テーラーメイド P790アイアン 2021の最新情報!前作よりも弾きが強い!

テーラーメイドから発売のP790アイアン 2021年モデルについて取り上げます。

P790アイアン 2021の外観と特徴

2021年に発売のP790アイアンは、2回目のリニューアルとなります。

初代が2017年に発売されていて、2代目が2019年。今回の2021年モデルは3代目ということになります。

こちらは前作となる2019年モデルと比較したもので、左が2021年モデルで右が2019年モデルです。

実は2019年モデルと2017年モデルは、外観が非常に良く似ていたため、一目で違いが分かりにくいほどでしたが、その点が考慮されたためか、2021年モデルはバックフェースのデザインがシンプルになっていて、違いがよく分かります。

P7MBアイアンやP770アイアンとも似ていまして、中空アイアンでありながら、マッスルバックにも見えるぐらい、すっきりとしています。

バックフェースのデザイン以外で、外観の違いで注目したいのは、ネック部分とトップラインです。

2021年モデルはグースが入っていて、しっかりボールをつかまえやすくなっています。

トップラインについては、790という数字そのものがブレード長(横方向の長さ)を表していますので、大きさに違いはありませんが、厚みがあるように見えます。

進化の方向としては、やさしい方向にシフトしていると言えます。

引用:https://www.taylormadegolf.jp/taylormade-irons/New-P790-%28%2721%29-%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3/DW-JJC69.html

テクノロジー面での大きな変化としては、スピードフォームが従来比69%もの軽量化が図られていて、名称も新たにスピードフォームエアーが搭載されています。

打感・打音の向上、そして、寛容性のアップが図られています。

フェース面は、前作の2019年モデルでも薄肉化が図られていますが、2021年モデルではテーラーメイド史上最薄の1.5mmになっていて、飛距離性能が高められています。

特にL字型のフェースになっていますので、貫通型スピードポケットとの相乗効果により、フェースの下目でのヒットに強さをは発揮してくれます。

P790アイアン 2021のスペック

番手 3 4 5 6 7 8 9 PW
ロフト角 19 21 23.5 26.5 30.5 35 40 45
ライ角 60.5 61 61.5 62 62.5 63 63.5 64
長さ 39 38.5 38 37.5 37 36.5 36 35.75

前作と比べて、ロフト角、長さは変更がありません。ただし、ライ角は0.5°アップライトになっています。

P790アイアン 2021のシャフト

シャフト 硬さ 重量 トルク 調子
MODUS3 ツアー105 S 106.5g 1.7
950GH neo S 98g 1.7

公式サイトに掲載されているシャフトは、NSプロの950GHneo、MODUS3 ツアー105の2種類です。

前作ではダイナミックゴールドの120 VSSが掲載されていましたが、2021年モデルではNSプロのみとなっています。

NEW P790アイアン 2019の発売日・発売価格

P790アイアン 2021年モデルの発売日は、2021年9月4日が予定されています。

  • NSプロ950GH neo装着
    6本セット(5~PW):181,500円
    単品(3、4):30,250円
  • NSプロ MODUS3 105装着
    6本セット(5~PW):181,500円
    単品(3、4):30,250円

テーラーメイド P790アイアン 2019の最新情報!前作よりも低重心!

テーラーメイドから発売のP790アイアン 2019年モデルについて取り上げます。

NEW P790アイアンの外観と特徴

P790アイアンは前作の発売から2年振りのリニューアルとなります。モデル名の790はブレード長を表していまして、今作では特に言及はありませんが79mmのままで、P7系の中で最もトップブレードが長いアイアンです。

※左は2019年モデル、右は2017年モデル

ちなみに、前作と並べてみたのが上の写真で、左が2019年モデル、右が2017年モデルです。形状はほぼ一緒で、ぱっと見では殆ど違いが分かりませんが、2019年モデルの方はトゥ側のタングステンウェイトが視認できます。

前作と比べて、フェース厚が1.75ミリから1.6ミリに薄くなっています。3~Pまで中空構造が採用されていますが、よりすっきりとしたフォルムになっています。

出典:https://www.taylormadegolf.jp/newsRelease_2019.html/newsRelease_2019.html

ヘッド内部には、SPEEDFOAM充填剤が入っています。最近のアイアンは、フェース裏に減振材・クッション材が用いられることが多く、打感と打音を高めたモデルが増えています。P790アイアンも中空構造ですが、打音・打感が向上しています。

前作よりも低重心となっていますので、球があがりやすくなっています。

3~7番ばで、貫通型スピードポケットが採用されていますので、打点のブレに対して強さを発揮し、フェース下部でヒットしたときの飛距離の低下を抑えてくれます。

NEW P790アイアンのスペック

番手 3 4 5 6 7 8 9 PW
ロフト角 19 21 23.5 26.5 30.5 35 40 45
ライ角 60 60.5 61 61.5 62 62.5 63 63.5
長さ 39 38.5 38 37.5 37 36.5 36 35.75

前作とロフト角は変わりませんが、概ね0.25インチ長尺になっています。7番のロフト角は30.5°でツアー系アイアンとしては、ややストロングロフトの部類に入ります。

NEW P790アイアン 2019の発売日・発売価格

P790アイアン 2019年モデルの発売日は、2019年9月13日が予定されています。

  • Dynamic Gold 120 VSS装着
    6本セット(5~PW):156,000円+税
    単品(3、4):26,000円+税
  • NSプロ MODUS3 105装着
    6本セット(5~PW):165,000円+税
    単品(3、4):27,500円+税

P790・P760・P730、P700シリーズアイアンを徹底比較!

テーラーメイドから発売されているP700シリーズアイアンについて、特徴や違いを取り上げます。

P700シリーズアイアンについて

P700シリーズアイアンは、アスリート向けのアイアンで、テーラーメイドの公式ページでは、現在、P790 、P760、P730の3種類が掲載されています。この他、P770やP750も存在します。数字が大きいほどヘッドサイズが大きくなり、やさしくなっています。

それぞれのモデルについて、英語で下記のような表現がなされています。

  • P790:Forged Distance、ブレード長79mm
  • P760:Forged Performance、ブレード長76mm
  • P730:Forged Tour、ブレード長73mm

全てフォージドで、P790は飛距離がうり、P730はツアープロ向け、P760は中間的といったところでしょう。

7番のロフト角比較

飛距離性能かコントロール性能かを測る上で、一つの目安になるのがロフト角の違いです。7番アイアンのロフト角は以下のようになっています。

モデル ロフト角
P790 30.5°
P760 33°
P730 35°

大凡2°ぐらいの違いがありますので、P790はより飛距離を重視したアイアン、P730はブレード長も最も短く、コントロールを重視したアイアンです。

P790アイアンの特徴

P790アイアンは中空構造となっています。PINGのi500やG700を思わせるような中空ならではの形状で、ソールに掛けて傾斜が入り厚さをリニアに増しています。

最大の特徴は、スピードフォームと呼ばれる充填剤がヘッド内部に入っているため、中空による弾きだけでなく、打感のマイルドさも実現されています。

出典:https://www.taylormadegolf.jp/p790-irons-p-series.html

ソールには貫通型のスピードポケットが施され、さらに、ヘッドのトゥ側にはタングステンウェイトが搭載されています。低重心化と寛容性の高さが特徴となっています。

番手 3 4 5 6 7 8 9 PW AW
ロフト 19 21 23.5 26.5 30.5 35 40 45 50
ライ角 60.5 61 61.5 62 62.5 63 63.5 64 64
長さ 38.75 38.25 37.75 37.25 36.75 36.25 35.75 35.5 35.5

クラブセッティングは3~9、PW、AWの9本となっています。7番が30.5°ですので、最近のアベレージ向けアイアンと比べるとストロングロフトとは言いにくいですが、アスリート向けとしてはロフトが立っている部類になります。

P760アイアンの特徴

P760アイアンもP790アイアンと同じく中空構造となっています。ただし、スピードフォームの注入は3~7番までとなっています。

タングステンウェイトはP760にも搭載されていて、フェースの周辺部が僅かに肉厚になっていますので、シビアなマッスルバックとは違って、やさしさもある程度意識されたモデルです。

P790と比べると、ソールはやや薄くなっています。そして、ネックもストレートに近くなっていて、グースはほぼありません。

何より大きな違いは、スピードポケットが搭載されていないことです。この点から、P760は飛距離を最重視したモデルとは一線を画したモデルと言えます。

番手 3 4 5 6 7 8 9 PW
ロフト角 19.5 22.5 25.5 29 33 37 41.5 46
ライ角 60 60.5 61 61.5 62 62.5 63 63.5
NSプロ
MODUS3 105
39 38.5 38 37.5 37 36.5 36 35.75
Dynamic
Gold
38.75 38.25 37.75 37.25 36.75 36.25 35.75 35.5

クラブセッティングは3~9、PWの8本となっています。

P730アイアンの特徴

P730アイアンは全番手で1ピース軟鉄鍛造となっています。形状はマッスルバック。打感と反応性と求めるツアープロのためのアイアンです。

ローリー・マキロイ、ダスティン・ジョンソン、ジャスティン・ローズといった錚々たる顔ぶれからのフィードバックが反映されたアイアンです。ブレード長も73mmと最も短く、小振りなヘッドです。

ゴルフボールの最小サイズが42.67mmですから、アドレスしたらヘッドが更に小さく感じそうです。

フェース上部は薄く、ネックはストレート。ソールの薄く、ダウンブローに打ち込んでも抜けが良さそうです。

番手 3 4 5 6 7 8 9 PW
ロフト 21 24 27 31 35 39 43 47
ライ角 60.5 61 61.5 62 62.5 63 63.5 64
Dynamic
Gold
38.75 38.25 37.75 37.25 36.75 36.25 35.75 35.5

クラブセッティングは3~9、PW、AWの7本となっています。7番が35°とツアーアイアンらしいスペックです。