【さくらのレンタルSV】モジュール版PHPに切り替えられないケースがある!WordPressの高速化

さくらのレンタルSVで、PHPのバージョンを上げて、CGIモードからモジュールモードに切り替えると、劇的に高速化されます。

しかし、契約によってはモジュール版を利用できないことがあります。

この件について、詳しく取り上げます。

WordPressはPHPのバージョン・モードを変えると高速になる

WordPressでブログ運営していると、気になることの一つが表示スピードです。

特に、重たい画像が多かったり、プラグインが多いと、スピードは遅くなりがちです。

特にプラグインについては、便利で外せないものも多々あり、スピードダウンの大きな要因となります。

WordPressのスピードアップの方法として、一つ忘れてはならないのは、PHPの設定です。

WordPressは、PHP+MySQLにて動いていまして、プログラムの実行環境であるPHPの設定がスピードに大きく関与します。

特に、PHPはバージョンがあり、数字が上がるほど性能が良くなっていますので、処理スピードも速くなります。

また実行モードをCGIからモジュールに切り替えると、これもスピード改善となります。

さくらのレンタルサーバーでは、モジュール版が使えないことがある

ブログを運営されている方は、レンタルサーバーを利用されているケースが多いと思います。

そして、人気のレンタルサーバーは、Xサーバーとさくらインターネットの2つがかなり多いと思います。

さくらインターネットでは、PHPのバージョンアップ、モードの切り替えに対応していますが、契約によっては、モードの切り替えが行えない場合があります。

プラン CGIモード モジュールモード
ライト ×
スタンダード
但し、SV番号が以下に限られる。
www202 ~ www780、www1901 ~ www2100、www3701以降
※対象SVは拡大予定
プレミアム
※ PHP7以上で利用可能
ビジネス
※ PHP7以上で利用可能
ビジネスプロ
※ PHP5.2、5.3、5.4、5.6、7以上で利用可能
マネージド
※ PHP5.2、5.3、5.4、5.6、7以上で利用可能

※引用:https://help.sakura.ad.jp/360000208581/

上記の表は、さくらのヘルプサイトの内容を元にしたものです。プレミアムより上位の契約では、問題無くモジュールモードが使えると言って良いでしょう。

モジュールモードが完全に使えないのはライト、条件があるのはスタンダードです。

まずライトについてですが、モジュールモードが利用できないとう事実は間違いないのですが、そもそもMySQLが利用できませんので、WordPress自体が使えず、高速化云々の話として対象外となります。

次にスタダードですが、使える人、使えない人に分かれます。使える人、使えない人は、ご自分のSV番号により判別することができます。

(SV番号による識別と同義だと思いますが、2018年4月17日以前に契約している人は、使えない方に該当するという情報もあります。)

筆者の契約の中にも、使えない側の方がありました。

スタンダードでモジュール版が使えない場合の対処方法

不幸にもモジュール版を使えないサーバーを利用している方で、どうしてもPHPのモジュール版に切り替えたいという方もいると思います。

その場合は、以下の方法になります。

(1)サーバーを引っ越しする

新規で契約をして頂き古いサーバからの引越し作業をお願いしております。

引用:https://knowledge.sakura.ad.jp/20999/

さくらインターネットによる説明では、引っ越ししてくださいとのことです。

かなり残念な解決方法ですが、仕組みを考えると致し方ないというか、そうなりますね。

まだお金を積んで解決する方法があれば良いのですが。。。

DBも引っ越しが必要ですし、ワードプレスのプログラムもファイル数がやたらと多いので、気軽に行えるものではないですね。

(2)OSバージョンアップを待つ

先程の(1)の方法は、完全にモジュール版を利用できる方法ですが、こちらは完全ではありません。

と言いますのも、さくらインターネットによるサーバーのOSバージョンアップ等のメンテナンスを待つ方法だからです。

機器更新のタイミングでサーバがリプレイスされる場合があり、その際はモジュール版PHPが利用できるようになる可能性があります

引用:https://knowledge.sakura.ad.jp/20999/

さくらインターネットの説明でも、「可能性がある」と弱めの記述になっていますので、待てば必ずとは書いてありません。現実的には長い目でみれば必ずリプレースやOSアップデートはあるんでしょうけど。

PHPのバージョンが低い設定のままの方は、5→7に挙げると2~3倍の高速化となるとのことですので、まずはこちらを確認してみましょう。

まとめ

WordPressを高速にする方法の一つ、PHPのモジュール版について、さくらインターネットで「モジュール版を利用できるケース」「モジュール版を利用できないケース」について取り上げました。

高速化は、モジュール版にする以外にも、PHPのバージョンアップ、画像サイズの見直し、プラグインの選別も、とても重要な要素です。

モジュール版への切替に限らず、上記の点についても、是非、チェックしてみてください。