G410 SFTドライバー USモデルの特徴・違い

PINGのG410 SFTドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

G410 SFTドライバー USモデル

ウェイトはヒール側に固定

G410シリーズドライバーの最大の特徴の一つとして、ウェイト調整機能がありますが、G410 SFTドライバーはドローバイアスモデルのため、予めヒール側ポジションのウェイトが装着されています。

個のウェイトは取り外しができませんので、ウェイト調整を行うことはできません。

なお、G410 PLUSをドロー設定にウェイト調整すると、G410 SFTになるのではないか?と考えられる方もいると思いますが、G410 SFTの方がより強いドローバイアスになっています。そのため、スライス傾向の方は、SFTを使った方が良いと思います。

ただし、PINGのG410シリーズはツアープロも使うシリーズですから、スライサーがドローボールを打てるような強力なドローバイアスではありません。

G410シリーズでは、PLUSドライバーに、ドロー・フェードに切り替えられるウェイト調整機能が搭載されました。そして、この機能はG410 SFTドライバーにも搭載されています。

空力を重要視するPINGにとっては、ヘッドに凹凸を伴う装置を搭載することは悩ましかったと思いますが、時代の流れに沿ったのか、遂に搭載されたという形になっています。

ロフト角の調整機能は0.5°レンジがアップ

G410シリーズのロフト角は、±1.5°まで調整することができるようになりました。従来モデルでは1.0°でしたので、大きくロフト角を変えることができます。

ただし、性能アップした分、従来モデルとの互換性は無くなってしまいましたので、旧シャフトは使えないということになります。

G410 SFTドライバーのスペック

  • ロフト角:10.5°
  • ライ角:58.5°
  • ヘッド体積:455cc
  • 長さ:45.75インチ

標準シャフト

  • PING Alta CB 55 Red
  • PING Tour 65
  • PING Tour 75
  • Project X EvenFlow Black 75
  • Mitsubishi Tensei CK Orange 60
  • PING Alta Distanza

PING Alta CB 55 Red

フレックス 重量 弾道
Soft Regular 56.0g High
Regular 59.0g Mid High
Stiff 63.0g Mid
X-Stiff 66.0g Mid

PING Tour 65

フレックス 重量 弾道
Regular 58.0g Mid
Stiff 62.0g Low Mid
X-Stiff 67.0g Low

PING Tour 75

フレックス 重量 弾道
Regular 68.0g Mid
Stiff 75.0g Low Mid
X-Stiff 80.0g Low

Project X EvenFlow Black 75

フレックス 重量 弾道
5.5 72.0g Low Mid
6 73.0g Low
6.5 78.0g Low

Mitsubishi Tensei CK Orange 60

フレックス 重量 弾道
Regular 61.0g High
Stiff 63.0g Mid High
X-Stiff 65.0g Mid

PING Alta Distanza

フレックス 重量 弾道
Soft Regular 40.0g High

G410 SFTドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、ロフト角とそのラインナップはUSモデルと日本モデルで同じです。ライ角はUSモデルの方が1°フラットで58.5°となっています。

ライ角は同じかUSモデルの方がアップライトなことが多い印象がありますが、PINGのG410シリーズについては、日本のモデルの方がアップライトになっています。

シャフトはUSと日本で基本的に異なっています。またUSモデルの場合は、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。このあたりを考慮すると、普段より1つ柔らかめを選択すると良いでしょう。

G410 SFTドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


TS4ドライバー USモデルの特徴・違い

タイトリストのTSシリーズから発売のTS4ドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

TS4ドライバー USモデル

TS4ドライバーは上級者向けの430ccヘッド

出典:タイトリストHP

タイトリストのゴルフクラブは、ツアープロの要望を取り入れて開発されていると言われていまして、中・上級者にて好んで使われていました。

しかし、917シリーズの次のモデルについては、「スピード」に拘ったゴルフクラブ開発が行われ、新たにTSシリーズが誕生しています。

TSシリーズのドライバーは全部で4種類あります。数字が小さいほど簡単なモデルとなっていて、TS1は軽量ドライバー、TS2はアベレージ~セミアスリート、TS3はセミアスリート~上級者、TS4は上級者向けと言われています。

TS4ドライバーの最大の特徴の1つがヘッドサイズです。TS1、TS2、TS3は460ccヘッドですが、TS4ドライバーは430ccとかなり小ぶりなヘッドとなっています。テーラーメイドのM5ツアーも小ぶりな435ccですが、それよりも更に5cc小ぶりとなっています。

大型ヘッドに違和感を感じているゴルファーもいますので、上級者で小ぶりなヘッドが好みという方には、TS4ドライバーは貴重な選択肢です。

浅重心で低スピンの強い弾道が出る

TS4ドライバーはウェイトがソール前方に搭載されています。重心が浅くなっていますので、低スピンで吹け上がらず、強い弾道が出やすくなっています。

モデル TS1 TS2 TS3 TS4
高さ
スピン 超少

TS4ドライバー USモデル・日本モデルのスペック比較

モデル US 日本
ロフト角(°) 8.5、9.5、10.5 8.5、9.5、10.5
ライ角(°) 58.5 58.5
ヘッド体積(cc) 430 430
長さ(インチ) 45.5

TS4ドライバー USモデルの標準シャフト

USモデルでは、以下のシャフトが公式サイトで紹介されています。

  • Mitsubishi KUROKAGE Black Dual Core SFW 50
  • Mitsubishi Tensei AV Series Blue SFW 55
  • Project X HZRDUS Smoke Black 60
  • Project X HZRDUS Smoke Yellow 60
  • Project X Even Flow T1100 White 65

TS4ドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ロフト角、ライ角、ヘッド体積は、USモデルと日本モデルで同じとなっています。スペック面や外観からは違いが特に見出せませんでした。

USモデル、日本モデルというより、カスタムモデルですので、標準シャフトというものがなく、シャフトの選択による差異が大きくなると思います。

なお、シャフトの硬さについては、USモデルの場合、同じスペックでも1フレックス硬いと言われています。USモデルを購入する場合、このあたりを考慮して普段より1つ柔らかめを選択すると良いと言われています。

TS4ドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

タイトリストでは公式サイトで発売がないため、小売価格の表示がありませんので、楽天で調べてみましたが、シャフトがまちまちですので価格にばらつきがあります。日本モデル、USモデル共に7万円前後で取引されています。

USモデルを購入したいという方で、ショッピングモールでの購入が不安という方は、フェアウェイゴルフUSAさんがオススメです。

アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


TS3ドライバー USモデルの特徴・違い

タイトリストのTSシリーズから発売のTS3ドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

TS3ドライバー USモデル

TS3ドライバーはセミアスリート~アスリート向け

出典:タイトリストHP

タイトリストのゴルフクラブは、ツアープロの要望が反映されていて、上級者向けのクラブと言われていました。

しかし、2019年に発足したTSプロジェクトでは、「スピード」をテーマにして開発が行われ、これまでの917、915といったツアー色の強いシリーズとは異なり、新たなモデルとしてTSシリーズが誕生しています。

TSシリーズは全部で4種類のドライバーがあり、TS1は軽量ドライバー、TS2はアベレージ~セミアスリート、TS3はセミアスリート~上級者、TS4は上級者向けと言われています。

ソール後方に調整可能なウェイトを搭載

TSシリーズのドライバーは、ウェイトの搭載箇所に特徴が表れています。

TS3ドライバーは最も調整機能に優れたドライバーで、ソール後方の横向きの棒状のウェイトは、両端のウェイトの位置を変えることで、ニュートラル、ドロー、フェードの弾道切替が可能となっています。

中弾道・低スピンで強い球が出る

モデル TS1 TS2 TS3 TS4
高さ
スピン 超少

TS3ドライバーの弾道は、打ち出しが中ぐらいに抑えられ、低スピンの強い弾道で飛ばすことができます。

ヘッドも伝統的な形状となっていて、思い切り叩きハードヒッターに好まれています。

TS3ドライバー USモデルのスペック

  • ロフト角:8.5、9.5、10.5°
  • ライ角:58.5°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.5インチ

