今平周吾プロ、シーズンを終え RMX 120ドライバーをテスト開始!

今平周吾プロが2年連続の賞金王に輝きました。シーズンを終え、ドライバーを乗り換えるのかどうか注目されています。

2019年はRMX116ドライバーを使用

RMX116ドライバーは、ヤマハから2016年モデルとして発売されているアスリート向けドライバーです。最近では数が少ないハイバック形状で、445ccと小ぶりなヘッドは操作性に優れています。

これまでRM118ドライバー、RMX120ドライバーがリリースされていますが、長らく2016年モデルを使い続けています。

来シーズンに向け、RMX120のドライバーをテスト

2019年は、前年に続く賞金王がかかり、シーズン途中でのクラブチェンジを控えていたそうです。

▼詳しくは下記のGDO記事で解説されています。
≫ 今平周吾 賞金王獲得のため替えなかった「RMX 120」を新シーズンで投入へ

RMX120ドライバーは460ccでシャローバック形状のドライバー

RMX116からRMX120への切り替えを今平周吾プロが決断しなかった理由の一つに、ドライバーとしての特徴が大きく変わって点が挙げられるそうです。

これはRMXに限った話ではありませんが、多くのアスリート向けモデルがそうであるように、ヘッドサイズが460ccになっています。そして、ヘッド形状はハイバックからシャローバックに変わっています。

この変化は、操作性重視からミスへの許容性重視に変わったことを意味しますので、180度変わったと言って良いでしょう。

RMX 120・220の試打・評価の動画を集めました!

適合リストに RMX 120 Type Tドライバーが掲載されている

今平周吾プロのRMX120ドライバーのテストの記事と呼応するかのうように、2019年12月にRMX120 Type-TドライバーがUSGAの適合リストに掲載されています。

今平プロ向けの専用モデルがどうか、現時点で確認されていませんが、ロフト角が10.5°と限定的であること、そして、この時期の掲載を考えると、ツアープロ向けモデルの可能性が極めて高いと考えられます。

RMX120ドライバーの投入は、速くて2020年1月9日のソニーオープンからかもしれません。

XXIO ゼクシオ 9 アイアン 試打・評価・徹底解説

XXIO 9 アイアンについて取り上げます。

ゼクシオ 9 アイアン

ゼクシオ9アイアンは、2016年に発売されているゼクシオの9代目のアイアンです。

発売時のキャッチコピーは、「5ピース構造でゼクシオ史上最も低重心、やさしくグリーンをとらえる」となっていまして、球の上がりやすさと寛容性を備えたアイアンです。

アベレージゴルファーの実打点に合わせ、フェース下部を拡大している

出典:http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2015/sp/2015_s27.html

アベレージゴルファーの打点がフェース面上の下部に集中することから、チタンフェースの面積をした方向に拡大しています。

フェース下部での反発性能が高められていますので、下目で捉えた際の飛距離の大きなロスが抑えられますので、打点が低過ぎて飛距離が伸びない方は、平均飛距離がアップしやすくなっています。

5ピース構造により、低重心・大慣性モーメントを実現

出典:http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2015/sp/2015_s27.html

ゼクシオ9アイアンでは、前作の3ピース構造から更に細かい5ピース構造になっています。内部ウェイトがトゥ側・ヒール側に搭載されていますので、低重心化に加えて、左右方向の慣性モーメントが大きくなっています。

ボールが上がりやすく、打点のブレにも強さを発揮してくれますので、やさしいアイアンに仕上がっています。

シャフトはゴルファータイプにより2種類から選べる

出典:http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2015/sp/2015_s27.html

シャフトはカーボンのMP-900とスチールのNSプロ890GH DST for XXIOの2種類が用意されています。

軽めのクラブでゆったりしたスイングの方、しなりを生かしてスイングしたい方はカーボンシャフトを、重量を感じながらしっかりめのシャフトで振り抜きたい方はスチールがおすすめです。

ゼクシオ9アイアンの公式動画


メーカーによるゼクシオ9シリーズの公式動画です。Dual SpeedUp Technologyの解説、5ピース構造の分割動画を確認することができます。

ゼクシオ9アイアンの試打・評価

  • ゼクシオ8よりもソールの幅が広く、ポケットも深くなっているため、ボールが上がりやすく、スイートエリアも広くなっている。
  • ゼクシオ8よりもシャフトが軽く、ヘッドに重量配分されているため、同じスイングでも大きな力がボールに伝わる。

ゼクシオ9アイアンのスペック

番手 ロフト角(°) ライ角(°) クラブ長さ(in)
4 22 60.5 38.5
5 24 61 38
6 27 61.5 37.5
7 30 62 37
8 34 62.5 36.5
9 39 63 36
PW 44 63.5 35.5
AW 50 63.5 35.5
SW 56 63.5 35.5

ロフト角・ライ角・長さといった基本スペックは、前作とゼクシオ8アイアンと同じです。

テーラーメイド 歴代Mシリーズのドライバーを一挙紹介!

