【スコッティキャメロン】PHANTOM X パター2019年

スコッティキャメロンから2019年に発売のPHANTOM X パターについて取り上げます。

PHANTOM X パターの特徴

PHANTOM Xは、パターデザインの巨匠であるスコッティ・キャメロンいより生み出されたシリーズです。

これまでにない新たな技術が搭載されていることから、単なるマレットではなく、「ハイテクノロジー モダンマレットパター」と表現されています。

ヘッドは精密にデザインされた5つのラインナップ、そして、ネックは複数パターンが用意され、全9種のモデルとなっています。

6角形の基本ヘッド形状

出典:https://www.titleist.co.jp/golf-clubs/putters/phantom-x/

PHAMTOM Xシリーズのヘッドは、6角形の基本形状から着想されています。

軽量6061エアクラフトアルミニウムボディと303ソフトステンレスウイングが自由に組み合わせされ、様々なマレットパターを敷かうゴルファーの要求を満たすべく、5種類のヘッドが用意されています。

ツアープリファード アライメント

センターには3つのドット、そして、その両サイドには長いラインがデザインされています。

ドット、ライン共にブラックの下地にネオンイエローで施されていることで、視認性が高くなっています。

PHANTOM X パターの全モデル

PHANTOM X 5

ヘッドはサイドウイングのマレット。シャフトはツアー実績のあるシングルミッドベント。

フェース、ボディは軽量6061エアクラフトアルミニウム、そして、ウイングには303ソフトステンレススチールが用いられ、慣性モーメントが高められています。

PHANTOM X 5.5

ヘッドは「5」と同じ。サイドウイングのマレット型で、フェース、ボディは軽量6061エアクラフトアルミニウム、そして、ウイングには303ソフトステンレススチールが用いられ、慣性モーメントが高められています。

「5.5」はシャフトがシングルショートベントになっていて、イントゥインの開閉するストロークのゴルファーが使いやすいモデルです。

PHANTOM X 6

「6」のヘッドは、フランジが設けられたタイプ。フランジ部分には「5」にはなかったアライメントラインが長くひかれていて、正確なストロークをアシストしてくれます。

シャフトはシングルミッドベントで、フェースバランスに近い重心角が実現されていあす。

PHANTOM X 6STR

「6」のヘッドに、ストレートシャフトが採用されています。

オフセットがないため、ボールがつかまり過ぎることが無く、構えた時の見え方もクリーンです。

PHANTOM X 7

「6」と形状は似ていますが、中央後方はフランジではなくトップラインから伸びた形状となっています。

アライメントの3つのドット、サイドのラインが同じパーツに施されていて、より正確なセットアップがしやすくなっています。

PHANTOM X 7.5

ヘッドは「7」と同じ。中央後方はフランジではなくトップラインから伸びた形状となっています。

アライメントの3つのドット、サイドのラインが同じパーツに施されていて、より正確なセットアップがしやすくなっていて、さらに、シングルショートベントが採用され、ヘッドを開閉するストロークの方が使いやすくなっています。

PHANTOM X 8

ツアープレーヤーの意見にインスパイアされたモデルで、ヘッドの上部全体が軽量6061エアクラフトアルミニウムボディでまとめられています。

それでいて、他のモデルと同様にソールサイドにはステンレスのウイングが設けられていますので、大きな慣性モーメントが実現されています。

PHANTOM X 8.5

ヘッドは「8」と同じ。ツアープレーヤーの意見にインスパイアされたモデルで、ヘッドの上部全体が軽量6061エアクラフトアルミニウムボディでまとめられています。

シャフトは、シングルショートベントが採用されていて、ヘッドを開閉するストロークの方が使いやすくなっています。

PHANTOM X 12

「7」と形状は似ていますが、サイドウイングは後方が外側に広がっていて、より慣性モーメントを大きくした形状となっています。

シャフトは、シングルミッドベントがされ、フェースバランスに近い重心角となっています。

スリクソン Z-フォージドアイアンの試打動画まとめ

スリクソンのZ-フォージドアイアンについて、試打・動画をまとめました。

スリクソン Z-フォージドアイアンは、待望の3年振りのマッスルバック

スリクソンは2012年からZシリーズを発売しています。当初はドライバーもアイアンも5、7、9という3タイプの難易度のモデルがありましたが、ドライバー、アイアン共に9の難しいシリーズを廃止しています。

2018年のZ85シリーズでは、Z585アイアンとZ785アイアンの2種類に留まったため、マッスルバックのニューモデルが発売されないという状況になりました。

この時点で、最新のマッスルバックを手に入れようとすると、2016年のZ965アイアンということになります。

しかし、Z85の翌年の2019年に、Z985の穴を埋めるべくかどうかは分かりませんが、Z-フォージドアイアンというマッスルバックのアイアンが発売されました。

スリクソンのアイアンユーザーにとっては、3年振りのマッスルバックとなりますので、待望のモデルとも言えます。

Z-フォージドアイアンの試打動画

Z-フォージドアイアンをプロが試打

  • ヘッドサイズが大きくて、難しくない。
  • 打ち出しが高い。
  • 激しく操作できる感じではなく、寛容性がある。

松山英樹のZ-フォージドアイアンを試打・解説

  • 松山英樹プロの要望で、ヘッドサイズが大きいマッスルバックを作ったらしい。
  • 打感は柔らかく、打音も良い。
  • マッスルバックとは思わないくらい安心感がある。
  • スピンも入り、飛距離が落ちない。

Z-フォージドアイアンの評価・口こみ

往年のマッスルバックに比べ、フェース長がやや長く、トップブレードも厚めになっているため過度なプレッシャーは感じさせません

パッと構えてみると、正直バックフェースを見ないとマッスルバックとは思えない穏やかな顔つきをしています

フックもスライスも狙いどおりちゃんと曲がってくれます。曲がり幅は一般的なマッスルバックと比べるとやや落ちますが、必要十分。言い換えればミスヒット時の曲がりが少なくて済むとも、直進性が高いとも言えます

引用:kakakumag.com

打ってみると思ったよりも球が上がりやすく、キャビティに近いやさしさがあります。

ドローやフェード、弾道の高低といった打ち分けはしやすいですが、従来のマッスルに比べると操作性は抑えめ。

引用:golfdigest-play.jp

G410 LSTドライバー USモデルの特徴・違い

PINGのG410 LSTドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

G410 LSTドライバー USモデル

G410にLSTも追加ラインナップ

G410シリーズのドライバーは、当初、スタンダードモデルのPLUSと、ドロー仕様のSFTの2種類のみの発売となっていました。

後から聞こえてきた話として、低スピンタイプのLSTは、前作が良すぎたため、それを上回るところまで持ってくるのに時間が掛かったと言われています。

実際に、前作を上回っているのかは気になるところかと思いますが、鈴木愛プロはG410 LSTドライバーに乗り換えていますので、プロからのお墨付きが出ていると言えそうです。

LSTにもウェイト調整機能をPLUS

G410シリーズでは、PLUSドライバーに、ドロー・フェードに切り替えられるウェイト調整機能が搭載されました。そして、この機能はG410 LSTドライバーにも搭載されています。

空力を重要視するPINGにとっては、ヘッドに凹凸を伴う装置を搭載することは悩ましかったと思いますが、時代の流れに沿ったのか、遂に搭載されたという形になっています。

ロフト角の調整機能は、進化したが、互換性は無し

G410シリーズのドライバーにも、引き続き可変スリーブが搭載されています。ロフト角の調整が可能となっていまして、今作では調整レンジが0.5°広がって1.5°となっています。

