MAVRIK ユーティリティの最新情報

キャロウェイの2020年モデルのMAVRIK マーベリックのユーティリティについて、最新情報を取り上げます。

MAVRIK ユーティリティは3種類ある

キャロウェイのMAVRIKのユーティリティは3タイプあります。

左がスタンダードモデルのMAVRIK ユーティリティ、中央が上級者向けのMAVRIK PROサブゼロ ユーティリティ、右が大き目なヘッドのMAVRIK MAX ユーティリティです。

フラッシュフェース・ジェイルブレイクテクノロジーを搭載

3つのモデルとも、フラッシュフェースとジェイルブレイクテクノロジーが搭載されています。

フェース面の幅広いエリアで優れた反発性能を発揮してくれます。

ウェイト・ロフト角・ライ角の調整機能はない

ユーティリティには、ソールのスクリューウェイト、可変スリーブが搭載されていませんので、重心調整、ロフト角・ライ角調整機能はありません。

MAVRIKユーティリティの試打・評価

プロが芯を外して試打した動画です。打点がずれても弾道の高さ、感触、飛距離が変わりません。

MAVRIK ユーティリティの特徴

こちらはスタンダードモデルのMAVRIKユーティリティです。3タイプの中でヘッドサイズは中間的です。

ヘッドはアイアンのような形状

ヘッド形状はトゥ側が高くなったいて、アイアンのような構えやすさが特徴となっています。

MAVRIK ユーティリティのスペック

番手 3H 4H 5H 6H
クラブ長さ 40.5 40 39.5 39
ヘッド体積 123 122 120 118
ロフト角 18 20 23 26
ライ角 58 58.5 59 59.5

MAVRIK ユーティリティのシャフト

  • Diamana 50 for Callaway (S、SR、R)
  • N.S.PRO Zelos 7 Hybrid (S)

MAVRIK PRO ユーティリティの特徴

こちらはMAVRIK PRO ユーティリティです。3タイプの中で最もこぶりなヘッドで、上級者向けのユーティリティです。

フェアウェイウッドのようなウッド型デザイント

PROモデルは、ウッド型形状のコンパクトデザインで、トップラインが最も前に出ていて、つかまり過ぎない設計になっています。

スイングスピードが速めのゴルファーが、左へのミスを恐れずに思い切り叩くことができます。

MAVRIK PRO ユーティリティのスペック

番手 2H 3H 4H
ヘッド体積 115 113 107
ロフト角 18 20 23
ライ角 57 57.5 58
クラブ長さ(Fujikura MC 80) 40.5 40 39.5
クラブ長さ(N.S.PRO 950GH neo) 40 39.5 39

MAVRIK PRO ユーティリティのシャフト

  • Fujikura MC 80 (S)
  • N.S.PRO 950GH neo (S)

MAVRIK MAX ユーティリティの特徴

こちらはMAVRIK MAXユーティリティです。スタンダードモデルと形状は似ていて、大型ヘッドでやさしいユーティリティです。

高慣性モーメントで深重心

MAVRIKユーティリティと同様に、トゥ側が高くアイアンライクな形状となっています。

ヘッドが大きく、大きな慣性モーメントと深重心になっていて、楽に球が上がり、直進性の高い弾道で飛ばすことができます。

MAVRIK MAX ユーティリティのスペック

番手 4H 5H 6H
クラブ長さ 40 39.5 39
ヘッド体積 133 131 129
ロフト角 21 24 27
ライ角 59 59.5 60

MAVRIK MAX ユーティリティのシャフト

  • Diamana 40 for Callaway (S、SR、R)

MAVRIK ユーティリティの発売日

MAVRIKシリーズのユーティリティの発売日は、MAVRIKユーティリティ、MAVRIK PRO ユーティリティが2020年2月7日、MAVRIK MAXユーティリティが2020年4月となっています。

MAVRIK フェアウェイウッドの最新情報

キャロウェイの2020年モデルのMAVRIK マーベリックのフェアウェイウッドについて、最新情報を取り上げます。

MAVRIK フェアウェイウッドは3種類ある

キャロウェイのMAVRIKのフェアウェイウッドは3タイプあります。

一番左がスタンダードモデルのMAVRIK フェアウェイウッドです。真ん中のこぶりなモデルがMAVRIK サブゼロ フェアウェイウッドです。そして、一番右の大きなヘッドがMAVRIK MAX フェアウェイウッドです。

フラッシュフェース・ジェイルブレイクテクノロジーを搭載

3つのモデルとも、AI設計によるフラッシュフェース、効率的にヘッドを撓ませるジェイルブレイクテクノロジーが搭載されています。

フェースの広いエリアで、優れた反発性能を発揮してくれます。

調整機能はウェイトのみ

ウェイトはスクリュー式のものが搭載されていますので、オプションで別重量にしたり、モデルによっては2つ搭載されていますので、入れかえることで重心を変更することができます。

なお、フェアウェイウッドには可変スリーブは搭載されていませんので、ロフト角・ライ角の調整機能はありません。

MAVRIKフェアウェイウッドの試打・評価

MAVRIK フェアウェイウッドの特徴

こちらはスタンダードモデルのMAVRIKフェアウェイウッドです。3タイプの中でヘッドサイズは中間的で、アベレージゴルファーにおすすめのフェアウェイウッドです。

ウェイトはソール後方に1つ

ソール後方の深いところに5gのウェイトが1つ搭載されています。低重心・深重心となり、球の上がりやすさ、寛容性、直進性を重視したモデルとなっています。

フェース・ヘッドはオーソドックスな形状

アドレスした時に見えるクラウンの形状やフェース面は、オーソドックスな形です。フェース面は下部がラウンドしていますので、様々なライで振り抜けの良さをイメージしながら扱えそうです。

MAVRIK フェアウェイウッドのスペック

番手 3 5 7
クラブ長さ 43.25 42.75 42.25
ヘッド体積 174 154 143
ロフト角 15 18 21
ライ角 56 56.5 57

MAVRIK フェアウェイウッドのシャフト

  • Diamana 50 for Callaway (S、SR、R)
  • Speeder EVOLUTION VI FW 60 (S)

MAVRIK サブゼロ フェアウェイウッドの特徴

こちらはMAVRIK サブゼロ フェアウェイウッドです。3タイプの中でヘッドサイズが最も小さく、浅重心で強い弾道で飛ばすことができる上級者向けのフェアウェイウッドです。

ウェイトはソールの前後に1つずつ

ウェイトは、ソール後方と前方に1つずつ搭載されています。重量は前方が14g、後方が2gとなっていますので、入れ替えることで、打ち出しの高さやスピン量を調整することができます。

フェース・ヘッドはオーソドックスな形状

ヘッド形状はストレッチが短く浅重心となっています。他の2つのタイプと比べてフェース面が前に出ていますので、つかまり過ぎず、意図した方向に打ち出しやすくなっています。

MAVRIK サブゼロ フェアウェイウッドのスペック

番手 3+ 3 5
クラブ長さ 43.25 43.25 42.75
ヘッド体積 171 169 160
ロフト角 13.5 15 18
ライ角 55 55 55.5

MAVRIK サブゼロ フェアウェイウッドのシャフト

  • Tour AD SZ-5 TypeII (S、SR)
  • Speeder EVOLUTION VI FW 60 (S)

MAVRIK MAX フェアウェイウッドの特徴

こちらはMAVRIK MAXフェアウェイウッドです。3タイプの中でヘッドサイズが最も大きく、スライサーやシニアが扱いやすいフェアウェイウッドです。

ウェイトはソール後方とヒール寄りに1つずつ

ウェイトはソール後方に1つとヒール寄りに1つ、合計2つ搭載されています。後方のウェイトにより直進性と許容性が高くなり、ヒール寄りウェイトによりボールのつかまりがよく、スライスが出にくくなっています。

ウェイトは後方が10g、ヒール寄りが2gと重量が異なっていますので、入れ替えることにより重心を変えることができます。

ヘッドは大型、フェースはグース気味

ヘッドサイズは大きく、深重心設計でミスへの許容性が高くなっています。

また、フェース面は奥に下がっていて、グース気味になっています。インパクトタイミングが遅くなることで、ヘッドを返してボールをつかまえやすくなりますので、スライスがでにくく、しっかり捉えて飛距離が出やすくなっていいます。

MAVRIK MAX フェアウェイウッドのスペック

番手 3 5 7 9
クラブ長さ 43.25 42.75 42.25 41.75
ヘッド体積 197 168 156 148
ロフト角 16 19 22 24
ライ角 57 57.5 58 58.5

MAVRIK MAX フェアウェイウッドのシャフト

  • Diamana 40 for Callaway (S、SR、R)

MAVRIK フェアウェイウッドの発売日

MAVRIKシリーズのフェアウェイウッドの発売日は、MAVRIKフェアウェイウッド、MAVRIKサブゼロフェアウェイウッドが2020年2月7日、MAVRIK MAXフェアウェイウッドが2020年4月となっています。

MAVRIKドライバーは、反発エリアが広い?

キャロウェイの2020年の新作ドライバーとなるMARVIKドライバー(マーベリック)について、ついにキャロウェイの公式動画がアップされましたので取り上げます。

MAVRIKドライバーの情報解禁は2020年1月15日

出典:https://www.callawaygolf.jp/

キャロウェイの公式サイトにて、遂に、MAVRIKに関する情報が掲載されました。

MAVRIK(マーベリック)に関する情報は、2020年1月15日に解禁になると発表がありました。

通常、ニューモデルのカタログや何らかの情報は、既に関係先に提供されていますが、原則、特定の日から一気に情報が出て来ます。

MAVRIKドライバーのティザー広告は既に出ている

情報解禁より前に、ティザー広告として動画が1本投稿されています。

通常、ティザー広告とは部分見せにより期待感や想像を掻き立てるものですが、製品がしっかり映っています。

USキャロウェイの方のティザーは、かなり情報が少なく、イメージレベルに近いものですので、日本の動画は相当に踏み込んだ内容です。

MAVRIKドライバーは反発エリアが広い?弾道をセンターに戻してくれる?

日本のティザー広告の動画の中で、注目すべき点が一つありました。

それは、3人の試打者がいて、打点がトゥ、センター、ヒールに綺麗に分かれている点です。しかし(というか、やはり)、弾道はセンターに飛んでいます。

ここから言えることは、「どこで捉えてもセンターに飛ぶ」と言うことになるのではないかと思われます。

まとめ

MAVRIKの注目点として、ドライバーからアイアンまで、全てフェースがAIデザインだという話も、一部から聞こえてきています。

MAVRIK マーベリックがどのような特徴を持つのか、公式情報が確認され次第、当サイトにてご案内していきます。

以上、「MAVRIKドライバーは、反発エリアが広い?」という内容について、取り上げました。