テーラーメイドから2015年12月に初めてリリースされた「Mシリーズ」のドライバーについて全モデルを一挙紹介します。

テーラーメイド「M」シリーズとは?

テーラーメイドのMシリーズは、「マルチマテリアル構造を活用し、クラブ開発の限界を超える」というコンセプトを持ったゴルフクラブです。マルチマテリアルとは複合素材という意味で、チタンだけでなくグラファイト・コンポジットを取り入れる等、複数の素材でヘッドを作り上げています。

最初のMシリーズであるM1ドライバーは、 2015年12月5日に発売され(2016年モデル)、毎年、新たなモデルがリリースされています。年度順にリリースされたモデルを紹介します。

2016年 M1 460/430ドライバー 2016

M1ドライバー 2016 試打・評価・徹底解説

2016年M2ドライバー 2016

M2ドライバー 2016 試打・評価・徹底解説

2017年 M1 460/440ドライバー 2017

M1ドライバー 2017 試打・評価・徹底解説

2017年 M2ドライバー 2017

M2ドライバー 2017 試打・評価・徹底解説

2018年 M3 460/440ドライバー

M3ドライバー 試打・評価・徹底解説

2018年 M4ドライバー

M4ドライバー 試打・評価・徹底解説

2019年 M5/M5 ツアードライバー

M5ドライバー 試打・評価・徹底解説

2019年 M6ドライバー

M6ドライバー 試打・評価・徹底解説

 

XXIO ゼクシオ9ドライバー 試打・評価・徹底解説

ダンロップのゼクシオ9ドライバーについて取り上げます。

XXIO ゼクシオ9ドライバー

ゼクシオ9ドライバーは、ゼクシオのレギュラーモデルとして9代目となるドライバーです。シニアや初心者を中心に、やさしく爽快に使える点が支持されているドライバーです。

ゼクシオ9ドライバーの特徴はスイング軌道

ゼクシオ9ドライバーは、「軌道は力だ。」のキャッチコピーが付けられて発売されています。そして、ここ最近のゼクシオと言えば、「DST」の文字がヘッドに記載されていて、今回も記載されています。

Dual Speed Technologyは引き続き継承され、ヘッドとシャフトの両方にスピードアップを実現する仕組みが採用されています。

軽くてしなかやなシャフト、ゼクシオ史上最も重いヘッドがスイングを速くする

出典:https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2015/s26.html

ゼクシオ9ドライバーは、ゼクシオ史上で最も重いヘッドとなっています。そして、シャフトは軽量化を図りながらもしなやかに仕上がっています。

これにより、前作のゼクシオ8とゼクシオ9でヘッド軌道を比べると、トップでの切り返しからヘッドが重さとシャフトのしなやかさで残り、体の近くを回ってくれます。

ここからはゼクシオ8のスイング慣性モーメントの理論で、ヘッドが体の近くを通るとスイングがコンパクトになり、回転が速くなります。

いつものスイングでヘッドスピードが上がり、ヘッドの重さも増していますので、飛距離がアップするというメカニズムになっています。

ゼクシオ8より、重心が深く・低くなっている!

丸いバッジ型のウェイトの位置が、写真左のゼクシオ9では、15mm後方に移動しました。これにより、深重心・低重心となり、ボールが上がりやすくなっています。

ゼクシオ8からの変更点

ゼクシオ8から買い替えをされる方は、スペックの変更点が気になるところだと思います。ロフト角、ライ角、シャフト長さといった基本的なスペックは変わっていませんが、注目したい点は2点あります。

一つ目は前にも触れましたが、ウェイトバッジの位置が後方になったら、深重心・低重心になっています。ボールの上がりやすさに影響する設計変更となります。二つ目はヘッド重量です。クラブ重量は変わっていませんが、ヘッド重量は2g重くなっています。その分、シャフトが2g軽くなっています。

ゼクシオ9ドライバーの試打・評価

2種類のシャフトで試打

MP-900シャフトとMiyazakiシャフトの2種類のシャフトを試打した動画です。

練習場での試打を測定器で計測して評価

左右のブレが少なく、スライサーに向いているとの評価です。

ゼクシオ9ドライバーのスペック

ロフト角 8.5/9.5/10.5/11.5/12.5°
ライ角 58°
ヘッド体積 460cc
標準シャフト MP-900カーボン
長さ 45.5インチ
フレックス S/SR/R/R2
シャフト重量 46/44/41/40g
クラブ重量 272g(Rスペック)
トルク 6.2/6.3/6.4/6.5
キックポイント

ロフトは8.5°から12.5°まで1°刻みで5種類ありますので、ボールが上がりやすい人、上がりにくい人に合わせて選ぶことができます。そして、シャフト柔らかめのR2まで用意されていますので、例えば10.5°のRを使っていて、もう少しシャフトのしなりが欲しいという方は、R2を選択することができます。

ゼクシオ9ドライバーの販売価格と発売日

ゼクシオ9ドライバーの発売開始日は2015年12月5日です。販売価格は、標準シャフトのゼクシオ MP900 カーボンシャフトが装着されたモデルで、88,000円(税抜き)となっています。

 

M1ドライバー 2016 試打・評価・徹底解説

テーラーメイドのM1ドライバー 2016年モデルについて取り上げます。

テーラーメイド M1ドライバーは2世代ある

M1ドライバーは、2016年に発売された初代と、翌年の2017年された2代目とがありますので、年代違いで2種類存在します。写真左が2017年モデルで、右が初代の2016年モデルです。本記事で取り上げるのは、M1ドライバー 2016年モデルと呼ばれる初代の方です。

M1ドライバーは2016年モデルは、ヘッドサイズが2種類ある

2016年モデルの初代M1ドライバーは、ヘッドサイズが2種類用意されています。写真左上がルール限界サイズとなる460ccのM1 460ドライバー 2016で、右下が小ぶりな430ccのM1 430ドライバー 2016です。

同時に発売されているM2ドライバーがアベレージゴルファー向け、M1ドライバーがアスリートゴルファー向けと言われていますので、意図した弾道を繰り出したい上級者のニーズに対しては、操作性の高いM1 430ドライバーが適しています。

M1のMの意味はMulti Material(マルチマテリアル)

M1ドライバー、M2ドライバーの「M」は、Multi Material(マルチマテリアル)の頭文字からきています。マルチなマテリアルということで、単一素材ではなく、複合素材でヘッドが構成されています。具体的に言いますと、チタンとカーボンが用いられていまして、カーボンは軽量化に用いられる素材ですので、ゴルフヘッドでも余剰重量を生み出すために用いられています。

M1ドライバーはウェイトによる重心調整機能を搭載!

M1ドライバーの最大の特徴は、ソールに搭載されたウェイト調整機能です。T字型のレールの上を左右方向・前後方向にウェイトをスライドさせることができ、FADE・DRAW、浅重心・深重心の調節が可能となっています。

出典:http://tmag8624.jp/tm_japan/doc/151007_01.pdf

ロフト角調整機能も搭載

出典:http://tmag8624.jp/tm_japan/doc/151007_01.pdf

ホーゼル部分にはロフト角を調節する機能も搭載されています。スペックデータで表示されている標準ロフト角から、±2°の範囲で調節することができます。

M1ドライバー 2016の試打・評価

M1ドライバーを試打した動画

ウェイトをスライドさせて、重心調整による弾道の変化を試打しています。

M1ドライバーを3upCLUBが解説・評価

前後のウェイトスライド機能について、テーラーメイドのスタンスの変化について語られています。

M1/M2ドライバーをコースで試打した動画

ジェイソン・ディからもコメントが寄せられています。

M1ドライバー 2016のスペック

M1ドライバー 460 2016年モデル

ロフト角 9.5/10.5/12°
ライ角 58°
ヘッド体積 460cc
標準シャフト TM1-116
長さ 45.5インチ
フレックス S/SR/R
シャフト重量 57/56/52g
クラブ重量 312/310/306g
バランス D2
トルク 4.1/4.5/4.7
キックポイント

M1ドライバー 430 2016年モデル

ロフト角 9.5/10.5°
ライ角 58°
ヘッド体積 430cc
標準シャフト TM1-116
長さ 45.5インチ
フレックス S
シャフト重量 57g
クラブ重量 312g
バランス D2
トルク 4.1
キックポイント

460ccの方は、ロフト角12°を選択することができます。なお、シャフトのカチャカチャに加えて、重心深度を変えることもできますので、弾道の高低を幅広く調整することができます。

M1ドライバー 2016年モデルの販売価格と発売日

M1ドライバーの発売開始日は米国では2015年11月ですが、日本では2015年12月5日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは5種類あります。

M1 460ドライバー 2016

  • TM1-116:72,000円+税
  • Tour AD GP-6(S):95,000円+税
  • Speeder 661 EVOLUTION II(S):95,000円+税
  • KUROKAGE XM 60(S):95,000円+税
  • ATTAS G7 6(S):95,000円+税

M1 430ドライバー 2016

  • TM1-116:72,000円+税
  • Tour AD GP-6(S):95,000円+税
  • Speeder 661 EVOLUTION II(S):95,000円+税
  • KUROKAGE XM 60(S):95,000円+税
  • ATTAS G7 6(S):95,000円+税