SIM MAX Dドライバー USモデルの特徴・違い

テーラーメイドのSIM MAX DドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

SIM MAX Dドライバー USモデル

SIM MAX Dドライバーの試打動画

USモデルの試打・評価

こちらはSIM MAX DドライバーのUSモデルを取り上げた動画です。

  • SIMシリーズは全体的にフェード系の球がでやすいが、SIM MAX Dドライバーはサイドスピンが少ない。
  • 簡単にドローが打てるわけではないが、サイドスピンが少なく、ストレートな弾道に近い。
  • 打感はやや硬め。SIMドライバーよりは柔らかい。

日本モデルの試打・評価

こちらは後から日本テーラーメイドから発売となってSIM MAX Dドライバーの日本モデルを試打した動画です。

  • ドロータイプが日本で売られるのは久しぶり。
  • Dと謳う程、すごくつかまる感じではない。
  • SIM、SIM MAXはつかまりを抑えたドライバーのため、ニュートラルぐらい。
  • 打感はSIM MAXと近いか同じ。SIMは乾いた感じの打感。
  • 構えた時につかまえてくれそうな安心感はある。
  • ヘッドスピードが遅めの方向け。

ドローバイアス設計

出典:taylormadegolf.com

ヒール寄りにインナーウェイトが搭載されていて、ドローバイアス設計が採用されています。

これにより、重心距離が短くなり、スイング後半でヘッドをスクエアに戻しやすくなりますので、ボールのつかまりが良くなります。

なお、多くのゴルフ評論家、試打者が述べている通り、SIMシリーズはもともとフェード系が出やすいクラブのため、ドローバイアスと言えど、ドローが出やすいわけではなく、どちらかと言えば、フェード系からニュートラルになったと感じられる方が多いようです。

いずれにしても、SIMシリーズの中では最もつかまりが良いドライバーとなりますので、右に出やすい方、スライス気味の方にはスタンダードなSIM MAXドライバーよりも適しています。

ラージフェース

出典:taylormadegolf.com

SIM、SIM MAX、SIM MAX Dとなるにつれ、フェース高が確保されていて、ラージフェースになっています。より構えやすく、ミスへの許容性も高まっています。

また、フェースのトップラインも他の2モデルと比べると奥に下がっていてグース気味になっています。この違いも、球のつかまりのよさにつながり、構えた時も安心感があります。

SIM MAX Dドライバーのスペック

  • ロフト角:9、10.5、12°
  • ライ角:56~60°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.75インチ

標準シャフト

UST Helium 5

フレックス 重量 トルク 弾道高さ スピン
S 54g 5.5 中~多
R 53g 5.5 中~多
A 49g 6.1 中~多

SIM MAX DドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、日本モデルとUSモデルで公式サイトで掲載されているデータに違いはありません。いずれもロフト角が9、10.5、12°の3種類となっています。

シャフトについては、日本モデルではSIM MAXとSIM MAX Dで標準シャフトが同じTENSEI BLUE TM50となっていますが、USモデルではSIM MAXとSIM MAX Dで標準シャフトが異なっています。

VENTUS BLUE 6からUST Helium 5になっていて、約11g軽量でスピンが入りやすく、打ち出しも高いシャフトになっています。

SIM MAX DドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

公式サイトでのSIM MAX Dドライバーの掲載価格を見てみますと、USは$499.99、日本は73,000円となっています。1ドル105円で計算すると約2万円ぐらいの差があります。

USモデルはネットで簡単に購入できる

USモデルの購入については、特に難しい点はありません。日本の小売りでも取り扱いが増えていて、ネットでも多数出品されています。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


SIM DHYとSIM UDIが発売されている

SIM DHYとSIM UDIが新たに発売となっていますので、この2種類のモデルについて取り上げます。

SIM DHYとSIM UDIの位置づけ

SIM DHYとSIM UDIは、テーラーメイドの新たに追加されたレスキューです。SIMのレスキューとしては、ロリ―マキロイがクラブセッティングに採用したことで話題となっているSIM MAX レスキューがありますが、これとはまた別のクラブとなります。

いずれのクラブもテーラーメイドのハイブリッドの一覧の中に掲載されていますが、SIM MAXレスキューはウッド型ユーティリティ、SIM DHYとSIM UDIはアイアン型ユーティリティという位置づけになるかと思います。

ちなみに、DHY、UDIという名称はこれまでにも使われていまして、DHYはDriving Hybrid、UDIはUltimate Driving Ironの略になります。

出典:taylormadegolf.com

弾道について、SIM DHYは高く、SIM UDIは低く説明されています。実際、SIM DHYはソールが幅広で低重心になっていますので、弾道の高さが両者の違いとして挙げられます。

SIM DHYについて

SIM DHY(Driving Hybrid)は、中空構造が採用されています。重心が低く設定されていますので、中・高弾道で飛ばすことができます。

スピードフォームが充填されていて、打感の良さが実現されています。そして、ソールにはスピードポケットが搭載されていますので、フェースの下目でのヒットに強さを発揮してくれます。

<スペック>

番手 ロフト角 ライ角 オフセット 長さ バランス
2 17° 59.5° 3.0mm 40.25″ D2
3 19° 60.0° 3.0mm 39.75″ D2
4 22° 60.5° 3.0mm 39.25″ D2
5 25° 61.0° 3.0mm 38.75″ D2

SIM UDIについて

SIM UDI(Ultimate Driving Iron)も、SIM DHYと同じく中空構造が採用されています。そして、中空部分には同じくスピードフォームが充填され打感を良くしています。

弾道はSIM DHYよりも低めの弾道が出やすくなっています。また、スピードポケットはSIM UDIにも搭載されていますので、下目でのヒットに強さを発揮してくれます。

<スペック>

番手 ロフト角 ライ角 オフセット 長さ バランス
2 18° 60° 3.2mm 39.75″ D2
3 20° 60° 3.2mm 39.25″ D2

G410 PLUSドライバー USモデルの特徴・違い

PINGのG410 PLUSドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

G410 PLUSドライバー USモデル

遂にPINGがウェイト調整機能を搭載

G410 PLUSドライバーは、G410のスタンダードモデルです。スタンダードでありながら特別感のある「PLUS」という名前が付いていて、これまでのPINGのモデルにはなかった待望のウェイト調整機能が搭載されています。

ウェイトの調整は、予め定められたニュートラル・ドロー・フェードの3ポジションに移動する形で行うことができます。

ロフト角の調整機能はレンジが拡大

ロフト角の調整機能は、これまでのモデルにも搭載されていましたが、G410では、レンジ幅が1.5°まで広がっています。

この点は進化していますが、従来モデルはレンジ幅が1.0°でして、機構が異なります。そのため、旧スリーブとは互換性がありませんので、G400以前のモデルを使っていた方は、予め承知しておきたい点となります。

G410 PLUSドライバーのスペック

  • ロフト角:9、10.5、12°
  • ライ角:58.5°
  • ヘッド体積:455cc
  • 長さ:45.75インチ

標準シャフト

  • PING Alta CB 55 Red
  • PING Tour 65
  • PING Tour 75
  • Project X EvenFlow Black 75
  • Mitsubishi Tensei CK Orange 60
  • PING Alta Distanza

PING Alta CB 55 Red

フレックス 重量 弾道
Soft Regular 56.0g High
Regular 59.0g Mid High
Stiff 63.0g Mid
X-Stiff 66.0g Mid

PING Tour 65

フレックス 重量 弾道
Regular 58.0g Mid
Stiff 62.0g Low Mid
X-Stiff 67.0g Low

PING Tour 75

フレックス 重量 弾道
Regular 68.0g Mid
Stiff 75.0g Low Mid
X-Stiff 80.0g Low

Project X EvenFlow Black 75

フレックス 重量 弾道
5.5 72.0g Low Mid
6 73.0g Low
6.5 78.0g Low

Mitsubishi Tensei CK Orange 60

フレックス 重量 弾道
Regular 61.0g High
Stiff 63.0g Mid High
X-Stiff 65.0g Mid

PING Alta Distanza

フレックス 重量 弾道
Soft Regular 40.0g High

G410 PLUSドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、ロフト角とそのラインナップはUSモデルと日本モデルで同じです。ライ角はUSモデルの方が1°フラットで58.5°となっています。

シャフトはUSと日本で基本的に異なっています。またUSモデルの場合は、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。このあたりを考慮すると、普段より1つ柔らかめを選択すると良いでしょう。

G410 PLUSドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


M4アイアン USモデルの特徴・違い

テーラーメイドのM4アイアンのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

M4アイアン USモデルの概要

リブコアを搭載

出典:https://www.taylormadegolf.jp/

M4アイアンでは、新たなテクノロジーとしてリブコアが搭載されています。

インパクトエネルギーの損失を抑えてくれまので、よりボール初速をアップしてくれます。

フェーススロットがミスを許容

フェース面上には、スコアラインを挟むように左右に縦方向のスロットが設けられています。

これにより、オフセンターヒット時におけるボール初速の低下を抑えてくれます。

大型フェースの反発エリアを広げてくれますので、打点が左右にばらつく方には効果的に働いてくれます。

スピードポケットを搭載

ソールには大きな溝構造であるスピードポケットが搭載されています。

アイアンは地面にあるボールを打つため、フェースの下方で捉えてしまうことがありますが、スリット構造によりフェース下目に当たってしまった場合の飛距離ロスを抑えてくれます。

M4アイアン USモデルのスペック

番手 ロフト角 ライ角 オフセット 長さ
4 19.0° 61.5° 5.8mm 38.88″
5 21.5° 62° 5.2mm 38.25″
6 25° 62.5° 4.7mm 37.63″
7 28.5° 63° 3.9mm 37.00″
8 33.0° 63.5° 3.5mm 36.50″
9 38.0° 64° 3.0mm 36.00″
PW 43.5° 64.5° 2.6mm 35.50″
AW 49.0° 64.5° 1.8mm 35.50″
SW 54.0° 64.5° 1.5mm 35.25″
LW 59.0° 64.5° 1.5mm 35.00″

M4アイアン USモデルの標準シャフト

  • Fujikura Atmos Red
  • KBS Max 85

Fujikura Atmos Red

フレックス シャフト重量 トルク 高さ スピン
S 83g 2.7 Mid-High Mid-High
R 72.5g 2.8 High Mid-High
A 61g 3.1 High High

KBS Max 85

フレックス シャフト重量 トルク 高さ スピン
S 87g 2.1 High High
R 86g 2.1 High High

M4アイアンのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドスペックについては、ロフト角は同じですが、ライ角はUSモデルの方が1°アップライトになっています。

クラブセッティングについては、番手構成は基本的に同じですが、USモデルではカスタムの場合のみ、LW(59°)があります。

シャフトの種類については、日本ではカーボンがFUBUKI TM6、スチールがREAX90 JPですが、USモデルではカーボンがFujikura Atmos Red、スチールがKBS Max 85となっています。

また、シャフトの硬さについては、USと日本で基本的に異なっています。またUSモデルの場合は、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。このあたりを考慮すると、普段より1つ柔らかめを選択すると良いでしょう。

M4アイアンのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

しかし、M4アイアンについては、USと日本の公式サイトでの価格を見てみますと、USはスチールシャフトの4~Pの7本セットが$612.99、日本ではカーボンの5~Pの6本セットが46,204円となっています。日本の方はセットが1本少ないので、単品で4番アイアンを加えても51,204円です。

1ドル110円で計算すると約16,000円ぐらいの差があります。

USモデルはネットで普通に購入できる

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


SIM MAXレスキュー USモデルの特徴・違い

テーラーメイドのSIM MAXレスキューのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

SIM MAXレスキュー USモデルの概要

Vスチールソールを搭載

SIM MAXレスキューは、かつてのVスチールのソール形状が搭載されています。

芝との設置面積が少なく抑えられ、振り抜けの良さが発揮されます。

低重心設計で、球が上がりやすい

Mシリーズの基本コンセプトであるマルチマテリアル構造は継承されていて、ヘッドの軽量化が図られています。

重心は低く設定されていますので、球が上がりやすくなっています。

アイアンに置き換えて使いたいというゴルファーにとっては、狙った箇所にボールを運びやすくなっています。

スピードポケットを搭載

出典:https://www.taylormadegolf.com/SIM-Max-Rescue/DW-JJI25.html

フェースの直ぐ後ろのソール面には、貫通型のスピードポケットが搭載されています。

フェースの下目で捉えてしまった場合でも、飛距離の低下がおきにくく、ミスになりにくい仕様となっています。

ツイストフェースも搭載されていますので、スピードポケットとの両方の働きにより、オフセンターヒット時のミスが許容されやすくなっています。

SIM MAXレスキュー USモデルのスペック

番手 3 4 5 6 7
ロフト角 19° 22° 25° 28° 31°
ライ角 60° 60.5° 61° 61.5° 62°
長さ 40.75″ 40.25″ 39.75″ 39.25″ 38.75″
バランス D3 D3 D3 D3 D3

SIM MAXレスキュー USモデルの標準シャフト

テーラーメイドUSの公式サイトでは、シャフトはVENTUS BLUEのみ紹介されています。

VENTUS BLUE

フレックス 重さ トルク 弾道 スピン
S 76g 2.8 Mid-High Mid-High
R 66g 3 High Mid-High
A 56g 3.4 High High

SIM MAXレスキューのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドスペックについては、ロフト角、ライ角は同じです。ただし、番手については、日本モデルは3~6番までですが、USモデルは1番手多く7番(31)があります。ロングアイアンの代わりにユーティリティを多用するタイプのゴルファーにとては、19~31°までありますので、クラブセッティングが楽になりそうです。

シャフトの種類については、日本モデルでは標準のカーボンとスチールがありますが、USモデルはカーボンのVENTUS BLUEのみとなっています。シャフト重量にかなりの差がありますので、USと日本モデルで悩まれている方は把握しておきたい点です。

モデル シャフト 種類 シャフト重量
US VENTUS BLUE カーボン 76g(S)
日本 TENSEI BLUE TM60 カーボン 62g(S)
日本 KBS MAX85 JP スチール 100g(S)

また、シャフトの硬さについては、USと日本で基本的に異なっています。またUSモデルの場合は、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。このあたりを考慮すると、普段より1つ柔らかめを選択すると良いでしょう。

SIM MAXレスキューのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

SIM MAXレスキューについて、USと日本の公式サイトでの価格を見てみますと、USはカーボンシャフトで$249.99、日本はカーボンシャフトで34,000円、スチールシャフトで31,000円となっています。1ドル110円で計算すると約6,000~7,000円ぐらいの差があります。

USモデルはネットで普通に購入できる

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト