G425 SFTドライバー USモデルの特徴・違い

PINGのG425 SFTドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

G425 SFTドライバー USモデル

ドロー仕様モデル

出典:https://ping.com/en-us/clubs/drivers/g425-sft

G425 SFTドライバーの「SFT」はStraight Flight Technologyの略で、直進性に優れたドロー仕様を表しています。

最近のPINGのドライバーでは、ヘッド後方のウェイトによりドロー・フェードの弾道調整がセールスポイントの1つですが、G425 SFTドライバーはドロー仕様モデルのため、予め23グラのタングステンウェイトがヒール寄りに固定されています。

弾道の右へのミスを軽減したい方に適した重心設計となっています。

ロフト角・ライ角の調整機能は搭載

出典:https://ping.com/en-us/clubs/drivers/g425-max

G425シリーズドライバーの中で、SFTのみウェイト調整機能が搭載されていませんが、可変スリーブは他と同様に搭載されています。

公式サイトによれば、ロフト角は最大±1.5°、ライ角は3°フラットにすることができるとされています。

Trajectory Tuning 2.0 in the G410 utilizes a lightweight, aerodynamic hosel sleeve that provides eight positions for influencing ball flight through loft (±1.5°) and lie adjustments, including up to 3° flatter than standard.
※引用:https://ping.com/en-us/clubs/drivers/g425-sft

なお、スタンダードモデルであるG425 MAXドライバーをウェイトドローにした時と比べると、G425 SFTドライバーの方がドローバイアス度合いが高くなっています。

ほんのりドローバイアスで良いという方は、G425 MAXのドロー設定での利用も検討の対象に含めてみると良いと思います。

G425 SFTドライバーのスペック

  • ロフト角:10.5°
  • ライ角:58.5°
  • ヘッド体積:460cc
  • ヘッド重量:202g
  • 長さ:45.75インチ
  • バランス:D1

標準シャフト

  • ピン Alta CB 55 Slate
  • ピン Tour 65
  • アルディラ Rogue White 130 MSI 70
  • 三菱 Tensei AV Orange 55
  • 三菱 Tensei AV Orange 65
  • ピン Alta Distanza

ピン Alta CB 55 Slate

フレックス 重量(g) 弾道
Soft Regular 55
Regular 57 中・高
Stiff 60
X-Stiff 64

ピン Tour 65

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 58
Stiff 62 低・中
X-Stiff 67

アルディラ Rogue White 130 MSI 70

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 65 低・中
Stiff 69
X-Stiff 71

三菱 Tensei AV Orange 55

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 50
Stiff 52 中・高

三菱 Tensei AV Orange 65

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 61
Stiff 64 中・高
X-Stiff 66

ピン Alta Distanza

フレックス 重量(g) 弾道
Soft Regular 40

G425 SFTドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

G425 SFTドライバーのロフト角のラインナップは、USモデルと日本モデルで同じで10.5°のみの1スペックです。

ライ角については、USモデルの方が1°フラットになっていて、58.5°です。

シャフトはUSモデルも日本モデルも公式サイトで紹介されている種類が多く、より自分にあったものを選びやすくなっています。なお、シャフトの種類については、USモデルとと日本モデルで異なっています。

USシャフトは、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われていますので、普段より柔らかいスペックを選択すると良いでしょう。

G425 SFTドライバーのUSモデルの購入・価格

USモデルと日本モデルでは、USモデルの方が安く販売されているケースが多く見受けられます。メーカーが定める定価そのものが、アメリカの方が安いことが多いようです。

定価と市場での小売業者の出品価格は異なるものですが、PINGのドライバーについても、ネットでのUSモデルの方が1万円ほど安くなっています。

USモデルは、日本でも取り扱われるショップが年々増えていて、シャフトの違いでUSモデルを好まれる方がいる一方で、価格が安いことで選ばれる方もいます。

日本で購入する場合、ネットでの取り扱いも増えています。フェアウェイゴルフUSAさんでは、アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


