tensei AV Orange 55

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 50
Stiff 52 中・高

三菱 Tensei AV Orange 65

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 61
Stiff 64 中・高
X-Stiff 66

ピン Alta Distanza

フレックス 重量(g) 弾道
Soft Regular 40

G425 LSTドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、ロフト角のラインナップはUSモデルと日本モデルで同じで、9.0と10.5°の2スペックです。

ライ角はUSモデルの方が1°フラットになっていて、57.0°です。

シャフトはUSモデルも日本モデルも多数用意されていて、選ぶことができます。なお、シャフトラインナップは異なっています。

USシャフトは、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われていますので、普段より柔らかいスペックを選択すると良いでしょう。

G425 LSTドライバーのUSモデルの購入・価格

USモデルと日本モデルでは、一般的にUSモデルの方が安いケースが多いです。

PINGのドライバーについても、ネットでの市場価格を見比べてみますと、日本モデルの方が1万円ほど高くなっています。

USモデルは、日本でも取り扱われるショップが年々増えていて、シャフトの違いでUSモデルを好まれる方がいる一方で、価格が安いことで選ばれる方もいます。

日本で購入する場合、ネットでの取り扱いも増えています。フェアウェイゴルフUSAさんでは、アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト