初心者におすすめのキャビティアイン 2018-2019ランキング

初心者におすすめのキャビティアイアンについて、2018~2019年モデルを中心に紹介します。

キャビティアイアンが初心者におすすめな理由

アイアンは形状からマッスルバック、中空、キャビティの3つに分類されます。この中で最もやさしいのがキャビティアイアンとなります。キャビティアイアンはバックフェースがえぐられた形状になっていて、ヘッド周辺部が肉厚になっています。

特徴としては、ミスに強く、飛距離性能にも優れ、芝に刺さりにくくなっていますので、初心者にはデメリットが無いと言ってもいいでしょう。

※3種の形状の違いと特性については、下記記事で詳しく解説しています。

マッスルバック、キャビティ、中空構造!アイアン形状と特徴を徹底解説!

初心者に使いやすいキャビティアイアンについて、おすすめモデルを5つランキング形式で紹介します。

第1位 ヤマハ インプレス UD+2アイアン

ヤマハから発売されているインプレスUD+2アイアンの2代目モデルです。「+2」には「2番手上の飛び」という意味が込められ、ストロングロフトのディスタンス系アイアンとして、初代も2代目も人気のモデルとなっています。

出典:https://golf.yamaha.com/products/inpres_ud2_iron.html

キャビティアイアンの特徴であるヘッド周辺への重量配分は、2019年モデルでさらに進化しています。センターを外してもミスが許容されますので、飛距離ロス、弾道のブレが抑えられます。

inpres インプレス UD+2 アイアン2019 試打・評価・徹底解説

第2位 プロギア RS REDアイアン

PRGRから発売されているRS REDアイアンです。RSアイアンの後に発売され、ストロングロフトになっているアイアンです。7番アイアンで比較しますと、RSアイアンが29°なのに対して、RS REDアイアンでは27°となっていまして、ロフトが2°立っています。ロフトが立っている分、前に飛ばす方向にインパクトエネルギーが使われますので飛距離が出ます。

ソールも更に厚くなっていますので、初心者でもダフリが出にくい形状となっています。

第3位 ゼクシオ10アイアン

日本で最も人気のあるモデル、ゼクシオの10代目アイアンです。シニアやレディースを中心に人気のモデルですが、最近ではドライバーにヘビータイプもリリースされ、ツアープロにも使われることで、更に幅広いゴルファーに使われています。

ソールも厚みがありながら、すっきりしていますので、構えやすく振り抜きやすいアイアンです。

XXIO10 アイアン 試打・評価・徹底解説

第4位 テーラーメイド M4アイアン

テーラーメイドのM4アイアンです。テーラーメイドのMシリーズはドライバーもアイアンも人気で、後継のM6 アイアンはもとより、前作のM2アイアンも息の長い人気のモデルです。

出典:https://www.taylormadegolf.jp/m3-m4-irons_jp.html

フェース後方の両サイドにはリブコアと呼ばれる剛性を高める構造が採用されていまして、反発を強めてくれます。

M4アイアン 試打・評価・徹底解説

第5位 ゼクシオクロスアイアン

こちらはゼクシオから2019年に発売されているディスタンス系アイアンのゼクシオクロスアイアンです。飛距離性能と直進性に拘ったモデルで、7番で25°というかなりのストロングロフトになっています。

出典:https://golf.dunlop.co.jp/xxio/cross/index.html

フェースはゼクシオのチタンアイアン史上で最薄となっていますので、反発性能に優れています。そして、高比重の金属ウェイトがトゥ側下部に搭載されていますので、ミスに強く、球が上がりやすくなっています。

XXIOクロス アイアン 試打・評価・徹底解説

まとめ

以上、キャビティアイアンで初心者におすすめのモデルを5つ紹介しました。最近はロフトが立っているストロングロフトのモデルが増えています。アイアンで飛距離が出にくいという方は、ストロングロフトを選択すると良いでしょう。

ストロングロフトのデメリットとして、上の番手で距離が出過ぎる分、下の番手にしわ寄せが来ます。番手間の飛距離の差が大きくなりがちなので、ラウンドの際にはウェッジの選択に配慮すると良いでしょう。

 

G410フェアウェイウッドの3モデルの違いを徹底解説!STD、SFT、LSTを比較

PINGのG410 フェアウェイウッド、STD、SFT、LSTの違いについて取り上げます。

PING G410シリーズは3種類のフェアウェイウッドが発売されている

G410のフェアウェイウッドは、STD、SFT、LSTの3つのモデルが発売されています。前作のG400では、STD、SFT、STRETCH3の3モデルでしたので、STRETCH3がLSTに変わっています。

とはいえ、STRETCH3もLSTも3番のみで、球の吹き上がりを抑えた強弾道のモデルですので、モデルラインナップはそう大きく変わってはいないと考えて良いでしょう。

G410フェアウェイの3モデル

  • STD:スタンダードモデル。
  • SFT:スライサー向けのドロー仕様モデル。
  • LST:吹き上がりを抑えた低スピンモデル。

最大の違いはウェイトの搭載位置

3つのモデルの違いが顕著に出ているのは、ウェイトの搭載位置です。G400と同様にウェイトがソールに装着されていて、モデルにより装着位置が異なっています。

ウェイトの位置が変わることで重心か変わり、弾道に違いが生まれます。

G410 フェアウェイウッド(STD )

G410フェアウェイウッドのスタンダードもでるは、シンプルにソールの最も深い位置にウェイトが搭載されています。

重心が深いことで慣性モーメントが大きくなりますので、ミスに対する許容性が高く、飛距離ロス・弾道のブレが抑えられます。

PING G410フェアウェイウッド 試打・評価・徹底解説

G410 SFT フェアウェイウッド

G410 SFT フェアウェイウッドのSFTは、Straight Flight Technologyの頭文字を取ったものです。ウェイトがヒール寄りに搭載されていて、重心角が大きくなるように設定されています。

重心角が大きいと、フェースが返りやすくなりますので、ボールのつかまりが良くなります。右へのミス・スライスを解消したいゴルファーにおすすめのモデルとなります。

PING G410 SFTフェアウェイウッド 試打・評価・徹底解説

G410 LST フェアウェイウッド

G410 LST フェアウェイウッドのLSTは、Low Spin Technologyの頭文字を取ったもので、バックスピンが抑えられる低スピンモデルです。

ウェイトがソール後方に搭載されているものの、STDと見比べるとやや前掛かっていて重心が浅く設定されている様に見て取れます。

ちなみに、G410ドライバーでは、後からLSTモデルが追加で発売されることが決定しています。

※PING G410 LSTドライバー 最新情報

PING G410 LSTフェアウェイウッド 試打・評価・徹底解説

G410 フェアウェイウッド、3モデルの番手ラインナップ

番手 3番 5番 7番 9番
STD 14.5°/171cc 17.5°/162cc 20.5°/148cc 23.5°/144cc
SFT 16°/188cc 19°/177cc 22°/167cc
LST 14.5°/159cc

STD、SFT、LSTはウェイトによる弾道の違いだけでなく、番手ラインナップも異なっています。

G400ではLSTではなくSTRETCH3というモデルで大きなヘッドが特徴の一つでしたが、LSTはヘッドサイズが159ccと同じ番手の中で最少サイズとなっています。

「G410」関連記事

PING G410 PLUSドライバー 試打・評価・徹底解説

PING G410 SFTドライバー 試打・評価・徹底解説

PING G410 LSTドライバー 最新情報 その1

PING G410ハイブリッド 試打・評価・徹底解説

PING G410クロスオーバー 試打・評価・徹底解説