ローグSTの全ドライバーを一挙紹介!MAX・MAX D・MAX LS・MAX FASTステルスPLUS・ステルス・ステルスHD

キャロウェイから2022年に発売のローグ STシリーズ。ドライバーは4機種のモデルが発売となっています。

ローグSTのドライバー4種について、スペック・発売日・発売価格について取り上げます。

ローグSTのドライバーは4機種

キャロウェイの2022年モデルは、ローグSTです。ローグは、2018年に発売のモデルで、その後継と言われている2020年のMAVRIKは、とても評価が高かったモデルです。

今回のローグSTも、ローグ、MAVRIKと同様に、スライダー式のウェイト調整機能が無いドライバーです。

発売されるのは、写真左から、ローグSTのMAX、MAX D、MAX LS、MAX FASTの4種類です。

4種類のドライバーの違いや詳しい特徴については、この後で取り上げます。

ソール後方にタングステンウェイトを搭載

ローグSTのドライバーでまず目に留まるのは、ヘッド後方の最深部に装着されているゴールドのパーツです。

「タングステン・スピード・カートリッジ」と呼ばれるこのパーツは、中に高比重のタングステンがウェイトとして入っています。

シャローなヘッドの深い位置に取り付けられることで、低重心・深重心が実現されています。

AIフェース、JAILBREAKも搭載

出典:callawaygolf.jp

AIデザインによるフラッシュフェース、ボールスピードを生み出すJAILBREAKは、前年のEPICに引き続き、今回のローグSTシリーズのドライバーにも搭載されています。

AIのアルゴリズムは年々進化していて、ローグSTに搭載されているフェースは、飛びの3要素であるスピン量、打出し角、ボールスピードを含めて設計されています。

ローグST MAXドライバー

特徴

  • A.I.デザインフェース
  • JAILBREAK A.I.スピードフレーム
  • タングステン・スピード・カートリッジ
  • アジャスタブル・ホーゼル

ローグSTシリーズドライバーのスタンダードなモデルで、飛距離と振りやすさが備わっています。

つかまり、球の上がりやすさは中程度で、クセが無くて、幅広いゴルファーに適合しやすいドライバーです。

スペック

  • ロフト角:9°・10.5°・12°
  • 体積:460cc
  • ライ角:59°
  • 長さ:45.5インチ

シャフト

  • VENTUS 5 for Callaway (S・SR・R)
  • Tour AD UB-5 (S)
  • SPEEDER NX 50 (S)
  • Diamana PD 50 (S)

ローグST MAX Dドライバー

特徴

  • A.I.デザインフェース
  • JAILBREAK A.I.スピードフレーム
  • タングステン・スピード・カートリッジ
  • アジャスタブル・ホーゼル
  • ソールウェイト(2g)

ローグST MAXドライバーのドローバイアスモデルです。ソール前方のヒール寄りに、スクリューウェイトが搭載されていて、ヘッドが返りやすくなっています。

スタンダードなMAXと比べて、球の上がりやすさも備わっていますので、つかまらない、球が上がらないという方に適しています。

スペック

  • ロフト角:9°・10.5°・12°
  • 体積:460cc
  • ライ角:60°
  • 長さ:45.5インチ

シャフト

  • VENTUS 5 for Callaway (S・SR・R)
  • Tour AD UB-5 (S)
  • SPEEDER NX 50 (S)
  • Diamana PD 50 (S)

ローグST MAX LSドライバー

特徴

  • A.I.デザインフェース
  • JAILBREAK A.I.スピードフレーム
  • タングステン・スピード・カートリッジ
  • アジャスタブル・ホーゼル
  • ヘッド体積は455cc

ローグSTシリーズドライバーの低スピンタイプのモデルです。前年のEPICに引き続いて、MAXでLSという高慣性モーメントで低スピンというレアな組み合わせのドライバーです。

弾道はややフェード、打ち出しの高さも抑えられ、スピン量も抑えられますので、思い切り叩きたいハードヒッターに好まれるドライバーです。

標準シャフトは、MAX、MAX DのVENTUSからTENSEIになり、その他のシャフトも重量クラスが50gから60gとなっています。

スペック

  • ロフト角:9°・10.5°
  • 体積:455cc
  • ライ角:57°
  • 長さ:45.5インチ

シャフト

  • TENSEI 55 for Callaway (S・SR・R)
  • Tour AD UB-6 (S)
  • SPEEDER NX 60 (S)
  • Diamana PD 60 (S)

ローグST MAX FASTドライバー

特徴

  • A.I.デザインフェース
  • JAILBREAK A.I.スピードフレーム
  • タングステン・スピード・カートリッジ
  • ソールウェイト(2g)

ローグST シリーズのドライバーの中で、唯一、軽量版のモデルです。MAX FASTはアジア市場向けのシリーズのため、ワールドモデルとしては提供がありません。

ソールにはローグST MAX Dドライバーと同じく2gのドローウェイトがヒール寄りに搭載されていて、球のつかまり性能を高めてあります。

4機種のドライバーの中で、クラブの軽さ、球の上がりやすさ、つかまりの良さの全てで、最も高い性能を発揮してくれます。

スペック

  • ロフト角:9°・10.5°・12°
  • 体積:460cc
  • ライ角:59.5°
  • 長さ:45.75インチ

シャフト

  • SPEEDER NX 40 for Callaway (S・SR・R)

まとめ

キャロウェイの2022年の新シリーズ「ローグST」のドライバー4種について取り上げました。

ローグST MAX FASTドライバーについては、つかまり、球の上がりやすさが最も優れていますが、クラブ重量が30gほど軽くなっていますので、重量が合うか合わないかをまず試されることをオススメします。

発売日は、2022年3月下旬です。

ステルスの全ドライバーを一挙紹介!発売日も決定!ステルスPLUS・ステルス・ステルスHD

テーラーメイドから2022年に発売のステルスシリーズ。ドライバーは3タイプのモデルが発売となっています。

ステルスのドライバー3種について、スペック・発売日・発売価格について取り上げます。

ステルスのドライバーは3タイプ

ステルスシリーズのドライバーは、一昨年のSiM、昨年のSiM2と同様に、小ぶり、シャロー、シャロー&ドローの3タイプ構成になっています。

写真左から、ステルス プラス ドライバー、ステルスドライバー、ステルスHDドライバーです。

3タイプの違いや詳しい特徴については、この後で取り上げます。

最大の特徴はカーボンフェース

ステルスのドライバーで最も注目すべき点は、赤いフェースにあります。フェースにも刻まれている通り、カーボン素材が用いられていて、これはテーラーメイドが20年かけて追い求めてきたものが、実現に至ったそうです。

以前、グローレシリーズでもカーボンフェースはありましたが、世界のトッププロが使用するモデルで採用するのに十分な品質・性能に、遂に至ったということでしょう。

ステルス プラス ドライバー

特徴

  • スライディングウェイト
  • ロフト角調整機能
  • イナーシャジェネレータ
  • カーボンフェース
  • 貫通型スピードポケット

ソール前方にウェイト調整機能が付いたモデルで、SIM2ドライバーの後継モデルとなります。

ウェイト調整機能は、SIMドライバー以来、2年振りの搭載となります。

スペック

  • ロフト角:9°・10.5°
  • 体積:460cc
  • ライ角:56°
  • 長さ:45.75インチ

シャフト

  • TENSEI SILVER TM50 (’22) (S,SR,R)
  • Tour AD UB-6 (S)
  • SPEEDER NX 60 (S)
  • Diamana PD 60 (S)

