【名選手が証言】プロ野球で1番凄い真っ直ぐを投げたピッチャー!

プロ野球のピッチャーで、最も魅力のある球と言えばストレート。

速さばかりにフォーカスされますが、「凄い」ストレートについて、古田敦也のチャンネルにて名選手が語られています。

動画の内容、そして、名選手が「凄い」と唸ったストレートを投げるピッチャーについてまとめました。

「凄い」ストレートを証言する

こちらが古田敦也のチャンネルにアップされた「凄いストレート」について語っている動画です。

証言している選手は、 古田敦也、ジョニー黒木、鈴木健、真中満、五十嵐亮太の5名のプロ野球OBです。

古田敦也のチャンネルのため、大分、ヤクルト色の濃い人選ではありますが、鈴木健、五十嵐亮太はパリーグでプレーしていて、真中満、古田敦也は監督の経験があります。

特に古田敦也は捕手ですし、オールスターやオリンピックなどでチームやリーグを超えて球を実際に受けていますので、最も広く深くプロ野球界の投手を把握している一人と言えます。

凄いストレートとは?

速いストレートとなると、今と昔で計測器の違いがあることはよく言われている話ですが、数値化できるものなので、大谷翔平165kmとなります。

※外国人を含めると、巨人のビエイラが166km、広島のコルニエルが165㎞がいます。

しかし、今回のテーマは「凄い真っ直ぐ」です。投げ方、スピン、球筋など、色々な要素を含めての評価となるところがポイントです。

中日の山本昌投手が、130㎞台なのに150㎞に見えるというのは有名な話で、独特な投球フォーム、スピンによる球のキレなどが、そう感じさせるようです。

大谷翔平のストレートは、160㎞を超えるのにバットに当たると良く言われますが、これも球速が全てではないことの一つの側面と言えるでしょう。

凄いストレートのピッチャー

5人の名選手が挙げた「凄いストレート」のピッチャーは、3名となりました。

  • 藤川球児(古田、真中、五十嵐)
  • 伊良部秀輝(黒木)
  • 松坂大輔(鈴木)

この3名のストレートについて見ていきましょう。

藤川球児のストレート

やはり、ストレートがテーマになると、藤川球児の名前は必ず出てきます。

人によっては、ストレートという魔球という人もいますし、あの「チ〇ポコついてんのか?」発言で話題となった清原和博は「火の玉ストレート」と命名しています。

▼宣言して全球ストレートを投げ込んだオールスターでの伝説の勝負

こちらはオールスターで登場した藤川球児。

ストレートと宣言して、カブレラ、小笠原に投げ込みます。

見事にバットの上を通るホップするストレートで、連続空振り三振に仕留めました。

最高の選手たちが、分かっていて打てないんですから、魔球と言われるのも分かります。

▼清原和博と藤川球児の騒動の切欠となった勝負

ちなみに、こちらか例の発言の原因となった試合です。

阪神が巨人に8点差の大幅リードの中、7回裏2アウト満塁で打席に立つ清原に対して、フルカウントの末、最後はフォークボールで三振となり、例の発言が飛び出しました。

そのような出来事がありましたが、どちらも人柄の良い選手ですから、その後は仲良くお話しされています。

なお、例の発言は、投げたピッチャーに対してではなく、配球したキャッチャーに対してのようです。

伊良部秀輝のストレート

ロッテのジョニー黒木が推したのが、同じチームにいた伊良部秀輝です。

当時、日本最速の158㎞を投げ、最も速い投手でもありました。

そして、この投手が覚醒していく切欠となった出来事に、清原和博が関わっています。

伊良部が158㎞の球を投げたのが清原です。その球はファールされ、そして、次の球の157㎞は、見事、左中間を破るヒットを打ち返されました。

このことが切欠で、速いだけではダメだと気付き、変化球を磨き、投げ方を工夫し、スピードだけではない凄いストレートに進化していきました。

▼伊良部が語る、清原との勝負で変わった野球観

伊良部自身、清原の対決が切欠になったと後日、語られています。

ジョニー黒木も解説されている通り、大きくしなやかな体を上手に使って、なかなか球の出所を見せない投げ方で、より速く見え、打ち辛く感じられるストレート。

粗い印象のある伊良部ですが、技術と理論が高いところにあるピッチャーと言えます。

松坂大輔のストレート

高校野球で甲子園の決勝戦で、ノーヒットノーランで優勝し、プロではデビューから3年連続で最多勝、メジャーでも2年目には18勝を挙げ、あらゆるステージで最高の結果を見せてきた選手です。

ストレートが速いのは勿論ですが、変化球、コントロール、牽制球、フィールディング、バッティングと、高卒18歳にして全てが超一流の選手でした。

▼伝説のプロデビュー戦、片岡が豪快な三振

こちらが今も語り継がれるプロデビュー戦でのシーンです。

3番片岡との対決で、最後は155㎞のストレートに、絶好調の片岡は大きく空振り三振。

後日、この時にヒラメ筋を痛めていたことが金村の証言で判明しています。

まとめ

日本プロ野球で「凄い真っ直ぐ」「凄いストレート」を投げたピッチャーについて、取り上げました。

ストレートと言えば、江川卓、江夏豊、金田正一といった往年の名選手もいますが、証言者が実際に目にした選手ということで、時代が昭和後期・平成となっています。

別の視点では、球速の割に速く見える投手としては、上原浩治、渡辺俊介、山本昌、星野伸之あたりも「凄い真っ直ぐ」だったと思います。

次は「遅いけど速い」をテーマで語ってみてもらいたいです。