ローグSTの全ドライバーを一挙紹介!MAX・MAX D・MAX LS・MAX FASTステルスPLUS・ステルス・ステルスHD

キャロウェイから2022年に発売のローグ STシリーズ。ドライバーは4機種のモデルが発売となっています。

ローグSTのドライバー4種について、スペック・発売日・発売価格について取り上げます。

ローグSTのドライバーは4機種

キャロウェイの2022年モデルは、ローグSTです。ローグは、2018年に発売のモデルで、その後継と言われている2020年のMAVRIKは、とても評価が高かったモデルです。

今回のローグSTも、ローグ、MAVRIKと同様に、スライダー式のウェイト調整機能が無いドライバーです。

発売されるのは、写真左から、ローグSTのMAX、MAX D、MAX LS、MAX FASTの4種類です。

4種類のドライバーの違いや詳しい特徴については、この後で取り上げます。

ソール後方にタングステンウェイトを搭載

ローグSTのドライバーでまず目に留まるのは、ヘッド後方の最深部に装着されているゴールドのパーツです。

「タングステン・スピード・カートリッジ」と呼ばれるこのパーツは、中に高比重のタングステンがウェイトとして入っています。

シャローなヘッドの深い位置に取り付けられることで、低重心・深重心が実現されています。

AIフェース、JAILBREAKも搭載

出典:callawaygolf.jp

AIデザインによるフラッシュフェース、ボールスピードを生み出すJAILBREAKは、前年のEPICに引き続き、今回のローグSTシリーズのドライバーにも搭載されています。

AIのアルゴリズムは年々進化していて、ローグSTに搭載されているフェースは、飛びの3要素であるスピン量、打出し角、ボールスピードを含めて設計されています。

ローグST MAXドライバー

特徴

  • A.I.デザインフェース
  • JAILBREAK A.I.スピードフレーム
  • タングステン・スピード・カートリッジ
  • アジャスタブル・ホーゼル

ローグSTシリーズドライバーのスタンダードなモデルで、飛距離と振りやすさが備わっています。

つかまり、球の上がりやすさは中程度で、クセが無くて、幅広いゴルファーに適合しやすいドライバーです。

スペック

  • ロフト角:9°・10.5°・12°
  • 体積:460cc
  • ライ角:59°
  • 長さ:45.5インチ

シャフト

  • VENTUS 5 for Callaway (S・SR・R)
  • Tour AD UB-5 (S)
  • SPEEDER NX 50 (S)
  • Diamana PD 50 (S)

ローグST MAX Dドライバー

特徴

  • A.I.デザインフェース
  • JAILBREAK A.I.スピードフレーム
  • タングステン・スピード・カートリッジ
  • アジャスタブル・ホーゼル
  • ソールウェイト(2g)

ローグST MAXドライバーのドローバイアスモデルです。ソール前方のヒール寄りに、スクリューウェイトが搭載されていて、ヘッドが返りやすくなっています。

スタンダードなMAXと比べて、球の上がりやすさも備わっていますので、つかまらない、球が上がらないという方に適しています。

スペック

  • ロフト角:9°・10.5°・12°
  • 体積:460cc
  • ライ角:60°
  • 長さ:45.5インチ

シャフト

  • VENTUS 5 for Callaway (S・SR・R)
  • Tour AD UB-5 (S)
  • SPEEDER NX 50 (S)
  • Diamana PD 50 (S)

ローグST MAX LSドライバー

特徴

  • A.I.デザインフェース
  • JAILBREAK A.I.スピードフレーム
  • タングステン・スピード・カートリッジ
  • アジャスタブル・ホーゼル
  • ヘッド体積は455cc

ローグSTシリーズドライバーの低スピンタイプのモデルです。前年のEPICに引き続いて、MAXでLSという高慣性モーメントで低スピンというレアな組み合わせのドライバーです。

弾道はややフェード、打ち出しの高さも抑えられ、スピン量も抑えられますので、思い切り叩きたいハードヒッターに好まれるドライバーです。

標準シャフトは、MAX、MAX DのVENTUSからTENSEIになり、その他のシャフトも重量クラスが50gから60gとなっています。

スペック

  • ロフト角:9°・10.5°
  • 体積:455cc
  • ライ角:57°
  • 長さ:45.5インチ

シャフト

  • TENSEI 55 for Callaway (S・SR・R)
  • Tour AD UB-6 (S)
  • SPEEDER NX 60 (S)
  • Diamana PD 60 (S)

ローグST MAX FASTドライバー

特徴

  • A.I.デザインフェース
  • JAILBREAK A.I.スピードフレーム
  • タングステン・スピード・カートリッジ
  • ソールウェイト(2g)

ローグST シリーズのドライバーの中で、唯一、軽量版のモデルです。MAX FASTはアジア市場向けのシリーズのため、ワールドモデルとしては提供がありません。

ソールにはローグST MAX Dドライバーと同じく2gのドローウェイトがヒール寄りに搭載されていて、球のつかまり性能を高めてあります。

4機種のドライバーの中で、クラブの軽さ、球の上がりやすさ、つかまりの良さの全てで、最も高い性能を発揮してくれます。

スペック

  • ロフト角:9°・10.5°・12°
  • 体積:460cc
  • ライ角:59.5°
  • 長さ:45.75インチ

シャフト

  • SPEEDER NX 40 for Callaway (S・SR・R)

まとめ

キャロウェイの2022年の新シリーズ「ローグST」のドライバー4種について取り上げました。

ローグST MAX FASTドライバーについては、つかまり、球の上がりやすさが最も優れていますが、クラブ重量が30gほど軽くなっていますので、重量が合うか合わないかをまず試されることをオススメします。

発売日は、2022年3月下旬です。

「SIM3」が発売されるのか調べたいが、「SIM」は検索しにくい

2022年モデルのステルスドライバーの最新情報は、下記記事をご覧ください。

ステルス ドライバーの画像を確認!

 

年末が近づくにつれ、外ブラ大手2社の2022年のニューモデルの情報が少しずつ出て来ることです。

大手2社とは、テーラーメイドとキャロウェイ。

キャロウェイの方は「ROGUE ST」の映像も出ていて、順番的にも2022年はEPIC系は休みで、ROGUE系になるのは予想通りです。

ROGUE STドライバー【2022年・キャロウェイの新作】

テーラーメイドの方はというと、SIM、SIM2と来てるので、SIM3をまず考えるところです。

そこで、SIM3の映像などが出てないか検索するわけですが、このSIM系が何とも調べにくい。

まず、SIMで検索すると、WEBの世界で圧倒的に強いのは、スマホのSIMです。SIMフリーの情報が溢れています。

そこで、SIMとdriverを組み合わせて検索するわけですが、これがまたdriverというのもIT用語で、device driverと呼ばれるデバイスを使えるようにするためのソフトのことを指します。

ですから、SIM+driverで検索すると、IT記事がずらーーーっと出て来るわけです。

まあ結局、SIM+driver+taylormadeで検索するわけですけど、この一手間が毎度となると、絶妙な面倒さ。

ついでにいうと、PINGもIT用語で、ピングという通信の性能や疎通を確認する手段のことを言いまして、非常に多様される単語なのを申し添えておきましょう。

その点、キャロウェイのMAVRIKは造語なので楽だった。

ステルス ドライバーの画像を確認!

 

ROGUE STドライバー 適合リストに大量掲載!【2022年・キャロウェイの新作】

ROGUE STシリーズのドライバーが 適合リストに大量掲載

キャロウェイの2022年モデルと言わさされていた「ROGUE ST」が適合リストに掲載されました。

掲載されればメディアが取り上げるのは分かっていますから、年明け早々に仕掛けてくるあたり、海外ブランドならではのプロモーションの上手さを感じさせますね。

キャロウェイのドライバーは、AI設計を採用してバリエーションを容易に増やせるためか、適合リストに掲載されるヘッドの数が半端ではありません。MAVRIKシリーズでは30件近くありました。

*出典:https://www.randa.org/

今回の「ROGUE ST」は、現時点で12件ありますので、リストもこのように長くなります。

なお、レフティーモデルも含まれての12件のため、ヘッドの種類で言うと7件となるようです。ただし、あくまで現時点での話です。

内訳としては、◆◆◆トリプルダイヤモンドのマークがあるものがほぼ半分となっていますので、プロ向けモデル3件、一般向けモデル4件ということになりそうです。

ROGUE ST 一般向けモデル(4種類)!?

一般向けに市販されるモデルは、通常、トリプルダイヤモンドのマークがありませんので、今回確認されたモデルの中で、マークが無い4件を先ず紹介します。

左から、順に以下の名称となっています。

  • ROGUE ST MAXドライバー
  • ROGUE ST MAX Dドライバー
  • ROGUE ST MAX LSドライバー
  • ROGUE ST MAX FASTドライバー

スタンダードモデルはこれから出てくるか?

MAXをベースとして、LSやFASTがあるラインナップ構成は、前年のEPIC ’21と似ていますが、異なる点もあります。

先ず、スタンダードモデルだった「SPEED」タイプが無い点です。キャロウェイはAI設計による空力に力を入れていますので、名称は変われど「SPEED」に位置するモデルは用意してくると思います。

ドローモデルが充実

もう1つは、MAXにドロー仕様の「MAX D」が追加されている点です。そもそもMAX自体がつかまりをややドローですが、ヒール寄りにウェイトが搭載されていて、さらにつかまり性能を高めたタイプということになります。

ドローウェイトがあるのは、ROGUE ST MAX DドライバーとROGUE ST MAX FASTドライバーの2種類となります。

MAX FASTはかなり軽量化されていて対象ゴルファーが限られてしまっていましたが、一般的な重量のモデル(恐らく300g前後)でドローバイアスになっていますので、幅広いゴルファー層のスライサーがROGUE STシリーズを利用できそうです。

ROGUE ST プロ向けモデル(3種類)!?

先程の一般向けに市販されると思われるモデルとは反対に、◆◆◆トリプルダイヤモンドのマークがあるモデルは現時点で3機種あります。

左から、順に以下の名称となっています。

  • ROGUE STドライバー◆◆◆
  • ROGUE ST LSドライバー◆◆◆
  • ROGUE ST Sドライバー◆◆◆

名称からすると、ROGUE STドライバーがスタンダードモデルのように思えますが、◆◆◆のマークが記されていてツアープロ向けと思われますので、このモデルではないと思います。

これまでにない名称のモデルとして、一番右に「ROGUE ST S」というモデルがあります。

Sは、SPIN(スピン)を意味することが多いですが、これまではLS(低スピン)、DS(ドロースピン)といった形でスピンの種類が表記されていましたので、別の意味かもしれません。

前年のEPIC ’21と比べると、SPEEDタイプがありませんので、「SPEED」の「S」という可能性もありそうです。

先程の一般向けモデルとは明確に異なる点として、ソール前方にウェイトが搭載されています。

以前のサブゼロの特徴で、上級者向けの低スピン・強弾道の性能を高めたモデルと思われます。

まとめ

キャロウェイの2022年モデルと言われているROGUE STシリーズのドライバーについて、適合リストに掲載された件を取り上げました。

なお、この記事は、新たな情報を反映している関係上、以前の内容から大幅に更新しています。以前の情報については参考までに下記に掲載しておきますので、経緯・経過など、ご興味がある方はご覧頂ければと思います。

ROGUE STドライバー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rob Slade(@rob.c.slade)がシェアした投稿

ヨーロピアンツアーにて、キャロウェイの新たなドライバーが確認されました。

毎年この時期になると、キャロウェイは新作の情報がちらほら出始めます。

例年のスケジュールでいくと、年明けに情報解禁、2月に発売という流れになると思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rob Slade(@rob.c.slade)がシェアした投稿

こちらはソールが見えてる角度からの映像です。

同じ「ROGUE」という名前が付いているだけあって、中央の構造は、2018年のROGUEと似ています。

ちなみにこちらが2018年に発売のROGUEドライバーです。

ソール後方に大きなウェイトを搭載か?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rob Slade(@rob.c.slade)がシェアした投稿

構造上でまず目が行くのは、ソール後方にあるゴールドのパーツです。

搭載位置からして、高比重金属によるウェイトではないかと思われます。

一見、以前のROGUEほどシャローな深重心には見えませんが、深い所に大き目のウェイトがあると考えると、慣性モーメントをかなり意識したドライバーのようです。

MAX LS、MAX-Dの2機種を確認

まだメーカー発表は一切ありませんので、現時点でSNSにて確認されている情報からは、複数の機種の存在が分かっています。

冒頭で紹介したモデルは、ROGUE ST MAX LSドライバーです。

そして、その後に紹介したヘッドが2つ並んだ映像に移っているのは、ROGUE ST MAX-Dドライバーです。

MAX LSは、EPIC 2021年モデルで初めて登場したタイプのヘッド、今回のROGUE STでも発売されるようです。

もう1つのMAX-Dは、筆者の記憶では過去に聞いたことのない名前です。

EPIC 2021では、MAX、MAX FASTという機種がありましたので、全体としては、スタンダードモデル、MAX、MAX LS、MAX-D、MAX FASTの5機種になるのではないかと思います。

ROGUE サブゼロ フェアウェイウッド 試打・評価・徹底解説

キャロウェイのROGUEサブゼロフェアウェイウッドについて取り上げます。

ROGUEサブゼロフェアウェイウッド

ROGUEはキャロウェイから2018年に発売のモデルです。前年はGBB EPICが発売されていますが、それとは異なるモデルです。

フェアウェイウッドにもJAIL BREAK テクノロジーを搭載

JAIL BREAKテクノロジーは、フェースの直ぐ後ろに2本の柱を設け、ヘッドの剛性を高め、無駄なたわみを抑えてくれます。

GBB EPICで登場したテクノロジーで、フェアウェイウッドにはROGUEで初めて搭載されています。

ヘッドが小振りになると搭載が難しくなるようですが、サブゼロは3番と5番のみのため、両方に搭載されています。

ウェイトはソール前方に1つ

サブゼロの代名詞的な特徴として、ウェイトはソールの前方に搭載されています。

ソール前側に重量負荷を掛けることで、低重心を保ちながら、重心深度を浅くしています。また、重心距離を短くする効果もありますので、スピン量を抑えるのに加えて、操作性も高められています。

極薄フェースとフェースカップで飛距離アップ

フェース素材にはカーペンター455スチールが採用され、極薄フェースとなっています。そして、フェースカップテクノロジーも採用されていて、センターヒット、オフセンターヒットに関わらず、ボール初速がアップします。

前重心・低重心設計

ROGUEサブゼロフェアウェイウッドは、前重心・低重心となっています。低重心による打ち出しが高くなり、前重心により低スピン効果が働き強い弾道が生み出されます。

ロフト角調整機能は搭載されていない

前年に発売のGBB EPICのサブゼロフェアウェイウッドには、可変スリーブが搭載され、ロフト角・ライ角の調整機能を有していました。

しかし、ROGUEサブゼロフェアウェイウッドでは、すっきりとしたペンシルネックとなっていまして、調整機能がありません。

一見、デメリットに思われる方もいるかもしれませんが、フェアウェイウッドでロフト角の調整が不要であれば、無い方がすっきりしていて構えやすく、余分な重量もありませんのえ、ツアープロでもペンシルネックを好むゴルファーがいます。

ROGUEサブゼロフェアウェイウッドの試打・評価

レアモデルのためか、ROGUEフェアウェイのサブゼロの試打動画は、殆どありませんでした。こちらは貴重な動画です。

ROGUEサブゼロフェアウェイウッドの試打・評価

ボディは、意外にもシャロー気味でしたね。想像以上にストレッチバックで、これにはちょっと驚きました。

ティアップしての試打ですが、球の上がりはまずまず。グングン前に行く強弾道でした。

打感は、ソリッド系。弾き感とボールのつぶれ感が、いい感じに混ざった感じでしたね。音は、やや低めに感じました。

引用:https://golftaiken.nikkansports.com/2018/06/14353.html

ROGUEサブゼロフェアウェイウッドのスペック

番手 3 5
ロフト角(°) 15 18
ライ角(°) 58.0 58.5
ヘッド体積(cc) 167 155
クラブ長さ (インチ) 43 42.5

番手は3(15°)、5(18°)の2種類です。ツアープロの使い方としては、2本ともバッグに入れるというより、例えば石川遼プロの場合は、ROGUEサブゼロフェアウェイの3番とXフォージド UT アイアン(21°)という組み合わせです。

ROGUEサブゼロフェアウェイウッドのシャフト

ROGUEサブゼロフェアウェイウッドは、当初、発売がありませんでしたが、キャロウェイ公式サイトにてCE扱いで掲載があります。

シャフトはSpeeder EVOLUTION for CW 50(S)とTour AD F-65(S)の2種類が掲載されています。

キャロウェイ ROGUE スターアイアン 試打・評価・徹底解説

キャロウェイのAPEXアイアン 2019年モデルについて取り上げます。

ROGUE アイアンは2種類ある

キャロウェイから2018年に発売されているROGUEシリーズから、アイアンは2種類リリースされています。

左がROGUEスターアイアン、右がROGUEアイアンです。ROGUEスターアイアンの方がヘッドがやや大きく、ソールも厚め、グースもきいています。ロフト角も立っていますので、よりやさしく、ディスタンス性の高いアイアンです。

参考までに7番アイアンのロフト角を比べると、ROGUEスターアイアンが27°、ROGUEアイアンが30°となっていますので、両モデルの違いが顕著に表れています。

ROGUE スターアイアン

ROGUEスターアイアンは、キャビティー構造でストロングロフトの飛距離性能に優れたアイアンです。アイアンに飛距離を求めるアベレージゴルファーが多いことは、最近の売れ行きモデルを見れば明らかです。

一方で、アイアンはフィーリングが重視されるクラブですが、ディスタンス要素を強めれば強めるほど、打感は損なわれていきます。

この点に対して、ROGUEスターアイアンでは、ウレタン・マイクロスフィアがインサートされることで、フェースの反発性能の高さと打感の良さの両方を兼ね備えています。

タングステンウェイトを搭載し、打ち出しが高く、打点のバラつきに強い

外側からは分かりませんが、ヘッド下部のトゥ側にタングステンウェイトが搭載されています。これによりセンター重心・低重心が実現され、打ち出しの高さと弾道のバラつきを抑える効果を発揮してくれます。

特に、EPICスターアイアンと同様にストロングロフト設計となっているため、前方向のボールの推進力が強く、球の上がり具合が懸念されるところですが、低重心化を進めることで、球の上がりやすさをプラスする設計が採用されています。

キャビティー構造で、アベレージゴルファーが使いやすい

ヘッド形状はバックフェースの周辺部が分厚くなっています。キャビティー構造により、打点のブレに強く、直進性の高いアイアンとなっています。

方向のバラつきに悩むゴルファーにとっては、キャビティーは非常に使いやすいと思います。

グースがきいていて、つかまりが良いネック形状

フェース面がシャフトセンタ―軸と同じか引っ込んだぐらいで、かなりグースがきいた形状となっています。フェースが打球方向に対して奥にあることで、インパクトが充分ひきつけられますので、よりつかまりが良く右へのミスが出にくい形状です。

反対に、普段、ボールがつかまりすぎる方は、今お使いのモデルと比べてグース具合がどうかは、確認しておくことをおすすめします。

ソールは厚めで、安心感がある

ソールは2段形状になっています。低重心化のためソール側にウェイトを集中配分させていることもあり、厚さが充分あります。

ダブりが心配な初心者・アベレージゴルファーには、安心して使いやすい形状です。

ROGUE スター アイアンの試打・評価

ROGUEアイアンとROGUEスターアイアンを打ち比べした動画


アマチュアゴルファーがROGUEアイアンとROGUEスターアイアンを打ち比べした動画です。ロフト角が違いますので、飛距離の差が確認できます。

ROGUEスターアイアンを重永プロが試打


他社モデルのキャッチコピーのような「2番手違う」という感想が飛び出し、飛距離性能の高さを評価しています。

ROGUEスターアイアンのCM動画


内部構造に関する説明ムービーも入っていますので、製品の大きな特徴が分かりやすい動画です。

ROGUE スターアイアンのスペック

番手 I5 I6 I7 I8 I9 PW AW GW SW
ロフト角(°) 21 24 27 31.5 36 41 46 51 56
ライ角(°) 61.25 62 62.5 63 63.5 64 64 64 64
クラブ長さ (インチ) 38.5 38 37.5 37 36.5 36 35.75 35.5 35.25

EPIC スターと比べると、7番アイアンは1°寝ていますが、それでも27°ありますので、完全なストロングロフトアイアンです。

飛距離性能だけでなく、打点のバラツキへの寛容性、球の上がりやすさ、そして、打感の良さも配慮された構造になっていますので、初心者から中級者まで扱いやすいアイアンです。

ROGUEスターアイアンの標準シャフト

公式サイトで紹介されている標準シャフトは、以下の3種類となっています。

  • FUBUKI for CW 50(R)
  • Speeder EVOLUTION for CW 60(R)
  • N.S.PRO Zelos 7 (S)