ステルス ドライバー

特徴

  • ロフト角調整機能
  • イナーシャジェネレータ
  • カーボンフェース
  • 貫通型スピードポケット

前年のSIM2 MAXドライバーの後継に当たるモデルで、ウェイト調整機能はなく、深重心・低重心で、寛容性が高く、球が上がりやすいドライバーです。

ロフト角は9、10.5°に加えて、12°もありますので、ヘッドスピードが遅めの方でも、ハイロフトのスペックを選択することで、十分な弾道高さが得られます。

スペック

  • ロフト角:9°・10.5°・12°
  • 体積:460cc
  • ライ角:56°
  • 長さ:45.75インチ

シャフト

  • TENSEI RED TM50 (’22) (S,SR,R)
  • Tour AD UB-6 (S)
  • SPEEDER NX 60 (S)
  • Diamana PD 60 (S)

ステルス HD ドライバー

特徴

  • ロフト角調整機能
  • イナーシャジェネレータ
  • カーボンフェース
  • 貫通型スピードポケット
  • ドローバイアス

こちらもソール前方のウェイト調整機能が無いモデルで、SIM2 MAX Dドライバーの後継モデルとなります。

ソール中央のイナーシャジェネレータが、ややヒール寄りにあり、ドローバイアスになっています。

つかまりが良く、打ち出しが高く、高弾道のドローボールが出やすくなっています。

スペック

  • ロフト角:9°・10.5°・12°
  • 体積:460cc
  • ライ角:56°
  • 長さ:45.75インチ

シャフト

  • TENSEI SILVER TM50 (’22) (S,SR,R)

まとめ

テーラーメイドの2022年の新シリーズ「ステルス」について取り上げました。

発売日は2022年2月4日が予定されています。

【youtube LIVE配信】テーラーメイド 2022 ステルスの新製品発表会

ステルスの全ドライバーを一挙紹介!発売日も決定!ステルスPLUS・ステルス・ステルスHD

テーラーメイドの2022年モデルの新製品発表会が2022年1月12日にyoutubeでLIVE配信されます。

既に適合リストにも登録されている「ステルス」シリーズが主な内容になりそうです。

テーラーメイド 2022 新製品発表会のLIVE 配信–youtube

youtubeによる新製品発表会のライブ配信は、2022年1月12日(水)14:00から予定されています。

公式サイトには、ステルスの情報はまだ掲載されていませんが、

「メタルウッドの次はなんだ?」という意味深?なメッセージが載せられていて、ティザー的な動画もアップされています。

カーボンフェースを搭載したカーボンウッドであることは、既にUSの方で情報が出ていますので、

WOOD(木材)→METAL WOOD(金属)→CARBON WOOD(炭素)

ということは分かっています。

2022年のテーラーメイドの新製品は「ステルス」

USテーラーメイドの方では、一足先に新製品の「ステルス」の情報が公開されています。

こちらはステルスのドライバー3機種です。USと日本で発売モデルが同じだとすれば、下記の3種になります。

  • ステルス PLUSドライバー(ウェイト調整機能付き)
  • ステルスドライバー
  • ステルスHDドライバー(ハイドローモデル)

日本の公式サイトでの情報も、新製品発表に合わせて2022年1月12日に公開されるのではないかと思います。

⇒ ステルスの全ドライバーを一挙紹介!発売日も決定!ステルスPLUS・ステルス・ステルスHD

テーラーメイドのステルス関連記事

ステルスの全ドライバーを一挙紹介!発売日も決定!ステルスPLUS・ステルス・ステルスHD

STEALTH ステルス ドライバーの公式動画が出た!

タイガーウッズの復帰戦で、ステルスPLUSドライバー・フェアウェイウッドが使われた!

ステルス ドライバーがルール適合リストに掲載!ステルスとステルスPLUSの2機種

ステルス ドライバーの画像を確認!

 

STEALTH ステルス ドライバーの公式動画が出た!

ステルスの全ドライバーを一挙紹介!発売日も決定!ステルスPLUS・ステルス・ステルスHD

テーラーメイドの2022年モデル「ステルス」のドライバーについて、公式動画がyoutubeに投稿されました。

噂通りカーボンフェースを搭載したドライバーのようです。

メタルウッドの次はなんだ?

こちらは、日本テーラーメイドの公式チャンネルにアップされた動画です。

実は、USテーラーメイドの方でもアップされている動画があるのですが、赤いフェースの画が出てくるだけでティザーですが、日本の方はクラブの外観がしっかり映し出されています。

動画の中で、「METAL WOOD」、「NEXT」と来て、例の赤いフェースが登場しまして、カーボンフェースを示唆している内容となっています。

USテーラーメイドによるSTEALTHドライバーの試打動画

USテーラーメイドでは、動画が2本アップされています。

1本は先ほども少し触れた件で、ティザーなのでほぼほぼ内容がありません。興味がある方はコチラをご覧ください。

≫ Coming in Red Hot | TaylorMade Golf — youtube.com

もう1本の動画は、試打動画となっています。

▼ステルスドライバーの試打動画

動画の後半では、実際に試打されています。

カーボンフェースのカーボンウッド。気になるのは打音ですが、なかなか良い音です。

以前のカーボンウッドは、カポーンという拍子抜けするようなモデルがありましたが、チタンと言われても分からないのではないかと思います。

テーラーメイドのステルス関連記事

ステルスの全ドライバーを一挙紹介!発売日も決定!ステルスPLUS・ステルス・ステルスHD

タイガーウッズの復帰戦で、ステルスPLUSドライバー・フェアウェイウッドが使われた!

ステルス ドライバーがルール適合リストに掲載!ステルスとステルスPLUSの2機種

ステルス ドライバーの画像を確認!

 

タイガーウッズの復帰戦で、ステルスPLUSドライバー・フェアウェイウッドが使われた!

テーラーメイドの2022年モデル「ステルス」のドライバー2種が、適合リストに掲載された件を、少し前に取り上げました。

ステルス ドライバーがルール適合リストに掲載!ステルスとステルスPLUSの2機種

今度は、タイガーウッズの自動車事故後、初となる復帰戦にて、実物映像が確認されました。

しかも、まだR&Aの適合リストに掲載の無い「ステルス」のフェアウェイウッドも確認されています。

タイガーウッズの復帰戦で使われた「ステルス」のドライバーとフェアウェイウッド

こちらがMYGOLFSPYにてSNSに投稿されたタイガーウッズのキャディバッグです。噂通り、赤いウッドが確認できます。

ドライバーの方は、適合リストでも確認されているものと同じモデルで、2機種ある内のアスリート向けと思われる「STEALTH PLUSドライバー」です。

そして、その隣にあるフェアウェイウッドは、3番15°のスペック表記が確認でき、さらにソールに「PLUS」の文字も確認できます。

こちらは「STEALTH PLUSフェアウェイウッド」ということになります。

STEALTH PLUSドライバー

出典:golfwrx

こちらはGOLFWRXのフォーラムに投稿された映像です。ウェイトは少しだけドロー設定にしています。

つかまりを求めたのか、重心距離を短くして操作性を高めたのか分かりませんが、SIM2にはなかったMWTを活用しています。

STEALTH PLUSフェアウェイウッド

出典:golfwrx

こちらはステルス PLUSのフェアウェイウッドです。

ロフト角は-1.5°で13.5°にして、かなりフェースを立てています。

3番ウッドは、SIMフェアウェイウッドも同時に入れていて、そちらは14.25°という設定になっています。

2本の3番ウッドで、ロフトを細かく刻んで飛距離を調整しているのかもしれません。

ステルスはフルカーボン!?

出典:golfwrx

ドライバーの方にヒール側に「カーボンウッド」の文字が確認できましたが、フェアウェイウッドの方はヒール側の映像が無いため確認できません。

フェアウェイウッドはフェースがドライバーと違って赤色ではありませんので、恐らくチタン素材と思われます。

カーボンウッドの意味が「フェースもカーボン」ということだとすると、カーボンウッドに該当するのはドライバーのみということになりそうです。

テーラーメイドのステルス関連記事

ステルス ドライバーがルール適合リストに掲載!ステルスとステルスPLUSの2機種

ステルス ドライバーの画像を確認!