G430 MAX 10Kドライバーの評価・試打動画

G430 MAX 10Kドライバー

G430 MAX 10Kドライバーは、PINGのG430シリーズに後から追加されたモデルです。

G430には、既にHLシリーズが追加されていますが、2024年の追加は10Kタイプです。

10Kは奇しくもテーラーメイドと名前も内容も重なっていて、縦横の慣性モーメントの合計が10,000g・cm2を超えた高MOIを意味しています。

G430 の10Kシリーズは、MAXとMAX HLの2種類ありますので、ヘッドスピードが遅めの方もHLの方で使うことができます。

G430 MAX 10Kドライバーの試打・評価

【PING】新モデル『G430 MAX 10K』をツアープロが試打検証。『G430 MAX』との比較検証も!

  • PINGの新製品【 G430 MAX 10K ドライバー】を、ツアープロの勝又崇之プロが試打!
  • 『G430 MAX』とどう違う?どんなゴルファーに合う?

【最新クラブ】G430 MAX 10K・ドデカイ慣性モーメントでクラブがスッ!!「気軽にマン振り」が流行りそうな予感

ピンから登場した【 G430 MAX 10K(ジー ヨンサンマル マックス テンケー)】ドライバーと、同時に登場した【 G430 MAX 10K HL(ジー ヨンサンマル マックス テンケー エイチエル)】ドライバーを紹介。

人気のG430シリーズに、驚異の慣性モーメントを備えたモデルがラインアップ。「曲がらない」ってこういう感覚だったのかと、初めて知ることができる未知なるクラブなのです! 打てば分かる、10Kの実力。

<試打クラブ>

  • ピン G430 MAX 10K(ジー ヨンサンマル マックス テンケー)ドライバー
  • ピン G430 MAX 10K HL(ジー ヨンサンマル マックス テンケー エイチエル)ドライバー

『G430MAX 10K』ドライバー解説&試打評価【PING(ピン)】

  • ピンの2024年NEWモデル『G430MAX 10K』ドライバーの解説動画です。
  • ヘッド上下・左右の慣性モーメントが10000g・cm2という過去最大の大MOIドライバーです。
  • 大MOIを実現するテクノロジーを解説しつつ、試打した感想を踏まえてNEWモデルの特性を深掘りします。

G430 MAX 10Kドライバーのスペック

ロフト角 9.5° 10.5° 12°
ライ角 59.5°
体積 460cc
長さ 45.75インチ

G430 MAX 10Kドライバーのシャフト

シャフト フレックス 長さ 重量 トルク 調子
ALTA J CB BLACK R 45.75 49 5.3
SR 53 5.2 中先
S 58 5
PING TOUR 2.0 CHROME 65 R 45.25 55 4.4
S 60 4.2 中元
X 65 3.8
PING TOUR 2.0 CHROME 75 R 45.25 67 3.7
S 69 3.3 中元
X 72 3.2
ALTA J CB BLACK S 45.25 59 3.8 中元
X 65 3.5 手元
ALTA J CB BLACK S 45.25 73 3.2 中元
X 76 2.9 手元
FUJIKURA SPEEDER NX 35 46 38 6.3
FUJIKURA SPEEDER NX 45 46 45 5.1 先中

G430 HL SFTドライバーの評価・試打動画

G430 HL SFTドライバー

G430 HL SFTドライバーは、PINGのG430シリーズに後から追加されたHLシリーズのモデルです。

HLシリーズは、軽量・高打ち出しが特徴のモデルで、ドライバーはMAXとSFTの2機種がリリースされています。

ヘッドは、G430の通常のモデルと同じものがベースになっていますが、後方ウェイト、シャフト、グリップが専用のものになっています。

そのため、本記事で取り上げているG430 HL SFTドライバーは、G430 SFTドライバーと同様にドロー、ドロー+の弾道調整が可能となっています。

また、軽量モデルでは外されがちなロフト角・ライ角の調整機能も搭載されています。

G430 HL SFTドライバーの試打・評価

ピン G430 HLのMAXドライバーとSFTドライバーをHS40未満の女子プロが試打

女子プロゴルファーの西川みさとプロが、G430 HLシリーズの2種類のドライバー、MAXとSFTを打ち比べ試打されています。

SFTについては、軽量・高打ち出しにドローが加わっているため、対象ゴルファーとしては女性を挙げています。

つかまるヘッドに、さらに軽いシャフトだから、これこそ女性にいいんじゃないかな。

SFTの方がちょっとやさしい。

シャフトについては、軽さだけでしなる感じはそれほどなかったとのことで、軽い=柔い とは違うようで、「カルカタ」と表現されています。

ピン G430HLシリーズドライバー【試打レビュー】PING G430HL Driver MAX / SFT

 

【2023年発売モデル】渋野日向子プロや蟬川泰果プロが使用するピンG430シリーズに軽量の『HLシリーズ』が登場。

ヘッド、シャフト、グリップまですべて軽くなり速く振れることにより誰でも飛距離が出やすくなったG430HL(MAX / SFT)を試打レビュー。

<試打クラブ>

  • G430 HL MAXドライバー:10.5°、FUJIKURA SPEEDER NX 45
  • G430 HL SFTドライバー:10.5°、FUJIKURA SPEEDER NX 35

HL MAXよりつかまりが欲しいならコレ!PING「G430 HL SFT ドライバー」

2022年11月に発売されたPINGの「G430」ドライバーシリーズの追加モデルとして軽量のHLシリーズが2モデル登場。

ティーチングプロの石井良介氏が「G430 HL SFT ドライバー」を試打して解説。

【禁断魔改造】ピンG430のHLシリーズでメーカー非対応で色々と検証してミタら..驚愕の結果に!?繰り返しますがメーカー非対応です

<動画への反応(引用:youtube)>

メーカーがウェイトを含めたフィッティングをやるべきですね シャフトだけでなくヘッド重量の相性もやっぱりありますよね

私もノーマルLSTのウェイト外したらトラックマンでHS3くらい上がりましたが芯が、だいぶ狭くなりました ちょうどSFも下がったので、ちょうど良いとこ探すのが大事そうですね! 楽しい検証ありがとうございました!

社外品のウエイトならamazonにありますね。 ウエイト少し軽くして、シャフトも軽硬を0.5インチくらい長く組んだら激飛び仕様になるかも。 曲がるかな?PINGなら平気かな?

通常品のおもりを軽くすれば良いのか? 中身(見えない部分)にも変化があるんですかね。 面白そうです。

G430 HL SFTドライバーのスペック

ロフト角 10.5°
ライ角 59.5°
体積 460cc
長さ 46インチ

G430 HL SFTドライバーのシャフト

シャフト フレックス シャフト
重量
トルク 調子
FUJIKURA SPEEDER NX 35 S 38 6.3
FUJIKURA SPEEDER NX 45 SR 45 5.1 先中

G430 HL MAXドライバーの評価・試打動画

G430 HL MAXドライバー

G430 HL MAXドライバーは、PINGのG430シリーズに後から追加されたモデルです。

HLは、High Launch(高い打ち出し)の略で高弾道で飛ばせるモデルです。なお、HLモデルの特徴は、高打ち出しだけでなく、非常に軽量に仕上がっている点が挙げられます。

クラブ重量差は、シャフトの選択によって約30~40gもありますので、一般的なドライバーが重たすぎるという方は、ヘッドスピードが上がる、振りやすさによりスイングの安定性が高まるといったプラスの効果が期待できます。

なお、クラブ重量が軽くなるということは、インパクトの際のエネルギーは小さくなる方向になりますので、スイングのスピードと精度のアップとトレードオフの関係にあります。

つまり、軽くしたことで、それほどヘッドスピードが上がらない、精度も変わらないという場合は、重たい方を使った方が飛距離は出るということになります。

G430 HL MAXドライバーの試打・評価

ピン G430 HL MAX ドライバーをHS40未満の女子プロが試打したら…【西川みさと】

  • High Launch(ハイ ローンチ)=高弾道モデルとして、ピン「G430」から派生した「G430 HL」シリーズ。
  • ヘッドを軽くするほど慣性モーメントは落ちてしまうものだが、抜群の安定感を誇る「G430」設計により、その上下左右の慣性モーメント値は軽量クラブでの最高レベルという。
  • そんなブレずに“激飛び”を実現する「G430 HL MAX ドライバー」を、HS40m/s未満の女子プロ・西川みさとが試打評価。

<クラブ概要>

  • ピン「G430 HL MAX ドライバー」2023/3/2発売 速さと高さでMAX飛ばす高弾道設計。
  • 速く振れて高さの出るブレない高弾道設計のドライバー、史上最大初速を実現した「G430 MAX」が新設計で登場。
  • 超極薄反発フェースが搭載されたヘッドの重量を軽量化、楽に振れるヘッドとタービュレーターの効果でさらに速く振り抜ける。

HSが速い人も使える軽量モデル! PING「G430 HL MAX ドライバー」

ティーチングプロの石井良介さんに、PING「G430 HL MAX ドライバー」について試打・解説。

ピンG430HLドライバー試打計測|最軽量だから速く振れる! 高弾道!

2022年11月に発売され、大好評の「G430シリーズ」 新たに軽量モデル「HL」が追加され、3月2日から発売!

「HL」とは「ハイ・ローンチ(高弾道)」の略称。 ヘッドスピードに悩んでるゴルファーには朗報なドライバーとなっている。 その理由をクラブフィッターが徹底解説!

<動画への反応 (引用:youtube)>

このドライバーの相手は、ゼクシオとTSR1, でしょうね。

いやしかしドライバーたっけぇなぁwwwwww 値段に合った良い物なんでしょうけどね(笑)

見た目同じでも、非力な人が打てるHL、ちょっと興味有ります。

【禁断魔改造】ピンG430のHLシリーズでメーカー非対応で色々と検証してミタら..驚愕の結果に!?繰り返しますがメーカー非対応です

<動画への反応(引用:youtube)>

メーカーがウェイトを含めたフィッティングをやるべきですね シャフトだけでなくヘッド重量の相性もやっぱりありますよね

私もノーマルLSTのウェイト外したらトラックマンでHS3くらい上がりましたが芯が、だいぶ狭くなりました ちょうどSFも下がったので、ちょうど良いとこ探すのが大事そうですね! 楽しい検証ありがとうございました!

社外品のウエイトならamazonにありますね。 ウエイト少し軽くして、シャフトも軽硬を0.5インチくらい長く組んだら激飛び仕様になるかも。 曲がるかな?PINGなら平気かな?

通常品のおもりを軽くすれば良いのか? 中身(見えない部分)にも変化があるんですかね。 面白そうです。

G430 HL MAXドライバーのスペック

ロフト角 9.5° 10.5° 12°
ライ角 59.5°
体積 460cc
長さ 46インチ

G430 HL MAXドライバーのシャフト

シャフト フレックス シャフト
重量
トルク 調子
FUJIKURA SPEEDER NX 35 S 38 6.3
FUJIKURA SPEEDER NX 45 SR 45 5.1 先中

G430 MAX・G430 LSTドライバー、G430ハイブリッドの実物映像を確認!

G430シリーズのゴルフクラブの実物映像が、SNSで確認されています。

公式と言える情報は、適合リストのソール側からのモノクロ映像のみのため、今回の実物映像は、デザイン・カラーリングなど、より細かいポイントが明らかになっています。

G430のドライバーの実物映像

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gappy Hilmore(@allgolfequipment)がシェアした投稿

PINGのG430シリーズの実物映像が、SNSで確認されています。

それ以前にも映像が出ていたものの、塗り潰し部分が多かったことから、本物かどうかも確認が難しいものでしたが、今回は、複数のゴルフ系メディアのインスタグラムで、はっきりと捉えた映像が出ています。

適合リストに掲載されている内容とも一致するようですので、実物とみて間違いないでしょう。

映像で捉えられたのは2機種

今回のSNS投稿で確認されたのは、以下の2機種です。

  • G430 LSTドライバー
  • G430 MAXドライバー

適合リストでは、G430 SFTドライバーの存在も確認されています。

G430シリーズのドライバーのラインナップは、G425シリーズと全く同じで、MAX、LST、SFTの3機種となるようです。

大きな変更が無いことから、425から5つだけカウントアップの430という名前なのかもしれません。

G430のハイブリッドの実物映像

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gappy Hilmore(@allgolfequipment)がシェアした投稿


こちらは、G430のハイブリッドです。

4番22°が映し出されていて、前作となるG425の同スペックのものと並べた映像も投稿されています。

適合リストで確認されているモデル

適合リストでは、ドライバーからアイアンまで掲載されています。

  • G430 MAXドライバー
  • G430 LSTドライバー
  • G430 SFTドライバー
  • G430 MAXフェアウェイウッド
  • G430 LSTフェアウェイウッド
  • G430 SFTフェアウェイウッド
  • G430ハイブリッド
  • G430アイアン

G425シリーズと比べると、アイアン型ユーティリティのG430クロスオーバーが確認されていません。

クロスオーバーはPING契約プロも使用していますし、アイアン型ユーティリティが無いということは考えにくいので、発売時期は遅れる可能性はあるものの、しっかり発売されるものと思います。

PING G430が商標登録されている!G430ドライバー

PINGのG430に関する情報が出て来ましたので、取り上げます。

PING G430

PINGのGシリーズは、G400、G410、G425と、G400からカウントアップされた名称で後継がリリースされています。

G410からは、何故かG425と半端な数字になりましたが、この理由はPINGから特に説明はないようです。

次のモデルについては、G430、G435などが推測されますが、G430となることはほぼ間違いないようです。

と言うのも、「G430」という名称が、商標登録されていることが分かったためです。

メーカーは、新製品を出す時、一般的な名詞ではない商品のばあい、商標登録を行います。

これは、同名の商品が他社から発売されないようにすることが主目的で、同じ名前の商品が存在しないことを確認する作業も、商標を気にする意図に含まれています。

カーステン マニュファクチュアリング コーポレーション

出願者を見ると、「カーステン マニュファクチュアリング コーポレーション」となっています。

「PING」じゃないの?とお思いの方もいると思います。

カーステンというのは、PINGの創業者が「カーステン・ソルハイム」の名前です。

ということで、「カーステン マニュファクチュアリング コーポレーション」は、カーステン製造会社という意味になりまして、PINGそのものの会社です。

G430シリーズについて

出典:TESS

G430シリーズについて、現在、確認できる情報は上記の商標のみとなります。

まだ、クラブの映像やテクノロジーなどの情報は、海外サイトを調べても、何も出てきていません。

G425の発売から時間も立っていますので、そろそろG430に関する情報が出ても良い頃合いではあります。

クラブの種類としては、従来通り、ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド、クロスオーバー、アイアンがリリースされるのではないかと思います。

渋野日向子は、未だにG410 PLUSドライバーを使っていて、G425のドライバーは合わないようなので、G430ドライバーに期待しているかもしれません。

渋野日向子 クラブセッティング・プロフィール・スイング動画

PING G400からG410 PLUSドライバーへの移行で注意したい3つのポイント!