PING G410 PLUSドライバーの試打動画まとめ

PINGのG410 PLUSドライバーについて、試打動画をまとめました。

PING G410 PLUSドライバーは、渋野日向子の効果で大人気!

PINGのGシリーズのドライバーは、G400のLSTがアスリートゴルファーの間で評価が高く、一気に注目を集めました。

そして、PINGと契約している渋野日向子がメジャー制覇したことから、優勝時に手にしていたG410 PLUSドライバーが俄然注目モデルとなりました。

PINGはものづくりの面で評価が高いメーカーのため、人気先行という訳ではなく、G410の評価は前作に劣らず高く、アベレージゴルファーからアスリートゴルファーまで、幅広い層に支持されています。

G410 PLUSをロフト角別に打ち比べ

スライサーのアマチュアゴルファーが、G410 PLUSドライバーを9.0°、10.5°のロフト角別に打ち比べています。

最初に10.5°で試打されていて、スライスが出ない、真っすぐ飛ぶと高評価でしたが、その後、9.0°で試打されると、スライスを連発されています。

「ロフト角がある方がスライスが出ないのかな」という感想を述べられていまして、一般的にもそのように言われています。

ロフト角選びの重要さを改めて感じさせてくれる、とても参考になる動画です。

G410 PLUSドライバーをプロが試打・評価

ロフト角9°、PING TOUR 173(65 S)で試打した動画です。

  • PINGのクラブは10回打って平均点が高い。
  • ウェイトは3ヶ所に装着可能。FADEにするとLS TECに近くなり、DRAWにするとSFTに近くなる。
  • LS TECでなくても、FADEポジションにすれば調度良い。
  • G400のバランスの良さが残ってて、慣性モーメントが大きくなっている。
  • 弾道が曲がらない。
  • マイナス点を挙げるとすると、前作までのスリーブが使えない点。

G410 PLUSとG410 SFTドライバーを打ち比べ・比較

マーク金井氏により、スタンダードモデルのG410 PLUSドライバーとドロー仕様のG410 SFTドライバーを試打・比較した動画です。

  • G400と比べると、慣性モーメントが大きいわりに、ボールのつかまりが良い。
  • ウェイト位置をDRAWに変えると弾道がはっきり変わる。
  • 弾道調整は、スリーブでフェースの向きを決めて、その次にウェイトを変えると良い。
  • PLUSよりもSFTに方が、構えた時にフェースがスクエアに近い。
  • SFTはつかまりが良い。とは言え、スライスしている人がドローになるわけではない。
  • PLUSをドローにしたのとSFTは、あまり変わらない。

G410シリーズのドライバー3種をクラブフィッターが打ち比べて解説

  • スピン量は特別少なくは感じないが、サイドスピンは抑えられている。
  • 打ち出した方向に真っすぐ飛ぶ。

PING G410 PLUSドライバー 試打・評価・徹底解説

G410 PLUSドライバー USモデルの特徴・違い

 

G425アイアンの試打・評価・徹底解説

PINGのG425アイアンの試打・評価について取り上げます。

G425 アイアン

G425アイアンは、Gシリーズの2020年モデルのアイアンです。前作のG410アイアンは、アクセントカラーに赤がありましたが、G425はほぼモノトーンに近いカラーデザインで、シャープで落ち着いた印象になっています。

バックフェースのバッジの設置面積がアップ

出典:https://clubping.jp/product/product2020_g425_i.html

G425アイアンは、前作と同様にバックフェースにバッジが搭載され、インパクトの際に生じる振動を抑えて、打感を良くしてくれます。

前作との違いとして、バッジの設置面積が54%拡大していますので、心地良い打球音と打感が実現されています。

重量周辺配分設計

出典:https://clubping.jp/product/product2020_g425_i.html

重量が周辺に配分され、深低重心設計によりミスヒットへの強さが発揮されてます。球が上りやすくなっていますので、高弾道でスピンも入り、しっかりと上げて狙いに行くことができます。

ワイドソール

ソールは前作に引き続き、しっかりと厚めになっています。アイアンでダフりが出やすくて悩まされている方には、とても安心感のあるソール形状となっています。

またソールの後ろは角が落とされていて、後ろバンスが設けられていますのでヘッドの抜けが良い形状となっています。

G425アイアンの公式動画

G425アイアンの公式プロモーション動画です。契約プロたちによる試打・感想も紹介されています。

G425アイアンの試打・評価

PING契約の額賀プロによるG425アイアンの試打・解説

額賀辰徳プロによりG425アイアンの試打・解説をされている動画です。ちなみに、額賀プロはマッスルバックのブループリントアイアンを使用しています。

G425アイアン、G710、i210アイアンの打ち比べ・比較

G425アイアンとG710アイアン、そして、渋野日向子らPINGの契約女子プロに人気のi210アイアンを打ち比べした試打動画です。

G425アイアンのスペック

番手 ロフト角 ライ角 バウンス角 長さ
4 20.5 60.5 5 38.88
5 23.5 61 6 38.25
6 26.5 61.5 7 37.63
7 30 62 8 37
8 34.5 62.8 9 36.5
9 39.5 63.5 11 36
PW 44.5 64.1 12 35.5
UW 49.5 64.1 12 35.5
SW 54 64.4 13 35.25
LW 58 64.6 13 35

