クリーブランド RTX ZIPCOREウェッジの最新情報!発売日・発売価格・スペック

クリーブランドから新たに発売のRTX ZIPCOREウェッジについて、最新情報・発売日などを取り上げます。

クリーブランド RTX ZIPCIOREウェッジ

クリーブランドから、新たなウェッジ「RTX ZIPCOREウェッジ」が発売となっています。

素材面の工夫による最適重心、深溝構造など、注目すべき特徴について、見ていきましょう。

セラミックによる「ZIPCOREテクノロジー」

出典:dunlop.co.jp

ネック部には軽比重のセラミックピンが挿入されていて、ネックよりの重量が軽量化されています。

アイアンやウェッジは、構造上、ネック寄りに重心が寄りがちですが、セラミックにより生み出された余剰重量は、トゥ側へ配分されていて、重心がユーザー打点に近づけられています。

出典:dunlop.co.jp

余剰重量がトゥ側の上部に配分されることで、上下方向の慣性モーメントがアップし、打点がばらついてもボールスピードやコントロールが安定します。

溝の深さと本数がアップ

出典:dunlop.co.jp

RTX ZIPCOREウェッジのは、溝の深さを増しています。反対に幅を狭くすることで、フェース面上に施される溝の本数が増えています。

従来モデルと比べて、1~2本の溝が増えていますので、深溝との相乗効果により、スピンをしっかりかけやすくなっています。

3種類のソール形状

出典:dunlop.co.jp

ソール形状はMidソールの他に、Fullソール、Lowソールの計3タイプあり、各番手で最適なソールが用意されています。

  • Fullソール
    ダフリの許容性が高いオーソドックスな形状で、柔らかな地面でのダウンブローに適しています。
  • Midソール
    許容性と操作性のバランスが良く、スタンダードなタイプです。
  • Lowソール
    操作性が高く多彩なショットに対応したソールです。硬い地面でのレベルブローに適しています。

仕上げは3タイプ

仕上げはツアーサテン、ブラックサテン、特注生産のツアーラックの3タイプあります。

RTX ZIPCOREウェッジのスペック

ロフト角(°) グラインド バンス角(°) ライ角(°) FP(mm)
46 Mid 10 64 5.1
48 Mid 10 64 5.1
50 Mid 10 64 5.6
52 Mid 10 64 5.6
54 Mid 10 64 6.1
Full 12
56 Low 6 64 6.1
Mid 10
Full 12
58 Low 6 64 7.1
Mid 10
Full 12
60 Low 6 64 7.1
Mid 10
Full 12

RTX ZIPCOREウェッジのスペック発売日・発売価格

RTX ZIPCOREウェッジの発売日は、2020年9月12日です。

発売価格は、シャフトにより異なり、Dynamic Gold、NSプロ950GH (S)で18,000円+税、N.S. PRO MODUS3 TOUR120、N.S. PRO 950GH neoで19,000円+税、Diamana ZX60 for CGで20,000円+税です。

クリーブランド CFX ウェッジの最新情報!キャビティ形状でやさしい!

テーラーメイドから発売のミルドグラインド MG 2 ウェッジについて最新情報・発売日などを取り上げます。

クリーブランド CFXウェッジ

CFXウェッジは、キャビティー構造となっているのが特徴の一つです。重量が最適配分され、重心位置がアベレージゴルファーの平均打点位置に近いトゥ寄りになっているため、スピンとボールスピードのバラツキが抑えられます。

番手別に3タイプのソールを採用

出典:http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2019/sp/2019_s92.html

ソール形状は、番手別に3タイプに分かれています。

46、48、50、52°は、フルショットを想定したVソールが採用され、ソールがV字型になることで抜けの良さを発揮してくれます。

54、56°では、バンカーでの使用が主に想定したSソールが採用されています。ヒール部が削られていて、バンカーでの抜けの良さを発揮してくれます。

58°は、グリーン周りのさまざまな場面を想定したCソールが採用され、ヒールとトウが削られることで、ロブショット、ピッチショットなど、多彩なショットを繰り出しやすくなっています。

安定したスピン性能

出典:http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2019/sp/2019_s92.html

フェース表面は2種類の回転スピードにてミーリングされ、粗く仕上げられています。溝は1本ずつ彫刻され、その間は高密度のレーザーミーリングが施され、さらに粗く仕上げられています。

キャビティー形状だが、打感も良い!

出典:http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2019/sp/2019_s92.html

フェースの裏側には、ゲルバックインサートが装着されています。余分な振動が減衰するため、打感の良さも感じられます。

CFX ウェッジの公式動画

CFXウェッジのメーカー公式動画です。ホーゼル部の軽量化、キャビティー構造により重心位置を実打点に合わせている点は、ソール形状等について詳しく解説されています。

CFX ウェッジのスペック

ロフト角 46 48 50 52 54 56 58
ソール形状 V V V V S S C
バンス角 9 9 11 11 12 12 10
ライ角 64 64 64 64 64 64 64
FP 4.7 4.7 5.2 5.2 5.5 5.5 6

ロフト角は46~58°まで7種類用意されています。ロフトによりソール形状が異なっていて、各番手の役割が明確になっています。

CFX ウェッジの発売日・発売価格

CFX ウェッジの発売日は、2019年10月中旬が予定されています。発売価格は、Dynamic Gold 115、NSプロ950GH (S)のスチールシャフトで15,000円+税、Diamana for CGのカーボンシャフトで18,000円+税です。