しかしながら、前作までのスリーブとは互換性がありません。お気に入りのシャフトを抱えている人にとっては、マイナス面の仕様変更ということになりそうです。

G410 LSTドライバーのスペック

  • ロフト角:9、10.5°
  • ライ角:57°
  • ヘッド体積:450cc
  • 長さ:45.75インチ

標準シャフト

  • PING Alta CB 55 Red
  • PING Tour 65
  • PING Tour 75
  • Project X EvenFlow Black 75
  • Mitsubishi Tensei CK Orange 60

PING Alta CB 55 Red

フレックス 重量 弾道
Soft Regular 56.0g High
Regular 59.0g Mid High
Stiff 63.0g Mid
X-Stiff 66.0g Mid

PING Tour 65

フレックス 重量 弾道
Regular 58.0g Mid
Stiff 62.0g Low Mid
X-Stiff 67.0g Low

PING Tour 75

フレックス 重量 弾道
Regular 68.0g Mid
Stiff 75.0g Low Mid
X-Stiff 80.0g Low

Project X EvenFlow Black 75

フレックス 重量 弾道
5.5 72.0g Low Mid
6 73.0g Low
6.5 78.0g Low

Mitsubishi Tensei CK Orange 60

フレックス 重量 弾道
Regular 61.0g High
Stiff 63.0g Mid High
X-Stiff 65.0g Mid

G410 LSTドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、ロフト角とそのラインナップはUSモデルと日本モデルで同じです。ライ角はUSモデルの方が1°フラットで57°となっています。

ライ角は同じかUSモデルの方がアップライトなことが多い印象がありますが、PINGのG410シリーズについては、日本のモデルの方がアップライトになっています。

シャフトはUSと日本で基本的に異なっています。またUSモデルの場合は、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われています。このあたりを考慮すると、普段より1つ柔らかめを選択すると良いでしょう。

G410 LSTドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

USモデルの購入については、日本の小売りでも取り扱いが増えていますので、ネットで普通に購入することができます。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


PING G410 PLUSドライバーの試打動画まとめ

PINGのG410 PLUSドライバーについて、試打動画をまとめました。

PING G410 PLUSドライバーは、渋野日向子の効果で大人気!

PINGのGシリーズのドライバーは、G400のLSTがアスリートゴルファーの間で評価が高く、一気に注目を集めました。

そして、PINGと契約している渋野日向子がメジャー制覇したことから、優勝時に手にしていたG410 PLUSドライバーが俄然注目モデルとなりました。

PINGはものづくりの面で評価が高いメーカーのため、人気先行という訳ではなく、G410の評価は前作に劣らず高く、アベレージゴルファーからアスリートゴルファーまで、幅広い層に支持されています。

G410 PLUSをロフト角別に打ち比べ

スライサーのアマチュアゴルファーが、G410 PLUSドライバーを9.0°、10.5°のロフト角別に打ち比べています。

最初に10.5°で試打されていて、スライスが出ない、真っすぐ飛ぶと高評価でしたが、その後、9.0°で試打されると、スライスを連発されています。

「ロフト角がある方がスライスが出ないのかな」という感想を述べられていまして、一般的にもそのように言われています。

ロフト角選びの重要さを改めて感じさせてくれる、とても参考になる動画です。

G410 PLUSドライバーをプロが試打・評価

ロフト角9°、PING TOUR 173(65 S)で試打した動画です。

  • PINGのクラブは10回打って平均点が高い。
  • ウェイトは3ヶ所に装着可能。FADEにするとLS TECに近くなり、DRAWにするとSFTに近くなる。
  • LS TECでなくても、FADEポジションにすれば調度良い。
  • G400のバランスの良さが残ってて、慣性モーメントが大きくなっている。
  • 弾道が曲がらない。
  • マイナス点を挙げるとすると、前作までのスリーブが使えない点。

G410 PLUSとG410 SFTドライバーを打ち比べ・比較

マーク金井氏により、スタンダードモデルのG410 PLUSドライバーとドロー仕様のG410 SFTドライバーを試打・比較した動画です。

  • G400と比べると、慣性モーメントが大きいわりに、ボールのつかまりが良い。
  • ウェイト位置をDRAWに変えると弾道がはっきり変わる。
  • 弾道調整は、スリーブでフェースの向きを決めて、その次にウェイトを変えると良い。
  • PLUSよりもSFTに方が、構えた時にフェースがスクエアに近い。
  • SFTはつかまりが良い。とは言え、スライスしている人がドローになるわけではない。
  • PLUSをドローにしたのとSFTは、あまり変わらない。

G410シリーズのドライバー3種をクラブフィッターが打ち比べて解説

  • スピン量は特別少なくは感じないが、サイドスピンは抑えられている。
  • 打ち出した方向に真っすぐ飛ぶ。

PING G410 PLUSドライバー 試打・評価・徹底解説

G410 PLUSドライバー USモデルの特徴・違い

 

PING G400からG410 PLUSドライバーへの移行で注意したい3つのポイント!

PINGのG410 PLUSドライバーは、G400ドライバーの後継モデルとなります。

G400ドライバーからG410 PLUSドライバーに買い替え・移行する際に把握しておきたいポイントについてまとめました。

ウェイト調整機能をPINGで初めて搭載


出典:ping.com

G410 PLUSドライバーの最大の特徴は、ウェイト調整機能が搭載されている点です。

ドライバーの重心調整機能は、ゴルフ界全体では随分前からありますが、PINGでは初めての搭載となります。

PINGとしては、ここ最近のGドライバーの全てでタービュレーターを搭載していて、空力効果を前面に出していました。

特に、ヘッド後方にはVORTECというエアロダイナミクスのテクノロジーを入れていましたので、ヘッドにギミックを搭載することに対して、かなりのジレンマがあったものと思います。

そのため、ウェイト調整機能が搭載されたことは、やや驚きではありましたが、市場では好意的に受け入れられているようです。

切り替えは、ニュートラル、ドロー、フェードの3段階に限定され、間の微調整は行えませんが、弾道調整することができます。

試打された方の意見では、DRAWにすればSFT、FADEにすればLSTに近づくといった評価も聞かれます。

可変スリーブの互換性について

出典:ping.com

G410もG400も、可変スリーブが搭載されていて、ロフト角を調整することができます。

ただし、G410では可変スリーブがトラジェクトリー・チューニング 2.0になっていまして、G400と互換性がありません。

G400のシャフトをそのままG410に刺すことができませんので、この点は、予め把握しておきたいところです。

なお、G410の可変スリーブは、従来の±1.0°から±1.5°に最大調整幅が広がっていますので、この点は進化していてメリットとなります。

ヘッド体積が10ccアップしている

G400のスタンダードモデルは、ヘッド体積が445ccでしたが、G410 PLUSは455ccになっていて、10ccヘッド体積が大きくなっています。

最近のドライバー市場の傾向として、上級者向けモデルでも460ccにサイズアップしていたり、こぶりなモデルが廃止されていますので、その流れに沿った変更とも言えそうです。

大きなヘッド体積を求める方にとって、好ましい変更となっています。

PING G410 PLUSドライバー・G400ドライバーのスペック比較

G410 PLUSドライバーのスペック

ロフト角 9/10.5/12°
ライ角 59.5°
ヘッド体積 455cc
標準シャフト ALTA J CB RED
長さ 45.75インチ
フレックス X/S/SR/R
シャフト重量 60/55/50/45g
クラブ重量 約293g(Rスペック)
トルク 4.4/4.7/5.2/5.9
キックポイント 中/中/中先/先

G400ドライバーのスペック

ロフト角 9/10.5°
ライ角 59°
ヘッド体積 445cc
標準シャフト ALTA J CB
長さ 45.75インチ
フレックス TS/S/SR/R
シャフト重量 60/55/50/45g
クラブ重量 約294g(Rスペック)
トルク 4.4/4.7/5.2/5.9
キックポイント 中/中/中先/先

PING G410 PLUSドライバー 試打・評価・徹底解説

G410 PLUSドライバー USモデルの特徴・違い