7番のロフト角は30°で、前作と同じです。リニューアルによりロフト角をいじってくるメーカーが多い中、スペックを維持しているところはPINGらしさが感じられます。

G425アイアンの発売日・価格

G425アイアンの発売日は、2020年10月16日です。発売価格は、カーボンシャフトで23,100円、DG EX TOUR ISSUE以外の標準スチールで19,800円で、DG EX TOUR ISSUEで22,000円です。

PING G400からG410 PLUSドライバーへの移行で注意したい3つのポイント!

PINGのG410 PLUSドライバーは、G400ドライバーの後継モデルとなります。

G400ドライバーからG410 PLUSドライバーに買い替え・移行する際に把握しておきたいポイントについてまとめました。

ウェイト調整機能をPINGで初めて搭載


出典:ping.com

G410 PLUSドライバーの最大の特徴は、ウェイト調整機能が搭載されている点です。

ドライバーの重心調整機能は、ゴルフ界全体では随分前からありますが、PINGでは初めての搭載となります。

PINGとしては、ここ最近のGドライバーの全てでタービュレーターを搭載していて、空力効果を前面に出していました。

特に、ヘッド後方にはVORTECというエアロダイナミクスのテクノロジーを入れていましたので、ヘッドにギミックを搭載することに対して、かなりのジレンマがあったものと思います。

そのため、ウェイト調整機能が搭載されたことは、やや驚きではありましたが、市場では好意的に受け入れられているようです。

切り替えは、ニュートラル、ドロー、フェードの3段階に限定され、間の微調整は行えませんが、弾道調整することができます。

試打された方の意見では、DRAWにすればSFT、FADEにすればLSTに近づくといった評価も聞かれます。

可変スリーブの互換性について

出典:ping.com

G410もG400も、可変スリーブが搭載されていて、ロフト角を調整することができます。

ただし、G410では可変スリーブがトラジェクトリー・チューニング 2.0になっていまして、G400と互換性がありません。

G400のシャフトをそのままG410に刺すことができませんので、この点は、予め把握しておきたいところです。

なお、G410の可変スリーブは、従来の±1.0°から±1.5°に最大調整幅が広がっていますので、この点は進化していてメリットとなります。

ヘッド体積が10ccアップしている

G400のスタンダードモデルは、ヘッド体積が445ccでしたが、G410 PLUSは455ccになっていて、10ccヘッド体積が大きくなっています。

最近のドライバー市場の傾向として、上級者向けモデルでも460ccにサイズアップしていたり、こぶりなモデルが廃止されていますので、その流れに沿った変更とも言えそうです。

大きなヘッド体積を求める方にとって、好ましい変更となっています。

PING G410 PLUSドライバー・G400ドライバーのスペック比較

G410 PLUSドライバーのスペック

ロフト角 9/10.5/12°
ライ角 59.5°
ヘッド体積 455cc
標準シャフト ALTA J CB RED
長さ 45.75インチ
フレックス X/S/SR/R
シャフト重量 60/55/50/45g
クラブ重量 約293g(Rスペック)
トルク 4.4/4.7/5.2/5.9
キックポイント 中/中/中先/先

G400ドライバーのスペック

ロフト角 9/10.5°
ライ角 59°
ヘッド体積 445cc
標準シャフト ALTA J CB
長さ 45.75インチ
フレックス TS/S/SR/R
シャフト重量 60/55/50/45g
クラブ重量 約294g(Rスペック)
トルク 4.4/4.7/5.2/5.9
キックポイント 中/中/中先/先

PING G410 PLUSドライバー 試打・評価・徹底解説

G410 PLUSドライバー USモデルの特徴・違い

 

G425シリーズのドライバーの試打・解説動画

PINGのGシリーズの2020年モデル、G425シリーズのドライバーついて、試打や解説の動画を取り上げます。

G425ドライバーは3種類

G425シリーズのドライバーは、前作のG410シリーズと同様、3タイプのラインナップとなっています。左から、G425 MAXドライバー、G425 LSTドライバー、G425 SFTドライバーです。

  • G425 MAXドライバー
    スタンダードタイプ。深低重心で高打ち出し・低スピンで、弾道がブレない。
  • G425 LSTドライバー
    低スピンタイプ。低スピンの強弾道。小ぶりなヘッドで操作性が高い。
  • G425 SFTドライバー
    ドロー仕様タイプ。スライス気味の方が真っ直ぐ飛ばせる。

G425ドライバーの公式動画

G425ドライバーの各モデルについて、360°ビューの映像を交えて詳しく解説されています。

PING契約プロたちによる試打・解説もあり、3つのモデルの特徴が紹介されています。

額賀辰徳プロがG425 MAX・LST・SFTドライバーを解説

G425から、前作のG410、前々作のG400まで遡て、これまでの変遷、モデルの特徴について、解説されています。

昔のモデルまで戻って解説されているところは、PING契約プロならではで、PINGサイドの人間ならではの視点で分かりやすいです。

動画の後半では、G425 MAXドライバーとG425 LSTドライバーを試打されていて、どちらを採用するか迷われているようです。ちなみに、額賀プロはG410シリーズではPLUS(スタンダードモデル)を使っています。

G425シリーズのヘッドをゴルフショップが詳しく解説

youtubeではニューモデルの動画投稿が早いGolf Effortさんの動画です。

G425とG410のヘッドを取り出して、形状や構造の違いを詳しく解説されています。

ドライバーを中心に解説されていますが、動画の最後の方ではフェアウェイウッドとハイブリッドも解説されています。

気になる可変スリーブについても、前作のG410と互換性があると解説されていますので、この点はG410ユーザーの移行しやすさにもつながりそうです。

G425 MAXドライバーの試打動画

G425 MAXドライバーを試打されている動画です。

G425 MAXドライバーの試打動画、その2


つるやゴルフさんにて、G425 MAXドライバーを試打されている動画です。

PING G425ドライバー

G425ドライバーの最新情報は以下の記事をご覧ください。

G425シリーズのドライバーの試打・解説動画


⇒ G425シリーズのドライバーの試打・解説動画

PINGのGシリーズの新作ドライバーと思われるG425の情報が出て来ましたので、取り上げます。

G425は3種類のドライバー

出典:R&A

R&Aの適合リストに、PINGの新たなドライバーが掲載されました。

このモデルがGシリーズの新作ドライバーだとすると、G410の後継モデルということになります。

掲載されたヘッドは、G425 MAXドライバー、G425 LSTドライバー、G425 SFTドライバーの3種類です。

G420でなかった点は予想外でした。PINGのシリーズ名は、G15、G25といったものもあり、数字の付番が規則的でないことがあります。

注目はG425 MAXドライバー

出典:R&A

G425 MAXドライバーは、ソール後方にウェイトが装着されているように見えます。そして、FADE、DRAWの文字も確認できますので、G410で搭載された移動式のウェイト調整機能は、G425でも搭載されているようです。

PINGのG400 MAXドライバーのヒットを契機に、MAXという名前のモデルが増えたような印象があります。

テーラーメイドでは、これまでのM5・M6という数字で分ける体系をかえて、SIMドライバー、SIM MAXドライバーという名称にしています。つまり、SIM MAXドライバーがアベレージゴルファー向けのスタンダードモデルということになります。

PINGの今回のラインナップでは、G425 PLUSドライバーが存在していませんので、G425 MAXドライバーがスタンダードモデルとして位置づけられる可能性がありそうです。

G425 LSTドライバー

出典:R&A

G410では、低スピンタイプのG410 LSTドライバーの発売が遅れましたが、G425では同時に適合リストに掲載されていますので、今回は、発売も同時になりそうです。

MAXやSFTと比べてディープに見えますので、浅重心による低スピン性能を持たせたヘッドのようです。

更に、ソールにあるロゴのGの文字のフェース側が、MAXやSFTでは輝いて見えますが、LSTはボディーと同じブラックに見えます。

MAXやSFTではソールに幅広ウェイトを搭載して、低重心化が強調されている可能性もありそうです。

G425 SFTドライバー

出典:R&A

G425 SFTドライバーは、G410 SFTドライバーと同様にヒール側にウェイトが見えます。

ドローバイアスモデルのため、重心角を大きく、重心距離を短くする効果を持たせた格好となっています。

MAXやLSTとの違いとして、FADE、DRAWの文字がありませんので、ウェイトは完全な固定式で、調整機能は無いのではないかと思われます。

G425のその他のモデル

通常、Gシリーズはドライバーだけでなく、フェアウェイウッド、ハイブリッド、クロスオーバー、アイアンがリリースされます。

現時点では、フェアウェイウッド、ハイブリッド、アイアンの掲載がありません。

この点からすると、発売までにはまだまだ時間的な余裕があるのではないかと思われます。

G425シリーズのドライバーの試打・解説動画