BIG BERTHA B21ドライバー USモデルの特徴・違い

キャロウェイのビッグバーサ B21ドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

ビッグバーサ B21ドライバー USモデル

ドローバイアス設計でスライス軽減

出典:callawaygolf.com

ビッグバーサ B21ドライバーのヘッド内部には、ドローバイアスウェイトが搭載されています。スライスに悩むゴルファーにとって、最適な重心設計となっています。

さらに、ビッグバーサB21ドライバーは、スピン量が抑えられる設計になっていますので、ミスヒットによる無駄なスピンが大きく発生するのが抑えられ、より直進性の高い弾道で飛ばすことができます。

フラッシュフェースSS21を搭載

MAVRIKシリーズに搭載されているAIデザインにより設計されたフェース、フラッシュフェースSS21は、ビッグバーサB21シリーズにも採用されています。

ジェイルブレイクテクノロジーも搭載

キャロウェイのここ数年のドライバーには、GBB EPICで初めて搭載されたJAIL BREAKレクノロジーが搭載されており、ビッグバーサ B21ドライバーにも同様に搭載されています。

無駄な撓みが抑えられ、インパクトエネルギーが効率的にボールスピードに変換されます。

ビッグバーサ B21ドライバーUSモデルのスペック

  • ロフト角:9、10.5、12°
  • ライ角:60°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.75インチ

標準シャフト

  • Callaway RCH 45 Graphite
  • Callaway RCH 55 Graphite
  • Callaway RCH 65 Graphite

Callaway RCH 45 Graphite

フレックス シャフト重量 トルク 調子
Light 45 high low
Regular 45 high low

Callaway RCH 55 Graphite

フレックス シャフト重量 トルク 調子
Light 55 high low
Regular 55 mid low-mid
Stiff 55 mid mid

Callaway RCH 65 Graphite

フレックス シャフト重量 トルク 調子
Regular 65 mid mid
Stiff 65 low-mid mid

ビッグバーサ B21ドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

まずモデル名ですが、USではBig Bertha B21ですが、日本ではBib Berthaとなっています。日本では名称に「B21」が付いていませんが、映像を見る限り同じモデルです。

スペックについては、日本モデルはロフト角が10.5°のみですが、USモデルは9、10.5、12°の3種類となっていて、選択肢が広くなっています。

標準シャフト装着時のクラブ長さにも違いがありまして、日本モデルは45.5インチ、USモデルでは45.75インチとなっています。

シャフトは日本モデルではSpeeder EVOLUTION for Callawayが標準シャフトですが、前述の通りUSモデルでは異なるシャフトとなっていて、フレックスだけでなく、3つの重量帯から選ぶことができます。同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。このあたりを考慮すると、普段より1つ柔らかめを選択すると良いでしょう。

ロフト角と合わせて考えると、USモデルの方がスペックの選択肢が多く、日本はある程度、対象ゴルファーを絞り込んだ形になっています。

ビッグバーサ B21ドライバーUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

そして、ビッグバーサB21ドライバーについては、USモデルも日本モデルも日本国内の大手ショッピングサイトにて購入することができます。

当記事執筆時点の出品価格は、USモデルで5~6万円、日本モデルえ6~9万円となっています。USモデルの方が安く購入できるようです。

USモデルはネットで普通に購入できる

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト