PRGR egg44ドライバー!高ミート率で飛距離アップ

egg44ドライバーの特徴・テクノロジー

PRGRから発売のegg44ドライバー。egg5500ドライバー Impactの後継とも言うべきモデルで、クラブ長さが短く、ヘッド重量が重く、高ミート率で飛距離を狙えるドライバーです。

44.5インチの短いシャフト

PRGRによるヘッドスピード40m/sのゴルファーのテストによると、クラブ長さが44.5インチの場合にミート率が高く、飛距離が出ることが確認されています。

通常のドライバーでは45.5~45.75インチが主流ですが、egg44ドライバーでは44.5インチの短めのシャフトを採用しています。

短いことで楽に正確に振りやすく、ミート率が向上します。さらに短くしていくと、回転半径が小さくなり、遠心力による効果が弱まることから、44.5インチが調度良いという研究結果のようです。

PRGR史上で最重量のヘッド

egg44ドライバーのヘッド重量は208gあり、PRGR史上で最も重いヘッドとなっています。一般的なヘッドが200gと考えると、約10g重いヘッドとなります。

ヘッド重量が重くなることで、ボールと強く当たり、ボールスピードのアップにつながります。

また、クラブを短くしたことで振りやすさがアップしていますので、ヘッド重量をアップする余地が生み出されています。

シャローな深低重心設計

一般的なクラブよりも、重心は低く深い設計となっています。

これにより、高打ち出しで、低スピンの弾道が出やすくなっています。

ロフト別ヘッド設計

出典:PRGR公式HP

ロフト角が違っても、同じモデルであれば共通のヘッドであることが一般的ですが、egg44ドライバーではロフトの違いにより、ヘッド設計も異なっています。

球のつかまりを左右する重心角については、9.5°の方で32°、10.5°の方で34°となっています。

重心角が大きいと、よりスクエアでインパクトしやすくなりますので、10.5°の方がやさしくつかまえられて、9.5°の方が引っ掛けにくく叩きに行きやすくなっています。

egg44ドライバーのスペック

  • ロフト角:9.5°、10.5°
  • ライ角:59.5°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:44.5インチ
  • フェース角:-2°、±0°

 

egg44ドライバーのシャフト

スペック M-43 M-40 M-37
フレックス S SR R
クラブ重量 304g 301g 299g
シャフト重量 50g 46g 44g
トルク 7.3° 7.6° 7.8°
バランス D4.5 D4 D3.5
KP M

egg44ドライバー専用のオリジナルカーボンシャフトです。

打ち出し角を確保するために先端にかけて大きく走る設計で、しっかりつかまって、振り抜きが良いシャフトです。

egg44ドライバーの発売日・発売価格

  • 発売日:2021年11月21日が予定されています。
  • 発売価格:88,000円(税込み)

PRGR egg spoon BLACKが発売に!?

PRGR egg spoon BLACKが数量限定で発売

PRGRからぶっ飛びのスプーン、egg spoon BLACKが数量限定で発売となっています。

egg spoonは、2013年に発売されているフェアウェイウッドで、ぶっ飛びスプーンとして注目されたモデルです。

今回、そのコンセプトを継承しながら、更なる進化を遂げています。

クラウンレスなヘッド

ウッドのヘッドと言えば、フェース、クラウン、ソールの3つの部位で構成されています。

しかし、egg spoon BLACKは、初代モデルも含めて、クラウン部分がない形状になっています。

上から見た構えた感じは、このようになっています。

陰影があって丸みを感じさせてくれますので、実際の形状ほど違和感なく構えられると思います。

当然ながさ上部のクラウン部分を無くした設計になっていますので、低重心・深重心となっています。

タングステンをソールに搭載

出典:https://www.prgr-golf.com/product/fairwaywood/21-egg-spoon-fairwaywood.html

ソールには68.5gのタングステンが搭載されています。

SRスペックではクラブ重量が312gとなっていますので、ソールのタングステンだけで約22%の重量となっています。

低重心になることで、低スピンの弾道になっています。

メーカーの説明では謳われていませんが、ウェイトの搭載位置がソール前方になっていますので、キャロウェイのサブゼロのように強い弾道を生み出す効果も働いていると思います。

Splash Grooveが高打ち出しを実現

出典:https://www.prgr-golf.com/product/fairwaywood/21-egg-spoon-fairwaywood.html

egg spoon BLACKの試打レポート

egg spoon BLACKをゴルフライター、クラブフィッターが実際にコースで打ってみた動画です。

初代のegg spoonも打たれていますので、新旧の比較も確認できます。

egg spoon BLACKのスペック

ロフト角(°) 13.5 15.0
体積(cm3) 161 163
フェースアングル(°) -3.5
ライ角(°) 58
長さ(インチ) 43
総重量(g) S (M-43) 320
SR (M-40) 312
R (M-37) 310
バランス S (M-43) D-2
SR (M-40) D-1
R (M-37) D-0.5
シャフト重量(g) S (M-43) 56
SR (M-40) 48
R (M-37) 46
シャフトトルク(°) S (M-43) 3.8
SR (M-40) 5.4
R (M-37) 5.5

スプーンという名前がついているだけあって、番手は3番のみですが、ロフト角は同じ3番で2種類あります。

一方が13.5°ですから、ミニドライバーかバフィーぐらい、もう一方は15.0°で一般的な3番ウッドと同じ角度です。

PRGR NEW eggアイアン・eggフォージドアイアン 2019を発売

PRGRのeggシリーズから発売の2019年モデルのアイアン2種類について取り上げます。

eggアイアンとeggフォージドアイアンの2種類を発売

eggシリーズから発売のアイアンは、eggアイアンとeggフォージドアイアンの2種類です。まずこの2種類のアイアンの位置づけですが、eggアイアンは「飛びに特化したアイアン」で、eggフォージドアイアンは「アスリート系飛びアイアン」となっています。

飛距離完全重視のゴルファーはeggアイアン、飛距離+打感のゴルファーはeggフォージドアイアンといった区分になります。

薄肉フェース・ポケットキャビティー構造でやさしく飛ばせる

どちらのアイアンも薄肉・ポケットキャビティー構造で、打点のブレに強く、やさしく飛ばせる形状となっています。

出典:https://www.prgr-golf.com/product/irons/19-egg-iron.html

こちらはeggアイアンのヘッド内部構造です。フェース裏側、ポケット内側に溝が施されていて、反発性能が高められています。

また、ソールにはタングステンウェイトが配置されていますので、低重心化がなされ、球が上がりやすくなっています。

出典:https://www.prgr-golf.com/product/irons/19-egg-forged-iron.html

一方こちらはeggフォージドアイアンのヘッド内部構造です。同じく溝構造が採用されていますので、飛距離性能が高くなっています。eggアイアンとの違いとして、ソールが薄くなっていて、タングステンウェイトの搭載もありません。

ソール形状はアスリートゴルファーやより技術向上を目指すアベレージゴルファーに好まれるタイプになっています。

重心が低く、フェース下部でもロスが少ない

出典:https://www.prgr-golf.com/product/irons/19-egg-iron.html

こちらはeggアイアンの重心高さの図です。実打点が17mmなのに対して、重心高さは20mmとかなり打点位置に近づいています。eggフォージドアイアンも重心高さが21mmに抑えられていますので、フェース下部で捉えた場合も飛距離ロスが抑えられる重心設計になっています。

グースは少な目ですっきりしたネック

左がeggアイアン、右がeggフォージドアイアンです。グースは少な目で意図した方向に打ち出せそうな形状をしています。トップラインから確認できるフェース厚をみると、eggアイアンの方が厚く見え、キャビティー構造による寛容性の高さが感じられます。さらに、ソール後方が見えていますので、eggアイアンんは低重心・深重心で、球の上がりやすさ、やさしさを備えています。

eggフォージドアイアンの方は反応性・操作性が高い形状となっています。

eggアイアン・eggフォージドアイアンのスペック

eggアイアン 2019のスペック

番手 ロフト角/バンス角(°) ライ角(°) FP(mm) 長さ
#6 23 61.5 4 38.75
#7 25 62 4 38.25
#8 28 62.5 3 37.75
#9 32 63 3 37.25
P 37 63.5 3 36.75
A 43/7.0 63.5 4 36
As 49/7.0 64 4 35.5
S 56/7.0 64 4 35.5

ストロングロフト設計で7番アイアンのロフトは25°とかなり立っています。最近のディスタンス系アイアンはロフトを立てたものが主流となりつつあり、ウェッジは4種類というのも定番で、AとSの間にAsが用意されています。

ロングアイアンについては、アイアン型ユーティリティのegg i+が同時リリースとなっていて、4番(21°)、5番(23°)、6番(25°)の3種類ありますので、これらとの組み合わせも検討可能です。

eggフォージドアイアン 2019のスペック

番手 ロフト角/バンス角(°) ライ角(°) FP(mm) 長さ
#5 22 61 3 39.25
#6 24 61.5 3.5 38.75
#7 26 62 4 38.25
#8 29 62.5 4 37.75
#9 33 63 4 37.25
P 38 63.5 4.5 36.75
A 43/6.5 63.5 5 36
As 49/7.5 64 5 35.5
S 56/11.0 64 5 35.5

こちらも7番でロフト角26°のストロングロフト設計です。eggアイアンとの違いとして、22°の5番が用意されていますので、1本多いクラブセッティングとなっています。

eggアイアン・eggフォージドアイアンの発売日・発売価格

eggアイアン・eggフォージドアイアンは、2019年9月13日の発売が予定されています。

  • eggアイアンの発売価格
    セット ¥96,000+税 (#7-#9,P/4本)
    単品 ¥24,000+税 (#6,A,As,S/各1本)
  • eggフォージドアイアンの発売価格
    セット ¥96,000+税 (#7-#9,P/4本)
    単品 ¥24,000+税 (#5,#6,A,As,S/各1本)