PRGR LSシリーズ 2021の全モデルを一挙紹介!

PRGRから発売のLSシリーズ(2021)について、全モデルの特徴・スペックを取り上げます。

LSシリーズ

PRGRから発売のLSシリーズは、これまでのRSシリーズ、eggシリーズとは異なる新たなシリーズです。

アマチュアゴルファーのヘッドスピードの平均が40m/s前後であり、このゴルファー層が飛距離を更に伸ばすために最適なゴルフクラブがLSシリーズです。

ドライバーに関して言えば、飛距離を伸ばすための仕組みは、18°の高打ち出しと2000rpmの低スピンです。

ドライバーだけでなくフェアウェイウッド、ユーティリティも同じ考え方で開発されています。

LSドライバー

特徴

  • ヘッドスピード40m/s 前後のゴルファーがターゲットで、高弾道、低スピンにより、最大飛距離の弾道を打ちやすく設計されています。
  • ソールの下に搭載された新構造のD.B.ソールにより、重量が深く低く配分され、球の上がりやすさ、つかまり、低スピンが実現されます。
  • 高精度のCNCミルドカップフェースが採用されていて、安定したスピン量に加えて、フィーリング面でも快適な打音・打感が備わっています。

スペック

  • ロフト角:10.5、11.5°
  • ライ角:59.5°
  • フェース角:0°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.75インチ
  • フレックス:S、SR、R
  • クラブ重量:287g(S)、283g(SR)、281g(R)

LSフェアウェイウッド

特徴

  • ドライバーと同様に、ヘッドスピード40m/s 前後のゴルファーがターゲット。
  • 高初速、高弾道、適正スピンで飛距離を最大化。
  • 低重心と最適ロフト設計により、球をしっかり上げ、キャリーで飛ばせる。
  • 3番、5番共に42.5インチに揃えた1レングス設計が採用され、同じ感覚で打ちやすくなっている。
  • ロフト角が一般的なものより大きく、球が上って大きく飛ばしやすくなっている。

スペック

番手 3W 5W
ロフト角(°) 16.5 20
体積(cc) 186 182
フェース角(°) -2
ライ角(°) 59
長さ(インチ) 42.5

LSユーティリティ

特徴

  • ドライバー、フェアウェイウッドと同様に、ヘッドスピード40m/s 前後のゴルファーがターゲット。
  • 高初速、高弾道、適正スピンで飛距離を最大化。
  • 低重心と最適ロフト設計により、球をしっかり上げ、キャリーで飛ばせる。
  • 4番、5番共に40インチに揃えた1レングス設計が採用され、同じ感覚で打ちやすくなっている。
  • ロフト角が一般的なものより大きく、球が上って大きく飛ばしやすくなっている。

スペック

番手 4UT 5UT
ロフト角(°) 23 27
体積(cc) 133 128
フェース角(°) -3
ライ角(°) 60
長さ(インチ) 40

LSシリーズの発売日・発売価格

LSシリーズの発売日は、2021年6月25日です。

<発売価格>

  • ドライバー:96,800円
  • フェアウェイウッド:52,800円
  • ユーティリティ:44,000円

ブリヂストン B-Limited B1ドライバーが適合リストに掲載!

ブリヂストンのB-Limited B1ドライバーがルール適合リストに掲載されました。

2021年のニューモデルと思われる新たなドライバーについて取り上げます。

B-Limited B1ドライバーが適合リストに掲載

出典:randa.org

R&Aのドライバールール適合リストに、ブリヂストンの「B-Limited B1ドライバー」が掲載されました。

現行の「ツアーB」、「PHYZ」、「JGR」といったシリーズ名を冠しておらず、「B-Limited 」という初耳の名前がついています。

また、2021年6月1日には、「B-Limited BRMフルミルド ウェッジ」が発売されていることから、「B-Limited 」はアスリート向けの新たなラインの可能性があります。

B-Limited B1ドライバーの特徴

B-Limited B1ドライバーでまず目に留まるのは、ヘッド後方のウェイトです。DRAW、FADEという文字も読み取れますので、ツアーB Xドライバーの様にウェイト位置を移動させることで、弾道調整が可能となっていると考えて良いでしょう。

フェースには「POWER MILLING」、ソール前方には「SP-COR」と記されています。POWER MILLINGは、ボールが滑らずスピンが安定し、SP-CORは、フェース面上の反発性能に優れたエリアが広く確保されます。

ロフト角は9.5°となっています。アスリート向けのドライバーであっても、ロフトスぺックが1種類というのは考えにくいので、今後、10.5°あたりが追加掲載されるのではないかと思います。

ネックには「B1 B-Limited」と記されている

ネック部分には、通常であればロフト角が記載されますが、ロフト角以外に「B1 B-Limited」と記されています。

もしかすると、B2、B3といったタイプのドライバーが、今後追加される可能性がありそうです。

本記事を投稿している時点では、R&Aのフェアウェイウッドやハイブリッドのリストに、「B1」、「B-Limited」といった名称は確認されていませんが、ドライバーだけというのは考えにくいため、少なくともフェアウェイウッドは掲載されてくるのではないかと思います。

マジェスティ サブライム 2021の全モデルを一挙紹介!

マジェスティゴルフから発売のマジェスティ サブライムシリーズの2021年モデルについて、全モデルの特徴・スペックを取り上げます。

マジェスティ サブライム 2021シリーズ

2021年に発売のマジェスティ サブライムは、創業50周年を記念した数量限定のモデルです。

最新テクノロジー・最新素材を贅沢に用いた究極のゴルフクラブで、MAJESTY史上最も特別なモデルとのことです。

マジェスティ サブライム ドライバー 2021

特徴

新設計のトリプルカーボン構造が採用され、ヘッドの3ヶ所にカーボン素材が用いられています。

重量配分面では、ソール後部への質量集中と低重心が両立しています。

クラブ重量は250g台とトップクラスの軽量設計で、クラブ長さは47.5インチと思いきった長尺です。

軽さと長さで飛距離をアップさせたいゴルファーに適しています。

スペック

  • ロフト角:10.5°
  • ライ角:60°
  • プログレッション:18.4mm
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:47.5インチ
  • フレックス:SR、R
  • クラブ重量:253g(SR)、250g(R)

マジェスティ サブライム フェアウェイウッド 2021

特徴

ヘッド重量の57%(#5)におよぶ116gがソール部に集中し、さらに、通常のチタンよりも軽い軽比重チタンが用いられ、超低重心設計が実現されています。

ドライバーと同様に重心角と慣性モーメントが大きく、つかまりの良さと直進性の高さが優れています。

スペック

番手 3 5 7
ロフト角 15 18 21
ライ角 58 58.5 59
プログレッション 15.8 17.2 18.5
ヘッド体積 220 196 172
クラブ長さ 43 42.5 42
クラブ重量(SR) 277 280 283
クラブ重量(R) 274 277 280

マジェスティ サブライム  アイアン 2021

特徴

5~8番アイアンは、業界史上で最大級となる101gのタングステンがソール後方の下部に配置されています。

7番アイアンではヘッド重量の41%にも及ぶ重量で、超低重心・超深重心が実現されています。

さらに、9番~PWでは3,276g・cm2の大きな慣性モーメントを有していて、安定感があります。

スペック

番手 ロフト角 ライ角 プログレッション 長さ
5 20 60.5 1.5 39
6 23 61 2 38.5
7 26 61.5 2.5 38
8 29 62 3 37.5
9 33 62.5 3.5 37
10 38 63 4 36.5
PW 43 63.5 4.5 36
AW 49 63.5 5 35.5
SW 56 63.5 5.5 35.5

マジェスティ サブライム  パター2021

特徴

パターは、ピン型とマレット型の2種類あります。ネック形状も異なっていますので、クラブ全体をシリーズで揃えるといった場合も選びやすくなっています。

  • Ping型
    しっかり打てるクランクネック+フルオフセット
  • Mallet型
    流し込み易いスタントネック+ハーフオフセット

スペック

ヘッドタイプ ピン マレット
ロフト角 2 2
ライ角 71 71
長さ 34 34
オフセット フル ハーフ
クラブ重量 561 577
ヘッド重量 386 401

マジェスティ サブライム 2021の発売日

マジェスティの50周年記念モデル、マジェスティサブライム 2021の発売日は、2021年7月9日です。

<発売価格>

  • ドライバー:550,000円
  • フェアウェイウッド:308,000円
  • アイアン:5本セットは990,000円、単品は198,000円
  • パター:198,000円

 

テーラーメイド 300ミニドライバー 2021が発売に

テーラーメイドからミニドライバーの発売の情報が入ってきましたので、取り上げます。

300ミニドライバー

出典:https://www.instagram.com/p/CO8HptcNwxx/

テーラーメイドからの公式情報ではありませんが、ミニドライバーの映像がSNSで流れています。

名称はソールに記載されている300ミニドライバーです。

少し前にOriginal Oneというミニドライバーがありまして、今回も名器へのオマージュということでしょうか、R300 Tiをベースにしたモデルではないかと思われます。

ヘッド体積は300ccのミニドライバー

映像からの判断、そして、リーク情報によりますと、ヘッド体積は300cc、そして、ロフト角は11.5°と13.5°の2種類となるようです。

過去を振り返ってみると、エアロバーナーのミニというのもありまして、そちらは12°、14°、16°というラインナップでした。そして、割と最近のOriginal Oneミニドライバーでは11.5°と13.5°でした。

3ウッドとの違いを考えれば、ハイロフトのニーズは少ないように思いますので、16°あたりがないのは、特に問題ないのではないかと思います。

搭載されているテクノロジー


出典:https://www.instagram.com/p/CO8HptcNwxx/

ソール映像から、スピードポケット、ロフト角調整機能が搭載されていることが分かります。

Original Oneに搭載されたものを考えると、ツイストフェースは恐らく入っていると予想します。

スピードインジェクションについては、SIM、SIM2のフェアウェイウッドには搭載されていませんので、恐らく入ってないのではないか思います。

ソールそのものは、R300Tiのようにシルバーの素材が用いられています。ソールの左右はクラウンとデザインが似ているので、カーボンではないかと考えれば、ソールは高比重ウェイトの可能性が高いように思います。

テーラーメイド 300ミニドライバーの発売は7月か?

300ミニドライバーは、USモデルの実の発売か?日本モデルも発売になるのか?現時点では分かりません。

Original Oneは日本モデルが後から発売されていますので、USでの人気の度合いに影響するのかもしれません。

発売日については、2021年7月16日ではないかと言われています。価格は300~399ドルぐらいのようです。

SIM2フェアウェイウッドが399ドル、SIM2 MAXフェアウェイウッドが299ドルですので、フェアウェイウッドと同じぐらいの金額ではないかと思います。

搭載されているものがSIM2フェアウェイウッドと似ていますので、日本では5.5~7.5万円ぐらいかもしれません。

 

inpres インプレス UD+2 ドライバー2021 試打・評価・徹底解説

ヤマハから発売されているinpres UD+2 ドライバーの2021年モデルについて取り上げます。

インプレス UD+2 ドライバー 2021

inpres UD+2ドライバーは2016年に初代モデルが発売されていて、2021年モデルは3代目となります。

基本的なコンセプトは初代から変わらず継承されつつ、新たなテクノロジーもプラスされ、より進化しています。

スピードボックスによりエネルギー効率がアップ

3代目モデルで最も特徴的なのが、フェースの直ぐ後ろに設け足られた凹型の構造です。

スピードボックスと呼ばれる1.5mmの凹みがクラウン側・ソール側の両方に設けられていて、フェース周辺の剛性が高められています。

これにより、ヘッド後方への振動の拡散が抑えられ、インパクトエネルギーが効率的にボール初速に転換されます。

重心角が34.5°に

スライス解消に効果的とされるヘッドの重心角は、前作の33°から更に大きくなり、34.5°となっています。

重心角が大きくなることで、ヘッドが返る方向に作用しますので、球のつかまりが良くなります。

オフセット形状を採用

ネック位置は、一般的なドライバーよりもやや前側にあり、フェースのトップラインの位置が後ろに下がった形状になっています。

アイアンで言うグースが効いていて、オフセットがありますので、その分、インパクトのタイミングが遅くなり、よりヘッドをしっかり返して強くボールを捉えやすくなっています。

慣性モーメントが大幅にアップ

慣性モーメントが前作から約8%アップし、4,650から5,020g・cm2となっています。

ヘッドがブレにくくなりますので、弾道の左右のブレ幅が抑えられ、広いスイートエリアで直進性の高い弾道が出やすくなっています。

インプレス UD+2 ドライバー 2021の試打・評価

inpres UD+2ドライバー2021をプロゴルファーが試打・解説

石井プロにより試打した感想として、「球が殆ど曲がらず、打ち出したところに飛んで行く。」「球のつかまりは、前作の方が少し良い。」と述べられています。

重心角がさらに大きくなっているにも関わらず、球のつかまりがアップしているわけではないのは、慣性モーメントが大きくなっているため、深重心になっていることが影響しているのかもしれません。

とは言え、スライスをあえて打とうと思ってもなかなか打ててないので、スライス改善というよりブレが少ないように思います。

構えた感想としては、スピードボックスという他に無い特殊なデザインが悪さするのかと思いきや、深重心のストレッチの長さを感じさせない効果があると述べられています。

このデザインに違和感を覚えるか、または、ヘッドの奥深さを感じさせない効果があるか、捉え方により変わりそうです。

有村智恵プロがinpres UD+2ドライバーを試打して解説

有村智恵プロは、直進性が高くて、曲がらない強い球が出るという感想を述べられています。

ミスショットが怖くないので、自信満々で振っていけて飛距離が出るとも述べられています。

インプレス UD+2 ドライバー 2021のスペック

ロフト角 9.5° 10.5°
ライ角 61° 61°
フェース角
ヘッド体積 460cc 460cc
シャフト インプレス UD+2 ドライバー 2021
シャフト硬さ S S/SR/R
シャフト重量 53 53/48/43g
シャフトトルク 5.6 5.6/6.0/6.2
シャフト調子
クラブ長さ 45.75インチ 45.75インチ
クラブ重量 284g 284/279/275g

ロフト角は9.5°と10.5°の2種類で、クラブ重量は275~284gです。前作よりも軽量化されています。

一般的なアベレージゴルファー向けのドライバーよりも20gほど軽くなっていますので、軽めのクラブで楽に振りたい方は、使いやすいと思います。

オススメのゴルファータイプとしては、飛距離が出ない方、200ヤードの壁がある方、ゴルフの練習がなかなかできない方にオススメされています。