TS3ドライバー USモデルの標準シャフト

USモデルでは、以下の5種類のシャフトが公式サイトで紹介されています。

  • Mitsubishi KUROKAGE Black Dual Core SFW 50
  • Mitsubishi Tensei AV Series Blue SFW 55
  • Project X HZRDUS Smoke Black 60
  • Project X HZRDUS Smoke Yellow 60
  • Project X Even Flow T1100 White 65

TS3ドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ロフト角のラインナップ、ライ角は同じですが、クラブ長さに違いがあります。

USモデルの方は45.5インチですが、日本モデルではTour AD 60で45.25インチ、Tour AD VR-6、Speeder 661 EVOLUTION Vで45インチとなっていて、日本モデルの方が0.25~0.5インチ短尺となっています。

シャフトはUSと日本で共に公式サイトで5種類掲載されていますが、種類は全て異なっています。

なお、シャフトの硬さについては、USモデルの場合、同じスペックでも1フレックス硬いと言われています。USモデルを購入する場合、このあたりを考慮して普段より1つ柔らかめを選択すると良いと言われています。

TS3ドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

タイトリストでは公式サイトで発売がないため、小売価格の表示がありませんので、アマゾンで調べてみましたところ、日本モデル、USモデル共に、当記事執筆時点では3~3.5万円で購入できるようです。

USモデルを購入したいという方で、ショッピングモールでの購入が不安という方は、フェアウェイゴルフUSAさんがオススメです。

アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


M2アイアン USモデルの特徴・違い

テーラーメイドのM2アイアンのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

M2アイアン USモデル

スピードポケットがミスを許容

M2アイアンはソールにスピードポケットが搭載されています。特にフェース下方でのオフセンターヒット時に、ミスの許容性を発揮し、飛距離の大幅な落ち込みを抑えてくれます。

グースが効いたつかまり感のあるネック

ネック形状はオフセットがあり、グースが効いた形状となっています。

ボールのつかまりを良くしてくれますので、つかまえて大きく飛ばしやすくなっています。

また、トップブレードが厚めになっていますので、フェース外周部に剛性があり、ミスへの許容性が高くなっています。

低重心で高弾道を実現

M2アイアンはソールがしっかりめになっていて、重心が下に集められています。

低重心設計により、ボールが上がりやすくなっています。

ロフト角は7番で28.5°と、ややストロングロフトですが立ち過ぎていませんので、ボールの上がりやすさと飛距離のバランスに優れています。

とにかく飛ばしたい人というより、中程度の飛び系で、球が上がって打感も良いものを求める方におすすめです。

M2アイアンのスペック

番手 ロフト角 ライ角 オフセット 長さ バランス
4 19° 61.5° 5.8mm 38.88″ D2
5 21.5° 62° 5.2mm 38.25″ D2
6 25° 62.5° 4.7mm 37.63″ D2
7 28.5° 63° 4.2mm 37.00″ D2
8 33° 63.5° 3.5mm 36.50″ D2
9 38° 64° 3.0mm 36.00″ D2
PW 43.5° 64.5° 2.6mm 35.50″ D2
AW 49° 64.5° 2.2mm 35.50″ D2

標準シャフト

  • M2 REAX S-75G
  • M2 REAX R-65G
  • M2 REAX A-55G
  • REAX 88HL by FST S

M2アイアンのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、ロフト角、ライ角、長さはUSモデルと日本モデルで違いがありません。アイアンはロフト角が異なるケースがありますが、M2アイアンは同じ設定となっています。

ただし、クラブセッティングには違いがありまして、USモデルにはSWがなく、日本モデルには4番がありません。全体本数は変わりませんが、1番手ずれています。

シャフトの種類については、2017年の発売当時、日本ではカーボンがTM7-216、スチールがREAX-90 JPでしたが、当記事執筆時点では日本でもワールドワイドモデルとなっていて、カーボンがREAX 17、スチールがREAX88 HLとなっています。

また、シャフトの硬さについては、USと日本で基本的に異なっています。またUSモデルの場合は、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。このあたりを考慮すると、普段より1つ柔らかめを選択すると良いでしょう。

M2アイアンのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

しかし、M2アイアンについては、USと日本の公式サイトでの価格を見てみますと、USはカーボンシャフトの4~Pの7本セットが$599.99、日本はカーボンの5~Pの6本セットで29,900円となっています。日本の方はセットが1本少ないので、単品でSWを加えても34,883円です。

1ドル110円で計算すると約30,000円ぐらいの差があります。

USモデルはネットで普通に購入できる

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


TS1ドライバー USモデルの特徴・違い

タイトリストのTSシリーズから発売のTS1ドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

TS1ドライバー USモデル

TS1ドライバーは軽いクラブを使いたいゴルファー向け

出典:タイトリストHP

タイトリストのゴルフクラブは、ツアープロの意見や要望を取り入れて開発されていて、アスリートゴルファー向けのクラブと言われていました。

しかし、この方向性が一転し、タイトリストの中にTSプロジェクトが立ち上げられ、「スピード」をテーマにしてゴルフクラブ開発が行われ、新たなシリーズとしてTSシリーズが生み出されています。

TSシリーズは全部で4種類のドライバーがあり、TS1は軽量ドライバー、TS2はアベレージ~セミアスリート、TS3はセミアスリート~上級者、TS4は上級者向けと言われています。

TS1ドライバーは、275gという驚きの軽さが実現されていまして、日本でいうところのゼクシオやPHYZと同じクラブ重量帯となっています。

軽いクラブを使いたい方は、これまで国産ブランドが主流でしたが、遂にタイトリストのクラブも選択肢に入りました。

高弾道・程よいスピン量の弾道

TS1ドライバーの弾道は、高弾道で、かつ、適度にスピンが入りますので、揚力を得ながら飛ばすことができます。

モデル TS1 TS2 TS3 TS4
高さ
スピン 超少

特に球が上らないという悩みを抱えている方の場合、ロフト角が12.5°という珍しいハイロフトスペックがありますので、高打ち出しで飛ばすことができます。

つかまりも良く、ミスへの許容性が高い

ヘッド形状はヒール寄りに体積が確保された丸型です。スライスが出やすい方は、しっかりとボールを捉えやすくなっています。

また、重心の深さもありますので、打点のバラつきに対して強さを発揮してくれます。

TS1ドライバー USモデル・日本モデルのスペック比較

モデル US 日本
ロフト角(°) 9.5、10.5、12.5 9.5、10.5、12.5
ライ角(°) 58.5 59
ヘッド体積(cc) 460 460
長さ(インチ) 45.75 45.75

TS1ドライバー USモデルの標準シャフト

USモデルでは、以下のシャフトが公式サイトで紹介されています。

  • Fujikura Air Speeder 35/40
  • Mitsubishi Fubuki MV 39/45

ちなみに、日本モデルは以下のシャフトです。どちらもエアスピーダーがありますので、より軽いクラブにしたい方にはおすすめのシャフトです。

  • Titleist Diamana 50
  • Titleist AiR Speeder

TS1ドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ロフト角、クラブ長さは同じですが、ライ角がはUSモデルの方が0.5°フラットになっています。

TS1ドライバーの特徴の一つが、これまでにないクラブの軽さです。日本モデルとUSモデルでもエアスピーダーが標準で用意されていて、クラブ重量を軽量にすることができます。

なお、シャフトの硬さについては、USモデルの場合、同じスペックでも1フレックス硬いと言われています。USモデルを購入する場合、このあたりを考慮して普段より1つ柔らかめを選択すると良いと言われています。

TS1ドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

タイトリストでは公式サイトで発売がないため、小売価格の表示がありませんので、楽天で調べてみましたところ、日本モデル、USモデル共に、当記事執筆時点では5万円前後で購入できるようです。USモデルの方が5千円程高めのようです。

USモデルを購入したいという方で、ショッピングモールでの購入が不安という方は、フェアウェイゴルフUSAさんがオススメです。

アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト