EPIC MAXドライバー USモデルの特徴・違い

キャロウェイのEPIC MAXドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

EPIC MAXドライバー USモデル

バーからフレームに進化したジェイルブレイク

出典:callawaygolf.com

ジェイルブレイクは、GBB EPICから搭載され続けていて、まさにキャロウェイの柱となるテクノロジーです。

これまで太さや形状に若干の変更が重ねられていますが、今回の2021年のEPICでは、バー状からフレーム状に大きく進化しています。

より剛性が高められることで、ヘッドの無駄な撓みが抑えられ、ボールスピードがアップします。

ペリメーター・ウェイトによりドロー・フェードの調整が可能

EPIC SPEEDにはなく、EPIC MAXにある要素として、ソール後方のペリメーター・ウェイトが挙げられます。

ウェイトがスライダー式になっていて、ヒール側・トゥ側に移動させることで、ドロー・フェードの調整が可能となっています。

AI設計による新たなフラッシュフェースを搭載

出典:callawaygolf.com

ここ数年のキャロウェイの特徴として、AIとスーパーコンピュータによるシミュレーションを重ねて設計されたフラッシュフェースが搭載されています。

シミュレーションの質も向上していて、モデル別、ロフト別に最適なフェースが搭載されています。

EPIC MAXドライバー USモデルのスペック

  • ロフト角:9、10.5、12°
  • ライ角:59°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.75インチ

ロフト角、ライ角、クラブ長さなど、主要なスペックは日本モデルとUSモデルで同じです。

EPIC SPEEDの方は、日本モデルとUSモデルでロフト角のラインナップに差があり、USモデルのみ12.0°がありましたが、EPIC MAXでは共に12.0°があります。

球が上りづらい方はどちらのモデルでもハイロフトを選択することができます。

ペリメーターウェイトに搭載されているウェイトについては、USモデルと日本モデルで重量に差があります。

USモデルの方は16gですが、日本モデルの方は12gで4g軽量になっています。ウェイトはソール後方にありますので、深低重心の度合い、スライドさせた場合のドロー・フェードの調整度合は、USモデルの方がはっきりしていると思います。

EPIC MAXドライバー USモデルの標準シャフト

日本モデルでは、公式サイトに掲載されているシャフトは、Diamana 40 for Callawayのみですが、USモデルでは、40g台、50g台、60g台の3種類のシャフトが掲載されています。

  • Project X Cypher 40 Graphite
  • Project X HZRDUS Smoke iM10 50 Graphite
  • Project X HZRDUS Smoke iM10 60 Graphite

Project X Cypher 40 Graphite

フレックス シャフト重量 トルク 調子
Light 40 Mid-High Low

Project X HZRDUS Smoke iM10 50 Graphite

フレックス シャフト重量 トルク 調子
Regular 50 Mid Mid
Stiff 50 Low-Mid Mid

Project X HZRDUS Smoke iM10 60 Graphite

フレックス シャフト重量 トルク 調子
Regular 60 Low-Mid Mid
Stiff 60 Low-Mid Mid

EPIC MAXドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、ロフト角、ライ角・ヘッド体積・長さなど、日本モデルとUSモデルで違いがありません。

シャフトについては、日本モデルではDiamana 40 for Callawayのみが公式サイトで紹介されていますので、USモデルの方が選択肢は多くなります。

なお、USシャフトは同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。このあたりを考慮すると、普段より1つ柔らかめを選択すると良いでしょう。

EPIC MAXドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

USモデルを専門に取り扱っているフェアウェイゴルフさんでのUSモデルの価格は55,649円、日本モデルのamazonでの価格は67,727円となっています。

USモデルの方が1万円以上、安く購入できるようです。

USモデルはネットで普通に購入できる

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


EPIC SPEEDドライバーの試打動画まとめ

キャロウェイのEPIC 2021シリーズから発売のEPIC SPEEDドライバーについて、試打動画をまとめました。

EPIC 2021シリーズは、3種類のドライバーがあり、比較試打した動画も取り上げましたので、3種類のモデルの違いがよく分からない方にも分かりやすい内容となっています。

EPIC SPEEDドライバーは、3機種の中でスタンダードに位置する

EPICの2021年シリーズのドライバーは、3機種あります。写真左から、EPIC SPEED、EPIC MAX、EPIC MAX LSです。

この他にも、MAVRIKと同様にFASTタイプの存在も確認されていますが、本記事掲載時では市販されていません。

キャロウェイ EPIC MAX FASTドライバー・フェアウェイウッドの最新情報

従来はスタンダードモデルとサブゼロモデルに分かれていましたが、EPIC 2021からサブゼロが無くなりました。

代わりにMAXでありながらLSという、これまでの考え方とは違ったモデルが登場していまして、ドライバーの在り方が変わってきた最近の傾向を良く表しているようにも思います。

 

本記事で取り上げているのは、一番左のEPIC SPEEDドライバーで、3機種の中でスタンダードモデルとして位置づけられています。

  • エアロシェイプで空力性能が高く、ヘッドスピードが出る
  • ハイバックなディープで、操作性がある
  • AI設計により、フェースの幅広いエリアで高初速が出やすい

EPIC SPEEDドライバーをプロがトラックマンで計測試打

試打るTVさんにて、EPIC SPEEDドライバーをトラックマンを使って計測試打している動画です。

  • EPIC FLASHは甲高い破裂音で、MAVRIKは柔らかく静かな音だった。EPIC SPEEDは、MAVRIKより弾く感じがする。
  • 投影面積が大きいタイプではなく、やや小ぶりなヘッド。後ろが長くなくて、しまって見える。
  • 球はそれなりにつかまるが、EPIC FLASHスターのように極端につかまるわけではない。
  • フェースターンはしやすい、動きやすいクラブ。
  • スタンダードタイプだから中間的なモデルということではなく、3機種それぞれが特徴を持っている。

EPIC 2021の3タイプのドライバーを打ち比べ

EPIC SPEED、EPIC MAX、EPIC MAX LSの3タイプのドライバーを打ち比べしています。

  • 一番飛ぶのは、EPIC MAX LSドライバー。
  • ストレッチしている形状のヘッドが苦手な方、球をコントロールしたい人は、EPIC SPEEDドライバー。
  • 慣性モーメントが大きいのは、EPIC MAXドライバー。

プロキャディがEPIC SPEED、EPIC MAX、EPIC MAX LSを試打

  • 3機種はヘッド体積は同じだが、顔が全然違う。
  • EPIC MAXは構えやすく安定していて簡単。EPIC SPEEDは、操作できて面白味がありそうなヘッド。
  • EPIC SPEEDは、多くのゴルファー層が広い。

EPIC MAX LSドライバー USモデルの特徴・違い

キャロウェイのEPIC MAX LSドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

EPIC MAX LSドライバー USモデル

バーからフレームに進化したジェイルブレイク

出典:callawaygolf.com

2021年のEPICの最も注目される点は、新しい形状に進化したジェイル・ブレイクです。

従来までは2本の柱でしたが、2021年のEPICでは四角いフレーム形状になっています。新たな形状により剛性が高くなり、縦・横の両方向に対して無駄な振動を抑えてくれます。

ペリメーター・ウェイトによりドロー・フェードの調整が可能

EPIC MAXドライバーと同様に、ソール後方にスライダー式のウェイト調整機能が搭載されています。

なお、LSはロースピンの略で、従来のサブゼロの後継のようにおも思えますが、サブゼロの特徴とも言うべきソール前方のウェイトは搭載されていません。

AI設計によるフラッシュフェースを搭載

出典:callawaygolf.com

AIとスーパーコンピュータを駆使したシミュレーションを重ねることで、幅広いエリアで高初速を実現するフラッシュフェースが生み出されています。

なお、EPIC MAX LSドライバーは、3タイプのドライバーの中で、最もフェード仕様となっていますので、思い切り叩きたい方、左へのミスを抑えたい方に適しています。

EPIC MAX LSドライバー USモデルのスペック

  • ロフト角:9、10.5°
  • ライ角:57°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.75インチ

ロフト角、ライ角、クラブ長さなど、主要なスペックは日本モデルとUSモデルで同じです。

EPIC SPEEDの方は、12.0°がUSモデルのみでしたが、EPIC MAX LSはどちらのモデルも9.0°と10.5°の2種類のみです。

ペリメーターウェイトに搭載されているウェイトについては、EPIC MAXと同様にUSモデルと日本モデルで重量に差があります。

USモデルの方は12gですが、日本モデルの方は9gで3g軽量になっています。ウェイトはソール後方に搭載されていますので、重量の違いにより深低重心効果、ウェイト移動によるドロー・フェードの調整効果は、USモデルの方が強く出ると思います。

