inpres インプレス UD+2 ドライバー2019 試打・評価・徹底解説

ヤマハから発売されているinpres UD+2 ドライバー2019について取り上げます。

インプレス UD+2 ドライバー 2019

inpres UD+2ドライバーは初代モデルが2016年に発売されているモデルで、3年振りに発売された2019年モデルは2代目となります。

アイアンと同様に飛距離とやさしさを求めるアベレージゴルファー向けのモデルです。

超低重心設計で球が上がる!

出典:https://golf.yamaha.com/products/inpres_ud2_driver.html

インプレスUD+2ドライバーの大きな特徴の一つが、ソール一体型のウェイト構造です。ヘッド重量の20%にも及ぶ37gのウェイトが搭載されていますので、超低重心で球が楽に上がります。

重心角が大きく、ボールがつかまる

出典:https://golf.yamaha.com/products/inpres_ud2_driver.html

もう一つの特徴が大きな重心角です。前作に引き続き30°を上回った重心角が設定されていますので、ヘッドが返りやすく、スライスが出にくくなっています。

持ち球がドロー気味の方が使うと、左に大きくそれる可能性がありますので、フェード系の方、スライサーに向いています。

重心が深く、ミスに強い!

ヘッド形状は後ろに長いシャローバックで、慣性モーメントを大きくする形状になっています。この形状のヘッドの利点として、ミスの強さ、そして、直進性の高さが挙げられます。

フェース全体をスイング軌道の外方向にスライド!

出典:https://golf.yamaha.com/products/inpres_ud2_driver.html

フェース全体の位置をトゥ側に3mm移動していますので、スイング半径が大きくなり、飛距離アップにつながります。なお、シャフト長さは前作と同じく45.75インチのままです。

inpres UD+2ドライバー2019の試打・評価

inpres UD+2ドライバー2019をプロゴルファーが試打・解説

inpres UD+2ドライバーを試打して解説

inpres UD+2ドライバー2019のスペック

ロフト角 9.5° 10.5°
ライ角 61° 61°
フェース角
ヘッド体積 460cc 460cc
シャフト TMX-419D
シャフト硬さ S S/SR/R
シャフト重量 53/47/45g 53/47/45g
シャフトトルク 5.9/6.1/6.5 5.9/6.1/6.5
シャフト調子 先中 先中
クラブ長さ 45.75インチ 45.75インチ
バランス D3 D3/D2/D2
クラブ重量 286g 286/281/279g

ロフト角は9.5°と10.5°の2種類で、クラブ重量は279~286gです。一般的なクラブよりもやや軽めになっています。ライ角が61°とアップライトになっていて、つかまりの良さを意識した設計になっていることが伺えます。

inpres UD+2ドライバー2019の発売日と販売価格

inpres UD+2ドライバー2019の発売日は、2018年10月5日です。販売価格は、80,000円+税です。

 

あわせて読みたい