inpres インプレス UD+2 ドライバー2021 試打・評価・徹底解説

ヤマハから発売されているinpres UD+2 ドライバーの2021年モデルについて取り上げます。

インプレス UD+2 ドライバー 2021

inpres UD+2ドライバーは2016年に初代モデルが発売されていて、2021年モデルは3代目となります。

基本的なコンセプトは初代から変わらず継承されつつ、新たなテクノロジーもプラスされ、より進化しています。

スピードボックスによりエネルギー効率がアップ

3代目モデルで最も特徴的なのが、フェースの直ぐ後ろに設け足られた凹型の構造です。

スピードボックスと呼ばれる1.5mmの凹みがクラウン側・ソール側の両方に設けられていて、フェース周辺の剛性が高められています。

これにより、ヘッド後方への振動の拡散が抑えられ、インパクトエネルギーが効率的にボール初速に転換されます。

重心角が34.5°に

スライス解消に効果的とされるヘッドの重心角は、前作の33°から更に大きくなり、34.5°となっています。

重心角が大きくなることで、ヘッドが返る方向に作用しますので、球のつかまりが良くなります。

オフセット形状を採用

ネック位置は、一般的なドライバーよりもやや前側にあり、フェースのトップラインの位置が後ろに下がった形状になっています。

アイアンで言うグースが効いていて、オフセットがありますので、その分、インパクトのタイミングが遅くなり、よりヘッドをしっかり返して強くボールを捉えやすくなっています。

慣性モーメントが大幅にアップ

慣性モーメントが前作から約8%アップし、4,650から5,020g・cm2となっています。

ヘッドがブレにくくなりますので、弾道の左右のブレ幅が抑えられ、広いスイートエリアで直進性の高い弾道が出やすくなっています。

インプレス UD+2 ドライバー 2021の試打・評価

inpres UD+2ドライバー2021をプロゴルファーが試打・解説

石井プロにより試打した感想として、「球が殆ど曲がらず、打ち出したところに飛んで行く。」「球のつかまりは、前作の方が少し良い。」と述べられています。

重心角がさらに大きくなっているにも関わらず、球のつかまりがアップしているわけではないのは、慣性モーメントが大きくなっているため、深重心になっていることが影響しているのかもしれません。

とは言え、スライスをあえて打とうと思ってもなかなか打ててないので、スライス改善というよりブレが少ないように思います。

構えた感想としては、スピードボックスという他に無い特殊なデザインが悪さするのかと思いきや、深重心のストレッチの長さを感じさせない効果があると述べられています。

このデザインに違和感を覚えるか、または、ヘッドの奥深さを感じさせない効果があるか、捉え方により変わりそうです。

有村智恵プロがinpres UD+2ドライバーを試打して解説

有村智恵プロは、直進性が高くて、曲がらない強い球が出るという感想を述べられています。

ミスショットが怖くないので、自信満々で振っていけて飛距離が出るとも述べられています。

インプレス UD+2 ドライバー 2021のスペック

ロフト角 9.5° 10.5°
ライ角 61° 61°
フェース角
ヘッド体積 460cc 460cc
シャフト インプレス UD+2 ドライバー 2021
シャフト硬さ S S/SR/R
シャフト重量 53 53/48/43g
シャフトトルク 5.6 5.6/6.0/6.2
シャフト調子
クラブ長さ 45.75インチ 45.75インチ
クラブ重量 284g 284/279/275g

ロフト角は9.5°と10.5°の2種類で、クラブ重量は275~284gです。前作よりも軽量化されています。

一般的なアベレージゴルファー向けのドライバーよりも20gほど軽くなっていますので、軽めのクラブで楽に振りたい方は、使いやすいと思います。

オススメのゴルファータイプとしては、飛距離が出ない方、200ヤードの壁がある方、ゴルフの練習がなかなかできない方にオススメされています。

 

スリクソン Z-フォージドアイアンの試打動画まとめ

スリクソンのZ-フォージドアイアンについて、試打・動画をまとめました。

スリクソン Z-フォージドアイアンは、待望の3年振りのマッスルバック

スリクソンは2012年からZシリーズを発売しています。当初はドライバーもアイアンも5、7、9という3タイプの難易度のモデルがありましたが、ドライバー、アイアン共に9の難しいシリーズを廃止しています。

2018年のZ85シリーズでは、Z585アイアンとZ785アイアンの2種類に留まったため、マッスルバックのニューモデルが発売されないという状況になりました。

この時点で、最新のマッスルバックを手に入れようとすると、2016年のZ965アイアンということになります。

しかし、Z85の翌年の2019年に、Z985の穴を埋めるべくかどうかは分かりませんが、Z-フォージドアイアンというマッスルバックのアイアンが発売されました。

スリクソンのアイアンユーザーにとっては、3年振りのマッスルバックとなりますので、待望のモデルとも言えます。

Z-フォージドアイアンの試打動画

Z-フォージドアイアンをプロが試打

  • ヘッドサイズが大きくて、難しくない。
  • 打ち出しが高い。
  • 激しく操作できる感じではなく、寛容性がある。

松山英樹のZ-フォージドアイアンを試打・解説

  • 松山英樹プロの要望で、ヘッドサイズが大きいマッスルバックを作ったらしい。
  • 打感は柔らかく、打音も良い。
  • マッスルバックとは思わないくらい安心感がある。
  • スピンも入り、飛距離が落ちない。

Z-フォージドアイアンの評価・口こみ

往年のマッスルバックに比べ、フェース長がやや長く、トップブレードも厚めになっているため過度なプレッシャーは感じさせません

パッと構えてみると、正直バックフェースを見ないとマッスルバックとは思えない穏やかな顔つきをしています

フックもスライスも狙いどおりちゃんと曲がってくれます。曲がり幅は一般的なマッスルバックと比べるとやや落ちますが、必要十分。言い換えればミスヒット時の曲がりが少なくて済むとも、直進性が高いとも言えます

引用:kakakumag.com

打ってみると思ったよりも球が上がりやすく、キャビティに近いやさしさがあります。

ドローやフェード、弾道の高低といった打ち分けはしやすいですが、従来のマッスルに比べると操作性は抑えめ。

引用:golfdigest-play.jp

SIMグローレドライバーの試打・評価まとめ

テーラーメイドから発売のSIMグローレドライバーについて、試打・評価をまとめました。

SIMグローレドライバーの特徴

SIMグローレドライバーは、アジア向けに発売されているグローレシリーズに、SIMシリーズのテクノロジーを取り入れたモデルです。

2年前にはSIMシリーズの前身にあたるMシリーズとグローレの融合モデル、Mグローレが発売されていて、スライスが出にくいドライバーとして、今尚評価されているドライバーです。

今回のSIMグローレは、事実上、Mグローレの後継モデルと考えられていて、「軽量」「ドローバイアス」の2つの特徴があります。

SIMグローレを計測試打

  • 46インチだけど、長さを感じない。
  • 球が曲がらない。
  • スピンが入らないので、球が吹けない。
  • Mグローレはヘッドスピードを落とすと飛んだが、SIMグローレはヘッドスピードを上げても飛ぶ。
  • AirSpeederなので、シャフトがしなやかで仕事してくれる。
  • Mグローレから移行してくると、シャフトに物足りなさを感じるかもしれない。
  • Mグローレより、SIMグローレの方がヘッド性能が高い。

ミート率が1.5超えを連発していますので、反発の良さと初速の速さが感じられます。

SIMグローレとMグローレを打ち比べ試打・評価

  • SIMグローレはドローするというより、直進性が高い。
  • SIMグローレは、限りなくSIMに近い。
  • MグローレよりSIMグローレの方が飛距離が出る。
  • SIMだと重い、50歳を超えて軽いクラブを使いたいという方は、SIMグローレが良い。
  • 球を捕まえたいという方は、Mグローレが良い。

SIMグローレドライバーの口コミ・評価

 

この投稿をInstagramで見る

 

川本順二(@kawamotojunji)がシェアした投稿

PRGR RSドライバー 2020(5代目)の試打・評価まとめ

プロギアのRSシリーズの2020年モデルから発売のRSドライバー 2020について、試打・評価をまとめました。

PRGR RSシリーズの5代目(2020年)はドライバーが3種類


PRGRのRSシリーズの2020年版は、5代目となります。ドライバーは3種類あり、左から、RSドライバー、RS Fドライバー、RS+ドライバーです。

  • RS Fドライバー:思いきり叩け、強弾道で飛ばせる。
  • RSドライバー:つかまりが良く、高弾道で飛ばせる。
  • RS+ドライバー:RSドライバーの飛びに、振りやすさとやさしさを追加。

本記事で取り上げるのは、スタンダードタイプのRSドライバー2020(5代目)です。

RSドライバー2020(5代目)

RSドライバーは、RS Fドライバーがフェード仕様なのと比べると、つかまりが良く、ドロー仕様と言われています。

ただし、RSシリーズはPRGRのアスリート向けブランドのため、スライスに悩むアベレージゴルファーの方は、eggというシリーズがありますので、そちらも合わせて検討されると良いかもしれません。

RSドライバーは、つかまりと弾道の高さが特徴です。標準シャフトはDiamanaが装着されたモデルでクラブ重量は304g(SR)あります。もう少し軽めで振りたい方は、RS+ドライバーを選択すると、標準シャフトのSpeederでクラブ重量は294g(SR)となります。

RSドライバー(RS5)を計測試打

  • つかまるクラブ。スライスで悩んでいる方に良い。
  • 前作よりも思っている通りに振りやすい。
  • 打感は前作よりもフェースに乗っていて厚い感じがする。
  • スピンが入り過ぎない。やさしい。

RSドライバーをプロが試打・評価

RSシリーズドライバーは、4つの芯を1点に集めた構造となっていて、強芯・広芯が特徴です。試打では芯を外したらどうなるかも試されています。

  • ドローを打とうと思わなくても、シャフトの良いしなりでつかまってくれる。
  • ヘッドは座りが良く、安心感がある。
  • 芯を外しても、ミート率・スピン量は良い値が出る。広芯に救われる。

RSドライバー、RS Fドライバー、RS+ドライバーをマーク金井氏が打ち比べ

ヘッドが返ってくるのが手に伝わってくるため、自然と逃がしてしまい、試打では右に抜ける球が出ているそうです。

  • つかまりが良い。ナチュラルドロー。
  • 重心角が大きく、ヘッドが返ってくる。

PING G410 PLUSドライバーの試打動画まとめ

PINGのG410 PLUSドライバーについて、試打動画をまとめました。

PING G410 PLUSドライバーは、渋野日向子の効果で大人気!

PINGのGシリーズのドライバーは、G400のLSTがアスリートゴルファーの間で評価が高く、一気に注目を集めました。

そして、PINGと契約している渋野日向子がメジャー制覇したことから、優勝時に手にしていたG410 PLUSドライバーが俄然注目モデルとなりました。

PINGはものづくりの面で評価が高いメーカーのため、人気先行という訳ではなく、G410の評価は前作に劣らず高く、アベレージゴルファーからアスリートゴルファーまで、幅広い層に支持されています。

G410 PLUSをロフト角別に打ち比べ

スライサーのアマチュアゴルファーが、G410 PLUSドライバーを9.0°、10.5°のロフト角別に打ち比べています。

最初に10.5°で試打されていて、スライスが出ない、真っすぐ飛ぶと高評価でしたが、その後、9.0°で試打されると、スライスを連発されています。

「ロフト角がある方がスライスが出ないのかな」という感想を述べられていまして、一般的にもそのように言われています。

ロフト角選びの重要さを改めて感じさせてくれる、とても参考になる動画です。

G410 PLUSドライバーをプロが試打・評価

ロフト角9°、PING TOUR 173(65 S)で試打した動画です。

  • PINGのクラブは10回打って平均点が高い。
  • ウェイトは3ヶ所に装着可能。FADEにするとLS TECに近くなり、DRAWにするとSFTに近くなる。
  • LS TECでなくても、FADEポジションにすれば調度良い。
  • G400のバランスの良さが残ってて、慣性モーメントが大きくなっている。
  • 弾道が曲がらない。
  • マイナス点を挙げるとすると、前作までのスリーブが使えない点。

G410 PLUSとG410 SFTドライバーを打ち比べ・比較

マーク金井氏により、スタンダードモデルのG410 PLUSドライバーとドロー仕様のG410 SFTドライバーを試打・比較した動画です。

  • G400と比べると、慣性モーメントが大きいわりに、ボールのつかまりが良い。
  • ウェイト位置をDRAWに変えると弾道がはっきり変わる。
  • 弾道調整は、スリーブでフェースの向きを決めて、その次にウェイトを変えると良い。
  • PLUSよりもSFTに方が、構えた時にフェースがスクエアに近い。
  • SFTはつかまりが良い。とは言え、スライスしている人がドローになるわけではない。
  • PLUSをドローにしたのとSFTは、あまり変わらない。

G410シリーズのドライバー3種をクラブフィッターが打ち比べて解説

  • スピン量は特別少なくは感じないが、サイドスピンは抑えられている。
  • 打ち出した方向に真っすぐ飛ぶ。

PING G410 PLUSドライバー 試打・評価・徹底解説

G410 PLUSドライバー USモデルの特徴・違い