M5アイアンとM6アイアンの違いを徹底解説!

テーラーメイドの2019年のMシリーズからは、M5アイアンとM6アイアンの2種類のモデルが発売されています。

この2つのモデルについて、どのような特徴、どのような違いがあるかを取り上げます。

M5アイアンとM6アイアンの関係

M5アイアンとM6アイアンは、2019年のMシリーズから発売のモデルです。

M5アイアンはコンパクトで操作性があり、M6アイアンは飛距離と寛容性に優れています。

スピードブリッジ、スピードポケットはどちらも搭載

出典:https://www.taylormadegolf.jp/m5-m6-irons-jp.html

M5、M6アイアンは、バックフェースに斜めのリブ構造が設けられたユニークな形状をしています。

スピードブリッジと呼ばれるこの構造が採用されることで、スピードポケットの搭載や薄肉フェースの実現が可能となっています。

この辺りの主要なテクノロジーは、M5、M6アイアンの双方に搭載されています。

M5の方がヘッドはコンパクトで操作性が高い

左がM5アイアン、右がM6アイアンです。ヘッドはM5アイアンの方がコンパクトに仕上がっていて、弾道を操作したい方に好まれる形状です。

軽量化のために設けられたホーゼルの凹みについても、M5アイアンはアドレスした時に見える部分は削られていませんので、違和感なく構えやすくなっています。

対して、M6アイアンの方は360°削られていますので、外観よりも軽量化による最適重心を重視した形になっています。

M5アイアンはトゥ側にタングステンウェイトを搭載

出典:https://www.taylormadegolf.jp/m5-m6-irons-jp.html

M5アイアンはトゥ側にタングステンウェイトが搭載されています。慣性モーメントを大きくする効果がありますので、コンパクトなヘッドシェイプでありながら、やさしさを高めた重心設計となっています。

M6はグースがあり、しっかりボールがつかまえられる

ネック形状を比較してみると、左のM5アイアンはオフセットが少ないですが、M6アイアンはFPが小さくグースが効いた形状で、ボールをしっかりつかまえやすくなっています。

M6アイアンは、しっかりつかまることで、右へのミスが出にくく、飛距離が出やすくなっています。

一方、M5アイアンは、ストレートに近いネック形状ですので、イメ―ジした弾道を実現しやすくなっています。

トップブレードもM6の方が厚めで、オフセンターヒット時のミスをより小さく抑えてくれます。

ソールはM6の方が厚い


ソールは右のM6アイアンの方がかなりしっかりとした形状になっています。

低重心に加え、深重心となっていますので、打点のバラツキに対して、強さを発揮してくれます。

M6アイアンの方がストロングロフト

7番アイアンのロフト角を比較すると、M5アイアンは30°で、アスリート向けほどではありませんが、アベレージ向けよりは寝ていますので、調度中間的で、セミアスリート向けです。

M6アイアンは28.5°となっていますので、この時期のアベレージ向けとしては標準的なロフト設定です。もちろん一昔前のアイアンと比べれば、随分とストロングロフトにはなっています。

M5アイアン・M6アイアンの試打・評価

M5アイアン、M6アイアンの試打・評価については、別記事にまとめてありますので、リンクを載せておきます。

M5アイアン 試打・評価・徹底解説

M6アイアン 試打・評価・徹底解説

「M5アイアン・M6アイアン」関連のおすすめ記事

M6アイアンとM4アイアンの違いを徹底解説!

 

M5・M6フェアウェイにROCKETモデルがある!?

テーラーメイドのM5 ・M6 ROCKETについて取り上げます。

M5・M6フェアウェイのROCKETとは!?

テーラーメイドのM5、M6シリーズのフェアウェイウッドは、日本ではM5フェアウェイウッド、M6フェアウェイウッドの2種類が発売されています。

USモデルではここにドローモデルのM6フェアウェイウッド D-TYPEが加わり3種類となっています。

では、M5 ROCKET、M6 ROCKETとはどういったモデルか?実は、新たなモデルがあるわけではなく、ROCKETは、M5フェアウェイウッド、M6フェアウェイウッドの中の一つの番手です。なお、日本モデルではROCKETはなく、USモデルとなります。

ROCKETは3番より上の番手

出典:https://www.taylormadegolf.com/

こちらはUSサイトのM5、M6フェアウェイウッドのスペック表です。3番の上にROCKET 3という番手があります。これがM5 ROCKET、M6 ROCKETと言われているものです。

前作のM4フェアウェイでは、3HL、5HLといった、ロフトが寝た番手がありましたが、ROCKET 3は反対にロフトが1°立った14°となっています。

M5の方ではヘッド体積が公表されていまして、通常の3番と同じ161ccです。ロフトを立たせ、より前方向にエネルギーが消費され力強い弾道で飛ばそうというモデルです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

premiumgolfclubさん(@premiumgolfclub)がシェアした投稿

こちらがM5フェアウェイウッドのROCKET 3です。ネック部分の番手表記には、しっかりとROCKETと記載されています。

ノーマルな3番と見比べてみても、調整機能やヘッドに記載されているテクノロジーの文言にも違いはないようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

premiumgolfclubさん(@premiumgolfclub)がシェアした投稿

こちらがM6フェアウェイウッドのROCKET 3です。ツイストフェース、スピードポケットが搭載され、ノーマルな3番と搭載されているテクノロジーに違いはないようです。

M5・M6フェアウェイウッド ROCKET 3の入手方法

M5・M6フェアウェイウッドのROCKET 3はUSモデルのみで用意されている番手となります。入手する場合は、USモデルを購入する形になります。

USモデルといっても、日本語のUSモデル専門サイトから簡単に購入することができます。歴史があり、安心感があり、おすすめなのはフェアウェイゴルフUSAさんです。



スピン量の少ないドライバー!おすすめランキング

ドライバーの飛距離とスピン量の関係

ドライバーに限らず、飛距離を決める要素は大きく3つあります。「ボール初速」、「打ち出し角」、そして、「スピン量」です。スピン量とはバックスピンの回転数のことで、ゴルフでは主にrpm(rotations per miute)という1分間当たりの回転数で定量的に語られます。

POINT

  • 飛距離の3要素は、ボール初速、打ち出し角、スピン量

スピン量が飛距離アップに何故重要か?!

先ほど、スピン量が飛距離の3要素の一つであることは紹介しました。ボールが飛んで行くときに、回転の有無・方向により弾道が変わってきます。横回転があるとスライス・フックになりますが、ここでは縦回転に絞ります。

ゴルフクラブでボールを叩いて飛ばすとバックスピンがかかります。バックスピンはボールに揚力を与える方向に寄与しますので、回転が無い場合よりも飛距離がアップします。

しかし、回転が多すぎるとボールが上がり過ぎてしまって、飛距離をロスしてしまいます。いわゆる「吹け上がる」という状態です。

POINT

  • バックスピンにより飛距離が伸びるが、多すぎると吹け上がる

反発性能にルール限界値があるため、スピン量が注目されている

ドライバーショットでの最大の関心事の一つが飛距離です。ゴルフクラブの側からみると、反発性能についてはルールが定められていますので、飛距離をアップさせる手段は絞られてきます。その中で注目されているのがスピン量です。

出典:https://www.tutelman.com/golf/design/swing3_.html

こちらのサイトで興味深いデータが紹介されています。ボール初速73.8m/s(ヘッドスピード49.2m/s)、打ち出し角10°でボールを飛ばした場合の飛距離のグラフです。

赤い線はバックスピンが無いケースで、極端に飛距離が少なくなっています。残りの3本の飛球線はバックスピンがあるケースです。飛距離は大きく伸びていますが、多すぎても少なすぎても飛距離ロスが生じていることが分かります。

一般に、スピン量が多いゴルファーが大半と考えられますので、低スピンを特徴としてモデルが増え、飛距離アップを図りたいゴルファーに注目されています。

スピン量の少ないドライバー!おすすめランキング

スピン量が少ないドライバーについて、おすすめのモデルをランキング形式で紹介します。

第1位 キャロウェイ EPIC FLASH サブゼロドライバー

キャロウェイのドライバーはノーマルモデルとは別に、上級者向けのサブゼロモデルがリリースされています。ソールの前側にもスクリューウェイトが搭載されていて、重心が浅く設定されています。

浅重心設計によりスピン量が抑えられますので、低く強い弾道が特徴のモデルとなっています。1位に選んだ理由は、調整機能の自由度の高さです。スクリューウェイトが交換可能で重心を調整で、スリーブでロフト設計が行え、そして、ソール後方のスライディングウェイトにより左右のウェイト調整も行えます。

EPIC FLASHサブゼロドライバー 試打・評価・徹底解説

なお、より低スピンを求めるゴルファーには、ツアーバージョンの更に低スピンのモデルが数量限定でリリースされています。2種類のツアーバージョンの内、EPIC FLASH サブゼロドライバー ダブルダイヤモンド◆◆の方が低スピン性能を高めたモデルとなっています。

EPIC FLASHのツアーバージョン、ダブル/トリプルダイヤモンドを発売!

EPIC FLASH サブゼロ ツアーバージョン ダブル・トリプルダイヤモンドの違い

第2位 テーラーメイド M5ツアードライバー

テーラーメイドのMシリーズは、上級者向けとアベレージ向けが発売されています。そして、上級者向けのM5ドライバーは、更にツアーモデルというヘッドサイズが小ぶりなM5ツアードライバーが発売されています。

M5ドライバーも低スピン性能に優れていますが、M5ツアードライバーは、ヘッドサイズが25cc少ない435ccで重心が浅くなっていますので、より低スピンで飛ばすことができます。

M5ドライバー 試打・評価・徹底解説

第3位 PING G400 LSTドライバー

G400 LSTドライバーは、PINGから発売されているG400シリーズの低スピンタイプのドライバーです。一つ新しい世代のG410シリーズからLSTモデルが発売されるという情報が米国でリリースされましたが、当記事執筆時点ではまだ市場に出ておらず、試打・評価がありませんので、1世代までのG400 LSTを取り上げました。

G400はLST以外にもSTD、SFT、MAXがありますが、特にLSTは高さを抑えた強い弾道が特徴で、多くのゴルファーから支持されているモデルです。

G410 LSTドライバーについては、下記記事をご覧ください。

PING G410 LSTドライバー 最新情報 その1

「おすすめドライバー」関連記事

中級者向けのドライバー 2019年!おすすめランキング

初心者向けのドライバー 2019年!おすすめ3種【初心者必見版】

 

M5フェアウェイウッド 試打・評価・徹底解説

テーラーメイドのM5フェアウェイウッドについて取り上げます。

テーラーメイド M5フェアウェイウッド

テーラーメイドの2019年のMシリーズのフェアウェイウッドは、M5とM6がリリースされています。本投稿で取り上げるM5フェアウェイウッドは、前年に発売されているM3フェアウェイウッドの後継モデルに位置づけられます。

同時に発売されているM5とM6では、M5フェアウェイウッドがアスリートゴルファー向け、M6フェアウェイウッドはアベレージゴルファー向けと言われています。

POINT

  • M5フェアウェイウッドは、アジャスタブル機能を搭載したアスリート向けモデル。
  • M6フェアウェイウッドは、高い寛容性を有したアベレージゴルファー向けモデル。

フェアウィウッドに初めてツイストフェースを搭載!

今回のMシリーズの大きな特徴の一つが、フェアウェイウッドとレスキューにもツイストフェースが搭載された点です。

前作ではドライバーのみの搭載でしたので、ツイストフェースの搭載範囲を広げてたきたということは、テーラーメイド社としてツイストフェースに自信を持っていることの現れと言えるでしょう。

出典:https://www.taylormadegolf.jp/m5-m6-fairway-rescue-jp.html

ツイストフェースについては、既にご存知の方も多いと思います。通常のフェースはバルジとロールというセンターを頂点とするきれいな曲面です。しかしい、ツイストフェースは、フェースを捩じるという全く新しい手法を取り入れ、2018年のゴルフ業界を驚かせました。

そもそもバルジとロールもギア効果により弾道をセンターに戻す効果がありますが、ツイストフェースは、打点がハイトゥ・ローヒールにバラつくという傾向に対処してくれます。

ヘッドの軽量化が進み、より大きな調整ウェイトを搭載!

出典:https://www.taylormadegolf.jp/m5-m6-fairway-rescue-jp.html

M5、M6ではマルチマテリアルの手法が効果的に機能し、ヘッドの軽量化が進んでいます。これにより、大きな余剰重量が生みだされ、スライディング・ウェイトがより大きくなり、重心調整のレンジが広がっています。

ウェイトには65gと重量が記載されていまして、手にするとかなりの重さが感じられます。

こちらはM5と前作のM3を並べた画像です。ウェイトのパーツの大きさがぐっと大きくなっている様子が確認できます。

スピードポケットも引き続き搭載ている!

ツイストフェースの搭乗前にテーラーメイドの代名詞的なテクノロジーであったスピードポケット。公式ページではM5にはスピードポケットの言及がありません。

しかし、ソールをみると明らかに溝と思われる構造がありますので、M5もスピードポケットを引き続き搭載しています。

追記:こちらの資料にはM5フェアウェイにスピードポケットが搭載されているとの記述がありました。http://tmag8624.jp/tm_japan/doc/190111_M5M6.pdf

M5フェアウェイとM6フェアウェイの大きな違いは調整機能!

同時に発売されているM5とM6の大きな違いは、調整機能です。M5の方はソールにウェイト調整機能、ネックにロフト調整機能がありますが、M6には搭載されていません。

M5フェアウェイウッドの試打・評価・動画

M5フェアウェイウッド トラックマン試打


ウェイトを移動して試打しています。ウェイトを外す様子も紹介されていますので、調整機能についても良くわかります。

M5、M6とEPIC FLASHのフェアウェイウッドを試打


こちらもウェイトを移動して試打していますので、重心調整の効果を見ることができます。

4大メーカーのフェアウェイウッドを試打

PING、キャロウェイ、タイトリスト、テーラーメイドのフェアウェイウッドを打ってみて解説しています。

M5フェアウェイウッドのスペック

番手 3 5
ロフト角 15° 19°
ライ角 56.5° 57°
ヘッド体積 142cc 132cc
標準シャフト FUBUKI TM6 2019
長さ 43.25インチ 42.25インチ
フレックス S/SR

番手は3番、5番の2種類が用意されていて、ロフトは15°、19°です。前作のM3と番手ラインナップ、ロフト設定は同じです。M6との違いとしては、7番が無いこと、シャフトフレックスにRが無いことが挙げられます。

M5フェアウェイウッドの販売価格と発売日

M5フェアウェイウッドの発売開始日は2019年2月15日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは4種類あります。

  • FUBUKI TM6 2019(S、SR): ¥48,000+税
  • Tour AD VR-6(S):¥67,000+税
  • Speeder 661 EVOLUTION Ⅳ(S):¥67,000+税
  • Diamana DF60(S):¥67,000+税

 

M5アイアン 試打・評価・徹底解説

テーラーメイドのM5アイアンについて取り上げます。

テーラーメイド M5アイアン

テーラーメイドの2019年モデルとして発売されているMシリーズから、M5アイアン、M6 アイアンの2種類が発売されています。前年に発売されているM3、M4アイアンの後継モデルとして位置づけられています。

M5アイアンは中・上級者向け、M6アイアンはアベレージ向け

M5アイアンとM6アイアンは、特性・ターゲットゴルファーが異なっていて、M5はが中級者・上級者向け、M6はアベレージゴルファー向けと言われています。

両モデルの概要説明を見てみますと、アスリート・アベレージを分ける際の常套句、操作性と寛容性が分かりやすく使われています。

  • M5アイアン:爆発的な飛距離性能+ 高い操作性
  • M6アイアン:爆発的な飛距離性能+ 高い寛容性

M5アイアンが中・上級者向けと言われていますが、ツアープロに好まれて使われるまでには至っていません。バックフェースやソールの形状は、よくみるツアー向けのシンプルなものとは異なっていますので、筆者としては中級者向けといった方が適切なように感じています。

M5アイアンもスピードポケットを搭載!

M5アイアンの公式ページにはスピードポケットに関する言及が殆どありませんが、構造を見るとソールにしっかり溝が施されています。

スピードポケットの効果については、これまでモデルにより表現がまちまちですが、M6アイアンと同じと考えれば、オフセンターヒット時のミスの許容性を高めてくれます。

新構造のスピードブリッジ

出典:https://www.taylormadegolf.jp/m5-m6-irons-jp.html

M5アイアンにもバックフェースに斜めのリブが掛けられ、ヘッドの剛性が高められています。

ヘッドの強度が増していることで、貫通型スピードポケット、フェースの薄肉化の導入が可能となっています。

タングステンウェイトを搭載

M5アイアンならではの特徴として、ソールのトゥ側にタングステンが搭載されています。これにより、打感を損なうことなく飛距離性能が高められています。

フェーススロットはM5でも廃止されている

M2アイアン、M4アイアンでは、スコアラインの両脇にフェーススロットと呼ばれる縦の溝が施されていました。

ちなみにM3・M4アイアンではフェーススロットの役割についてこのように述べられています。

「フェーストゥ側およびヒール側に設けられたスロットが、ミスヒットした場合の初速ダウンを食い止め、高い反発力を発揮」
引用:https://www.taylormadegolf.jp/m3-m4-irons_jp.html

M5アイアンでは、貫通型のスピードポケットとスピードブリッジで補っているのかもしれません。

ネック形状はすっきりしている

こちらはネック部分を上からみた画像で、左がM6アイアン、右がM5アイアンです。M6アイアンと比べると、M5アイアンはグースが殆どなくすっきりしています。勝手につかまりすぎず、意図した通りの弾道が繰り出せそうな形状となっています。

ソール形状

こちらはソールの形状を比較したもので、左がM6アイアン、右がM5アイアンです。M5アイアンの方が後方へのソールの出っ張りが少なく、フェース厚も薄く見えます。

ブレード長も1cm短くなっていますので、より小振りなすっきりした形状でM6アイアンよりも操作性が高くなっています。

実際、ロフト角についてもM5の方が2°ほど寝ていますので、M6よりも操作性を重視されたスペックとなっています。

M5アイアンの試打動画

M5アイアン・M6アイアンの試打・解説

M5、M6、P760アイアンを試打して解説されています。M5、M6アイアンを使用しているプロがいない話は興味深いです。

M5アイアン・M6アイアンを比較

M5、M6形状の違い、球の上がりやすさ等、試打した感想が参考になります。

M5アイアンのスペック

番手 #4 #5 #6 #7 #8 #9 PW AW SW
ロフト角 19.5 22.5 26 30 34.5 39.5 45 50 55
ライ角 60 60.5 61 61.5 62 62.5 63 63 63.5
NS PRO930GH 39 38.375 37.75 37.25 36.75 36.25 35.75 35.75 35.5
DynamicGold 38.75 38.125 37.5 37 36.5 36 35.5 35.5 35.25

クラブセッティングは、4~9、P、A、Sです。セット販売は5~9、Pの6本で、その他は単品購入となります。

前作であるM3アイアンと比べるとロフト角が0.5°たっていますので、ややストロングロフト化しています。M6アイアンと比べるとロフトが2°ほど寝ています。

M5アイアンの販売価格と発売日

M5アイアンの発売開始日は2019年2月15日です。メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは2種類あります。

  • NS PRO930GH(S)
    6本セット(5~P):108,000円
    単品(4、AW、SW):18,000円
  • DynamicGold(S)
    6本セット(5~P):108,000円
    単品(4、AW、SW):18,000円