SRIXON Z785ドライバー 試打・評価・徹底解説

スリクソンのZ785ドライバーについて取り上げます。

2018年モデルのSRIXON Zシリーズドライバーは2種類!

Zシリーズ2018年モデルのドライバーは、2種類発売されています。初代の発売当初から暫くは3種類のヘッドサイズが発売されていましたが、2018年モデルはZ585ドライバーとZ785ドライバーの2種類となっています。

2014年のZシリーズドライバーでは、460ccのZ545ドライバー、430ccのZ745ドライバー、400ccのZ945ドライバーという具合で、ヘッドサイズが大きく異なるモデルがリリースされていました。このヘッドサイズの差は年々縮まり、Z9のシリーズは2016年には発売が無く、2種類に留まる布石はありました。

2018年モデルでZシリーズのヘッドサイズは同じになった!

2018年モデルのZシリーズドライバーで注目すべき点は幾つかありますが、その一つがヘッドサイズです。従来のモデルでは、モデルの3桁目の数字が上がるにつれ、より上級者向けモデルとなりヘッドサイズが小さくなっていきましたが、今回のZ585ドライバーとZ785ドライバーは、共に460ccというルール最大サイズに統一されています。

とは言え、振り返ってみれば、上級者向けモデルが徐々に廃止されたり460ccに近づいてきていましたので、遅かれ早かれ460ccに統一されることは感じ取れたゴルファーもいたのではないでしょうか。

これまでのZシリーズのヘッドサイズの推移については、下記記事にまとまっていますので、ご参考ください。

スリクソン Zシリーズドライバーの歴代モデル、ヘッドサイズの変遷まとめ

Z785ドライバーの特徴

Z585 とZ785でヘッドサイズが460ccに統一されましたので、この2種類のヘッドでどのような違いがあるのかが注目の集まるところです。まず、両者の公式の概要説明を見てみましょう。

  • Z585ドライバー
    「圧倒的な飛距離性能とやさしさ。 ドラスティックに進化した スリクソン Z585 ドライバー。」
  • Z785ドライバー
    「圧倒的な飛距離性能とやさしさ。クラブを操る喜びも忘れない スリクソン Z785 ドライバー。」

どちらも「やさしい・飛ぶ」と言うことが第一にPRされています。そして、Z785ドライバーの方は、操作性の高さが謳われています。

Z785ドライバーは操作性が高い

出典:https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2018/s88.html

ヘッド形状の特徴として、クラウンバックの頂点がセンターに位置することで、操作性が高くなっています。さらに、「自然なヘッドターン」という表現がなされていまして、Z585ドライバーは、ヒール寄りがぷくっとしてつかまりの良さがありますので、勝手につかまり過ぎないということを表していると思われます。

反発エリアが拡大し、やさしさアップ!

出典:https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2018/s88.html

スリクソンにはゼクシオで搭載されているカップフェースが新たに搭載されています。念のため、ご存知の方が多いと思いますが、スリクソンはゼクシオは住友ゴムグループに属します。ゼクシオがシニア・アベレージゴルファー向け、スリクソンが中・上級者向けとなっています。

出典:https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2018/s88.html

フェース面上で高い反発を持つエリアが、従来モデルと比べて176%と大きく拡大していますので、オフセンター時の許容性が増しています。

フェース・ライ角の違い

出典:https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2018/s88.h

Z585ドライバーとZ785ドライバーのフェース形状・ライの重ね合わせ図です。Z585ドライバーの方は、つかまりが意図されている様子が見て取れます。Z785はオートマチックではなく、インテンショナルな弾道を重視した設計となっています。

ヘッドの後方はZ785よりも下がっていますので、低重心でボールのあがりやすさが意識されています。

Z785ドライバーはロフト角調整機能を搭載

Z785ドライバーはネック部分にロフト角調整機能を搭載しています。いわゆるカチャカチャと呼ばれているシステムです。

Z785 ドライバーの試打・評価

マーク金井氏による試打

スリクソンZ785、Z585、ゼクシオ10との違いについて語られています。

練習場でのたんたんと打っている動画

屋外の練習場で打っている動画です。弾道の高さ、直進性の高さ、音の良さが確認できます。

スリクソン Z785ドライバーのスペック

ロフト角 9.5/10.5°
ライ角 58°
ヘッド体積 460cc
標準シャフト Miyazaki Mahana カーボンシャフト
Miyazaki MIZU 6 カーボンシャフト
長さ 45.25インチ

ロフトは9.5°、10.5°の2種類が用意されています。これまでアスリート向けと言われていたスリクソンがゼロベースで作り上げた2018年モデルのZシリーズドライバー。Z785ドライバーは反発エリアが拡大し、直進性が高くなっています。

スリクソンZ785ドライバーの販売価格と発売日

スリクソンZ785ドライバーの発売開始日は2018年9月22日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは2種類ありますが、販売価格は夫々68,000円となっています。

 

SRIXON Z585ドライバー 試打・評価・徹底解説

スリクソンのZ585ドライバーについて取り上げます。

SRIXON Zシリーズ2018年モデルは2種類!

スリクソンの2018年モデルのZドライバーは、2種類発売されています。Zシリーズはこれまでは3種類のヘッドサイズが発売されていましたが、2018年モデルはZ585ドライバーとZ785ドライバーの2種類です。

従来は3種類のヘッドサイズで発売されていまして、例えば2014年モデルでは、例えば460ccのZ545ドライバー、430ccのZ745ドライバー、400ccのZ945ドライバーという具合です。ただし、このヘッドサイズの差はバージョンアップと共に縮まり、Z9のシリーズは2016年には発売がありませんでしたので、2種類に留まる布石はありました。

Zシリーズのヘッドサイズの差がなくなった!

2018年モデルで驚いたのは、ヘッドの種類が減ったことではなく、ヘッドサイズが1種類になったことです。これまで発売されていたモデルでは、ヘッドサイズが異なっていましたので、今回のZ585ドライバーとZ785ドライバーが共に460ccという点は、インパクトのある変更です。

ただしこれも、上級者向けモデルが徐々に460ccに近づいてきていたここ数年の流れからすると、ある程度予見されていたとも言えます。

スリクソン Zシリーズドライバーの歴代モデル、ヘッドサイズの変遷まとめ

やさしくなった、Z585ドライバー!

2018年のZシリーズドライバーは、これまでのスリクソンのドライバーとがらっと変わっています。まず、ヘッド体積が同じになったことで、ターゲットゴルファー層を広げてきたことは察知できます。実際、プレスリリースでも同様のことが説明されています。

これにより従来のメインターゲットであったシリアスにゴルフに取り組むコアユーザーから、やさしく飛ばせるクラブでゴルフを楽しみたいというライトユーザーまで、幅広いゴルファーに適したドライバーとなりました。
(引用)https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2018/s88.html

ゼクシオで培われたカップフェースを搭載!反発エリアが大きく拡大!

出典:https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2018/s88.html

スリクソンにはゼクシオで搭載されているカップフェースが新たに搭載されています。念のため、ご存知の方が多いと思いますが、スリクソンはゼクシオは住友ゴムグループに属します。ゼクシオがシニア・アベレージゴルファー向け、スリクソンが中・上級者向けとなっています。

出典:https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2018/s88.html

フェース面上で高い反発を持つエリアが、従来モデルと比べて176%と大きく拡大していますので、オフセンター時の許容性が増しています。

アップライトでつかまりの良さが感じられる

Z785ドライバーと比べて、トゥ側が高くアップライトになっています。構えた時につかまりの良さを感じられます。

ヘッド後方が下がり、低重心に

ヘッドの後方はZ785よりも下がっていますので、低重心でボールのあがりやすさが意識されています。

ロフト角調整機能は無い

Z585ドライバーはスリーブのロフト角調整機能は搭載されていません。Z785の方には搭載されています。

Z585 ドライバーの試打・評価

マーク金井氏による試打

サウンドリブが搭載されていて、打音が良く、ヘッドターンがありつかまりも良いモデルになっています。

練習場での試打と感想

屋外の練習場で試打していますので、サウンドリブ搭載でどのような打音になったかを確認できます。また、どのぐらいのヘッドスピードが良いかについても最後に総評で紹介されています。

スリクソン Z585ドライバーのスペック

ロフト角 9.5/10.5°
ライ角 58°
ヘッド体積 460cc
標準シャフト Miyazaki Mahana カーボンシャフト
Miyazaki MIZU 6 カーボンシャフト
長さ 45.25インチ

ロフトは9.5°、10.5°の2種類が用意されています。これまでアスリート向けと言われていたスリクソンがゼロベースで作り上げた2018年モデルのZシリーズドライバー。Z585ドライバーはさらに優しいモデルとなります。

ゼクシオで物足りないゴルファー、ヘッドスピードが遅くないゴルファーが使えるとの評価が聞こえてきますので、これまでスリクソンに憧れながらも敬遠してきた方。試打してみることをおすすめします。

スリクソンZ585ドライバーの販売価格と発売日

スリクソンZ585ドライバーの発売開始日は2018年9月22日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは2種類ありますが、販売価格は夫々63,000円となっています。