ゴルフのスコアの数え方・呼び方!バーディー、ボギー、イーグル、アルバトロス、その先は?

ゴルフのスコアは、数え方や呼び方で独特な表現があります。

打った回数を言う場合、各ホールのパーに対するプラマイの数字で言う場合、それから、パー、バーディー、ボギーなど独特な名称で言う場合があります。

本記事ではスコアの数え方・呼び方について解説します。

ゴルフは打った数を記録して、少なさを競うスポーツ

スポーツは得点で競い合うものが多くあります。ゴルフではスコアが得点に当たりまして、スコアが少ない方が勝ちになります。

スコアは、各ホールで打った回数を記録して、最後に合計して少なさを競います。

スコアの表現方法

スコアの表現方法は大きく2つあります。

一つは、各ホールの打った回数です。5打でホールアウトすれば5です。ホールインワンなら1です。

もう一つは各ホールで設定されたパーに対するプラマイ値です。パー4のコースでホールアウトが3打ならー1です。ちなみに、4打の場合は調度パーになりますので、even parを意味するEです。
(人によっては0、±0もある)

スコアの色々な呼び方

ゴルフのスコアは、最終的に打った回数の合計値の少なさで争いますが、各ホールでパーの値が異なりますので、打った回数よりも、パーに対するプラマイで表す方が、良かった悪かったが一目(聞)瞭然です。

プラマイを表す際に、1オーバー(+1)、1アンダー(-1)といった呼び方以外にも、バーディー、ボギーといった呼び方もあり、記号もあります。

スコア 記号表記 呼び方1 その他の呼び方
-4 トリプルイーグル コンドル、ダブルアルバトロス
-3 ダブルイーグル アルバトロス
-2 イーグル
-1 バーディー
E パー
+1 ボギー
+2 ダブルボギー バザード
+3 × トリプルボギー グラウス
+4 クワドラプルボギー ターキー
+5 クインテュープルボギー

記号は、そのまま使うケースもあれば、スコアカードに記入した3、5などの打数を、該当する記号で囲むことがあります。3打でバーディーの場合は、「③」といった具合です。

また、パー4で8打だった場合、+4ですが、ダブルパーということもあります。

まとめ

ゴルフのスコアについて、書き方、呼び方を取り上げました。

呼び方については、国や地域によって差異がありまして、日本では、パー、バーディー、イーグル、アルバトロス、ボギー、ダブルボギー、トリプルボギーが一般的な呼び方だと思います。

筆者個人としては、バザード、グラウス、ターキーという表現がゴルフの会話で出たことはありません。コンドルは知ってはいるものの、そういった場面や話題がないため、こちらも会話に出たことがありません。