スリクソン Z585とZ785アイアンの違いを徹底解剖・評価!

SRIXONのZ85シリーズから発売のZ585アイアンとZ785アイアンについて、違いを取り上げます。

スリクソンZ585・Z785アイアン

スリクソンのZシリーズアイアンの2018年モデルは、Z585アイアンとZ785アイアンの2種類が発売されています。

Zアイアンはこれまでマッスルバック、ハーフキャビティー、キャビティーの3種類を発売していましたが、2018年モデルではマッスルバックが廃止され、キャビティー、ハーフキャビティーの2種類となっています。

Z585アイアンはポケットキャビティーでミスに強い

Z585アイアンは、ポケットがあるキャビティー構造が採用されています。Z785アイアンもハーフキャビティーのためヘッド外周が肉厚になっていますが、Z585の方がより肉厚になっています。

ミスへの許容性が高いため、打点がばらついてしまう方にとって、飛距離ロスが少なく収まります。

スリクソンはアスリートブランドという印象がありますが、Z585アイアンは、上を目指すアベレージゴルファーが充分使うことができます。

Z785アイアンは打点エリアが肉厚で、打感が良い

出典:http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2018/sp/2018_s90.html

Z785アイアンのバックフェースは、打点が集中するセンターに厚みを持たせた形状となっています。

芯で捉えたときに柔らかさが感じられ、しっかりと押し込んで行ける感覚が得られます。

Z585は飛距離と寛容性なのに対して、Z785は操作性と打感が優れています。

Z585の方がソールが厚い

左がZ585、右がZ785アイアンです。どちらも前後にバンスがあるV字型の形状をしていて、抜けの良さが特徴となっています。

ソールそのものは、Z585アイアンの方が厚めになっています。

ダウンブローに打ち込んで行きたい方はZ785アイアン、払い打ちタイプの方はZ585アイアンが扱いやすくなっています。

ネック形状の違い

左がZ585、右がZ785アイアンです。Z585アイアンの方がグースが効いています。

グースが効いている分、Z585の方がボールをつかまえやすく、右に出にくく、飛距離も出やすくなっています。

Z785アイアンはほぼストレートなネック形状で、球を操作したい人におすすめの形状となっています。

Z585アイアンの方がロフトが立っている

7番アイアンのロフト角を比較すると、Z585アイアンは31°、Z785アイアンは32°となっています。

アスリート向けモデルとして捉えると、ややストロングですが、アベレージ向けと考えると、かなりフェースが寝ています。

Z585を飛距離重視と言い分けられていますが、上げて落とすというアイアン本来の使い方がしやすいスペックになっています。

Z585・Z785アイアンの公式動画

Zシリーズアイアン2018年モデルの公式動画です。Z585 アイアン、Z785アイアン、ZU85ユーティリティについて紹介されています。

Z585・Z785アイアンのスペック

Z585アイアンのスペック

番手 ロフト角 ライ角 FP 長さ
4 22 60.5 2.7 38.5
5 24 61 2.9 38
6 27 61.5 3.2 37.5
7 31 62 3.5 37
8 35 62.5 3.9 36.5
9 39 63 4.1 36
PW 44 63.5 4.6 35.5
AW 50 63.5 4.9 35.5
SW 56 63.5 5.3 35.5

Z785アイアンのスペック

番手 ロフト角 ライ角 FP 長さ
3 20 60 2.9 38.75
4 22 60.5 3 38.25
5 25 61 3.4 37.75
6 28 61.5 3.5 37.25
7 32 62 3.8 36.75
8 36 62.5 4.1 36.25
9 41 63 4.5 35.75
PW 46 63.5 4.9 35.25
AW 51 63.5 5.4 35.25
SW 57 63.5 6 35.25

スリクソン Z585アイアン 試打・評価・徹底解説

スリクソンのZ585アイアンの試打・評価について取り上げます。

スリクソンZ585アイアンの特徴について

スリクソンZ585アイアンは、2018年に発売されています。

Zアイアンは当初3種類のモデルが発売されていましたが、最も小振りなマッスルバックタイプは廃止され、ポケットキャビティーのZ585アイアン、ハーフキャビティーのZ785アイアンの2種類となっています。

ポケットキャビティー構造でミスへの許容性が高い

Z585アイアンはポケットキャビティー構造となっていますので、ミスに対する許容性があり、アベレージゴルファーから中級者が扱いやすいアイアンです。

スピードグルーブフェースにより大きく飛ばせる

出典:http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2018/sp/2018_s90.html

フェース周辺に溝が設けられている「スピードグルーブフェース」により、フェースが撓みやすくなっています。より大きな反発性能が得られますので、アスリート向けブランドでありながら、飛距離が出しやすいアイアンです。

前作よりもV角度が緩やかで、レベルスイングでの抜けが良い

出典:http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2018/sp/2018_s90.html

Z585アイアンは、バンス角が見直されていて、V角度が緩やかになっています。横からレベルブローで捉える方にとって、抜けの良い形状となっています。

スリクソン Z585アイアンのシャフト

公式サイトで紹介されているシャフトは4種類あります。

  • Miyazaki Mahana カーボンシャフト
  • Miyazaki for IRON カーボンシャフト
  • N.S.PRO 950GH DST スチールシャフト
  • N.S.PRO MODUS³ TOUR105 DST スチールシャフト

スリクソン Z585アイアンの公式動画

Zシリーズアイアン2018年モデルの公式動画です。Z585 アイアン、Z785アイアン、ZU85ユーティリティについて紹介されています。

スリクソン Z585アイアンの試打・評価

  • スリクソンだから難しいと思ったが、意外とやさしい。ボールがつかまる。
  • ボールの下にヘッドがぐっと入ってくれる感じがする。

  • 飛距離が出るし、曲がらない。
  • 芯を外しても、飛距離がズレない。

  • Z585と比べて、前作のZ565アイアンはダウンブロー向け。
  • Z585アイアンの方がやさしい。
  • ユーティリティで打ったような弾道が出る。

スリクソン Z585アイアンのスペック

番手 ロフト角 ライ角 FP 長さ
4 22 60.5 2.7 38.5
5 24 61 2.9 38
6 27 61.5 3.2 37.5
7 31 62 3.5 37
8 35 62.5 3.9 36.5
9 39 63 4.1 36
PW 44 63.5 4.6 35.5
AW 50 63.5 4.9 35.5
SW 56 63.5 5.3 35.5

ロフト角・ライ角・長さといった基本スペックは、前作のZ565アイアンと変わっていませんが、バンスのフェース側とバック側の角度が変わり、V角度が緩やかになっています。

inpres インプレス UD+2 ドライバー2021 試打・評価・徹底解説

ヤマハから発売されているinpres UD+2 ドライバーの2021年モデルについて取り上げます。

インプレス UD+2 ドライバー 2021

inpres UD+2ドライバーは2016年に初代モデルが発売されていて、2021年モデルは3代目となります。

基本的なコンセプトは初代から変わらず継承されつつ、新たなテクノロジーもプラスされ、より進化しています。

スピードボックスによりエネルギー効率がアップ

3代目モデルで最も特徴的なのが、フェースの直ぐ後ろに設け足られた凹型の構造です。

スピードボックスと呼ばれる1.5mmの凹みがクラウン側・ソール側の両方に設けられていて、フェース周辺の剛性が高められています。

これにより、ヘッド後方への振動の拡散が抑えられ、インパクトエネルギーが効率的にボール初速に転換されます。

重心角が34.5°に

スライス解消に効果的とされるヘッドの重心角は、前作の33°から更に大きくなり、34.5°となっています。

重心角が大きくなることで、ヘッドが返る方向に作用しますので、球のつかまりが良くなります。

オフセット形状を採用

ネック位置は、一般的なドライバーよりもやや前側にあり、フェースのトップラインの位置が後ろに下がった形状になっています。

アイアンで言うグースが効いていて、オフセットがありますので、その分、インパクトのタイミングが遅くなり、よりヘッドをしっかり返して強くボールを捉えやすくなっています。

慣性モーメントが大幅にアップ

慣性モーメントが前作から約8%アップし、4,650から5,020g・cm2となっています。

ヘッドがブレにくくなりますので、弾道の左右のブレ幅が抑えられ、広いスイートエリアで直進性の高い弾道が出やすくなっています。

インプレス UD+2 ドライバー 2021の試打・評価

inpres UD+2ドライバー2021をプロゴルファーが試打・解説

石井プロにより試打した感想として、「球が殆ど曲がらず、打ち出したところに飛んで行く。」「球のつかまりは、前作の方が少し良い。」と述べられています。

重心角がさらに大きくなっているにも関わらず、球のつかまりがアップしているわけではないのは、慣性モーメントが大きくなっているため、深重心になっていることが影響しているのかもしれません。

とは言え、スライスをあえて打とうと思ってもなかなか打ててないので、スライス改善というよりブレが少ないように思います。

構えた感想としては、スピードボックスという他に無い特殊なデザインが悪さするのかと思いきや、深重心のストレッチの長さを感じさせない効果があると述べられています。

このデザインに違和感を覚えるか、または、ヘッドの奥深さを感じさせない効果があるか、捉え方により変わりそうです。

有村智恵プロがinpres UD+2ドライバーを試打して解説

有村智恵プロは、直進性が高くて、曲がらない強い球が出るという感想を述べられています。

ミスショットが怖くないので、自信満々で振っていけて飛距離が出るとも述べられています。

インプレス UD+2 ドライバー 2021のスペック

ロフト角 9.5° 10.5°
ライ角 61° 61°
フェース角
ヘッド体積 460cc 460cc
シャフト インプレス UD+2 ドライバー 2021
シャフト硬さ S S/SR/R
シャフト重量 53 53/48/43g
シャフトトルク 5.6 5.6/6.0/6.2
シャフト調子
クラブ長さ 45.75インチ 45.75インチ
クラブ重量 284g 284/279/275g

ロフト角は9.5°と10.5°の2種類で、クラブ重量は275~284gです。前作よりも軽量化されています。

一般的なアベレージゴルファー向けのドライバーよりも20gほど軽くなっていますので、軽めのクラブで楽に振りたい方は、使いやすいと思います。

オススメのゴルファータイプとしては、飛距離が出ない方、200ヤードの壁がある方、ゴルフの練習がなかなかできない方にオススメされています。

 

スリクソン Z-フォージドアイアンの試打動画まとめ

スリクソンのZ-フォージドアイアンについて、試打・動画をまとめました。

スリクソン Z-フォージドアイアンは、待望の3年振りのマッスルバック

スリクソンは2012年からZシリーズを発売しています。当初はドライバーもアイアンも5、7、9という3タイプの難易度のモデルがありましたが、ドライバー、アイアン共に9の難しいシリーズを廃止しています。

2018年のZ85シリーズでは、Z585アイアンとZ785アイアンの2種類に留まったため、マッスルバックのニューモデルが発売されないという状況になりました。

この時点で、最新のマッスルバックを手に入れようとすると、2016年のZ965アイアンということになります。

しかし、Z85の翌年の2019年に、Z985の穴を埋めるべくかどうかは分かりませんが、Z-フォージドアイアンというマッスルバックのアイアンが発売されました。

スリクソンのアイアンユーザーにとっては、3年振りのマッスルバックとなりますので、待望のモデルとも言えます。

Z-フォージドアイアンの試打動画

Z-フォージドアイアンをプロが試打

  • ヘッドサイズが大きくて、難しくない。
  • 打ち出しが高い。
  • 激しく操作できる感じではなく、寛容性がある。

松山英樹のZ-フォージドアイアンを試打・解説

  • 松山英樹プロの要望で、ヘッドサイズが大きいマッスルバックを作ったらしい。
  • 打感は柔らかく、打音も良い。
  • マッスルバックとは思わないくらい安心感がある。
  • スピンも入り、飛距離が落ちない。

Z-フォージドアイアンの評価・口こみ

往年のマッスルバックに比べ、フェース長がやや長く、トップブレードも厚めになっているため過度なプレッシャーは感じさせません

パッと構えてみると、正直バックフェースを見ないとマッスルバックとは思えない穏やかな顔つきをしています

フックもスライスも狙いどおりちゃんと曲がってくれます。曲がり幅は一般的なマッスルバックと比べるとやや落ちますが、必要十分。言い換えればミスヒット時の曲がりが少なくて済むとも、直進性が高いとも言えます

引用:kakakumag.com

打ってみると思ったよりも球が上がりやすく、キャビティに近いやさしさがあります。

ドローやフェード、弾道の高低といった打ち分けはしやすいですが、従来のマッスルに比べると操作性は抑えめ。

引用:golfdigest-play.jp

SIMグローレドライバーの試打・評価まとめ

テーラーメイドから発売のSIMグローレドライバーについて、試打・評価をまとめました。

SIMグローレドライバーの特徴

SIMグローレドライバーは、アジア向けに発売されているグローレシリーズに、SIMシリーズのテクノロジーを取り入れたモデルです。

2年前にはSIMシリーズの前身にあたるMシリーズとグローレの融合モデル、Mグローレが発売されていて、スライスが出にくいドライバーとして、今尚評価されているドライバーです。

今回のSIMグローレは、事実上、Mグローレの後継モデルと考えられていて、「軽量」「ドローバイアス」の2つの特徴があります。

SIMグローレを計測試打

  • 46インチだけど、長さを感じない。
  • 球が曲がらない。
  • スピンが入らないので、球が吹けない。
  • Mグローレはヘッドスピードを落とすと飛んだが、SIMグローレはヘッドスピードを上げても飛ぶ。
  • AirSpeederなので、シャフトがしなやかで仕事してくれる。
  • Mグローレから移行してくると、シャフトに物足りなさを感じるかもしれない。
  • Mグローレより、SIMグローレの方がヘッド性能が高い。

ミート率が1.5超えを連発していますので、反発の良さと初速の速さが感じられます。

SIMグローレとMグローレを打ち比べ試打・評価

  • SIMグローレはドローするというより、直進性が高い。
  • SIMグローレは、限りなくSIMに近い。
  • MグローレよりSIMグローレの方が飛距離が出る。
  • SIMだと重い、50歳を超えて軽いクラブを使いたいという方は、SIMグローレが良い。
  • 球を捕まえたいという方は、Mグローレが良い。

SIMグローレドライバーの口コミ・評価

 

この投稿をInstagramで見る

 

川本順二(@kawamotojunji)がシェアした投稿