オデッセイ ELEVENパターの2ボールバージョンが4機種追加!

オデッセイのELEVENパターに、2ボールバージョンが4機種追加されました。

全4機種の形状、スペック、試打評価を取り上げます。

ELEVENパターとは?

オデッセイのELEVENパターは、台形型の大型マレットが特徴のパターです。

前身のTENパターも大型マレットでしたが、テーラーメイドのスパイダーと似た後方の左右の出っ張りが無くなっています。

この形状の違いに注目されそうですが、大きな違いは重心設計にあり、TENパターは高MOIがセールスポイントだったのに対して、ELEVENパターは重心を浅くしているのがポイントです。

浅重心になることで、大型マレットでは苦手だったヘッド操作がしやすくなっています。

ELEVENパターにも2ボールバージョンが登場

当初発売されていたELEVENパターには、2ボールバージョンがありませんでしたが、追加で4タイプの2ボールバージョンがラインナップされました。

TENでも2ボールバージョンがありましたので、待望のというか、期待通りのというか、いずれにしてもELEVENパターのラインナップがさらに充実しました。

2-BALL ELEVEN TRIPLE TRACKパター

トリプルトラックと2ボールが合わさったバージョンです。ネックはダブルベントです。

アライメントでアドレスをガチガチに固めたい方にオススメです。

ロフト角 3.0°
ライ角 70.0°
長さ 33、34インチ
ヘッド素材 ステンレススチール、アルミニウム、TPU
インサート ホワイト・ホットインサート
ソールウェイト 10g×2

2-BALL ELEVEN S TOUR LINEDパター

2ボールデザインの上に黒のアライメントラインが1本のタイプです。

ネックはショートスラントです。人気のクランクタイプでは、ネックの構造が視覚的に気になる、大きめのオフセットが苦手と言う方にオススメです。

ロフト角 3.0°
ライ角 70.0°
長さ 32、33、34インチ
ヘッド素材 ステンレススチール、アルミニウム、TPU
インサート ホワイト・ホットインサート
ソールウェイト 10g×2

2-BALL ELEVEN CH TOUR LINEDパター

こちらも2ボールデザインの上に黒のアライメントラインが1本のタイプです。

ネックはクランクネックです。

フェース面がクランクの分だけ大きく後ろに下がりますので、構えた時のホールド感がしっくりくる方、厚めに捉えたい方にオススメです。

ロフト角 3.0°
ライ角 70.0°
長さ 33、34インチ
ヘッド素材 ステンレススチール、アルミニウム、TPU
インサート ホワイト・ホットインサート
ソールウェイト 10g×2

2-BALL ELEVEN TOUR LINEDパター

こちらも2ボールデザインの上に黒のアライメントラインが1本のタイプです。

ネックはダブルベントです。

スラントネックやクランクネックと違って、ネックがすっきりしていますので、視覚的に受け取る情報量を抑えたい方にオススメです。

ロフト角 3.0°
ライ角 70.0°
長さ 32、33、34インチ
ヘッド素材 ステンレススチール、アルミニウム、TPU
インサート ホワイト・ホットインサート
ソールウェイト 10g×2

スパイダーGT ブラック TM1トラスヒール・TM2トラスセンター パターの評価・試打動画

テーラーメイドから発売されているスパイダーGT ブラック TM1トラスヒール/TM2トラスセンター パターについて取り上げます。

スパイダーGT ブラック TM1トラスヒール・TM2トラスセンター パター

テーラーメイドの大型マレットのスパイダー パターは、PGAツアーでもよく見かけるモデルで、トッププロから支持されています。

そのスパイダーパターに、ネックの安定感の高さで人気のトラスパターのネックが搭載されたモデルが、発売されています。

モデルは二機種ありまして、スパイダー GT ブラックのTM1 トラスヒールとTM2 トラスセンターです。

ダブルウィングの独特な形状に、がっちりとしたトラスネックが合わさると、視覚的に重めになりそうですが、ブラックシャフトが用いられることで、ヘッドからシャフト、グリップに至るまでブラックで統一され、凹凸感が感じにくくなっています。

テーラーメイドのパターの人気のヘッドと人気のネックが融合したとあって、注目のモデルとなっています。

スパイダーGT ブラック TM1トラスヒール・TM2トラスセンター パターの試打・評価

【トラスパター】 7/15発売 スパイダーGT ブラックTM1トラスヒールパターをラウンドで打ってみました

  • スパイダーにトラス構造の安定をプラス
  • 画期的なパターが誕生!! ロングパットも安定して距離が合ってくる、ショートパットも安心して打てる!
  • 発売前から予約で完売!? すでに人気爆発!

スパイダー GT TM1/2 パターをHS40未満の女子プロが試打

  • テーラーメイド「スパイダー」の最新作「GT」シリーズに、トラス(TRUSS)構造の三角形ホーゼルを装着した「スパイダー GT TM1/2 パター」が登場。
  • 人気シリーズの機能を融合させることで、寛容性と安定性を併せ持つモデルに仕上がっている。
  • 女子プロゴルファーの西川みさとが試打評価。
  • テーラーメイド「スパイダー GT TM1/2 パター」2022/07発売 「スパイダー」シリーズの最新作「スパイダー GT」に、ツアープロからアマチュアゴルファーまで、多くのゴルファーが信頼を寄せるトラス(TRUSS)構造の三角形ホーゼルを装着したトラスホーゼルが搭載。
  • 安定性をさらに増した「スパイダー GT」追加モデル。

テーラーメイドの「スパイダーGT ブラック TM1トラスヒールパター」「スパイダーGT ブラック TM2 トラスセンターパター

  • 0:00 トラスネックは何がいいの?を解説
  • 2:25 ネックタイプはセンターネックとヒールネックの2種類
  • 2:46 「スパイダーGT ブラック TM1トラスヒールパター」のインプレッション
  • 4:08 「スパイダーGT ブラック TM2 トラスセンターパター」のインプレッション

スパイダーGT ブラック TM1トラスヒール・TM2トラスセンター パターのスペック

モデル TM1 TM2
ロフト角 3.0° 3.0°
ライ角 70° 70°
長さ 33、34 33、34
ネックタイプ トラスヒール トラスセンター
バランスタイプ トウヒールバランス フェースバランス
トゥハング角 12°

ゼクシオ12 2022の全モデルを一挙紹介!ドライバー・フェアウェイウッド・ハイブリッド・アイアン・パター

ダンロップから発売の12代目ゼクシオ、ゼクシオ12(2022)について、全モデルの特徴・スペックを取り上げます。

ゼクシオ12シリーズ 2022

出典:dunlop.co.jp

ダンロップのゼクシオのシリーズ12代目、ゼクシオ12。

クラブの種類は、ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド、アイアン、パターが発売となっていて、一通り全てのクラブを揃えることができます。

今作の特徴は、アクティブウィングとリバウンドフレームの2つです。

アクティブウィング

アクティブウィングは、ウッドに搭載された空力コントロールの新たなテクノロジーです。

空力というと、空気抵抗を抑えてヘッドスピードを上げるものが極々一般的ですが、スイングを大事にするゼクシオは、敢えて空気抵抗を発生させることで、ダウンスイング中に発生しやすいフェースオープン、トゥダウンを抑える目的で採用されています。

リバウンドフレーム

リバウンドフレームは、スリクソンに搭載されたテクノロジーで、ヘッドの剛性を柔と剛で組み合わせることによって、大きな撓みが生み出されます。

このメカニズムはスリクソンのドライバーだけでなく、ゼクシオプライムのウッドやゼクシオボールにも採用されています。

そして、ゼクシオ12ではアイアンにも取り入れられ、ヘッド剛性の違う構造を組み合わせた飛びのメカニズムは、ゼクシオ全体で採用されています。

ゼクシオ12 ドライバー(12代目)

特徴・適合ゴルファー

新開発のアクティブウィングが搭載され、ダウンスイング中にフェースが開く、トゥが下がるといったブレが抑えられます。

前作のゼクシオ11で搭載されたカウンターバランス効果を生むウェイトプラステクノロジーも継承されていて、より正確で安定したスイングがしやすくなっています。

282gの軽量クラブで、ヘッドスピードが遅めの方が楽に振れ、爽快な金属音で心地良く飛ばすことができます。

右へのミスも出にくく、球の高さも出ますので、スライスを抑えたい方、楽に振りたい方におすすめです。

スペック

  • ロフト角:9.5、10.5、11.5°
  • ライ角:59°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.75インチ
  • クラブ重量:282g(R)

ゼクシオ12フェアウェイウッド

特徴・適合ゴルファー

ドライバーと同様に、新開発のアクティブウィング、リバウンドフレームが搭載されています。

また、WEIGHT PLUSフルラバーグリップも採用されていますので、アクティブウィングとの相乗効果で、より安定して正確なスイングがしやすくなっています。

番手は3、4、5、7、9と細かく用意されていて、ロフト角でみると15°~23°までカバーされています。

シャローフェースで球をしっかり上げげくれて、ミスに対する強さも備わっていますので、フェアウェイウッドが苦手な方にとって、とても扱いやすいです。

スペック

番手 3 4 5 7 9
ロフト角 15° 16.5° 18° 20° 23°
ライ角 58° 58.5° 59° 59.5° 60°
ヘッド体積 185cc 174cc 162cc 147cc 136cc
長さ 43.25” 42.75” 42.25” 41.75” 41.25”

ゼクシオ12ハイブリッド

特徴・適合ゴルファー

ゼクシオでは数世代前からユーティリティではなく、ハイブリッドという名称になっています。

呼び方こそ変わりましたが、同じウッド系ユーティリティであることには変わりは無く、世代が違っても同じ感覚で扱いやすくなっています。

ハイブリッドにもアクティブウィングとリバウンドフレーム、そして、ウェイトプラステクノロジーが搭載されていて、安定した正確なスイングをしやすくなっています。

前作同様、四角いフェースで、フェースのトップラインはオフセットになっていますので、ウッド系ユーティリティではありますが、ややアイアンライクに構えやすくなっています。

スペック

番手 H3 H4 H5 H6
ロフト角 18° 20° 23° 26°
ライ角 59.5° 60° 60.5° 61°
ヘッド体積 129cc 128cc 126cc 124cc
長さ 40.75” 40.25” 39.75” 39.25”

ゼクシオ12アイアン

特徴・適合ゴルファー

ゼクシオ特有のパーツが細分化された構造で、ステンレスボディ、タングステンウェイト、チタンフェースなどが組み合わされています。

アイアンにも柔・剛の剛性の組み合わせ構造によるリバウンドフレームが採用されていて、撓み効果で飛距離が出やすくなっています。

ディスタンス系アイアンでありながら、ロフト角は7番で28°ありますので、飛距離が出せつつ、球もしっかりと上がりやすくなっています。

アイアンらしいグリーンを狙える弾道で、楽に振れてゴルフとしての楽しさが味わえるアイアンです。

スペック

番手 ロフト角 ライ角 カーボン スチール
5 22 61.5 38.25 38
6 25 62 37.75 37.5
7 28 62.5 37.25 37
8 32 63 36.75 36.5
9 37 63 36.25 36
PW 42 63.5 35.75 35.5
AW 48 63.5 35.75 35.5
SA 56 63.5 35.75 35.5

ゼクシオブレードパター(2022)

特徴・適合ゴルファー

ゼクシオ12と合わせて、高慣性モーメント設計のゼクシオブレードパターが発売となっています。

ちなみに、前作のゼクシオ11の時はマレットタイプでしたので、ゼクシオ12の今作では異なるタイプのパターといことになります。

ソールの左右にはタングステンニッケルウェイトが搭載されていて、ヘッドがブレにくい高慣性モーメント設計となっています。

スペック

  • ライ角:70°
  • 長さ:34インチ

マジェスティ サブライム 2021の全モデルを一挙紹介!

マジェスティゴルフから発売のマジェスティ サブライムシリーズの2021年モデルについて、全モデルの特徴・スペックを取り上げます。

マジェスティ サブライム 2021シリーズ

2021年に発売のマジェスティ サブライムは、創業50周年を記念した数量限定のモデルです。

最新テクノロジー・最新素材を贅沢に用いた究極のゴルフクラブで、MAJESTY史上最も特別なモデルとのことです。

マジェスティ サブライム ドライバー 2021

特徴

新設計のトリプルカーボン構造が採用され、ヘッドの3ヶ所にカーボン素材が用いられています。

重量配分面では、ソール後部への質量集中と低重心が両立しています。

クラブ重量は250g台とトップクラスの軽量設計で、クラブ長さは47.5インチと思いきった長尺です。

軽さと長さで飛距離をアップさせたいゴルファーに適しています。

スペック

  • ロフト角:10.5°
  • ライ角:60°
  • プログレッション:18.4mm
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:47.5インチ
  • フレックス:SR、R
  • クラブ重量:253g(SR)、250g(R)

マジェスティ サブライム フェアウェイウッド 2021

特徴

ヘッド重量の57%(#5)におよぶ116gがソール部に集中し、さらに、通常のチタンよりも軽い軽比重チタンが用いられ、超低重心設計が実現されています。

ドライバーと同様に重心角と慣性モーメントが大きく、つかまりの良さと直進性の高さが優れています。

スペック

番手 3 5 7
ロフト角 15 18 21
ライ角 58 58.5 59
プログレッション 15.8 17.2 18.5
ヘッド体積 220 196 172
クラブ長さ 43 42.5 42
クラブ重量(SR) 277 280 283
クラブ重量(R) 274 277 280

マジェスティ サブライム  アイアン 2021

特徴

5~8番アイアンは、業界史上で最大級となる101gのタングステンがソール後方の下部に配置されています。

7番アイアンではヘッド重量の41%にも及ぶ重量で、超低重心・超深重心が実現されています。

さらに、9番~PWでは3,276g・cm2の大きな慣性モーメントを有していて、安定感があります。

スペック

番手 ロフト角 ライ角 プログレッション 長さ
5 20 60.5 1.5 39
6 23 61 2 38.5
7 26 61.5 2.5 38
8 29 62 3 37.5
9 33 62.5 3.5 37
10 38 63 4 36.5
PW 43 63.5 4.5 36
AW 49 63.5 5 35.5
SW 56 63.5 5.5 35.5

マジェスティ サブライム  パター2021

特徴

パターは、ピン型とマレット型の2種類あります。ネック形状も異なっていますので、クラブ全体をシリーズで揃えるといった場合も選びやすくなっています。

  • Ping型
    しっかり打てるクランクネック+フルオフセット
  • Mallet型
    流し込み易いスタントネック+ハーフオフセット

スペック

ヘッドタイプ ピン マレット
ロフト角 2 2
ライ角 71 71
長さ 34 34
オフセット フル ハーフ
クラブ重量 561 577
ヘッド重量 386 401

マジェスティ サブライム 2021の発売日

マジェスティの50周年記念モデル、マジェスティサブライム 2021の発売日は、2021年7月9日です。

<発売価格>

  • ドライバー:550,000円
  • フェアウェイウッド:308,000円
  • アイアン:5本セットは990,000円、単品は198,000円
  • パター:198,000円

 

【スコッティキャメロン】PHANTOM X パター2019年

スコッティキャメロンから2019年に発売のPHANTOM X パターについて取り上げます。

PHANTOM X パターの特徴

PHANTOM Xは、パターデザインの巨匠であるスコッティ・キャメロンいより生み出されたシリーズです。

これまでにない新たな技術が搭載されていることから、単なるマレットではなく、「ハイテクノロジー モダンマレットパター」と表現されています。

ヘッドは精密にデザインされた5つのラインナップ、そして、ネックは複数パターンが用意され、全9種のモデルとなっています。

6角形の基本ヘッド形状

出典:https://www.titleist.co.jp/golf-clubs/putters/phantom-x/

PHAMTOM Xシリーズのヘッドは、6角形の基本形状から着想されています。

軽量6061エアクラフトアルミニウムボディと303ソフトステンレスウイングが自由に組み合わせされ、様々なマレットパターを敷かうゴルファーの要求を満たすべく、5種類のヘッドが用意されています。

ツアープリファード アライメント

センターには3つのドット、そして、その両サイドには長いラインがデザインされています。

ドット、ライン共にブラックの下地にネオンイエローで施されていることで、視認性が高くなっています。

PHANTOM X パターの全モデル

PHANTOM X 5

ヘッドはサイドウイングのマレット。シャフトはツアー実績のあるシングルミッドベント。

フェース、ボディは軽量6061エアクラフトアルミニウム、そして、ウイングには303ソフトステンレススチールが用いられ、慣性モーメントが高められています。

PHANTOM X 5.5

ヘッドは「5」と同じ。サイドウイングのマレット型で、フェース、ボディは軽量6061エアクラフトアルミニウム、そして、ウイングには303ソフトステンレススチールが用いられ、慣性モーメントが高められています。

「5.5」はシャフトがシングルショートベントになっていて、イントゥインの開閉するストロークのゴルファーが使いやすいモデルです。

PHANTOM X 6

「6」のヘッドは、フランジが設けられたタイプ。フランジ部分には「5」にはなかったアライメントラインが長くひかれていて、正確なストロークをアシストしてくれます。

シャフトはシングルミッドベントで、フェースバランスに近い重心角が実現されていあす。

PHANTOM X 6STR

「6」のヘッドに、ストレートシャフトが採用されています。

オフセットがないため、ボールがつかまり過ぎることが無く、構えた時の見え方もクリーンです。

PHANTOM X 7

「6」と形状は似ていますが、中央後方はフランジではなくトップラインから伸びた形状となっています。

アライメントの3つのドット、サイドのラインが同じパーツに施されていて、より正確なセットアップがしやすくなっています。

PHANTOM X 7.5

ヘッドは「7」と同じ。中央後方はフランジではなくトップラインから伸びた形状となっています。

アライメントの3つのドット、サイドのラインが同じパーツに施されていて、より正確なセットアップがしやすくなっていて、さらに、シングルショートベントが採用され、ヘッドを開閉するストロークの方が使いやすくなっています。

PHANTOM X 8

ツアープレーヤーの意見にインスパイアされたモデルで、ヘッドの上部全体が軽量6061エアクラフトアルミニウムボディでまとめられています。

それでいて、他のモデルと同様にソールサイドにはステンレスのウイングが設けられていますので、大きな慣性モーメントが実現されています。

PHANTOM X 8.5

ヘッドは「8」と同じ。ツアープレーヤーの意見にインスパイアされたモデルで、ヘッドの上部全体が軽量6061エアクラフトアルミニウムボディでまとめられています。

シャフトは、シングルショートベントが採用されていて、ヘッドを開閉するストロークの方が使いやすくなっています。

PHANTOM X 12

「7」と形状は似ていますが、サイドウイングは後方が外側に広がっていて、より慣性モーメントを大きくした形状となっています。

シャフトは、シングルミッドベントがされ、フェースバランスに近い重心角となっています。