EPIC MAX LSドライバー USモデルの標準シャフト

日本モデルでは、公式サイトに掲載されているシャフトは、4種類ありますが、USモデルでは2種類です。

<日本モデル>

  • TENSEI 55 for Callaway
  • Tour AD HD-6
  • Speeder EVOLUTION VII 661
  • Diamana TB 60

<USモデル>

  • Mitsubishi MMT 60 Graphite
  • Mitsubishi MMT 70 Graphite

Mitsubishi MMT 60 Graphite

フレックス シャフト重量 トルク 調子
Stiff 60 Low-Mid Low
X-Stiff 60 Low Low

Mitsubishi MMT 70 Graphite

フレックス シャフト重量 トルク 調子
Stiff 70 Low Mid
X-Stiff 70 Low Mid

EPIC MAX LSドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、ロフト角、ライ角・ヘッド体積・長さなど、日本モデルとUSモデルで違いがありません。

ただし、ペリメーター・ウェイトのウェイト重量は、USモデルで12g、日本モデルで9gとなっています。

シャフトについては、日本モデルでは50g・60g台のものが合計4種類あるのに対して、USモデルの方は60g・70gの2種類です。

バランスも日本モデルではD2、D3なのに対して、USモデルではD3、D4となっています。

なお、USシャフトは同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。このあたりを考慮すると、普段より1つ柔らかめを選択すると良いでしょう。

EPIC MAX LSドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

USモデルの価格については、USモデル専門に取り扱いをしているフェアウェイゴルフさんの価格は55,649円です。

日本モデルについては、楽天での出品価格は68,900円となっています。

USモデルの方が1万円以上、安く購入できるようです。

USモデルはネットで普通に購入できる

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


キャロウェイ EPIC MAX FASTドライバー・フェアウェイウッドの最新情報

キャロウェイのEPIC MAX FASTドライバー・フェアウェイウッドがルール適合リストに掲載されました。

EPIC’21の追加されると思われる2モデルについて、現在、分かっている情報を取り上げます。

EPIC MAX FASTは、ドライバーとフェアウェイウッドがある

出典:https://www.randa.org/

こちらがR&Aの適合リストで確認されたEPIC MAX FASTドライバーとEPIC MAX FASTフェアウェイウッドです。掲載されたのは3月のようです。

EPIC ’21は、現在、EPIC SPEED、EPIC MAX、EPIC MAX LSの3種類のドライバーがリリースされていますので、EPIC MAX FASTドライバーは4種類目のドライバーということになります。

フェアウェイウッドについては、LSがありませんので、3種類目となります。

主要テクノロジーは同じ

新たなFASTタイプに搭載されているテクノロジーは、先に発売されているものと同様になっています。

  • JAILBREAK AI スピードフレーム(ドライバー)
  • JAILBREAK AI ベロシティブレード テクノロジー(フェアウェイウッド)
  • FLASHフェースSS21(共通)

ジェイルブレイクにより、無駄な撓みを抑えてボールスピードをアップし、FLSHフェースによりフェースの幅広いエリアで優れた反発を発揮してくれます。

EPIC MAX FASTドライバー

出典:https://www.randa.org/

EPIC MAX FASTドライバーは、フェースの直ぐ後ろのソール部分がスタンダードなモデルと異なっています。

恐らく、MAVRIKのFASTタイプと同様に、より軽いチタン素材が使われていて、ヘッドの軽量化が図られているようです。

ロフト角・ライ角の調整機能についても、先に発売されている3モデルには搭載されていますが、EPIC MAX FASTドライバーには搭載されていません。

これは、可変スリーブを搭載すると重量が嵩張るため、軽量化を図るために未搭載としていると考えられます。

適合リストの掲載内容によると、ロフト角は9.5°、10.5°、12.0°となっています。前年のMAVRIK MAX FASTドライバーでは、12.0°というスペックはありませんでしたので、なかなか自力で球を上げきれない方にとっては、心強いスペックです。

EPIC MAX FASTフェアウェイウッド

こちらはEPIC MAX FASTフェアウェイウッドです。前年のMAVRIK MAX FASTはドライバーしかありませんでしたので、FASTタイプの適用が広がった形となります。

タイトリストの同じく軽量モデルのTSi1もフェアウェイウッドが発売となっていて、市場全体で軽量モデルのニーズが高まっているのかもしれません。

EPIC MAX FASTフェアウェイウッドの特徴としては、ドライバーと同様にヘッド前方に軽量素材が用いられているように見えます。

ウェイトは、EPIC MAXフェアウェイウッドと同じく、ソールの前方・後方に1つずつ装着されています。

通常、フェアウェイウッドは全番手が適合リストに掲載されるのですが、EPIC MAX FASTフェアウェイウッドは5番のみとなっていますので、番手は1種類の可能性があります。

まとめ

EPIC ’21のFASTタイプのドライバー、フェアウェイウッドについて、最新情報を取り上げました。

詳細スペックや発売時期・発売価格などの情報は、現時点では公式情報がなく分かりませんが、今後、SNSや公式サイトなどで公式情報が出て来ると思います。

EPIC SPEEDドライバー USモデルの特徴・違い

キャロウェイのEPIC SPEEDドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

EPIC SPEEDドライバー USモデル

フレーム状に進化したジェイルブレイク・テクノロジー

出典:callawaygolf.com

2021年のEPICで最も顕著に変わってポイントの1つが、ジェイルブレイクの構造です。

従来まではヘッド内を縦に貫通させた二本の柱でしたが、EPIC 2021では四角いフレーム形状となっています。

より剛性が高くなりヘッドの無駄な撓みが抑えられ、ボールスピードがアップします。

エアロ設計を採用

2021年のEPICドライバーは、全部で3種類発売となっています。

MAVRIKで採用されたディープでハイバックなサイクロン・ヘッド・シェイプは、EPIC SPEEDドライバーのみに採用されています。

これが影響してか、EPIC MAX・EPIC MAX LSドライバーに搭載されているペリメーター・ウェイト(スライダー式のウェイト調整機能)は、EPIC SPEEDでは搭載されていません。

AI設計による新たなフラッシュフェースを搭載

出典:callawaygolf.com

フェースには、AI設計による新たなフラッシュフェースが搭載されていて、フェースの広いエリアで高初速が実現されています。

AIによるシミュレーションは、ヘッド形状・ジェイルブレイクも加味してモデル別に行われていますので、3種類のドライバーそれぞれで最適なフェースが搭載されています。

EPIC SPEEDドライバー USモデルのスペック

  • ロフト角:9、10.5、12°
  • ライ角:58°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.75インチ

ロフト角、ライ角、長さなど、基本的な主要スペックは、USモデルと日本モデルで同じです。

ただし、日本モデルでは9.0°、10.5°の2種類ですが、USモデルでは12.0°も用意されています。

EPIC SPEEDドライバーは、ヘッド後方が持ち上がったハイバック形状となっていますので、球が上りづらい方は、12.0°のあるUSモデルという選択もありそうです。

EPIC SPEEDドライバー USモデルの標準シャフト

  • Project X Cypher 40 Graphite
  • Project X HZRDUS Smoke iM10 50 Graphite
  • Project X HZRDUS Smoke iM10 60 Graphite

Project X Cypher 40 Graphite

フレックス シャフト重量 トルク 調子
Light 40 Mid-High Low

Project X HZRDUS Smoke iM10 50 Graphite

フレックス シャフト重量 トルク 調子
Regular 50 Mid Mid
Stiff 50 Low-Mid Mid

Project X HZRDUS Smoke iM10 60 Graphite

フレックス シャフト重量 トルク 調子
Regular 60 Low-Mid Mid
Stiff 60 Low-Mid Mid

EPIC SPEEDドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、ライ角・ヘッド体積・長さなど、日本モデルとUSモデルで違いがありませんが、ロフト角のラインナップに違いがあります。

日本モデルは9.0°と10.5°のみですが、USモデルでは8.0°があります。より低く打ち出したい方にとって、8.0°というなかなかないスペックは魅力的かもしれません。

シャフトは日本モデルではDiamana 50 for Callawayが標準シャフトですが、前述の通りUSモデルでは異なるシャフトとなっています。

USでは同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。このあたりを考慮すると、普段より1つ柔らかめを選択すると良いでしょう。

EPIC SPEEDドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

公式サイトでの掲載価格を見てみますと、USは$529.99、日本は84,700円~となっています。1ドル110円で計算すると20,000円弱ぐらいの差があります。

USモデルはネットで普通に購入できる

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト