【アイアンのベストバイ 2019】アベレージゴルファー向けに特徴別に選びました!

2019年も色々なアイアンが登場しました。特に、中空が増えたことが一つの節目のようにも感じられました。

本記事では、アベレージゴルファー向けのアイアンで2019年のベストバイを特徴別に紹介します。

スライスしにくい!ヤマハ インプレス UD+2アイアン 2019

  • 重心がフェースセンターに近く、芯で捉えやすい
  • グースが効いていて、ボールがつかまりやすい

アベレージ向けアイアンと言えば、ゼクシオアイアンが人気でしたが、最近はインプレスUD+2アイアンを推す声が増えています。

アイアンの重心はヒール寄りになりがちですが、フェースセンターに近く設計されていますのえ、芯でしっかり捉えやすくなっています。

inpres インプレス UD+2 アイアン2019 試打・評価・徹底解説

球が上がりやすい!テーラーメイド M6アイアン

  • ソールが厚く、低重心設計で球が上がりやすい
  • 超ストロングロフトが苦手な人におすすめ
  • HYBRARダンパーにより打感・打音も優れている

テーラーメイドのMシリーズはウッド系が人気で、アベレージゴルファーから上級者に至るまで注目されています。アイアンは別シリーズの方が注目されがちですが、Mシリーズのアイアンはアベレージゴルファーに使いやすく仕上っています。

最近のアイアンは7番でロフト角が25°といった超ストロングロフトが増えています。この立ち具合にまだ慣れない・苦手という方には、M6アイアンは28.5°と中程度のストロングロフトになっていますので、飛距離性能と扱いやすさのバランスが良いモデルです。

とにかく飛ぶ!PRGR eggアイアン 2019

  • 超ストロングロフトで前に強く飛ぶ
  • キャビティーがしっかりしていてミスに強く、真っすぐ飛ぶ

PRGRの2019年モデルのeggアイアンは2種類あり、とにかく飛ばしたいゴルファーにおすすめのモデルは上の写真の左側にあるeggアイアン 2019です。

7番のロフト角が25°で、筆者が知る限りでは2019年で最もストロングロフトのアイアンです。飛距離アップに欠かせない溝構造を多用し、大きな飛びが追求されています。

キャビティー構造もしっかりしていますので、真っすぐ大きく飛ばせます。

PRGR NEW eggアイアン・eggフォージドアイアン 2019を発売

飛距離性能に優れたアイアンについては、もう1種、ゼクシオ クロスアイアンを取り上げます。

こちらも7番のロフトが25°の超ストロングロフト、そして、ソールとキャビティーが超分厚い形状で、飛距離+直進性に優れたモデルです。

XXIOクロス アイアン 試打・評価・徹底解説

打感が良いディスタンス系!PHYZアイアン 2019

  • 最薄部が1.7mmの極薄フェースで、弾きが良い
  • バックフェースにターボラバーを搭載し、フィーリングも良い

ディスタンス系アイアンの特徴として、フェースの薄さ、溝構造により、弾きが良い点が挙げられます。ソリッドな打感を好む人もいますが、一般的には中・上級になるとマイルドな打感が好まれます。

PHYZアイアンは、ディスタンス系ながらもバックフェースに制振材のターボラバーが搭載されていますので、余分な振動を吸収してくれてフィーリングにも優れています。

ソリッドな打感が苦手、飛距離性能と打感の両方が欲しいという方におすすめです。

PHYZ アイアン 2019 試打・評価・徹底解説

まとめ

2019年のアイアンからアベレージ向けにベストバイなモデルを特徴別に紹介しました。

2019年はドライバー以上にアイアンの当たり年と言われていますので、改めてここ1年のモデルを振り返ってみて、買い替えを控えていた方は検討してみては如何でしょうか?

以上、アベレージゴルファー向けアイアンのベストバイ 2019について取り上げました。