TS2ドライバー USモデルの特徴・違い

タイトリストのTSシリーズから発売のTS2ドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

TS2ドライバー USモデル

TS2ドライバーはアベレージゴルファ~セミアスリート向け

出典:タイトリストHP

タイトリストはこれまでツアープロの意見を元にクラブ開発をしていると言われていました。しかし、2019年にTSプロジェクトが発足し、スピードに拘ったモデルを開発し、従来の915、917といったシリーズとは違った全く新たなモデルとしてTSシリーズをリリースしました。

TSシリーズは、TS1、TS2、TS3、TS4の4種類のドライバーがあります。TS1は軽量ドライバー、TS2はアベレージ~セミアスリート、TS3はセミアスリート~上級者、TS4は上級者向けと言われています。

ソール後方にウェイトを搭載

TSシリーズのドライバーは、ウェイトの搭載箇所に特徴が表れています。

TS2ドライバーでは、ソール後方のセンターに搭載されています。ウェイトが深い位置に搭載されることで、高MOIが実現されています。

打点のバラツキに対して許容性を発揮してくれますので、フェースをワイドに使っている方が恩恵を受けられやすく、安定した弾道が出やすくなっています。

ロフト角のラインナップが豊富

TS1、TS3、TS4ドライバーは、ロフト角のラインナップが3種類ですが、TS2ドライバーは4種類のロフト角が用意されています。

アマチュアゴルファーにとってはスタンダードな位置づけとも言えますので、幅広いゴルファー層で利用しやすくなっています。

また、タイトリスト特有のロフト角・ライ角の独立式調整機能が搭載されていますので、ロフト・ライを自由度高く変更することができます。

弾道は高打ち出し・低スピン

モデル TS1 TS2 TS3 TS4
高さ
スピン 超少

TS2ドライバーの弾道の特徴としては、打ち出しが高く、低スピンで飛ばすことができます。

TS2ドライバーのスペック

  • ロフト角:8.5、9.5、10.5、11.5°
  • ライ角:58.5°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.5インチ

標準シャフト

USモデルでは、以下の5種類のシャフトが公式サイトで紹介されています。

  • Mitsubishi KUROKAGE Black Dual Core SFW 50
  • Mitsubishi Tensei AV Series Blue SFW 55
  • Project X HZRDUS Smoke Black 60
  • Project X HZRDUS Smoke Yellow 60
  • Project X Even Flow T1100 White 65

TS2ドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ロフト角のラインナップはUSモデルの方で11.5°があり、1種類多くなっています。ライ角、クラブ長さ、ヘッド体積については、公表値が同じ値となっています。

シャフトはUSと日本で共に公式サイトで5種類掲載されていますが、種類は全て異なっています。

なお、シャフトスペックについては、USモデルの場合、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。USモデルを購入する場合、このあたりを考慮して普段より1つ柔らかめを選択すると良いと言われています。

TS2ドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

タイトリストでは公式サイトで発売がないため、小売価格の表示がありませんので、アマゾンで調べてみましたところ、日本モデル、USモデル共に、当記事執筆時点では3万円弱で購入できるようです。

USモデルを購入したいという方で、ショッピングモールでの購入が不安という方は、フェアウェイゴルフUSAさんがオススメです。

アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


タイトリスト T100アイアン 2019の試打・評価まとめ

タイトリストのT100 アイアン 2019について、試打・評価をまとめました。

T100アイアン 2019の概要

タイトリストのT100アイアンは、Tシリーズから発売のモデルです。Tシリーズは、T100、T100・S、T200、T300、T400の5種類あります。

モデル 概要
T100 進化した精密弾道。プレーヤーズ ツアーアイアン。
イメージした弾道、正確なキャリー、構えやすいフェースプロファイル、そして感性を満たす打感・打音。
T100・S 精密弾道にさらなる飛び。プレーヤーズ フォージドディスタンスアイアン。
卓越した弾道コントロール性能、進化したフェースプロファイル、そして感性を満たす打感・打音。
T200 新しい飛び―進化系。プレーヤーズ ディスタンスアイアン。
T200に搭載されたマックス インパクト テクノロジーによって、フェース面全体でスピードアップと高い許容性を実現。
T300 迫力の飛びと驚きのやさしさ。プレーヤーズ インプルーブメント アイアン。
プレーヤーのスコアアップのために高い飛距離性能と高い許容性を実現。
T400 より高く、さらにやさしく遠くへ。プレーヤーズ スーパーディスタンスアイアン。
T-SERIESのなかで最も大きなヘッドを備えたT400。

T100アイアンは、タイトリスト独自のマルチマテリアルの精密鍛造により、軟鉄鍛造ボディーのトゥ・ヒールにタングステンが搭載されています。

T100とT100・Sの違いは、T100・Sの方が後から発売されていて+2°のストロングロフト設計となっています。

T100アイアンの特徴を詳しく解説

T100アイアンについて、打ラボしだるチャンネルで注目の石井プロが詳しく解説されています。

  • AP2アイアンを引き継いだデザインで、シャープに仕上がっている。
  • AP2と見た目は似ているが、バンスの付き方などが違うので、打ってみると違う。
  • 中・上級者がターゲットとなるアイアン。

T100アイアンをゴルフライターが詳しく解説

GDOや3upClubなどでお馴染みのゴルフライターの鶴原氏がT100アイアンについて解説されています。

  • ジョーダン・スピースの意見が取り入れられた新形状。
  • Tシリーズの中で最もヘッドが小さいモデル。
  • 球の出方・高さ・方向性は、AP2とそれほど変わってない。
  • フェースは薄肉化されていて、反発性能が上がっている。
  • 操作性が良く、右にも左にも行きやすいので、中級者~上級者に適したモデル。
  • 初心者の方はヘッドが小さく感じる。

T100・T200・T300アイアンを打ち比べした試打評価

試打ラボしだるTVさんにて、T100、T200、T300を試打されている動画です。Tシリーズアイアンは、発売当初はこの3種類のみだったため、現在5種類から2種類欠けた形となっています。

ちなみに、ここにない2種類のアイアンについては、T400アイアンはT300より更にやさしく、T100・SはT100のストロングロフトモデルとなります。

ヘッドスピード40m/s未満の女子プロゴルファーによる試打

ヘッドスピード40m/s未満の女子プロゴルファーによる試打動画です。ヘッドスピードが速い男子プロだと、当然、問題なく扱えてしまうため、ターゲットゴルファーでない方による試打や感想はとても参考になります。

ちなみに、同プロがT300アイアンを試打した時の感想と比べてみると、よりT100アイアンの特徴が分かります。

≫ T300アイアンをHS40未満の女子プロが試打

 

TSi2フェアウェイウッド USモデルの特徴・違い

タイトリストのTSiシリーズから発売のTSi2フェアウェイウッドのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

TSi2フェアウェイウッド USモデル

TSi2フェアウェイウッドはアベレージゴルファ~セミアスリート向け

出典:タイトリストHP

TSiシリーズのフェアウェイウッドは、TSi1、TSi2、TSi3の3種類が発売されています。前作ではTS1がありませんでしたが、TSiシリーズでは、TSi1のフェアウェイウッド、ユーティリティも発売されています。

直進性が高く、球が上りやすい

ドライバーと同様にTSi2は、ソールの後方にウェイトが1つ搭載されています。

深重心・低重心となっていて、慣性モーメントが大きく、直進性の高さが備わっています。

また、低重心によりTSiシリーズの中では球が上りやすくなっています。

アクティブ・リコイル・チャンネルを搭載

フェアウェイウッドには、ソール前方にアクティブ・リコイル・チャンネルと呼ばれる溝構造が採用されています。

ヘッドの撓みが最適化され、反発性能を高める効果があり、特にフェースの下目で捉えた場合に顕著に効果が発揮されます。

ロフト角・ライ角の調整機能を搭載

出典:https://www.titleist.com/product/tsi2-fairway/649C.html

ドライバーだけでなく、フェアウェイウッドにもロフト角・ライ角の調整機能が搭載されています。

一般的な可変スリーブとは、若干、機構に違いがあり、スリーブにリングパーツが組み合わせた構造になっていて、ロフト角・ライ角を独立的に切り替えることができます。

TSi2フェアウェイウッドのスペック

クラブスペック

番手 Strong 3 3 4 5 7
ロフト角 13.5 15 16.5 18 21
ライ角 56.5 56.5 57 57.5 58
長さ 43 43 42.5 42 41.5
ヘッド体積 175 175 140 135 132

シャフト

シャフトは日本モデルと同様に、標準シャフトの他、ツアーADのプレミアムシャフトがあります。

  • Kuro Kage Black DC
  • Tensei AV Blue RAW
  • HZRDUS Smoke Black RDX
  • Tensei AV White
  • Premium Tour AD DI
  • Premium Tour AD IZ
  • Premium Tour AD XC

TSi2フェアウェイウッドのUSモデルと日本モデルの違い

タイトリストは他のメーカーと比べるとスペックの開示項目が少ない傾向にあります。

メーカーが公式サイトで公表しているデータで見る限り、ロフト角のラインナップ、ライ角、クラブ長さはUSモデルと日本モデルで同じ値となっています。

番手についても、13.5°から21°までの5種類で同じラインナップです。どちらも3+相当の13.5°、4番の16.5°があり、ロフトピッチが細かいのが特徴です。

掲載されているシャフトは、USモデルの方が種類が豊富です。なお、シャフトスペックについては、USモデルの場合、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。USモデルを購入する場合、このあたりを考慮して普段より1つ柔らかめを選択すると良いと言われています。

TSi2フェアウェイウッドのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

USモデルを専門に取り扱っているフェアウェイゴルフさんでのUSモデルの価格は31,395円、日本モデルの楽天での価格は39,600円となっています。

USモデルの方が8,000円ほど安く購入できるようです。

USモデルはネットで普通に購入できる

USモデルを購入したいという方で、ショッピングモールでの購入が不安という方は、フェアウェイゴルフUSAさんがオススメです。

アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


タイトリストのT100アイアン、T100Sアイアン、T200アイアン、U・505ユーティリティのツアーシーディング開始!

タイトリストの本国アメリカの公式サイトでニューモデルのツアーシーディングに関する情報が発表されました。

2020年後期にはTSiシリーズのウッド系がリリースされていますので、2021年はいよいよアイアン系の出番です。

4機種のツアーシーディングがスタート

出典:titleist.com

タイトリストの本国の公式サイトにて、T100アイアン、T100Sアイアン、T200アイアン、U・505ユーティリティのツアーシーディングが始まったことが発表されています。

T100、T100S、T200アイアンは、現行モデルと同じ名前ですので、後継モデルということになります。

もう一つ、U505アイアンと紹介されていますが、現行モデルでU500、U510というユーティリティアイアンがありますので、U505もユーティリティのようです。

T100アイアンとT100Sアイアンは、大幅にデザイン変更

現行のT100、T100Sアイアンは、ほんのりキャビティー形状が施されていますが、ヘッドサイズがコンパクトで、ソール・トップラインが薄く、操作性のあるアスリートライクなアイアンモデルです。

新しい2021年版のT100アイアンは、デザインがすっきりとしたデザインになっていて、バックフェースの打点付近の高さがトゥからヒールに掛けて厚みを持たせた形状になっています。

今までに見たことの無いような形状になっていまして、内部構造か重心設計で工夫が凝らされているように見えます。

T100Sアイアンの方は、外観が同じため、現行モデルと同じくフェースを立てたストロングタイプになっているようです。

T200アイアン

T200アイアンは、上記のツイートの3枚目に登場します。現行モデルは、バックフェースに丸い目玉のようなものがあり、やや仰々しい外観ですが、2021年のT200アイアンは、こちらの方がよりアスリート向けかと見まがうほどすっきりとしています。

ぱっと見はマッスルバックのような外観ですが、厚みがある程度あるように見えますので、中空構造が踏襲されている可能性が高そうです。

U・505ユーティリティ

U505アイアンは、現行モデルのU500、U510と似通っていて、バックフェースは全体的にしっかりと厚みがあります。

中空形状のユーティリティアイアンとみて良いでしょう。

ツアーシーディングということなので、恐らくU500ユーティリティの後継ということになるのではないかと思います。

その他のモデルは今後のは発表待ち

Tシリーズアイアン、Uユーティリティの2021年モデルについて、取り上げました。

現行モデルとラインナップを比べてみると、T300アイアン、T400アイアン、そして、U515ユーティリティの登場が期待されるところです。

特にT400アイアンは、Tシリーズでは最後に発売されたモデルで、思い切ったストロングロフトで現在のアイアンに求められるニーズに沿っています。

ウッド系のTSiシリーズでも、TSi1のモデルをフェアウェイウッド、ユーティリティウッドにまでに広げていて、アスリート向けシリーズの中にやさしいモデルを増やしていく方向性が見えてきます。

恐らく、T300、T400といったモデルは、アマチュアゴルファーの幅広いニーズを捉える上では重要なモデルだと思いますので、TSi1のように少し遅れたタイミングで発売されるのではないかと思います。

TSi1ドライバー USモデルの特徴・違い

タイトリストのTSiシリーズから発売のTSi1ドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

TSi1ドライバー USモデル

 

TSi1ドライバーは超軽量クラブ

TSi1ドライバーは、ヘッドからグリップに至るまで軽量化が図られ、前作のTSドライバーと同様に軽さが特徴のモデルです。

普通のヘッドスピードで最大飛距離がですよう、重量配分がなされています。

新素材のフェースは上下に高MOI設計

TSiシリーズでは、航空宇宙の分野で用いられるATI 425という新たなチタン素材が採用され、弾きと打感に優れています。

高MOIというと、一般的には左右方向で使われることが多いですが、タイトリストでは上下方向に高MOIを実現しています。

スピン量のブレ幅が小さく抑えられ、弾道が安定性に繋がっています。

TSi1にも調整機能を搭載

TSi1ドライバーは、アベレージ向けのドライバーと比べて20~30g前後、軽量に仕上げられています。

それでいながら、重量負荷の要因ともなるロフト角・ライ角の調整機能は、省かずにしっかり搭載されています。

ロフト角・ライ角を独立的に調整することができますので、クラブの側から自分の理想の弾道に近づけることができます。

TSi1ドライバーのスペック

ヘッド

  • ロフト角:9.0、10.0、12.0°
  • ライ角:59°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.75インチ
  • 打ち出し:高弾道
  • スピン:中

シャフト

標準シャフトは、ALDILA ASCENT UL 35・40です。

シャフト 硬さ 重量 トルク 弾道
35 R3 41g 8.5°
40 R2 44g 8.3°
R 47g 8.2°
S 48g 8.0°

TSi1ドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ロフト角の種類、ライ角、ヘッド体積など、公開されている基本的なスペックはUSモデルと日本モデルで同じ値となっています。

標準シャフトはUSモデルと日本モデルで異なっています。種類だけでなく、USモデルではシャフトスペックについても日本と違いがあると言われています。

USモデルを購入する場合、このあたりを考慮して普段より1つ柔らかめを選択すると良いと言われています。

TSi1ドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

US・日本のメーカー公式サイトの価格表記を比べてみますと、USサイトでは$549、日本サイトでは82,500円となっています。1ドル110円で日本円に換算してみると、USモデルは6万円ぐらいになりますので、USモデルの方が安く購入できるようです。

USモデルを購入したいという方で、ショッピングモールでの購入が不安という方は、フェアウェイゴルフUSAさんがオススメです。

アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト