キャロウェイ EPIC MAX FASTドライバー・フェアウェイウッドの最新情報

キャロウェイのEPIC MAX FASTドライバー・フェアウェイウッドがルール適合リストに掲載されました。

EPIC’21の追加されると思われる2モデルについて、現在、分かっている情報を取り上げます。

EPIC MAX FASTは、ドライバーとフェアウェイウッドがある

出典:https://www.randa.org/

こちらがR&Aの適合リストで確認されたEPIC MAX FASTドライバーとEPIC MAX FASTフェアウェイウッドです。掲載されたのは3月のようです。

EPIC ’21は、現在、EPIC SPEED、EPIC MAX、EPIC MAX LSの3種類のドライバーがリリースされていますので、EPIC MAX FASTドライバーは4種類目のドライバーということになります。

フェアウェイウッドについては、LSがありませんので、3種類目となります。

主要テクノロジーは同じ

新たなFASTタイプに搭載されているテクノロジーは、先に発売されているものと同様になっています。

  • JAILBREAK AI スピードフレーム(ドライバー)
  • JAILBREAK AI ベロシティブレード テクノロジー(フェアウェイウッド)
  • FLASHフェースSS21(共通)

ジェイルブレイクにより、無駄な撓みを抑えてボールスピードをアップし、FLSHフェースによりフェースの幅広いエリアで優れた反発を発揮してくれます。

EPIC MAX FASTドライバー

出典:https://www.randa.org/

EPIC MAX FASTドライバーは、フェースの直ぐ後ろのソール部分がスタンダードなモデルと異なっています。

恐らく、MAVRIKのFASTタイプと同様に、より軽いチタン素材が使われていて、ヘッドの軽量化が図られているようです。

ロフト角・ライ角の調整機能についても、先に発売されている3モデルには搭載されていますが、EPIC MAX FASTドライバーには搭載されていません。

これは、可変スリーブを搭載すると重量が嵩張るため、軽量化を図るために未搭載としていると考えられます。

適合リストの掲載内容によると、ロフト角は9.5°、10.5°、12.0°となっています。前年のMAVRIK MAX FASTドライバーでは、12.0°というスペックはありませんでしたので、なかなか自力で球を上げきれない方にとっては、心強いスペックです。

EPIC MAX FASTフェアウェイウッド

こちらはEPIC MAX FASTフェアウェイウッドです。前年のMAVRIK MAX FASTはドライバーしかありませんでしたので、FASTタイプの適用が広がった形となります。

タイトリストの同じく軽量モデルのTSi1もフェアウェイウッドが発売となっていて、市場全体で軽量モデルのニーズが高まっているのかもしれません。

EPIC MAX FASTフェアウェイウッドの特徴としては、ドライバーと同様にヘッド前方に軽量素材が用いられているように見えます。

ウェイトは、EPIC MAXフェアウェイウッドと同じく、ソールの前方・後方に1つずつ装着されています。

通常、フェアウェイウッドは全番手が適合リストに掲載されるのですが、EPIC MAX FASTフェアウェイウッドは5番のみとなっていますので、番手は1種類の可能性があります。

まとめ

EPIC ’21のFASTタイプのドライバー、フェアウェイウッドについて、最新情報を取り上げました。

詳細スペックや発売時期・発売価格などの情報は、現時点では公式情報がなく分かりませんが、今後、SNSや公式サイトなどで公式情報が出て来ると思います。

EPIC SPEEDドライバー USモデルの特徴・違い

キャロウェイのEPIC SPEEDドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

EPIC SPEEDドライバー USモデル

フレーム状に進化したジェイルブレイク・テクノロジー

出典:callawaygolf.com

2021年のEPICで最も顕著に変わってポイントの1つが、ジェイルブレイクの構造です。

従来まではヘッド内を縦に貫通させた二本の柱でしたが、EPIC 2021では四角いフレーム形状となっています。

より剛性が高くなりヘッドの無駄な撓みが抑えられ、ボールスピードがアップします。

エアロ設計を採用

2021年のEPICドライバーは、全部で3種類発売となっています。

MAVRIKで採用されたディープでハイバックなサイクロン・ヘッド・シェイプは、EPIC SPEEDドライバーのみに採用されています。

これが影響してか、EPIC MAX・EPIC MAX LSドライバーに搭載されているペリメーター・ウェイト(スライダー式のウェイト調整機能)は、EPIC SPEEDでは搭載されていません。

AI設計による新たなフラッシュフェースを搭載

出典:callawaygolf.com

フェースには、AI設計による新たなフラッシュフェースが搭載されていて、フェースの広いエリアで高初速が実現されています。

AIによるシミュレーションは、ヘッド形状・ジェイルブレイクも加味してモデル別に行われていますので、3種類のドライバーそれぞれで最適なフェースが搭載されています。

EPIC SPEEDドライバー USモデルのスペック

  • ロフト角:9、10.5、12°
  • ライ角:58°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.75インチ

ロフト角、ライ角、長さなど、基本的な主要スペックは、USモデルと日本モデルで同じです。

ただし、日本モデルでは9.0°、10.5°の2種類ですが、USモデルでは12.0°も用意されています。

EPIC SPEEDドライバーは、ヘッド後方が持ち上がったハイバック形状となっていますので、球が上りづらい方は、12.0°のあるUSモデルという選択もありそうです。

EPIC SPEEDドライバー USモデルの標準シャフト

  • Project X Cypher 40 Graphite
  • Project X HZRDUS Smoke iM10 50 Graphite
  • Project X HZRDUS Smoke iM10 60 Graphite

Project X Cypher 40 Graphite

フレックス シャフト重量 トルク 調子
Light 40 Mid-High Low

Project X HZRDUS Smoke iM10 50 Graphite

フレックス シャフト重量 トルク 調子
Regular 50 Mid Mid
Stiff 50 Low-Mid Mid

Project X HZRDUS Smoke iM10 60 Graphite

フレックス シャフト重量 トルク 調子
Regular 60 Low-Mid Mid
Stiff 60 Low-Mid Mid

EPIC SPEEDドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、ライ角・ヘッド体積・長さなど、日本モデルとUSモデルで違いがありませんが、ロフト角のラインナップに違いがあります。

日本モデルは9.0°と10.5°のみですが、USモデルでは8.0°があります。より低く打ち出したい方にとって、8.0°というなかなかないスペックは魅力的かもしれません。

シャフトは日本モデルではDiamana 50 for Callawayが標準シャフトですが、前述の通りUSモデルでは異なるシャフトとなっています。

USでは同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。このあたりを考慮すると、普段より1つ柔らかめを選択すると良いでしょう。

EPIC SPEEDドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

公式サイトでの掲載価格を見てみますと、USは$529.99、日本は84,700円~となっています。1ドル110円で計算すると20,000円弱ぐらいの差があります。

USモデルはネットで普通に購入できる

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


EPIC 2021の全ドライバーを一挙紹介!発売日も決定

キャロウェイから2021年に発売のEPIC 2021。

ドライバー全3種についてスペック・発売日・発売価格について取り上げます。

EPIC 2021の全ドライバー

キャロウェイの2021年モデルは2年振りとなるEPICです。

以前のモデルはEPIC 19、今回の新作はEPIC 21と公式動画の中で言い分けています。

EPIC 21は、初期リリースの時点では、3種類のラインナップとなっています。

  • EPIC SPEEDドライバー
    スタンダードモデルで、エアロデザインのサイクロン・ヘッドシェイプが採用されています。
  • EPIC MAXドライバー
    ヘッドシェイプは、MAVRIK MAXとほぼ同等です。ぺりメーターウェイティングが搭載され、ドロー・フェードの弾道調整が可能です。
  • EPIC MAX LSドライバー
    低スピン性能に優れたドライバーです。同時にMAVRIK MAXと同等の慣性モーメントも備えています。

EPIC 2021のドライバーの発売日・発売価格

EPIC 2021のドライバーは、2021年2月19日が発売日です。

発売価格は77,000円からとなっています。

EPIC 2021ドライバーの試打・解説・評価動画

新たなジェイルブレイク「JAILBREAK AI スピードフレーム テクノロジー」について、従来のジェイルブレイクを比較して解説されています。

石川遼プロが、2019年のEPICと2021年のEPICを試打して、感想を述べている動画です。

EPIC SPEEDドライバー

搭載テクノロジー

  • JAILBREAK AI スピードフレーム
  • FLASHフェースSS21
  • トライアクシャル・カーボンクラウン
  • サイクロン・ヘッドシェイプ

スペック

  • ロフト角:9.0、10.5°
  • ライ角:58.0°
  • クラブ長さ:45.75インチ
  • ヘッド体積 :460cc
  • クラブ重量:300g(SRスペック時)

EPIC MAXドライバー

搭載テクノロジー

  • JAILBREAK AI スピードフレーム
  • FLASHフェースSS21
  • トライアクシャル・カーボンクラウン
  • ペリメーター・ウェイト

スペック

  • ロフト角:9.0、10.5、12.0°
  • ライ角:59.0°
  • クラブ長さ:45.75インチ
  • ヘッド体積 :460cc
  • クラブ重量:288g(SRスペック時)

EPIC MAX LSドライバー

搭載テクノロジー

  • JAILBREAK AI スピードフレーム
  • FLASHフェースSS21
  • トライアクシャル・カーボンクラウン
  • ペリメーター・ウェイト

スペック

  • ロフト角:9.0、10.5°
  • ライ角:57 .0°
  • クラブ長さ:45.75インチ
  • ヘッド体積 :460cc
  • クラブ重量:301g(SRスペック時)

キャロウェイ EPIC MAXドライバー 2021

キャロウェイのEPIC MAXドライバーの写真が出ていて、2021年のニューモデルではないかと話題になっています。

時期的にも例年、ニューモデルの情報が出始める頃です。

キャロウェイもテーラーメイドもティザーを上手に使ってきますが、今回は普通に映像が出てきたように見えます。

EPIC MAXドライバー

ソールには「EPIC MAX」と記載されていますので、これがモデル名だと思われます。

これまでのEPIC FLASH、GBB EPICとは明らかにデザインが違いますので、これら2つとは別のモデル、つまり、新作の可能性が高いと思います。

なお、ルール適合リストにはまだ掲載がありませんので、公式情報は確認できていません。

JAIL BREAK SPEED FRAME

EPIC MAXドライバーには、JAIL BREAKが搭載されていますが、これまでのものとは明らかな違いがあります。

ソール面に柱を装着した部分が見えるのですが、従来の2本から4本になっています。外側2本が太く、内側2本が細くなっています。

テクノロジー名に「SPEED」と入っていますので、ヘッドの余計な変形を抑えて、インパクトエネルギーをボールスピードに転嫁する効率が上がっているものと思われます。

ウェイト調整機能

ヘッドの後ろには、ウェイトをトゥ・ヒールに移動させる仕組みが見えます。

EPIC FLASHにも搭載されている重心調整機能で、弾道をドロー・フェードに切り替えることができるようです。

 

EPIC FLASH スターユーティリティ 試打・評価・徹底解説

キャロウェイのEPIC FLASH スターユーティリティについて取り上げます。

EPIC FLASH のユーティリティはスターモデルのみ

EPIC FLASHシリーズから先に発売されているドライバーとフェアウェイウッドは、アスリート向けのサブゼロとアベレージ向けのスターの2種類発売されています。

ユーティリティについては、当記事執筆時点では、スターモデルのみとなっています。

キャロウェイの公式SNSでも、同時に発売となったEPIC FORGED スターアイアンと共に掲載されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

キャロウェイゴルフ(Callaway Golf)さん(@callawaygolf_japan)がシェアした投稿

FLASHフェースとフェースカップが融合!

ドライバ―、フェアウェイウッドにも搭載されているAIデザインのFLASHフェースは、ユーティリティにも搭載されています。そして、FLASHフェースはフェスカップと融合していますので、ボール初速だけでなく、オフセンター時の飛距離ロスも軽減されます。

さらに、JAILBREAKテクノロジーも搭載

今や、キャロウェイのウッド系で代表的なテクノロジーとなっているJAILBREAKテクノロジーも搭載されています。

2本の柱がフェースの直ぐ後ろで縦にヘッドを支えることで、無駄なたわみを抑えボールスピードをアップしてくれます。

なお、フェースカップ、JAIL BREAKテクノロジーが搭載されるのは、3~6番で、7番には搭載されていません。一部の番手だけ意図的に外す意味は恐らくありませんので、ヘッドサイズが小さいため物理的な限界があるのではないかと思われます。

ヘッドが軽量化され、より低重心・高慣性モーメントになっている

NEWトライアクシャル・カーボン素材の採用によりクラウンの軽量化が進み、ヘッド内部にはタングステン・インナーウェイト、ソールにはソールウェイトが搭載されています。ヘッドの低重心化と高慣性モーメント化により、直進性がありボールが上がりやすくなっています。

ロフト角調整機能は搭載されていない

ドライバ―やフェアウェイウッドと同様に、スターモデルのため、ホーゼル部のロフト角調整機能は搭載されていません。

ソールセンターにはビスで止めたような5角形のウェイトのようなものが装着されていますが、公式ページでオプションの説明はありませんので、固定式で交換はできないようです。

EPIC FLASH スター ユーティリティの試打・評価

試打動画や公式ムービーはまだ掲載がないようですので、アップされましたらコチラで紹介します。

EPIC FLASH スター ユーティリティのスペック

番手 3 4 5 6 7
ロフト角(°) 17 20 23 26 29
ライ角(°) 58.5 59 59.5 60 60.5
ヘッド体積(cc) 123
クラブ長さ (インチ) 40.5 40 39.5 39 38.5

番手は3(17°)、4(20°)、5(23°)、6(26°)、7(29°)の5種類が用意されています。17°からありますので、ユーティリティを多用するゴルファーは幅広く取り入れられそうです。

EPIC FLASH スター ユーティリティの販売価格と発売日

EPIC FLASH スター ユーティリティの発売開始日は2019年8月30日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは3種類です。

  • Speeder EVOLUTION for CW(S/SR/R)
  • N.S.PRO Zelos 7(S)

発売価格は¥43,200(税抜き)からです。