G425 ハイブリッド USモデルの特徴・違い

PINGのG425 ハイブリッドのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

G425ハイブリッド USモデル

2~7番まで6種類ある

G425ハイブリッドは、番手が2~7番まであり、幅広いロフト・飛距離レンジをカバーしています。前作のG410ハイブリッドと比べても、7番(34°)が新たに追加されていて、よりハイブリッドを多用しやすくなっています。

フェアウェイウッドでは5~9、アイアンでは2~7に相当するスペックが用意されていますので、フェアウェイウッドやアイアンよりもハイブリッドが得意な方は、大幅に置き換えることでゴルフが楽になります。

タービュレーターを廃止し、アライメントを採用

フェアウェイウッドと同様に、G425シリーズではクラウンのタービュレーターが廃止されています。

空力を制御してヘッドスピードを上げる効果がありましたが、代わりに3ドットのアライメントマークが描かれていますので、アドレスしやすくなっています。

タービュレーターについては、クラウンに突起構造があることに違和感を感じるという声もありましたので、今回の変更で、これまでクラウンが気になって仕方なかった人も、クラブセッティングへの取入れを検討することができそうです。

可変スリーブを搭載

出典:https://ping.com/en-us/clubs/hybrids/g425

Gシリーズのハイブリッドは、G410から可変スリーブが搭載され、ロフト角・ライ角の調整が可能となっています。

G425シリーズでも同様に可変スリーブが搭載されていて、ロフト角は±1.5°まで、ライ角は3°フラットにでき、合計8つの調整ポジションへの切替が可能となっています。

G425ハイブリッド USモデルのスペック

番手 ロフト角 長さ ライ角 バランス 同等アイアン 同等FW
2 17° 40.75″ 57.0° D1 2 5
3 19° 40.25″ 57.5° D1 3 7
4 22° 39.75” 58.0° D1 4 9
5 26° 39.25″ 58.5° D1 5
6 30° 38.75″ 59.0° D1 6
7 34° 38.25” 59.5° D1 7

前作のG410ハイブリッドと比べると、ロフト角は変わりませんが、新たに7番34°が追加されています。

日本モデルのスペックと比較すると、ロフト角、ヘッド体積、長さなどは同じですが、ライ角は日本モデルの方が1°アップライトになっています。

G425ハイブリッド USモデルの標準シャフト

  • ピン Alta CB 70 Slate
  • ピン Tour 85
  • アルディラ Rogue Black Hybrid 95
  • 三菱 Tensei CK Pro 80 Orange

ピン Alta CB 70 Slate

フレックス 重量 打ち出し角
Soft Regular 69.0g
Regular 73.0g 中高
Stiff 76.0g
X-Stiff 79.0g

ピン Tour 85

フレックス 重量 打ち出し角
Regular 73.0g
Stiff 82.0g 低中
X-Stiff 87.0g

アルディラ Rogue Black Hybrid 95

フレックス 重量 打ち出し角
Tour Stiff 87.0g
Tour X-Stiff 90.0g

三菱 Tensei CK Pro 80 Orange

フレックス 重量 打ち出し角
Regular 75.0g 中高
Stiff 77.0g 中高
X-Stiff 79.0g 中高

G425ハイブリッドのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、番手・ロフト角のラインナップはUSモデルと日本モデルで同じですが。ライ角はUSモデルの方が1°フラットとなっています。

シャフトはUSモデルも日本モデルも多数用意されていて、選ぶことができます。なお、シャフトラインナップは異なっています。

ウェイト、可変スリーブが搭載されている点も同じですので、基本的な違いはライ角とシャフトと考えて良いでしょう。

USシャフトは、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われていますので、普段より柔らかいスペックを選択すると良いでしょう。

G425ハイブリッドのUSモデルの購入・価格

USモデルと日本モデルでは、一般的にUSモデルの方が安いケースが多いです。

PINGのドライバーについても、ネットでの市場価格を見比べてみますと、日本モデルの方が7千円ほど高くなっています。

USモデルは、日本でも取り扱われるショップが年々増えていて、シャフトの違いでUSモデルを好まれる方がいる一方で、価格が安いことで選ばれる方もいます。

日本で購入する場合、ネットでの取り扱いも増えています。フェアウェイゴルフUSAさんでは、アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


G425 LSTフェアウェイウッド USモデルの特徴・違い

PINGのG425 LSTフェアウェイウッドのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

G425 LSTフェアウェイウッド USモデル

3タイプの中で最も小ぶりなヘッド

G425 LSTフェアウェイウッドは、G425シリーズの3タイプのフェアウェイウッドの中で、最もヘッド体積が小さく小ぶりです。

スピンが抑えられ、操作性もありますので、強弾道を求めるハードヒッター、反応性を求める上級者に好まれています。

タービュレーターがなくなり、すっきりとした外観になっている

Gシリーズのフェアウェイウッドにはクラウンに空力を制御するタービュレーターが搭載されていましたが、G425シリーズでは外されていて、すっきりとしたクラウンになっています。

クラウンの前方には3ドットのアライメントマークが描かれ、従来モデルよりもターゲットとボールに対してセットアップしやすくなっています。

可変スリーブを搭載

出典:https://ping.com/en-us/clubs/drivers/g425-max

前作と同様に、USモデル・日本モデル共に可変スリーブが搭載されています。

合計8つの調整ポジションへの切替が可能で、ロフト角は±1.5°まで、ライ角は3°フラットに切り替えることができます。

G425 LSTフェアウェイウッドのスペック

番手 3
ロフト角 14.5°
長さ 43″
ライ角 56.5°
ヘッド体積 165cc
バランス D2

日本モデルのスペックと比較すると、ロフト角、ヘッド体積、長さなどは同じですが、ライ角は日本モデルの方が1°アップライトになっています。

以前のSTRETCH3と同様、今回もLSTタイプは3番ウッドのみで、5番や7番はありません。

G425 LSTフェアウェイウッドの標準シャフト

  • ピン Alta CB 65 Slate
  • ピン Tour 65
  • ピン Tour 75
  • 三菱 Tensei AV Orange 75
  • アルディラ Rogue White 130 MSI 70
  • アルディラ Rogue White 130 MSI 80
  • アルディラ Rogue White 130 MSI 70

ピン Alta CB 65 Slate

フレックス 重量 打ち出し角
Soft Regular 61.0g
Regular 63.0g 中高
Stiff 67.0g
X-Stiff 71.0g

ピン Tour 65

フレックス 重量 打ち出し角
Regular 53.0g
Stiff 57.0g 低中
X-Stiff 62.0g

ピン Tour 75

フレックス 重量 打ち出し角
Regular 64.0g
Stiff 70.0g 低中
X-Stiff 76.0g

三菱 Tensei AV Orange 75

フレックス 重量 打ち出し角
X-Stiff 71.0g 低中
Regular 66.0g 中高
Stiff 68.0g

アルディラ Rogue White 130 MSI 70

フレックス 重量 打ち出し角
Regular 61.0g

アルディラ Rogue White 130 MSI 80

フレックス 重量 打ち出し角
Stiff 71.0g 低中
X-Stiff 75.0g

G425 LSTフェアウェイウッドのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、番手・ロフト角のラインナップはUSモデルと日本モデルで同じですが。ライ角はUSモデルの方が1°フラットとなっています。

シャフトはUSモデルも日本モデルも多数用意されていて、選ぶことができます。なお、シャフトラインナップは異なっています。

ウェイト、可変スリーブが搭載されている点も同じですので、基本的な違いはライ角とシャフトと考えて良いでしょう。

USシャフトは、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われていますので、普段より柔らかいスペックを選択すると良いでしょう。

G425 LSTフェアウェイウッドのUSモデルの購入・価格

USモデルと日本モデルでは、一般的にUSモデルの方が安いケースが多いです。

PINGのドライバーについても、ネットでの市場価格を見比べてみますと、日本モデルの方が6千円ほど高くなっています。

USモデルは、日本でも取り扱われるショップが年々増えていて、シャフトの違いでUSモデルを好まれる方がいる一方で、価格が安いことで選ばれる方もいます。

日本で購入する場合、ネットでの取り扱いも増えています。フェアウェイゴルフUSAさんでは、アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


G425 MAXフェアウェイウッド USモデルの特徴・違い

PINGのG425 MAXフェアウェイウッドのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

G425 MAXフェアウェイウッド USモデル

フェアウェイウッドもMAX

G425シリーズでは、ドライバーと同じくスタンダードモデルがMAXタイプとなっています。

ヘッド体積は前作のG410フェアウェイウッドと比べて、大凡4~5ccアップしています。

ソール後方には前作同様にウェイトが搭載されていて、PINGのフェアウェイウッド史上で最大のMOIが実現されています。

タービュレーターがなくなり、アライメントがある

Gシリーズでは、長らくフェアウェイウッドにもクラウンにタービュレーターが搭載され、空力制御の仕組みが採用されていました。

G425シリーズでは、タービュレーターはドライバーのみとなり、フェアウェイウッドはすっきりとした外観になっています。

その代わりかどうかは分かりませんが、アドレスする際に参考となるアライメントが施され、構えやすくなっています。

可変スリーブを搭載

出典:https://ping.com/en-us/clubs/drivers/g425-max

前作と同様に、USモデル・日本モデル共に可変スリーブが搭載されています。

合計8つの調整ポジションへの切替が可能で、ロフト角は±1.5°まで、ライ角は3°フラットに切り替えることができます。

G425 MAXフェアウェイウッドのスペック

番手 3 5 7 9
ロフト角 14.5° 17.5° 20.5° 23.5°
長さ 43″ 42.5″ 42″ 41.5”
ライ角 56.5° 57.0° 57.5° 58.0°
ヘッド体積 176cc 167cc 152cc 148cc
バランス D1 D1 D1 D1

日本モデルのスペックと比較すると、ロフト角、ヘッド体積、長さなどは同じですが、ライ角は日本モデルの方が1°アップライトになっています。

G425 MAXフェアウェイウッドの標準シャフト

  • ピン Alta CB 65 Slate
  • ピン Tour 65
  • ピン Tour 75
  • 三菱 Tensei AV Orange 75
  • アルディラ Rogue White 130 MSI 70
  • アルディラ Rogue White 130 MSI 80
  • アルディラ Rogue White 130 MSI 70

ピン Alta CB 65 Slate

フレックス 重量 打ち出し角
Soft Regular 61.0g
Regular 63.0g 中高
Stiff 67.0g
X-Stiff 71.0g

ピン Tour 65

フレックス 重量 打ち出し角
Regular 53.0g
Stiff 57.0g 低中
X-Stiff 62.0g

ピン Tour 75

フレックス 重量 打ち出し角
Regular 64.0g
Stiff 70.0g 低中
X-Stiff 76.0g

三菱 Tensei AV Orange 75

フレックス 重量 打ち出し角
X-Stiff 71.0g 低中
Regular 66.0g 中高
Stiff 68.0g

アルディラ Rogue White 130 MSI 70

フレックス 重量 打ち出し角
Regular 61.0g

アルディラ Rogue White 130 MSI 80

フレックス 重量 打ち出し角
Stiff 71.0g 低中
X-Stiff 75.0g

G425 MAXフェアウェイウッドのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、番手・ロフト角のラインナップはUSモデルと日本モデルで同じですが。ライ角はUSモデルの方が1°フラットとなっています。

シャフトはUSモデルも日本モデルも多数用意されていて、選ぶことができます。なお、シャフトラインナップは異なっています。

ウェイト、可変スリーブが搭載されている点も同じですので、基本的な違いはライ角とシャフトと考えて良いでしょう。

USシャフトは、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われていますので、普段より柔らかいスペックを選択すると良いでしょう。

G425 MAXフェアウェイウッドのUSモデルの購入・価格

USモデルと日本モデルでは、一般的にUSモデルの方が安いケースが多いです。

PINGのドライバーについても、ネットでの市場価格を見比べてみますと、日本モデルの方が7千円ほど高くなっています。

USモデルは、日本でも取り扱われるショップが年々増えていて、シャフトの違いでUSモデルを好まれる方がいる一方で、価格が安いことで選ばれる方もいます。

日本で購入する場合、ネットでの取り扱いも増えています。フェアウェイゴルフUSAさんでは、アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


G425 LSTドライバー USモデルの特徴・違い

PINGのG425 LSTドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

G425 LSTドライバー USモデル

低スピン性能

G425 LSTドライバーは、ヘッド体積が前作に当たるG410 LSTドライバーと同じ445ccで、シリーズ中で最も小振りなヘッドです。

ヘッド形状は操作性を求める上級者に好まれる洋ナシ型で、ヘッドの奥行きが浅めで、浅重心設計となっています。

そのため低スピン性能に優れ、スタンダードモデルであるG425 MAXと比べると、約500〜700 rpmのスピン量の抑制が実現されています。なお、前作であるG410 LSTと比べると、約200 rpmのスピン量の減少となっています。

マットブラックなカラーリング

G425 MAXとG425 LSTは、ヘッド形状に違いがあるもの、ヘッド後方に移動式ウェイトが搭載され、非常に似通っています。

ただ、ソールのフェースの直ぐ後ろの部分が、G425 MAXやG425 SFTではシルバーなのに対して、G425 LSTは艶消しのマットブラックになっています。

ソール面はキャディーバッグに挿している時に見え、LSTは落ち着きのある精悍な印象を与えてくれ、G425シリーズのなかでも特別なドライバーで有ることを感じさせてくれます。

17gの移動式タングステンウェイトを搭載

出典:https://ping.com/en-us/clubs/drivers/g425-max

G425 LSTドライバーには、前作と同様に移動式のウェイト調整機能が搭載されています。ウェイト重量はMAXが26gなのに対して、LSTでは17gとなっています。

ウェイトを移動することで、ドロー・フェードの弾道調整が行えます。

なお、G425 LSTは、前作のG410 LSTと比べてボールのつかまりが良くなっています。

G425 LSTドライバーのスペック

  • ロフト角:9、10.5°
  • ライ角:57.0°
  • ヘッド体積:445cc
  • ヘッド重量:208g
  • 長さ:45.75インチ
  • バランス:D4

標準シャフト

  • ピン Alta CB 55 Slate
  • ピン Tour 65
  • アルディラ Rogue White 130 MSI 70
  • 三菱 Tensei AV Orange 55
  • 三菱 Tensei AV Orange 65
  • ピン Alta Distanza

ピン Alta CB 55 Slate

フレックス 重量(g) 弾道
Soft Regular 55
Regular 57 中・高
Stiff 60
X-Stiff 64

ピン Tour 65

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 58
Stiff 62 低・中
X-Stiff 67

アルディラ Rogue White 130 MSI 70

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 65 低・中
Stiff 69
X-Stiff 71

三菱 Tensei AV Orange 55

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 50
Stiff 52 中・高

三菱 Tensei AV Orange 65

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 61
Stiff 64 中・高
X-Stiff 66

ピン Alta Distanza

フレックス 重量(g) 弾道
Soft Regular 40

G425 LSTドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、ロフト角のラインナップはUSモデルと日本モデルで同じで、9.0と10.5°の2スペックです。

ライ角はUSモデルの方が1°フラットになっていて、57.0°です。

シャフトはUSモデルも日本モデルも多数用意されていて、選ぶことができます。なお、シャフトラインナップは異なっています。

USシャフトは、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われていますので、普段より柔らかいスペックを選択すると良いでしょう。

G425 LSTドライバーのUSモデルの購入・価格

USモデルと日本モデルでは、一般的にUSモデルの方が安いケースが多いです。

PINGのドライバーについても、ネットでの市場価格を見比べてみますと、日本モデルの方が1万円ほど高くなっています。

USモデルは、日本でも取り扱われるショップが年々増えていて、シャフトの違いでUSモデルを好まれる方がいる一方で、価格が安いことで選ばれる方もいます。

日本で購入する場合、ネットでの取り扱いも増えています。フェアウェイゴルフUSAさんでは、アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト