タイトリスト T100アイアン 2019の試打・評価まとめ

タイトリストのT100 アイアン 2019について、試打・評価をまとめました。

T100アイアン 2019の概要

タイトリストのT100アイアンは、Tシリーズから発売のモデルです。Tシリーズは、T100、T100・S、T200、T300、T400の5種類あります。

モデル 概要
T100 進化した精密弾道。プレーヤーズ ツアーアイアン。
イメージした弾道、正確なキャリー、構えやすいフェースプロファイル、そして感性を満たす打感・打音。
T100・S 精密弾道にさらなる飛び。プレーヤーズ フォージドディスタンスアイアン。
卓越した弾道コントロール性能、進化したフェースプロファイル、そして感性を満たす打感・打音。
T200 新しい飛び―進化系。プレーヤーズ ディスタンスアイアン。
T200に搭載されたマックス インパクト テクノロジーによって、フェース面全体でスピードアップと高い許容性を実現。
T300 迫力の飛びと驚きのやさしさ。プレーヤーズ インプルーブメント アイアン。
プレーヤーのスコアアップのために高い飛距離性能と高い許容性を実現。
T400 より高く、さらにやさしく遠くへ。プレーヤーズ スーパーディスタンスアイアン。
T-SERIESのなかで最も大きなヘッドを備えたT400。

T100アイアンは、タイトリスト独自のマルチマテリアルの精密鍛造により、軟鉄鍛造ボディーのトゥ・ヒールにタングステンが搭載されています。

T100とT100・Sの違いは、T100・Sの方が後から発売されていて+2°のストロングロフト設計となっています。

T100アイアンの特徴を詳しく解説

T100アイアンについて、打ラボしだるチャンネルで注目の石井プロが詳しく解説されています。

  • AP2アイアンを引き継いだデザインで、シャープに仕上がっている。
  • AP2と見た目は似ているが、バンスの付き方などが違うので、打ってみると違う。
  • 中・上級者がターゲットとなるアイアン。

T100アイアンをゴルフライターが詳しく解説

GDOや3upClubなどでお馴染みのゴルフライターの鶴原氏がT100アイアンについて解説されています。

  • ジョーダン・スピースの意見が取り入れられた新形状。
  • Tシリーズの中で最もヘッドが小さいモデル。
  • 球の出方・高さ・方向性は、AP2とそれほど変わってない。
  • フェースは薄肉化されていて、反発性能が上がっている。
  • 操作性が良く、右にも左にも行きやすいので、中級者~上級者に適したモデル。
  • 初心者の方はヘッドが小さく感じる。

T100・T200・T300アイアンを打ち比べした試打評価

試打ラボしだるTVさんにて、T100、T200、T300を試打されている動画です。Tシリーズアイアンは、発売当初はこの3種類のみだったため、現在5種類から2種類欠けた形となっています。

ちなみに、ここにない2種類のアイアンについては、T400アイアンはT300より更にやさしく、T100・SはT100のストロングロフトモデルとなります。

ヘッドスピード40m/s未満の女子プロゴルファーによる試打

ヘッドスピード40m/s未満の女子プロゴルファーによる試打動画です。ヘッドスピードが速い男子プロだと、当然、問題なく扱えてしまうため、ターゲットゴルファーでない方による試打や感想はとても参考になります。

ちなみに、同プロがT300アイアンを試打した時の感想と比べてみると、よりT100アイアンの特徴が分かります。

≫ T300アイアンをHS40未満の女子プロが試打

 

T100、T200、T300、620CB、620MB、タイトリストのアイアン最新情報をまとめました

タイトリストのニューアイアンについて、T100、T200、T300、620MB、620CBの名前が出て来ていますので、最新情報をまとめました。

最初にSNSに出たのはT100、620CB、620MBの3種類

 

この投稿をInstagramで見る

 

Titleistさん(@titleist)がシェアした投稿


タイトリストの公式SNSにて、T100、620CB、620MBの3種のアイアンがツアープロが実戦で検証しているというアナウンスが出ました。これが2019年6月10日です。

これまで710、712・・・718と来ていましたので、次はどのような数字が添えられるのか興味深かったところ、全く当たらなT100、そして、2004年頃にお目見えしていた600系となりました。

T200、T300アイアンの2種類も、その後に登場!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Titleistさん(@titleist)がシェアした投稿


そして、1週間後の2019年6月17日に、T100と同じシリーズと思われるアイアン、T200、T300アイアンもテスト中であることが発表されています。

620アイアンは718アイアンの後継か?

公式サイトでこの5種のアイアンに関する詳細な情報はリリースされていませんが、ニューアイアンのフォルム、そして、現在のモデルのラインナップから、大凡の継承関係や位置づけが見えてきます。

出典:https://www.titleist.com/

まず、上の写真の左の620CBと中央の620MBは、モデル名からして同一シリーズの難易度が異なるモデルであることが分かります。中央の620MBは、文字通りマッスルバックでフェースが薄く、完全に上級者向けのアイアンです。

現在の上級者向けのラインナップは718MB、CBですので、620MB、CBは後継に位置づけられると考えて良さそうです。

T100、T200、T300はAP1~3アイアンの後継か?

出典:https://www.titleist.com/golf-clubs/golf-irons/tour-launch

次にT100、T200、T300アイアンですが、当初はT100のみでしたので、AP1、2、3が統合されたやさしいアイアンと思われました。その後、T200、T300 とさらにやさしそうな形状のアイアンが登場しました。形状、そしてモデルの数からして、位置付けとしてはAPアイアンの後継と考えて良さそうです。

ちなみにAPアイアンは、やさしい順にならべると、AP1、AP3、AP2と分かり辛いですが、Tアイアンは、T300、T200、T100となります。

バックフェースの形状からして、ポケットキャビティーのT300とAP1、ソールの厚みが特徴のT200とAP3、T100とAP2という関係性が見えてきます。

ちなみに同じAPアイアンの中でも、AP1とAP3はディスタンス系、AP2はツアープロ向けというい分かり辛い分類でした。実際、718AP2アイアンはソールが薄く、中級者では手ごわそうなフォルムをしています。

出典:https://www.titleist.com/

しかし、写真左の順番的にはAP2の後継に位置づけられそうなT100アイアンは、ソールの厚みがかなりあるように見えます。ヘッド周辺部の肉盛り具合もあり、寛容性をアップしたモデルと言えそうです。

T100、T200、T300、620CB、620MBアイアンの発売日は?

こうなると、一気に5種類登場したニューアイアンのスペックと発売日です。これらの詳細情報についてはまだ出ていませんが、ツアープロによる検証は今後数週間に渡って続くとされていますので、まだ少し先のようです。

スペックや発売日、価格などが分かりましたら、最新情報を改めて投稿します。